蔵内之芽組のわかめ、シーズン2 

2013年産こいわかめ、たくさんの方々に買っていただき有難うございました!!
2014年産も2月28日から刈り取り~加工~出荷が始まりました。今年もご案内させていただきますのでよろしくお願いいたします。
 
詳しくはこちらへ↓
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2014.html 
 massiことマスモト
 
 
 
Skb708
 蔵内之芽組のわかめ
今年もよろしくお願いします!

 
Skb712昨年たくさんの方に食べていただき、そして大好評だった気仙沼市南部の蔵内漁港、蔵内之芽組の塩蔵わかめを今年もご案内させていただきます!個人ボランティア升本です。
 
私のところでは共同購入というカタチになります。
今年は統一小売価格120g525円です。振込手数料を加算して
1袋120g530円でお願いします。(3月1日、価格改訂がありました)
 
Skb711 昨年は間に合わなかった冷蔵貯蔵施設が完成して、今年は長期間にわたって蔵内わかめを楽しめそうです。
 
蔵内の地の種をあえて世話が難しい沖合いで養殖することにより、荒い海流にもまれた力強いわかめが育ちます。昨年、ど素人の私でもたくさんの方にご紹介できたのは、その抜きん出た美味しさのおかげでした。
 
Skb714 かつて蔵内漁港のそばの高台にあった「はまセン」のボランティア仲間の西さん。彼は蔵内之芽組の一員として現地に居住3年め。
その仲立ちもあって蔵内わかめのご紹介を始めるにいたりました。
 
 
Skb7101袋120g530円
自転車で配達します。ご相談ください
(多摩東部、23区西部、とその周辺・・・周辺?笑)
  
★収穫の繁忙期が終わりましたので、10袋以上で、蔵内漁港より直接お届けできるようになりました!!蔵内之芽組さんのホームページをご覧ください
http://kurauchi-no-megumi.jp/

 
よろしくお願いいたします。升本
 

***********************************************
 
11/20 追記
 
Wakame02 こいわかめお歳暮用パックをご用意しました!
 
直接「蔵内之芽組」の代表電話080-8202-4223にご連絡いただくか、0226-42-4147に左の申し込み用紙でFAXしていただければ、在庫確認の上、お振込み先口座を知らせてもらえます。
 
美味しさお届け、いかがでしょうか?
三陸わかめのなかでもちょっと抜きん出ていると思います。ぜひたくさんの方に広めてください!!
 
100パック限定です。締め切りは12月中旬予定ですが、品切れの際はご容赦くださいませ。
よろしくお願いします。 
 
***********************************************
 
11/4 追記
 
蔵内之芽組の「こいわかめ」はまだまだ売っておりますヨ!
10袋以上なら代引き手数料送料込みでお届けできます。1袋525円です。
数がまとまらない場合は僕が配達します。その場合1袋530円です(振込み手数料分担分含)。配達エリアについてはご相談ください。
 
010203 10/25、芽組のおかあさん方が漁港そばに食堂&直売所「海の駅よりみち」を立ち上げました。
 
まだまだ営業時間も短く、メニューも少ないですが、ほかに芽組のわかめやこんぶ、周辺から獲りたて鮮魚や塩ウニやメカブ、野菜や手作り携帯ストラップなど持ち寄られて売っています。チャンスあったらぜひお立ち寄りください!!
 
***********************************************

3/10 追記
 
広報担当、西之園さん(上記西さん)の力作です。見本市用に作成されました。
主題から離れますが素早いロープワークに見入ってしまいました(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=36ZpT75HCTU
わかめの養殖から加工まで詳しくわかります!
 
***********************************************
 
3/1 追記
 
全国統一小売価格120g525円が設定されました。
これに振込み手数料を加算して530円でお願いいたします。
昨年は卸値での購入でしたので割高感もあるやもしれませんが、ある意味これが適正価格です。スーパーにはもっと安いものもありますが、戻した量、質、味など内容も比べてみてください。
 
また蔵内のみなさんまだまだ大変です。養殖業が軌道に乗りつつありますが、まだまだ生活を元に戻す闘いのさなかなのです。もとより私は1円の利益もとっておりませんので、振込み手数料以外は売り上げ全てが蔵内之芽組に届きます。
 
*********************************************** 
 
2/15 追記
 
スーパーなどでも「三陸塩わかめ」が売られていました。
が、わかめにも等級があり、地域差もあり、たとえば○○産と書かれていても様々な生産者の様々な品質のものが混ざっているものがあるそうです。
 
蔵内之芽組さんが始めたブランドわかめの直販はそこに意味があります。他所のものと混ぜない最高品質のわかめを漁師さんが自分で丁寧に加工、極限まで水分を抜いてるので保存がきく、冷凍しても悪くならない、戻し量が多い。
 
安いわかめ、水分が残ったものをよく見ます。またやたらと塩の粒をまとってることが多いです。水分と塩粒の重量まで含まれた目方で値段がついているわけです。しかも水分を含んでいる分だけ戻し量も少ない。ちなみに塩蔵加工が終わった段階(つまり出荷準備完了状態)の塩わかめには多少の塩が付いていますが、蔵内之芽組ではなるべく振り落としてから出荷しています。
 
***********************************************
 
1/18 追記 
 
保存方法、召し上がり方など、昨年のページをご覧ください。
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame.html
 
1/17付の河北新報で蔵内之芽組が紹介されました。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20130117_04.htm
 
  
 
 
yacht
 
2012/12/01 つながり∞ふくしまプロジェクト
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html

2011/11/21 チャリティSHOP in 吉祥寺ハモニカ横丁朝市
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mercato.html
 
2012/5/19 蔵内之芽組のわかめ
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame.html

yacht

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)