2017/04/08

花見♪と、立ちそば列伝(119)だし屋/旗の台

170402011704020317040205井の頭がまだ3分咲きの先週日曜、イタリアからお客がやってきたので吉祥寺にお連れした。井の頭公園で花見をし、いつもの田楽山に行き(友人の女装氏も参戦www)、ハモニカ横丁をブラブラ。

彼はモトグッチのイベントで知り合ったのだが、東京に来るまでに京都・奈良で神社仏閣をたっぷり見て、高野山では宿坊に泊まり、城崎温泉にも足を延ばしたり、これで日本が初めてというのが驚きなんだけど、ともかく僕もしたことない満喫かつ上等な旅をしてきたのだ。その旅のフィナーレがハモニカの居酒屋でいいんだろうかと若干の迷いもありつつ、でもまあなんとか楽しんで帰ってもらえた(ほんとか?笑)

 

17040701 17040702 17040703今週になってようやく井の頭あたりも満開になった。いつもこの時期、かえでも花がかわいく咲いてる。井の頭公園の野草園ではヤブレガサが全開になってたり、楽しい。

ちなみに、今年は三鷹台~久我山の桜が遅いようだ。

 

17040704 17040705 17040706金曜は洗足池にも行ってみた。はるか昔、トレンデーなドラマの舞台になっていっとき人気スポットになったような気がするけど・・・・・・池に面したレストランが舞台だったような?????そんな店無かったんだよね、思い違いかにゃ?(笑)

洗足池にはランブルスコを持っていった。最近よく飲んでいるが、明治屋輸入のものが濃くて旨い!ライフに売ってるのはやや甘みが強くて好み、マルエツで売ってるのはコスパ最強(800円ほど)、カルディのは甘み抑え目。一応全部アマービレ(甘口)を買った上での比較(massi調べ、責任はとりません、笑)エノテカとかに行けばもっといいのがあるんだろうけどね~~~。

せっかくあまり乗らない電車に乗ったので、帰りに旗の台駅で途中下車して未知の立ちそばへ!

 

17040707 17040708 17040709改札目の前にある「だし家」。だしやと読むのだろうか?メニューがいろいろあって悩むがイチオシの生姜天そばをオーダーした。しかし330円は安いなあ。

そばは茹で済み、天ぷらは揚げおき、でもそんなのはかつてはごく普通のことであって、このような個人店では気にならない。むしろ価格を考えたら・・・・・。
つゆは店名の通りだしが効いて美味しい。あとで若干喉が渇いたのはチト塩が強かったのだと思うけど、つゆの温め直しなどされてたせいもあるのだろう。そばはソフト麺をチラッ連想させる雰囲気、実は連れがうどんを食べたのだが、うどんのほうが美味しかった。

カウンターにかえし醤油が置いてあって薄いと感じる客は調整できるようになってたり、そういや看板には「そば・うどん」ではなくて「うどん・そば」と書いてあったな。関西風が基本でやってらっしゃるのだろうか。次回頼むなら「とろろこんぶうどん」がいいかな?

| | コメント (0)

2017/03/22

立ちそば列伝大森はしご(117)甲斐そばと、(118)麦の城

170308011703080217030803年度末になると陸運支局がエラク混む。業界の悪い習慣だといつも思うのだけど、そう売買があるわけじゃないウチでさえも品川~横浜に廃車ハシゴをしに行くことになった。

そして京浜急行鮫洲から横浜線鴨居へ行く途中、京浜急行大森海岸駅そばに甲斐そばというお店があるのを調べて寄ることにする。

きれいなメニューが表に出ていて「あれ~?チェーン店かな?」といぶかりつつ、ごぼう天もり390円と決めて入店。どんぶりものも豊富だし、そば大盛り2玉というのも魅力だったんだけど、実はもう1軒行きたかったので自粛した。

ごぼう天もそばも、その都度揚げ・茹でる。これにどんぶりメニューもあるのだから昼時はけっこう待つかもしれない。でもそれだけの内容だった。美味しかった。ごぼう天はけっこうボリュームがあって、食べやすいように小分けして揚げられてる。店内キレイだし、いろいろ行き届いてる感も・・・。

ちなみに調理師免許証が貼られていて、店主さんの本籍が山梨と書いてあった。それで「甲斐」なのか!?ならばきっと個人店だね。また行きたいです。

 

17030804 17030805 17030806甲斐そばを出て歩くこと数分。JR大森駅に着いて駅近くにあるはずの店を探す。駅前でキョロキョロ。少し横浜方面に歩いてあれれ?続いて反対側に歩いて・・・とかなり接近するまで気づかなかったが、駅前にちゃんとあったのだ、「麦の城」・・・・・目に入ってたはずなのにケーキ屋かパスタ屋と誤認してたのだろう。あんなデカイ看板まで出てるのに(笑)

こちら、関西風のつゆでそばを出すという。いや、きっとうどんメインなんだろうね。名前からして麦だし。・・・・・ということで、うどんじゃないのは申し訳ないが、関西風つゆにあわせてきつねそばでも頼もうかな?と思っていたのでした。ところが、「かす」がここにはあったのだ!!!!!和歌山で存在を知って、大阪で探してついに食べた「かすうどん」。あれをまた味わえるのか!?(笑)

かすそば580円、ちと高いけど、大阪から油かす直送って書いてあるから仕方ないか・・・・ってか「かす」にそこまでコストかける?(笑) で、出てきたのは予想外な姿、水菜・みょうが・ネギなど野菜がたっぷり載っていたのだ。ヘルシーだけど味はおとなしい。吉本の近くで食べたときのインパクトは無い。

でね、きっとうどんがメインのお店だろうから仕方ないのかな~~~?そばが離乳食並みに柔らか・・・・・。

そうそう、初めてイタリアに行ったときに、同行のひとりの方がコーヒーが苦手だったらしく他の全員エスプレッソのなか、ずっと紅茶を注文してました。そしてとあるバールで、やはり「テ!」(紅茶をテという)とオーダー。ほんとうは「ウン・テ・ペル・ファヴォーレ」(テをひとつください)といえば少しよかったんだけど、カメリエーレを睨んで「テ!」とのみ言うのは傍目にも感じ悪く・・・・・はたしてカメリエーレがカチンときたのか、それともそのお店ではいつもそうなのかわからないのですが、お湯の入ったカップとティバッグをテーブルに置かれたのです(笑)

大阪(系?)のうどん屋のそばは異常に柔らかい
イタリアのバールで紅茶頼むとティバッグが出てくる
ウチの店でそんなもん頼むのか、という抗議?(笑)ってわけでもないでしょうけどね。なんだか古いエピソードも思い出しちゃいましたよ。

ちなみにあとで、知り合いのパクチー好きがこのお店にパクチー補給しに「こく旨パクチーうどん・そば」580円をときどき食べにi行っていることを知りました。追加パクチーもあるらしい。

| | コメント (0)

2017/03/19

相馬行と立ちそば列伝(89の2)まるや/原町、(116)キオスク勝田そば/勝田駅

170310011703100217031003半年ぶりに福島へ行ってきた。木曜21時のバスでいわきへ。そして例の(?)会員制高級ホテルへ。部屋へ・・・じゃなくてブースに落ち着いたのは25時、翌朝8時にチェックアウト1550円也。

9時過ぎの竜田行きに乗ると原町に11時には着く。途中常磐線の代行バス運行区間では昼間だったので第一原発(の煙突・クレーン等)が見えた。浪江駅では役場が開いていてそばに食堂・コインランドリーなども始まっている。もうすぐ避難指示解除だ。

原町での乗り継ぎ30分で立ち食いそばまるやへ。天ぷらそばに揚げプラスをオーダーしたあとカレー丼(そばやのカレーと注釈付き)を発見してしまった。前は無かったゾ!そばやのカレーなんて気になるじゃないか、やむなくオーダー。

450円という価格に油断したが予想以上にデカかった。シンプルな黄色いカレー。そばつゆが味のベースになってるそうで、あまり解らなかったが美味しかった(笑)食べ終わると丼の底に丸屋ドライブインの文字。なんと、そば屋と弁当部門と喫茶たんぽぽに加えドライブインもやってらしたのか!?深いなあ・・・

 

17031004 17031005 17031006相馬に到着。訪問先がおそらく食事中と思われたので街中をブラブラしてみた。まずは調べておいたバター最中を買いにゆく。最中の中に餡とバターが2層になって入ってた。けっこう旨かった。カロリーが気になるけど(笑)

バター最中のお店のそばに古い食堂があったり、こじんまりしたとんかつ屋さんの雰囲気がよかったり、古い城下町だけに探せばいろいろありそうだ。さらに相馬焼きのお店にも寄ってみたり・・・・・という感じで時間をつぶして13時、もくもくさんへ。

 

17031007 17031008 17031009もくもくさんではすっかり製品作りが軌道に乗り始めたようで、朝市用に仕入れてきた。

 
また、工房もくもくの所長であり、南相馬ファクトリーの代表でもある佐藤さんにいろいろお話をうかがってきた。
僕は南相馬ファクトリーとはつながり∞ふくしまの缶バッジのご縁でつながったのだが、最近はバッジの売り上げが落ち込んでいるらしい。たしかにバッジは実用性も薄いので買いづらいかもしれない。だけど、お話によると作業所に通ってくる所員さんの障がいの度合いはさまざまで、それでも多くの所員さんが関われるのが缶バッジ作りなのだそうだ。
 
サークル・職場・宣材・記念品などなどの機会に、オリジナル缶バッジはいかがでしょうか~!「南相馬ファクトリー」で検索を~!
 
 
17031010 17031011 1703101216時にもくもくさんを出て再び汽車とバスを乗り継ぎ南下。帰りは高速バスが予約とれなかったので、各駅停車7時間の旅だ。
 
でも乗り継ぎ駅を事前に調べたらちゃんと未知の立ちそば店があるので旅のテンションは高い(笑) 狙っていた納豆そばが売り切れで、季節限定という言葉に誘われてけんちんそばをオーダー。
 
けんちんの具を1食入りのレトルトパウチから出してきたのは興ざめだったが、ポスターに書かれたとおり煮込まれた根菜の旨いこと!!!NRE系列店と見受けられて(む~~~~)と思ってたが、そばの食感は「あじさい」ぽくない。悪くない。茹で済みそばはタッパから、太い竹を割って作ったらしき特製フォーク(見たこと無いカタチ)ですくいあげられ茹で湯へ投入される。いろいろと見飽きないお店だった。また行きたい。ぜひまた。

| | コメント (0)

2017/02/26

立ちそば列伝(115)大泉学園/松本

170225011702250217022503土曜日の仕事帰りに大泉学園に寄らなければならなくなって・・・・・・ひょっとして?

そしたら非大手チェーンの立ちそば屋さんがあった!北口の賑やかな感じからあるかどうか探すことすらなかった大泉学園だが、まさか南口に!?(いつも高速に乗るのに南口をかすめて走ってるのだ)

正面に「そばうどん」と書かれていて、脇に「ラーメン」と書かれている。脇から見たら立ちそば屋って気づかないぞ! で、メニューが豊富♪晩飯がわりなのでセットをいただこう・・・・・で、ずいぶん迷ったが、普通立ちそば店では見ることの無い「麻婆ライス」のセットにした。

袋入りのそばを温めて、かけかと思ったらたぬきだった。グニッとやや歯ごたえのあるそば、黒いわりには辛すぎないつゆ。麻婆は、気持ち辛めの中華あんかけに豆腐と少しひき肉が入ってる感じ。値段から考えたらなんら文句は無い。美味しくいただいた。

あとから来たお客さんがチャーハンをオーダー。もしかして作り置きのチャーハンをチンするか炊飯器で保温してあるのを出したり?と見ていたらちゃんと白飯から作っていた。失礼しました!
それにしてもヤバイ場所にいい立ちそば屋を見つけてしまった。ツーリングの朝に寄ってしまうかも?無駄に高い価格設定になったサービスエリアのそばはもう食べてないから・・・

| | コメント (0)

2017/02/25

初林道ツーリングと立ちそば列伝(114)中神/げんき屋(113の2)日向和田/へそまんじう(?)

170224011702240217022403V65に林道デビューさせるべく五日市街道を西へ・・・

で、まずは腹ごしらえということで、噂に聞いていた「げんき屋」に行ってみた。中神駅の北に少し離れたところにありながら、外ベンチまであるのはけっこう混むの?近隣に工場があったりするからだろうか?

オーダーは天ぷらそばと半肉煮丼のセット500円。半牛丼ではない、半肉煮丼だ!
そばは袋入りの茹で済み麺だった。柔らかすぎて残念、でもネギとほうれん草が入れ放題(無限ではないと思うが、笑)なのが素晴らしい。肉煮丼もそこそこ旨い。このセットで500円なら文句はないだろう!

 

17022404 17022405 17022406朝飯を終えさらに西へ。途中で秋川の白滝神社の湧き水を汲みに寄った。

鳥居の脇に竜神に守られて水が落ちている・・・・・・けど、けっこう表土を流れてきてるようなので、失礼ながら結界を破って水源に登る。

そこは小さな崖の下、落ち葉が溜まるのを掻き分け湧き水を汲んだ。

 

17022407 17022408 17022409五日市周辺、いくつかの林道を覗いたあと、尾根筋を走る北大久野線へ。

明るく開けたカーブで一服タイム。先日ひさびさに出したSVEA123を体温でプレヒート。

 

17022410 17022411 17022412白瀧神社の湧き水でエスプレッソを淹れて、風が強いわりには暖かい山中、風音を聞きながらいっときなごむ。

ここは往復5kmくらいな林道だったけどフラットで走りやすかった。V65SCはスクランブラーとは言えマフラーがセミアップ加工されてるだけの、所詮はロードバイクなので、サスストロークもかなり短いし、やっぱこういう道がイイ(笑)

  

17022414 17022415 17021102青梅に出て、こないだ来たばかりの「へそまんじう」で再び蕎麦を食す。どんな蕎麦を使っているかを確かめたかったのだ。ジーーーーッと見ていたら・・・・・やっぱし冷凍麺でした~。

客の回転が悪いというか、客の回転なんか無いこの場所で立ちそば店をやるなら・・・・・・そりゃあ冷凍麺がいいよね!しかもそこそこの食感が保証されてるし!

ちなみに書き忘れていたけど、林道走行を前にエンジンガードをアルミ板で作ってみた。今回、それなりの役目を果たしたようだったゾ!

 

17022416_3 1702241717022418尾根筋の林道から小川沿いの林道まで何本か走った。
 
思えばこのあたりは30年前に原チャリで走り回っていたところだ。
まだ神戸岩まで舗装が届いてなかったころだ。そのころならもっとダートがあったはず。残念!
 
1日かけて120kmそこそこの距離だったけど結構楽しかったな!

| | コメント (0)

2017/02/11

山からうどん、と立ちそば列伝(113)日向和田/へそまんじう(?)

1702100117021002170210039日に職場のある高井戸でも畑が白くなったので、翌金曜さっそく出かけてみた。奥多摩の一番手前・・・と言ってもいいのかな?三室山へ。

午前中は晴れて好展望。東京の名だたる3タワー(!?)が見えた。

 
まず左端白いのは西武ドーム、やや右へ行くと東京スカイツリー、右端のほうに針のような東京タワー、そしてど真ん中に黒く棒のようなのがスカイタワー西東京!!!
 
我が地元、家から3分の電波塔、スカイツリーよりずっと前にスカイタワーと名づけられてるのだよ!もっとも地元民は田無タワーと呼んでるけど・・・。
 
 
17021004 17021005 17021006雪は多いとこで5cm程度。もうちょっと降ってるかと期待してたけど・・・・・・・なんつって、前回この山に来たときはバンバン降ってる最中で、山頂で雪のテーブルが作れるくらいだった。僕は青梅線が止まってしまう前に帰れたが、その日から奥多摩は陸の孤島になったのだった。あまり降って欲しい降って欲しいって言っちゃいけないか・・・・・。
 
 
17021007 17021008 1702100913時には下山して、麓のうどん屋さんへ。
 
まずは一杯・・・とメニューを見ると「肉皿」というのがある。牛丼屋の牛皿みたいなのかな?とオーダーしてみたら肉は豚肉、肉の甘みプラス味付けもちょっと甘めでめっちゃ美味しかった。うどんはよく噛んで味わうタイプで、大変好みだった。大盛りにしたけどけっこうな分量♪「肉皿」と「こんぴらうどん」次回もきっと同じオーダー!
 
 
17021010 17021011 17021012朝、日向和田の駅のそばに「へそまんじう」という看板を見かけたので帰りに寄ってみた・・・・・ら
 
なんとお店の横っちょに立ちそばスペースを発見!!!!!!
か~~~!いままで完全に見落としていた~!
 
駅の近くとはいえ、観光みやげ店の敷地で「駅そば」と言えるのだろうか?でも道路に面してたり、近年ここらじゃまれに見るたたずまい、今も食べれるのか聞いたら「やってます」とおっしゃるので、うどん大盛りを食べた直後なれどいただくことにした。
メニューは2つのみらしい。たぬきそば・山菜そば(ともに400円)から、山菜そばをオーダー。「はいはい山菜そばね」と言いながらまんじう屋のおばちゃんが厨房に入っていった。
 
そばは紫がかった平麺、おやっ?意外に食感がいい。少し時間がかかったように感じてたけど生そばを茹でるほどじゃなかったと思う。湯を火にかけたか、つゆを温め直したか?ってくらい?しまったなあ、思わぬ立ちそば発見に感動(?笑)してか、ボーッとしててか、よく観察してなかった。客の数を想像すると茹で済み麺ではなく冷凍麺?
でもまあ、あまり細かいとこは関係ないかな?このお店は駅利用者数や目の前の交通量や、ましてや観光客が少ない平日もこうしてやってるってことがすごくいいんじゃないか!あちこちでこんな個人経営の観光ドライブインみたいなとこが廃墟になってるのを見るから、存在そのものを愛でるべきかも。
 
なんて書いてるけど、こちらのお店、しっとりつぶあんの「へそまんじう」がちゃんと美味しいから、それなりの集客があって余裕で立ちそばコーナーも置いとけてるんじゃないかな?ほんと旨かった。また買うレベル。そばも普通に美味しくいただきましたよ~。今度バイクでも行こうっと。

| | コメント (0)

2016/12/31

立ちそば列伝(112)東銀座/小諸蕎麦とあいさつ回り

16123101_2 16123102_2 16123103_2年越しそばというわけではなく、30日小諸蕎麦にて長い戦いの準備をする。

あちこちにあって皆さんにお馴染みのこのチェーンだが、僕の出没エリアには無いのであまり入ったことは無い。もりそば、富士そばより白い、ツルツルしてる。ネギ取り放題は嬉しいね。そば湯を飲むときにもちょっとネギを足したり・・・。ただ、驚いたのはもりそば260円に対して2枚もりが320円であることだ。たまに仕事で都心部走るとき小諸蕎麦の行列を見かけるのはこの安さもあるのか・・・?

さて準備はできた。この1年お世話になった人々へ(お店へ)あいさつ回りに出かける。何軒まわれるか?まず西荻窪サレカマネからスタート、国権純米原酒2合、ここはツマミのひとひねりがいい感じ。たまにメモして真似したりしてる。

16123104 16123105 16123106吉祥寺ハモニカ横丁へ移動。
目指すお店が満席だったので美舟にて時間つぶし。

多満自慢本醸造を2合、ツマミの種類がとてつもない、そして安い!
イワシ刺しなどで飲むうち「席が空いた」と電話が入る。

 

16123107 16123108 16123109さっそく田楽山に移動。
澤乃井純米を2合。アカウオの干物をいただく
 
しばし飲んで向かいのエイヒレに移動。時間も深くなってきて面々が集まってきた。初孫の魔斬を2合(弱)に白菜の漬物、おなかいっぱいになってきた(笑)
 
 
16123111もういい加減に帰ろうと思ったら、モスクワで知り合いが知らない外人さんと飲んでいる。付き合ってハウスワイン赤を1杯。
「こちらどなたですか~?」 「いや知らない、いま知り合ったんだよ」ということで謎のアイルランド人のおっさんに、流しのお兄さんも乱入してきて、大合唱。疲れました(笑)

 

| | コメント (0)

2016/12/05

立ちそば列伝(111)黄金町/えきめんやと、トルナトーレの映画と羽田と

161202011612020216120203金曜、横浜のジャック&ベティにトルナトーレの「ある天文学者の恋文」を観にいった。
まずは腹ごしらえに、黄金町駅のえきめんやに入った。はるか昔に品川駅のえきめんやに、少し昔に三浦海岸のえきめんや(無くなってしまった)に入ったが、これと言って印象が無く、だから列伝に載せてなかったようだ。

久々の今回はごぼう天そば大盛り。食べてみると「おやっ!?」もちっとした歯ざわり、かすかにざらっとした舌ざわり、なんだか美味しい。「あれっ!?生麺茹でてたかな?」不覚にもチェックしてなかったが、そういえば天ぷらが揚げ置きなわりには少し時間がかかってたような気がする。濃い味のつゆとともに好みで、合格~!だった。

こちら、なんとか酒場みたいな名前も書いてあって、夕方からはずいぶん注文しやすい価格のつまみが揃ってるようだ。まあ、近隣の飲み屋はだいぶ安そうだから、これくらいじゃないと戦えないかな~?

16120204 16120205 16120206肝心の映画は、とても面白かった。ちょいと切なかった。
コモにも近い湖が舞台に使われていたのだけど、残念ながらモトグッチは登場しなかった。

映画のあとは羽田へ。
穴守稲荷に参拝などして時間調整する・・・・・。

 

16120207 16120208 16120209たっぷり時間つぶししたつもりも時間調整はギリギリ、17時にようやく開店した「食通ゆたか」にすかさず飛び込んだ。開店そうそう飛び込むなんてなんとゆとりの無いこと、「食通」なんかでは無いことはたしかだ(笑)

オーダーはメゴチ天、ボサえび天、アナゴ白焼きetcetc
ここに初めて来たころ、デ・ローザで多摩サイを走ってランチにやってきて、アナゴ天丼とボサえび天を単品で頼んだところ、とても食い切れなさそうな量に悪戦苦闘したのを思い出す。あのときビールをオーダーできれば美味しく完食できたはず!!!今回は電車なのでしっかりたっぷりお酒もいただいて美味しく完食したのであった(笑)

キスとハゼも食べたかったナ・・・

| | コメント (0)

2016/11/13

片品ツーリングと、立ちそば列伝(110)駒寄PA下り

161113011611130216111303今日はモトグッチクラブのツーリングに行ってきた。集合は関越道の駒寄PAだ。

・・・・・ってことでかけそば330円をいただく。こちらは巨大なかき揚げや舞茸の天ぷらそばがイチ押しのようだが、習性に従って「かけ」にした。そばは安定の冷凍麺だな、などと観察しながら待つうちに、「ご自由に」の天カスをみつけた。ラッキー!「かけ」で充分じゃん♪と、天カスをかけようと蓋をあけたら・・・・・・なんと舞茸天が混じった天カスだったのだ。超ラッキー!!!(貧乏臭いネ、笑)

 

16111304


16111305


16111306主に県道と広域農道をつなげて走り、昼ごはんは片品村の釜飯屋さんだ。

僕はシイタケ釜飯をオーダー、炊き加減バッチリで、おこげも適当にできていて旨かった!

 

16111307


16111308


16111309食事後は今日のメインイベント照葉峡へ向かった!のだが、なんと先週すでに冬季通行止めに突入していた。ショック!

しかたなく別のルートを帰投。今日の走行420km、家に帰りつくと距離計が15万キロを越えていた。

| | コメント (0)

2016/10/28

ル・シネマと立ちそば列伝(64の2)渋谷/しぶそば

07渋谷のル・シネマにイタリア映画を観に行った。去年のイタリア映画祭でやった「人間の値打ち」。

「社会派サスペンス」なんて宣伝文句が踊るが、そんなドキドキ感は薄く、途中で「あ!あの件はどうなってたんだっけ?」と事件のことを思い出したくらいだ。ゲスな(←流行語大賞?)おとうさんのおもろさがドキドキを奪った・・・かな?(笑)・・・とはいえ構成がよくてとても面白かった。同じ舞台と時間に起きたことを視点を変えつつ徐々にわからせてくれる。

映画の前にセガフレードに寄って、イタリア旅行をひきずった気分でプロセッコをいただいた。最初は「なぬ~!?こんなちっちゃなボトルが750円だとうっ!」と思ったけど、シャンパングラスに控えめに注げば3杯とれた。ま、いっか!!(こんなせこい話を書いてる私の人間の値打ちは・・・・?)

 

05渋谷といえば「しぶそば」
半年ほど前からマイブームなのが、もりそばを「ネギ多目」で注文することだ。そうすると半もりのネギをくださるんだよね~。嬉しい。最後に熱々のそば湯を注いで、ちょっと残したネギと七味をパラリと・・・・・うまし♪

せこい話に終始してしまった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧