2018/11/01

立ちそば列伝(151)新高円寺/伊藤松吉商店

181029011810290218102903以前、仕事で運転途中に新高円寺駅近くに前は無かった立ちそばを発見!!!
用事が済んでから行ってみるとすでに閉店してた。営業は15時までだったらしい(泣)

で、この度仕事がらみの研修が朝から初台近くであったので、チャリの進路を北寄りにふって「伊藤松吉商店」に寄ってみることにした。8:40くらいだったかな?朝のピークを過ぎたのか客のいない店内へ。

メニューが山ほどあって眼が泳いでしまう(笑) 右下に眼につく「おすすめ」から、朝ということもあり朝定500円にした。

18102904 18102905 18102906かけそばにライスに納豆と卵。納豆と卵はオンザライス!ネギが自由に使えるのがうれしい♪

そばは普通に茹で済みの麺を湯に通してる様子。わりとキライではない食感だった。ただ、つゆは醤油強く単調だったかな?ちなみに撮ってきた画像をよく見れば「ラー油(そば?)」なるメニューがある!次回これを食べに来よう~。

食べてるうちに来た他のお客さんが頼んだ「スパムおにぎり」を研修(1日がかり)の昼飯用にテイクアウトしてきた。これ、旨かった~!!
こちらのお店は昔っからある24Hの路麺ラーメン屋「タロー軒」さんのすぐそばにある。負けじと末永く頑張ってくださ~い!

| | コメント (0)

2018/10/24

立ちそば列伝(150)五反田/ことぶき

181017011810170218101703五反田で飲み会があり、その前に15分時間ができたので立ちそばを検索。「ことぶき」というお店を見つけた。

こちらは天丼セットに上天丼セットもあって、なぜかそれらよりチト安いバラ天丼セット570円をオーダーした。そばは機械からムニューと出るアレで、コシが抜群、短めに切られて食べやすかった。つゆはカラッとしたタイプ。

バラ天丼ってどんなんだろう?と思ってたが、案外豪華!!!インゲンにタマネギに・・・・いろんjな野菜のかけら(?)が揚げられて乗っていた。旨かった♪ちなみにそばは茹でたて天も揚げたて、だからバラ天はかき揚げを作ったカスとかじゃない。わざわざ少しづつの野菜を揚げているのだ。いいお店・・・・・ポットのそば湯がぬるかったのだけ残念だった。

ちなみにこのエリア、大学生のころオデン屋台があった。たしか一番安いネタが15円で、「あそこで500円食ったら腹いっぱい」と言われてたのだ。酒はそばに酒屋があってそこの自販機で買ったような気がする。全然商売っ気が無い感じに、「あのオデン屋のおやじは元は上野の(浅草のだったかも)○クザの親分で、いまは若いもんに安く食べさせてやろうとオデン屋台を・・・・」みたいな都市伝説が飛び交っていた。

30年以上経っている。もう屋台が無いのは間違いない。せめて酒屋さんは?と思って探したけど、酒屋も見つからなかった。屋台の正確な場所も覚えてないしね~。

| | コメント (0)

2018/09/29

立ちそば列伝(149)高山/こう平うどん

180921021809210318092104高山にボランティアに行った際、高山駅にバスが着いたのは朝4:30で、ボラ仲間との合流は7:30・・・・・・。駅で少し仮眠するつもりでいたが、さて朝ごはんをどうしよう?

と出発前に調べてみたら、なんと高山には6時からやってるうどん屋があるらしい。しかも立ち食い価格のようだ。駅から10分ほど歩いたかな?「こう平うどん」こと「新井こう平製麺所」だ。

6:50ころ行ったかな?朝早いってのに広い駐車場にけっこうクルマが入っている!そして店内では自販機を見てびっくり。なんと0.5玉から4玉までの食券が買えるようになってるのだ。

 

18092105 18092106 180921072玉+天ぷら(かき揚げ)の券を買いカウンターへ出し、「うどんとそば合い盛りで」とオーダー。合い盛りできるのネットで調査済みね(笑)

基本の1玉が350円で2玉は420円、天ぷらが60円という懐かしの安さでトータル480円とはコスパ良いんじゃない?

うどんはツルッと、コシがどうこう言える感じじゃないが普通の歯ごたえ。そばはムニャットと柔らかいねえ~~~。天ぷらは60円なのでなんの文句もございません!
ただ、つゆが・・・。つゆが辛い。醤油を割っただけか?(笑)わりと単純な味わい、そしてとても濃いのだ。西のヒトは東京の立ちそばのつゆの黒さに驚くようだけど、中京圏でこのつゆはアリなんだろうか?

ちなみに食事中、ひっきりなしにお客さんが見えて、ときどきカウンター前に食券持っての行列になる。仕事前の人が多いみたい、常連も多いみたい。アリなんだろうな~。面白い体験でした!

| | コメント (0)

2018/09/07

立ちそば列伝60の4三鷹と、130の2武蔵小金井

00000000_28月の終わりころ?久々に三鷹駅北口に行ってみたら・・・・あれ?工事中?

・・・・ん?あれ?立ちそば屋さんが無くなってるっ!?

が~~~~ん!隣にあった花屋さんの「移転の案内」は貼ってあったけど、そば屋さんの情報は皆無。はあ~。そんなに頻繁に来ていたわけじゃないけど、吉祥寺で飲んだあとにたま~に食べてたのだ。(中華そばみたかは21時閉店だから、夜遅いとこちらが便利)

それよりも、小学校高学年のころにもうあったはずだから、少なくとも40年はあったはずだ。薄いながらも長いお付き合いだったのになあ。お店の写真は2013年5月のもの、ナルトが乗った姿ももう見られないのか・・・・・。中野のかさいや高円寺の桂にも通じる田舎蕎麦風の太麺が懐かしい。お店はあるうちに行っておかないといけませんね(泣)

 

18082401仕方がない。今あるお店を大事にしよう!!!

・・・・こないだは青梅に行く途中、武蔵小金井で途中下車して行った白樺。
前回はおばちゃん2人だったが、平日朝の今回はおじさん1人だった。年配のおじさんだったけど、山の格好をしてたせいか「山ですか?」なんて話しかけられて意外とフレンドリー♪

オーダーはカレーとそばのセット650円。半カレーではなく全カレー、かけだと思ってたそばにはイモ天が乗っかって「逆兵糧責め状態」だ。カレーは家のカレー風で、しっかり具も入ってるし味わいもいい。美味しかった。
そばは前回は工場茹で済みそばなんじゃないかとふんでいたけども、おじさんが生そばを茹でていた。茹でたてを供するためではなく、茹で置くためだと思う。店のたたずまいのわりには意外と手をかけてるご様子(失礼かな?)。見てると昼も夜も常連さんが来てるし、やっぱいい店なんだな~。

こちら、ラーメンもあるし夏は冷やし中華もあるようなので、次回はそちらを?

| | コメント (0)

2018/08/26

青春18切符で蕎麦めぐりの3

立ちそば列伝(148)塩尻駅/そば処桔梗

今回の旅、松本駅と長野駅の立ちそばはそこそこ調べてから出かけたのだけど、須坂のゲストハウスで耳にした「塩尻に日本一小さい駅そば店があるらしいですよ~」という情報に驚く!!(笑)

18081722 18081723 18081724そして東京への帰り道を練り直して、降りなくていい塩尻に降りることにした。帰宅が50分遅れることになる。

さてさて、松本駅の6番ホームで野沢菜わさび&かき揚げそばを食べてから30分ほどかな?塩尻に降り立った。そして階段をあがってゆくと・・・・・「あった!?」

目の前にあった。店名不明。店が小さいというより、まず入り口が信じられないくらい狭いっ!パッと入店すると小さい券売機が目に飛び込んでくる。「ち、近い!?」2人か?ぎゅうぎゅうに3人しか立てないような狭いカウンターの奥に小型券売機が置かれていた。

来てよかった(笑)

18081725 18081726 18081727オーダーは安曇野わさびそばだ。そばは平打ちっぽい乱切り風?そこそこのコシで、つゆはさっき食べた松本のとくらべてどっしり濃かった。わさびの茎がたっぷり入って、かじるとピリリと辛味がくる。美味しかった♪立て続け3杯めだが美味しくいただけた!

食後、30分ほど時間を持て余したので、上り線と別のホームにあるブドウの棚を見に行った。ワインの原料になる品種メルロー、きっと食べても美味しくないと思いきや(以下略)

まだ時間がある。改札外に出ると待合室に向かった。実はさっきそばを食べたカウンターの対面にもカウンターが見えてたのだ。のれんには「そば処桔梗」とちゃんと店名があった。そしてボタンが多い券売機を覗くと・・・・・特上そばもある、なあんだ、ここも白樺と同系列店なんだな~。(そろそろこの系列の会社名なり屋号なり調べなきゃかな?)

なんで改札内の券売機には特上が無いんだろう?もちろんボタンが少ないのは理由のひとつだろうけど。やっぱ茹で時間3分だと2人しか入れないスペースで回転悪すぎるのは大きいな!

待合室のお客はイスに座ってそばを食べていた。この改札内外の環境の差は大きすぎないか!?しかも「石ちゃん」のサイン色紙まで貼ってあった。取材に来たのかな?石ちゃん・・・・・・どっちに入ったんだろう?狭いほうにどうしても入れなくて・・・・というやりとりもきっと撮ったんだろう(笑)

とても有意義な塩尻駅そば訪問、楽しかった♪
そこからの帰宅は4時間半かかって22時になったけど・・・・・

| | コメント (0)

2018/08/23

青春18切符で蕎麦めぐりの2

立ちそば列伝(146)長野駅/ナカジマ会館
立ちそば列伝(147)松本駅/信州生そば
 

18081710 18081711 18081712前回の続きで旅の2日め、小布施などブラブラしたあと「ながでん」で戻ってきた14時の長野駅、2階の改札前にある「ナカジマ会館」に行った。
 
ここでは「信州中条産なめこ」と「中野産しめじ」という貼り紙に惹かれて「きのこそば」をチョイス。オペレーションがとてもよく、あっという間に着丼した丼はお店オリジナルのかわいいデザインだった。
 
 
18081713 18081714 18081715黒っぽくてまっすぐなそばは細いわりによい食感だった。
つゆがとてもまろやかで旨い!これはきのこから出たヌルや味によるものなのかも知れないね。きのこもめっちゃたっぷり入ってる。地元産でしょう?これで430円は安い!
 
ちなみに唐辛子は例の善光寺のやつだ。超地元だけど、もう東京でも普通に売ってるから特別感は無かったな・・・。
 
そして右端の草色ののれんのお店は「あきらめ~てん」(笑)
 
 
18081716 18081717 180817181時間半の移動、松本駅に帰ってきた。ここでは端っこ6番線ホームにある「信州生そば」に行った。
 
実は駅内のもう1店のメニュー構成が茅野駅の「白樺」と同じ感じだったので、こちらに来てみたのだったが、自販機を見てみるとこちらも同じく生そば使用の「特上そば」を出す「白樺系列?」のお店だった。
 
まあいいや、ホームのカウンターで食べるこの雰囲気はよい♪
 
 
18081719 18081720 18081721オーダーは「特上そば野沢菜わさびそば」に「かき揚げトッピング」というぜいたくなもの。旨かった。
 
茹で3分、細いながらもしっかりしたコシがある。つゆはすっきりしたもの。
 
ちなみに真ん中画像はパートナーさんが注文したとろろそば。ここ数年茅野駅では特上は頼まずこの普通のを食べてるがそれでも充分旨い。細身の特上そばに比べると乱切り風で、特上生そばと食べて比べてみると・・・そうか、コシというよりいくぶんつなぎの硬さみたいなのを感じるな。そうかそうか(わかったふり、笑)
 
左画像は「あきらめ~てん」、いつの日かまた。
「3」に続く。

| | コメント (0)

青春18切符で蕎麦めぐりの1

立ちそば列伝(144)松本駅/イイダヤ軒
立ちそば列伝(145)長野駅/しなの

18081701 18081702 18081703前回の続きでもあるのだけど、せっかくのんびり列車の旅なので立ちそばも堪能してきました。

東京から4時間半ほど、松本に着くともう昼前で、駅外の「イイダヤ軒」に行ってみた。横断歩道を渡る前を行く人はJRの女性乗務員さんだ。そのままイイダヤ軒に入っていった。「おおっ!?」

こちら、駅前の飯田屋というホテルの1階にある。なんでもいつも「昼から飲んでるおっちゃん」もいるらしい。僕も山行でもバイク旅でもないのんびり行楽モードゆえ、ビールをいただいた♪ そばの食券はキープしたまま、天ぷらとコロッケの食券をおばちゃんに渡すとつゆをかけて出してくれた。カンパ~イ!

 

18081704 18081705 18081706ざんぶりとつゆに浸かったコロッケそばもほろほろほぐれて美味しいのだけど、この適量のつゆがかかった感じは実に旨い。

ほどよいとこでそばもお願いする(乗り換え時間30分だからそんなにゆっくりはしてられない)。そばはストレート、駅そばらしく茹で済みのやわらかいそば。つゆは真っ黒で甘辛、ビバ駅そば♪ネギはセルフでたっぷり(常識の範囲でネ)いただいて嬉しい。残った天ぷらとコロッケも乗っけてから完食。全部で1000円、後味もよい。幸先いいかなあ?

 

18081707 18081708 18081709それから1時間半、長野駅に着いた。ここにも2店あるようなので、1店行っておこう♪

選んだのは「しなの」だ。長野電鉄の地下改札のそばにある。ちなみにこの旅で幾度か乗った「ながでん」はどの駅も地元野菜など売ってて、改札で駅員さんが会計してくださる雰囲気がほんわかしててよかったなあ。

さてしなの、デカイのれんをバッとくぐると目に飛び込んでくる「チートロスペシャル」なるメニュー!?750円もするスペシャルはボリュームが心配だったので、月見にチーズトッピングにて「チーズ」を試すこととした。

そばはやはりここも茹で済み麺だが、しっかりした食感だ。つゆは醤油が存在を主張するキリッと辛い印象。だがチーズがトローリ溶けてくると、醤油の辛さをまろやかに調和。旨かったなあ。チーズそば、ゲテものの類ではなかったよ。

お気づきと思いますが「蕎麦めぐり」と言っても「立ちそば」です。
悪しからず・・・2に続く

| | コメント (0)

2018/07/01

立ちそば列伝(143の2)大倉山/どん亭

1806260118062602180626036月あたまに来た「どん亭」に再訪の機会があった♪
こちらには昼食後に会社を出るパターンなのだけど、今回は昼食のボリュームを小さくしてのぞむ!

さてそば意外が充実してるこちらで今回頼むのは???定食もいい!どんぶりもいい!道々考えながらかけそばとカレーライスに決定~!
カレー、旨い。濃い目の家庭の味だ。そして米が旨い。最近多いご飯無料とか食べ放題のお店で「うっ!?」と思うことたまにあるが(無料ゆえ文句言えないけど)、やっぱお米は普通にいただけるのがいいよね。

再訪して、そして別メニューを頼んでよかったなあ~と思ってると、あとから来た方が「かけと半カレーとお皿コロッケ(コロッケ単品のことらしい)」とオーダー!「ヌヌッ!?」
さらに次の方「かけにコロッケ」とオーダー!「ナヌ!?コロッケそばではなく!?」
そしてさらに次の方「かけ半ライスとアジフライ」だって。「ヌヌッ!そんなパターンも?」

なんて自由なんだ。あなたのお腹にジャストフィット?自分の舌にオートクチュール?(笑)
はっ!?お皿コロッケとかけそばと半カレーを頼んでコロッケを半分に割って半コロッケそばと半コロッケカレーにすることもできるのかあ~~~っ!?(やれやれ、笑)

再訪必至

| | コメント (0)

2018/06/02

立ちそば列伝(143)大倉山/どん亭

180524011805240218052403仕事で2年に1回くらい行く大倉山で、一度道を間違えて環状2号?に発見した立ちそば屋「どん亭」

駅から離れた立ちそば屋は旨いの法則(つまり駅から離れていても集客できる)にのっとって、この店はイイに違いないと思っていたのだが、ついに来る日がきたのだった。

午後2時ころ、おばちゃん2人が立ち働いている。おばちゃんが元気な立ちそば屋は旨いの法則もあるのだ(笑)かけが210円というのも競争厳しい都心部でも見られない安価!

 

18052404 18052405 18052406オーダーはアジフライそば

中野駅前「かさい」などで3アジ天そばはあるが、アジフライそばはあまり見ない。それにおばちゃんが作ってるのなら旨いんじゃない?という期待感もあってオーダーした。

それは正解だった。へたなスーパーで売ってるアジフライなんかよりも旨い。変な臭みとか無くキレイなお味のパリッとしたアジフライ♪ なによりこの店は定食もあって「アジフライ定食」430円とか安いっ!!!だからこそソースも置かれているのだけど、ついついソースも味わいたくてONザそばのアジフライにソースをかけて食べてみた・・・・・。これももちろんまいう~

そばは一般的な工場茹で済みそばとお見受けした。でもわりといい感じのつゆと言い、思ったより上質なアジフライと言い、できればまた来たいお店なのでありました!次は腹ペコで来て定食&そばや、丼&そばも食べたいな~

| | コメント (0)

2018/05/13

立ちそば列伝(142)鶴見/ういーん

180511011805110218051103鶴見駅前にステキな立ちそば店を発見した♪

外観やよし♪風格さえ感じられる。
店名は「ういーん」、なんと!?
自動ドア壊れちゃったのかな?「手動」の貼り紙がステキ!

 

18051104 18051105 18051106蕎麦屋さんと区別して立ちそば店たる要素のひとつは券売機の存在だが、ここの券はなんとプラスチックの札だ!?

「いやあ~、懐かしい!」・・・・・って、懐かしいと言いながら最後にどこでプラ札を見たか思い出せないゾ!立ちそばか食堂か?1個記憶があるのは中学生のころ千葉駅の駅そばで冷やし中華を食べたときがプラ札だったんじゃないかと思うのだけど、これはハッキリした記憶ではないうえに、さすがにその後40年のうち、どこかでプラ札があったんじゃないかと・・・・・?????

 

18051107 18051108 18051109オーダーはカレーそば。あまり注文しないのだけど、こちらにはカレーライスだけじゃなくカツカレーまであったので、なんとなくカレー寄りに引っ張られてしまった。

やや辛め、なめらかではなく粉感が残る。ニンジン・肉などそれなりに具も入ってる。無問題ですっ!!ちなみに別に激辛嗜好ではないのだけどカレーそばを食べるとき、七味も追加したくなるのはナゼだろう?そばは標準的茹で済みそば。パートナーさんがかけとTKGと漬物のセット「定食」をオーダーしたので、つゆを味見させてもらったところ、甘さが強い濃いつゆだった。

行ったのは金曜の11時ころ。朝と昼の混雑の中間でまったりムードだったが、ふたりのおばちゃんはネギやタマネギを切ったりと戦いの前の仕込みモードだ。店はヤレた感が強いけど実は清潔だし、こんなふうにおばちゃんの手による仕込みを見ると、懐かしのプラ札に触れたことも相まってか、「ああ、いい店だなあ」と胸に沁みてくるのだった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧