2017/11/11

たまの親孝行 澤乃井ままごと屋

171110011711100317111004今日は澤乃井ままごと屋へ。紅葉ドンピシャ!2週間前はまだまだ緑だったのに、冷えが始まって一気に進んだみたい♪

 
 
 
 

17111005 17111006 17111007青梅・奥多摩の名産品を使った料理♪

 
 
 
 
 
 
 

17111010 17111011 17111012澤乃井園のギャラリーでは近隣の陶房の焼き物を展示。

澤乃井のシンボル、沢ガニをモチーフにした片口やら猪口やらをゲットしてしまった。

これから紅葉本番、もう一回行けたらいいなあ・・・

| | コメント (0)

2017/11/10

西荻窪 キャロット

171107011711070217110703西荻窪キャロットへ何年ぶりかででかけた。実は一度閉店されて、オーナーが変わって数年前に再オープンしたのだった。(実は知り合いがキッチンに入ってたりする、笑)

メニューはかつてのキャロットとそう変わらない。
が、僕の胃が変わった。昼ごはんの炭水化物をやめて、晩ごはんの米を半分以下にして(それでも1合以上)、何年かかけてずいぶん痩せたのだった。と同時に爆食いはできなくなってしまった。ご飯をへらしても胃が小さくならないようにもやしなど余分に食べてたのだが、そんなものでは胃の大きさを保持できなかった(泣)

そんなわけでよくオーダーしていたステ盛りチキン(ステーキ・ハンバーグ・チキン・クリームコロケ)を回避してハンバーグ&チキンに目玉焼き&クリームコロッケをトッピングしてみる。ステーキが目玉焼きにサイズダウンしたことになる。

お味は・・・まあこんな感じだっただろうか?細かいとこは変わっていたりしたが(省力化?)まあ価格から言って文句は言えない。美味しくいただいた♪
量的には、ご飯大盛りにしたけど、ご飯2枚いけたナ!おかずいっぱいあるしね♪グラスワインとあわせても2000円に届かない・・・・また行こう

| | コメント (0)

2017/10/29

むかごリゾット

1710270117102702_217102703台風到来直前快晴の金曜日、澤乃井で今年の「しぼりたて」が発売されたので、サクッと登れてサクッと沢井に降りれる日之出山に登った。

途中ムカゴを採取、昼飯のリゾットにぶち込む!ホコホコ、旨かった~!

 

17102704 17102705 17102706下山途中、茂みの奥でガサゴソ・・・・・・・何者かがこちらに近づいてくる。じき「ブッホ、ブォッホ」という声がする。(こりゃイノシシかな?)と一応逃げ道も意識しつつ待っていると・・・・・

ボコッと出てきたのはカモちゃん♪
一瞬こちらに向かってきそうな素振りからフェイントで横っ飛び!
持ってたのは一眼レフじゃなくて作動が遅いシグマDP2だったので、ファインダー覗かずに走る方に向けてシャッター切ったのが上の画像。ピントは奥の樹にあってしまったけど。実は直後もう1頭出てきたのだけど、そいつは元来た茂みに飛び込んでった。おもろかった~♪

なんだかんだで澤乃井園のきき酒処に到着。こちらで飲むと使った青猪口をいただけるのだが、それを10個集めると「赤猪口」と取り替えてもらえる。念願の赤猪口ゲット!!!

いのしし缶詰は御岳山で行われた田部井淳子さんの記念碑除幕式から帰られた小澤さんの御岳土産。くじらの大和煮と煮たような、少し独特の臭みがある。このとき飲んだ「しぼりたて一番汲み」は浮遊物漂う(ゴミじゃないよ!)無濾過生原酒、めっちゃ旨かった。今だけのお酒。今だけのむかごやら季節感満載だった。

| | コメント (0)

2017/10/14

今年もホタテBBQ会、第4回っ!

17100901_2 17100902_2 17100903_2 今年も青梅の朱とんぼでホタテBBQ会を開催した。吉祥寺仲間とSKBのBBQを始めてから通算8回、ホタテBBQと銘打ってから4回目になった。

なんと、おとなこども合わせて参加者70人になってしまい(汗)蔵内之芽組さんから届いたホタテはデカいやつを85枚にホヤとしゅうり貝と4箱に(大汗)

焼きホタテは濃厚な味なのでもう焼いただけで調味料いらずなのはわかっていたけど、今回刺身の要望も多くて、刺身を食べたみんなが「え~!醤油いらない!このままで美味しい~!」と感動しきりだったのだ。

 

17100904 17100905 17100906青梅の名士各位も集ってくださって盛り上がり、青梅に福島の子供たちを迎える保養ツアーを続けてる団体のチャリテイの紹介もあったり。

子供たちにはピザ焼き体験などなど。

 

17100908 17100911 17100912正直、あまり大人数のイベントに広げるつもりはなかったんだけど、友人繋がりでこんなん広がってありがたい限りです。

 

17100913_2また来年~!

| | コメント (0)

2017/10/11

那須 朝日岳

171006011710060217100603月の第一土曜は貴重な連休のとき、10月の連休は北八つにでも?と考えていたのだが7日午前の天気予報は悪く、では6日だけ北に眼を向けて・・・・・那須へ行った。

始発で出れば普通列車でもじゅうぶん時間がある。バスにも1時間以上乗らなければならないけど、登山口から山頂までがかなり近い。
紅葉は・・・・・・ドンピシャだ!!天気はイマイチだったがそれでも紅葉狩りの観光客がけっこう来ていた。観光客ひしめく茶臼岳に行くのもちょっと・・・・・なので朝日岳へ向かう。もちろんロープウェイは使わない。

 

17100604 17100605 17100606予報では15時から雨だったが途中パラリと雨が降ったりして、「これはどうかな?」と用心しつつも、あっさり山頂に着いた。最初はガスで真っ白だった。

が、食事をするうちにガスが切れる。視界がひらけてくると、どうやら南側に位置する茶臼岳がガスをせき止めている。あちらの山頂は見えない。こちらで良かった、ラッキー♪

 

17100607 17100608 17100609朝日岳だけでピストン。もっと晴れてればさらにキレイだったに相違ないけれども上を言ったらキリがない。ガスってたかわりに涼しく登れたしね~。

1800mでハイマツが見られるのは緯度が高いからだろうか。たまには奥多摩や八ヶ岳から離れるのもいい。てか百名山やってる人から見るとエリア狭すぎる?(笑)

下山後は黒磯駅前の蕎麦屋で一杯。栃木の地酒、「望」「七水」旨かった。さらにビール風味とつまみなど買って電車に乗り込むのだが、通勤通学時間帯にジャストミートしてお客さんいっぱい。最後はトホホだった・・・・・

| | コメント (0)

2017/09/25

おづ

001002003ひとつきほど前に書いた「なに屋さん!?」に登場した「おづ」さんに再び行ってみた。今回はメンチカツかな~?などと考えていたけど、この日水曜日は「カレーの日」だったのだ!

メニューはカレー類しか無い。が問題ない!!やたらコスパがよさげな「コロッケカレー」570円プラス大盛り100円をオーダーした。

メニューが単純なためか、前回のような厨房内バトルはあまり見られなかった(笑) カレーは普通に日本の家のカレーな感じ。やや甘めかな?美味しい♪具はゴロゴロと大量に入ってて、こんな安くていいのかな?と思わせるものがあった。

 

004 007 008途中・・・・・・・「あっ!?ルーが足りなくなっちゃった!?(泣)」
でも大丈夫!

こちら、大盛りオーダーの客は一度だけルーのお代わりができるというのだ(嬉)、もちろん適量を、だろう。さっそくお願いして残りご飯にルーをかけてもらった。なんか嬉しいなあ(笑)

大盛りご飯は、食べきれないという量でもないが、お皿に盛るとルーのスペースを食ってしまうので、一回だけお代わりシステムが採用されたのだろうか?まあしかしこれで670円とは安い。いつの日かまた・・・・・こちら方面に仕事があったら♪

| | コメント (0)

2017/09/06

磐城壽(いわきことぶき)

170902011709020217090203笠松行きの旅の2日め、最寄駅の大沢からスタートだ。笠松旅館は山の中の一軒宿だが、この駅のまわりには小さな集落がある(店は無い、もちろんジュースの自販機も無い)。

朝早いので朝食のかわりにお弁当を作ってもらった。7:50の列車に乗り込み、車掌さんに青春18きっぷに鋏を入れていただく(ほんとはハンコだけど)

 

17090204 17090205 17090206米沢~赤湯そしてさらに山形鉄道フラワー線というかわいい列車(18きっぷ外)に乗って長井市へ。

こちらでは浪江にあった鈴木酒造店さんが生産再開しているのだ。古い酒蔵を買い取って、酵母はたまたまよそに預けていたものが津浪を免れた。というわけで山形県なのに、「ふくしま酒蔵めぐり」ののぼりが立っている。

 

17090207 17090208 17090209いろいろお話を聞かせてくださった。面白かったのは、ほぼ海抜ゼロの浪江の酒蔵と、ここ長井の海抜200mの酒蔵とでは沸点が異なるので酒米の蒸しが微妙に変わるというお話だった。

そりゃあ高山で炊く米に芯が残ったりというのは知ってたけど、たった200mで!!??・・・・・・・と、帰ってから調べたら、わずか0.7度ほどの沸点の差だ。酒造り、繊細だなあ!

試飲も朝の10時からずいぶんと・・・・・(笑)
しかしただの酒飲み2人に丁寧にいろいろしてくださって、感謝感謝の鈴木酒造店訪問だった♪

| | コメント (0)

2017/09/05

今夏2度めの笠松旅館

170901011709010217090103毎年お盆に行っている米沢の笠松旅館に、今年は2度めとなる9月あたま、青春18きっぷを使って行ってきた。

福島~山形の県境に位置する峠駅で下車して、駅前の茶屋で「峠の力餅」を食べる。この駅では停車時間に昔ながらの売り子が力餅を売る。

 

17090104 17090105 17090106そこから笠松旅館までは西へ8kmの峠越えだ。バイクで走れば10分ほどの道のりを2時間かけて歩いた。

空気は秋の気配。アキアカネが舞うなかを笠松へと向かった。

 

17090107 17090108 17090109実は今回は、パートナーさんが「笠松に行ってみたい」と言い出したので電車でGOすることになった。

だがこの宿は昔の湯治宿で、近代的な設備は無い。山の中の谷あいにあるのでテレビ・ラジオの電波は届かず、なぜかいまだにあるブラウン管テレビは貴重な砂の嵐を映し出す。

部屋を仕切る障子はネコのいたずらで切り裂かれて穴があき、夜になればそこから様々なムシが侵入してくるのだ。普通女性は尻込みするような宿なのだ。

 

17090110 17090111 17090112でもそれでも、山形の郷土料理が美味しかったり、夏でも涼しい気候に惹かれて通っているのだが。
こちらのお孫さんが3歳のときに初めて来たのだが今年で23歳になったらしい。すると僕は20年通ったことになる。

山菜をたっぷり使った晩御飯・・・・・・はいつも通りだったのだが、今回はそれに加えて米沢牛のすき焼きがついてきた!!!!珍しくひと夏に2度も行ったものだから宿の方が奮発してくださったようだ。
それにいつもお盆のときにもご飯はマツタケご飯を出してくださるのだけど、真夏にマツタケがあるはずはなく、昨年のマツタケを使ってるのだ。それが今回は「あれれ!?」新物だ!?茶碗蒸しにもマツタケが入ってる!?なんでも運よく今年の初物が届いた直後だったらしいのだ。

鉄道で6時間かけて行った甲斐があったかなあ?(笑)

| | コメント (0)

2017/08/31

立ちそば列伝(42の3)茅野駅/白樺と、(122)横川駅/おぎのや

170823011708230317082302こないだ八ヶ岳に行った際、例に寄って茅野駅の白樺に行ったら、新メニュー(たぶん?)の「信州鹿肉そば」を発見した!!!

やや高かったが、甘く煮付けた具の味も加わって美味しかった♪

食べてると発見した張り紙「大盛券はお一人様一枚までです」・・・・・・なるほど、わかる!ほんとにがっつり食べたいときダブル大盛りって、正直考えたことあるなあ。しかし張り紙するって、ほんとにコレやるやつが多いのだろうか?(笑)

17082401_2 17082402_2 17082403ちなみに今回、帰りも食べた。しかも30円の容器を買って電車内に持ち込みだ♪

昔は甲府駅なんかにもあったなあ。持ち込み。こういう旅のワンシーンはますます薄れていくのだろうか?

熱いつゆをこぼしたりするリスクを避けて冷やしとろろそばをオーダー。お店のおばちゃんに電車の時間が迫ってることを伝えたら、一瞬前に特生そばを頼んだ方がいたのにさりげなくこちらを優先して作ってくれた。ありがたや~!

17082404 1708240617082407続いて軽井沢に行った際に横川駅で見つけた立ちそば。

あの釜飯の「おぎのや」がやってるらしい。生そば使用と店先に書いてあった。しっかりメイクの店のおばちゃん、そばを2分ほど茹でてから一度水にさらして、また湯に入れて温めなおしていた。美味しかった。食感も素晴らしかった・・・・と思うのは丁寧な行程を見たあとだからだろうか?

ちなみに軽井沢駅にもおぎのやの立ちそば店があった。恐らく同じ味だろうから食べなかったが、看板を見るとこちらが駅そばの発祥の地なのだそうな。駅弁の最初はたしか新橋?まあいいか。

| | コメント (0)

2017/08/29

軽井沢 TOMY

170825011708250317082504前回記事の八ヶ岳は3日行程の計画だったのだが、2日で撤退したので休暇が1日余ってしまった。てことで、軽井沢のミュージックハウスTOMYさんを久々に訪ねてみることにした。

天気もはっきりしないので電車でGO!しかし、新幹線のせいでゆるやかな旅がしづらくなったもんだねえ~。乗り継ぎ乗り継ぎ、碓氷峠はバスで越える。

小雨あがり気味の中軽井沢を歩くとおまわりさんが多数あいさつしてくる。なんでも天皇陛下がいらしてたそうな。わざわざ通行人にあいさつまでして・・・・・もしかして不審者かどうか見定めてたの?

30年ほど前に軽井沢で3夏ほどレストランでバイトしたころ、近くにあったTOMYさんの店に行き始めた。TOMYさんの本名は富永憲次さん、ミュージシャンだ。軽井沢の有線では毎日TOMYさんの曲が流れていた。いつも行くのはバイクで・・・・・だったので、こちらでアルコールを注文するのは初めてだった。料理についてくる野菜は無農薬でTOMYさんの手作り、これが本当に美味しいのだ!

帰りは
碓氷峠を越えるバス便が限られているので、やむなく軽井沢~高崎間だけ新幹線に乗ることにした。そこで余った時間はかつて住み込みで働いた旧軽井沢のほうを廻る。軽井沢は入れ替わりが激しいとこだったが、それでも某有名喫茶店をはじめ、地元向けの鶏肉屋さんや美味しいケーキ屋さんなど30年変わらぬお店もたくさんあった。

日航機事故の夜に、あちこちのバイトが仕事のあとに集った飲めるラーメン屋?で「なんか近くの裏山に飛行機が落ちたんだって」と噂したその場所にも行ってみた。お店はもうやってなかったが懐かしかったな。TOMYさんからいただいたたくさんの野菜と、釜飯とビールを持って新幹線に乗り込んだのだった。
(っても乗ってるのは軽井沢~高崎だけなので速攻で釜飯をかき込む、笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧