2017/09/25

雨のち晴れ(赤岳)

170923011709230217092303雨に降られて餃子を食べただけで帰った前回の赤岳から約1ヶ月、再チャレで行者小屋テン場の朝5時(23日)、昨夕から降り始めた雨がまだ残っていた・・・・・。
ずるずる起きてずるずる準備して7時、ようやく雨がやむ気配もあってイザ出発!地蔵尾根にかかった。

ときおりガスが切れて風景も見えるようになり高度をあげてゆく。今回初挑戦のパートナーさんも、奥多摩では味わえない鎖場も慎重にこなした。おかげで意外にもコースタイム内で稜線にあがる。まだガスってた。

 

17092304 17092305 17092306ガスも悪くない。ルートは迷いようもない一本道だし。ときおり現われる山並みも美しい。

じきに山頂へ。画像は真っ白だけど、もうこのころは遠景も見え始めていた♪考えてみれば登ってるうちはガスってるほうが涼しくていいかもネ!

 

17092307 17092308 17092310テントに戻ろう~!中岳方面へ下山開始。こちらのルートは行きかう登山者も多い。だいぶ賑やかになってきた。

長い階段連続して、下から来る人とのすれ違いに時間をとられる文三郎尾根を避けて、中岳を越えたコルから下山。すっかり明るくなって紅葉の走りも楽しめた。

 

17092311 17092312 17092313テント場に戻ってみると、昨夜とは打って変わってたくさんのテントが!

僕らが撤収始めるとすぐに次の方がそばに来て場所があくのを待ってるという・・・・・。でもこの方他にもう立地のいい場所も無いなかで、1等地を確保!タイミングって肝心だねえ(笑)

撤収後も、装備見てテント泊とわかるたっくさんの登山者とすれ違い、「どこにテント立てるんだろう」と心配しながら登山口バス停に急いだのでした(笑)

| | コメント (0)

2017/09/18

鷹ノ巣山、紅葉前、虫多しwww

17101501_2 17101502_2 17101503奥多摩で一番好きな山は?と聞かれたら鷹ノ巣山かなあ・・・・・そんな鷹ノ巣山に台風来襲前の金曜日久々に登ってきた。

日原から巳ノ戸沢を登る。途中ふと気づくとヒモが蠢くのを見つける。回虫!?2~30cmある?でも宿主の体内で成虫になるんだよね?徳川家康の腹から虫が一斗出てきたなんてナニカで読んだなあ・・・・

コレ、帰宅後調べたらカマキリに寄生する線虫かもしれない。カマキリを弱らせて脳を操って水辺まで来させてから出てくるんだって!?恐ろしい。クマバチなんかカワイイものだ。

 

17101504 17101505 17101506山頂は相変わらずの好展望。

山全体はまだ緑だったけど、上のほうは部分的に紅葉が始まっていた!!画像はウリハダカエデ、種まで赤く染まってるのがキレイだった。

 

17101507 17101508 17101509鷹ノ巣避難小屋、扉にたくさんのザトウムシが歩いていた。この日、1日だけで黄色いの、赤いの、茶色いの、とこの白黒のと、いろんなザトウムシを見つけた。

こいつら、遠目に見てる分にはカワイラシイのだが、アップで見るとけっこう獰猛な感じだ!(笑)

今回、なんか虫虫しい山行になったが、最後に見たのは浅間尾根中腹のシイタケ?棚のそばにあった地蜂(クロスズメバチ)の巣だ。小さいのがブンブン出たり入ったりしてるのだけど、なかなか捉えられない(135mm)。これ以上は怖くて近寄れなかった(泣)

| | コメント (0)

2017/09/05

今夏2度めの笠松旅館

170901011709010217090103毎年お盆に行っている米沢の笠松旅館に、今年は2度めとなる9月あたま、青春18きっぷを使って行ってきた。

福島~山形の県境に位置する峠駅で下車して、駅前の茶屋で「峠の力餅」を食べる。この駅では停車時間に昔ながらの売り子が力餅を売る。

 

17090104 17090105 17090106そこから笠松旅館までは西へ8kmの峠越えだ。バイクで走れば10分ほどの道のりを2時間かけて歩いた。

空気は秋の気配。アキアカネが舞うなかを笠松へと向かった。

 

17090107 17090108 17090109実は今回は、パートナーさんが「笠松に行ってみたい」と言い出したので電車でGOすることになった。

だがこの宿は昔の湯治宿で、近代的な設備は無い。山の中の谷あいにあるのでテレビ・ラジオの電波は届かず、なぜかいまだにあるブラウン管テレビは貴重な砂の嵐を映し出す。

部屋を仕切る障子はネコのいたずらで切り裂かれて穴があき、夜になればそこから様々なムシが侵入してくるのだ。普通女性は尻込みするような宿なのだ。

 

17090110 17090111 17090112でもそれでも、山形の郷土料理が美味しかったり、夏でも涼しい気候に惹かれて通っているのだが。
こちらのお孫さんが3歳のときに初めて来たのだが今年で23歳になったらしい。すると僕は20年通ったことになる。

山菜をたっぷり使った晩御飯・・・・・・はいつも通りだったのだが、今回はそれに加えて米沢牛のすき焼きがついてきた!!!!珍しくひと夏に2度も行ったものだから宿の方が奮発してくださったようだ。
それにいつもお盆のときにもご飯はマツタケご飯を出してくださるのだけど、真夏にマツタケがあるはずはなく、昨年のマツタケを使ってるのだ。それが今回は「あれれ!?」新物だ!?茶碗蒸しにもマツタケが入ってる!?なんでも運よく今年の初物が届いた直後だったらしいのだ。

鉄道で6時間かけて行った甲斐があったかなあ?(笑)

| | コメント (0)

2017/08/28

餃子小屋

170823011708230217082303今年はお盆休みを2週にわけていただいていたので、先週半ばに八ヶ岳に行ってきた。
 
お盆の混雑を避けるばかりか、雨続きだったお盆が過ぎて夏の暑さも陽射しも戻った絶好のタイミングだった。ただ行きの電車から見る八ヶ岳に大きな笠がかかっていたのが気になったのだが・・・・・
 
 
17082304 17082307 17082308目指すは赤岳、初日は直下の行者小屋までだ。今回の目的のひとつはなんといっても行者小屋の前で餃子を食うこと(笑)
 
この山小屋では最近餃子イベントを始めてたのだが、なにしろ週末のイベントなので僕には縁が無い。だから自分で焼いて食ってやろうと思ったわけ。最近使い始めた熱伝導のいいアルミパンはなんだか餃子焼くのに大きさがジャストフィット(笑)パリッと美味しく焼けたゾ!
 
17082309 17082310 17082312餃子小屋の夜は更けて20時就寝。
 
2時半に雨音に気づく。5時に起きると時おり強く降る雨。
東京にいた人にすれば「金曜雨降ったっけ」と思うだろうが、小屋番さんによれば、八ヶ岳はちょうど気圧の谷に入ってしまったらしい。山頂に行かず撤収することをあっさり決定~。ゆっくり朝食と撤収。そうするうちに上から帰ってきた人によれば稜線は強風だったらしい。おまけに足の骨が見えて出血大量の怪我人まで降りてきた・・・。無理は禁物だね。
 
下山もゆっくり、途中雨もやみ明るくなってきたので途中の山小屋で早めの昼飯は荷物を軽くするためだ(笑) ささみを使ったトマトリゾットは予想以上に出来が良く、あと林道歩き1時間弱を残していたけどルービーも飲んでしまった。
 
最近赤岳にはよく振られている。でも山は逃げないから・・・・・と自分に言い聞かせつつ快晴の山麓をバスに揺られた。

| | コメント (0)

2017/08/13

山の日に

00100200311日は元々金曜日なので休みだったのだが、今年から始まった「山の日」にあたってしまい個人的には大迷惑!!!いつもは静かな平日の休日が、国民的休日になってしまった。

こんなんじゃ山に行っても人ばかりだし、近場でジョギングでもしようと思っていたところ、昼頃のニュースで東京タワーの階段を登れると!?・・・・・ということで山の代わりのつもりで出かけてきた。結果的に人ばかりの場所に出かけることになる。

もしかして行列が?という予想ははずれてすんなり登り始める。大展望台まで150m600段だったが、7分ほどで登頂。曇って涼しいしなんだか拍子抜けだった(笑)
この山の日のイベントは「きのこの山」とタイアップイベントだったようで、試食用小袋を頂く。登り7分、ランニングウェアでは空調が寒くて滞在10分(?)、降りも歩きで6分(?)でトータル30分で帰ってきた。なんだか入場料900円払ったのになんだったのかな~?(笑)

| | コメント (0)

2017/07/31

福島の子供たちと

170728011707280217072803金曜日、キッズウィークエンド@青梅というイベントにボランティアとして参加してきた。

屋外で遊べない福島の子供たちを招いて思い切り遊ばせてあげよう。さらにそうすることで被爆リスクから少しでも逃れられたら、という趣旨のイベントだった。

17072804 17072805 17072806青梅の山の中でバッタと遊んで、虫除けスプレーを作ったり、いっしょにご飯を作って、竹を切り出してきて器を作り、という内容。

ちなみにトウモロコシご飯も作ったのだけど、芯もいっしょに炊くのが美味しくするコツだとか・・・・・勉強になるなあ!

17072807 17072808 17072809週末3日の行程のうち、土日が仕事の僕は金曜のみの参加。初日の宿舎まで見送って離脱した。

そして御岳駅の駅前食堂にてお疲れ様の一杯!
なんか子供たちを遊ばせてあげると言いながら、自分自身が楽しんでしまって革の名札が汗に濡れてしまっている。そんなゆるボラの1日でした~

| | コメント (0)

2017/07/23

ルーツ

170721011707210217072103久々の山行、登りが短めで、そこそこ標高を稼げて涼しい山はどこだ!?と、三ツ峠に初めて登ってきた。

あまり見たことない葉っぱが多い。日ごろ通っている奥多摩からそれほど離れてないと思うのだけど、植生が異なる様子が面白い。そういや丹沢はヒルが出るので有名だが、奥多摩でヒルは見たことがない。これも同じことか?

 

17072104 17072105 17072106三ツ峠の山頂(三座の最高峰開運山)を踏んでから、屏風岩を眺める休憩所で屏風岩パスタを作る。

この日は雲が多くて富士山は見えなかったが、稜線から見える景色はなかなかいい。ロッククライミングの様子も遠望。

 

17072108 17072110 17072112麓に降りて、グリーンセンターというところで入浴する。こちら、入浴料610円のところ、1600円払えばお風呂に入って生ビール1杯とおつまみ3点がついて駅までの送迎をしてもらえるのだ。お得極まりない。さっそくそのシステムを活用してひとっ風呂と一杯ののち、駅まで送っていただいた♪(しかも平日夕方の露天風呂は貸切状態!)
 
駅前の、いや駅裏の飲み屋も興味深かったが、次回までの宿題にしよう。

さて、下山後お袋に・・・・・

「たしか親父と三ツ峠に登ったんだよね?会社の山岳部のイベントだったの?」
と聞いたら
「おとうさんと二人だけで登ったのよ。それは私の誕生日のときで、山頂でおとうさんが小さなデコレーションケーキを出したの」
・・・と!!!
 
「それって結婚したあと?」
「結婚する前よ、もう50年も前の話ね」
って・・・・・ははあ~~~親父はそういうことをしてたのか(驚)
ちょっと自分のルーツに触れたような55年め(推定)の三ツ峠山行だった

| | コメント (0)

2017/07/20

平湯キャンプ会

2017071601_22017071602_22017071603_2毎年海の日3連休恒例の平湯キャンプ会(もう13回目)に行ってきた。いつも吉祥寺の朝市から仕事を済ませて出発するのだが、今年は少し早めに16:30高井戸を出発した。

おかげでまだ充分明るく、しかも松本までは雨も無かったのでペースは速い。過去最短の19:20に到着した。

さっそく宴会に合流~。文字通り北は北海道、西は九州から集まった、すでに2泊めのオートバイキャンパー達。みんな自慢の料理を繰り出すのだが、今回僕は朝市に展示用に作っていった甘い酢ピクルスとうなぎ白焼きを使ってイタリア風うざく。まあまあまいう~だった。

2017071604 2017071605 2017071606翌朝、宴会場となった巨大ドーム(笑)とバイクたち。

夜中飲んでいたらけっこうな雨になって足元を水が流れたが、堅牢なドームのおかげで濡れることはない。毎年梅雨明け前のキャンプ会にとって必須アイテムなのだ。用意してくれたminoさんに感謝なのだ。

そうそう、たまには参加車輌の絵を押さえてみた。軽トラはナント九州からの参加者だ。

2017071607 2017071608 2017071609平湯から降りて(いつも松本に出ずに伊那に向かう)、たまには観光もと奈良井宿へ。

伊那ICには12時前にのったはずだが、それでも小仏手前で渋滞トータル27kmに遭ってしまった。参加メンバーの中に中央道を避けて上信越にまわるという人がいたが、来年はそっちがいいかな?

| | コメント (2)

2017/06/23

今期初釣行

170616011706160217061603三浦のキスの季節到来!!!ということで、先週金曜、長沢海岸へ行ってきた。事前情報では早朝に25cmオーバーが出ているらしい♪

俄然張り切って出かけたのだが竿を出したのは8時過ぎ・・・・・果たしてどうだろう~?

で、13時まで粘ったところピンギス少々という結果だった(泣)エサジャリメ、秋田キス5~6号。波はいたっておだやかで風もなく、しかも遊動仕掛けだったのにアタリをとれなかったという体たらくだった。

午後になって、例によって三浦海岸の漁火亭へ移動。・・・・・がその途中津久井浜で出会った釣り人が・・・・・・23cmくらいのキスをあげてたのだ!?朝まずめだったらしい。漁火亭で一杯始めるも心中穏やかではなかったな(笑)

翌日、地元釣具店のブログを見たら先の釣り人以外にも25cmオーバーがあがってたらしい!?やはり早朝に・・・・・寝坊にゃ釣れないのか(トホホ)

| | コメント (0)

2017/06/20

ワラビ

170609011706090217060903もう10日前のことになってしまったが、奥多摩に行ってきた。

すでに新緑の時期を過ぎ、緑はどんどん濃くなっていた。1000mあたりではエゾハルゼミが鳴き始めていた。前にもこの時期に会ったジュウジナガカメムシがまた群れていた。いろんな虫が目につくのはいつものことだけど、このときはなぜか長いヤツが多かったナ♪

17060904 17060905 17060906狙いは1200mを越えたあたり、ワラビはいい塩梅に出始めたとこだったゾ♪

しばしウロウロ、ある程度採って一服。ワラビ達を眺めながら先日仕入れたテトラドリップでコーヒーを淹れる。朝出るときに必要量の豆を挽いてきたせいもあるのか、まあまあの出来だったかな?

問題は、山では平らな場所を見つけるのが厳しいので、ポリ製で軽いテトラドリップが安定するよう工夫してやんなきゃならないことだ。画像では枝で水平を出してるのがわかるだろうか?

ワラビは3~4握りほど。いつもより太さ長さが揃った感じ。たくさん出てたので細いのなどはスルーする余裕もあったし(笑) おひたしにして、浅漬けにして少しおすそ分けして、楽しみました~!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧