2018/04/21

たまには陣場山

180420011804200218042003今回は訳あって早めに下山したく、珍しくも高尾方面にでかけた。まずは陣場山から入り小仏峠へと向かう。

折りしも新緑とツツジがキレイなタイミングだった。空気も爽やかで気持ちいい山行。

 
 

18042007 18042008 18042009途中、ハナイカダを見つけた。葉の真ん中にポツンと咲いた花がかわゆい♪

こいつは食べられるので少し摘んでいって、山頂リゾットに入れて食べた。まるで桜餅に使う桜葉のような香り風味が旨い♪

 

18042010 18042011 18042012続いてすっかり開いたヤブレガサを見つけ、「もしや?」と思ってたらシドケ(モミジガサ)を見つけた。

これは持ち帰っておひたしにしてオカカでいただく。独特の風味がめっちゃ美味しい~!

 

18042004 1804200518042006_2さて、早めに下山したかったわけは、立川にある「東京酒造協同組合」のアンテナショップだ。東京にある酒蔵の酒を売っているのだ。

うむむ、狛江にも八王子にも酒蔵ってあったんだな~。ここにきて嬉しいのは試飲もできることだ!

そして今回GETしたのは澤乃井の吟醸中汲みと多満自慢の純米生原酒。採ってきた山の幸といっしょにいただきました~。旨かった♪

| | コメント (0)

2018/04/08

季節早い

180406011804060218040603井の頭の桜はあっという間に満開になってあっという間に葉桜になってしまったこの春。まさか?と思いつつ6日、奥多摩へ行ってきた。山菜狙いだが去年よりだいぶ早い。

ちなみに4月第1土曜日はいつもWG(わかめ刈)に三陸に行くのだけど、今年は翌日曜が第2日曜のためクラブの定例ツーリングに当たってしまった。深夜バスで朝帰ってからのツーリングはさすがにキツいのでWGは断念したのだ(涙)

さて、奥多摩駅から歩き始めると奥多摩小屋閉鎖のポスターにビックリ。老朽のためと書かれてる通りなかなか野趣あふれる小屋だったので仕方ないが、小屋閉鎖に伴ってテント場も閉鎖とは・・・・・。勝手ながら東京サイコーのテント場と思っているのに(泣)

続いてカモちゃんのご遺体にビックリ。一応ボカしときましたが、前肢と肋骨は無い。キツネくらいのケモノなら食いちぎって持ち去れるだろうか?サイズはそんなに大きくはないように見える。青年カモちゃん・・・・なにがあったのだろう?虫やバクテリアのチカラでもっとキレイになったら頭骨だけ採集に来ようかな?

18040604 18040605 18040606山菜探してウロウロしつつ、昼ごはんなど食べて、ふと背後の急斜面に目をやると・・・「あれっ!?あそこタラの芽いるじゃん!?」

ということで、わりとやっかいな場所だったけど突入~。シャツやパンツの上からでも刺してくるトゲトゲ植物たちに悩まされながら身体じゅうの小傷と引き換えに2つゲット(笑)

大好きなシドケは不発。1週間の差でびっしり生えたりするから難しい。ワラビはパラパラとだけど太いのがちょうど食べる分だけ見つかった。

18040607 18040608 18040609さっさと帰って獲物を食べたいのだけど、2ヶ月以上来てなかった奥多摩駅前「みやぎ」に寄る。ヤマメ刺で澤乃井をキュキュッとやりながらあれこれ話すうち、お隣のお客さんが郡山ご出身とのことから、「つながり∞ふくしま」の缶バッジを買っていただいた。

ああ、うれしい♪
美味しい獲物があって、美味しいお酒飲んで、ふくしまでつながっていただいて、感謝感激♪

 
獲物たちはてんぷらにして美味しくいただきました~!

| | コメント (0)

2018/03/24

マンデレージ 澤乃井へ

180321011803210318032104来日したマンデッロびとを連れて澤乃井酒蔵へでかけた・・・・・・のだけど、半月前から用意してたのにまさかの雪!それでも行ってきましたよ

まずは酒蔵見学から。つたないイタリア語で説明したけど、ちゃんと英語ガイドが容易されている・・・(汗) おじさまは樽をイタリアに持って帰りたかったみたい(笑)

 

18032105 18032106 18032107見学後ままごと屋でお食事。刺身も含めて日本料理全部食べれてよかった♪
ただし、コースの最後にご飯が出てきたのには驚いたようだった。なにしろイタリア料理では先にパスタやリゾットを食べてからメインの肉や魚を食べるから。

 

18032110 18032111 18032112最後に小澤社長のデカイ茅葺屋根のご自宅も覗かせてもらって、ここもTOKYOなんですよ~って。

楽しんでもらえたかな?

| | コメント (0)

2018/02/05

青梅線行ったり来たり

180202011802020218020203_22週連続で雪が降った2月あたまの金曜、やんだばかりのタイミングで青梅へ。予想ほどの大雪にはならなかったが、おかげでそこそこの雪をエンジョイした。

その後、中神の蕎麦屋で晩ごはん。湯葉刺身を注文したら「あれれ、また雪!?」なんとも盛り付けにやたら力が入ってるお店だったのでした。

18020204 18020205 18020207もつ煮を頼めば炭火の上に供される。このお店そんなに高くないんですよ~?

酒はいろいろあったけど地元の喜正をいただき、特に「おり酒」の旨さが際立った。いわゆる濁り酒ですね。蕎麦はひきぐるみ、そのまますすると豊かな香りが広がった!!
 
実を言うと複数の知り合いから勧められた蕎麦屋の名前が思い出せなくて、「中神&そば」で検索したら出てきたお店だったのだけど、教えられたのは「東中神」の蕎麦屋さんだったのだ・・・・・・・お店まちがっちゃったけど、美味しかったからよし!「むら田」さんでした~。
 
 
18020303 18020305
18020306_2翌日に備えて羽村に宿泊・・・・・翌3日は澤乃井の小澤酒蔵の節分祭だったのだ!
 
全力で・・・・・子供を見つけ次第泣かしました(笑)反撃されて蹴られもしました(笑)
 
その他、紙芝居やら津軽三味線やらスパニッシュのギター演奏会など盛りだくさん~!
動画:ギター演奏に乱入する獅子舞(笑)
 
最後は獅子舞さんやお囃子の方やギタリストさんたちと飲みまくり。今年も楽しかった。

| | コメント (0)

2018/01/28

一番乗り

180126011801260218012603先週金曜は馬頭刈山(まずかりやま)に登ってきた。あきる野の小宮というところから馬頭刈尾根の突端に取り付くと・・・・・・・まだ誰も入ってないっ!?月曜にまとまった雪が降ってから4日、すでに誰かに踏まれているだろうと思ってたけどラッキー♪

実は奥多摩に行く予定だったが、中央線にひとが立ち入った影響でダイヤが乱れて予定のバスに乗れなくなったのでルート変更してこちらに来たのだった。結果オーライである。

昼食は、なにしろ寒いので温まるものということでカレーそばにした。カップヌードルのカレーは山で食べたことあるが、カレーそばは初めて。調理時間を短縮するため、スーパーの茹で済みそばをザック内でお湯入れた水筒のそばに置き、カレールーはシャツの中に入れて温めつつ歩いた(笑) あったかいカレーそば、とってもまいう~だった!!

 

18012604 18012605 18012606気温が低くて、東京の雪もなかなか融けずとても厄介だが、山では・・・・・
いつも標高が低いとこや日当たりのいい部分が融けてベチョベチョ、再凍結してツルツルという厄介な奥多摩あたりの雪が、今年はサクサクサラサラフワフワとコンディションがいい♪

途中見つけたウサギの足跡も指先まではっきり判別できる状態。ちなみに僕の山靴と同じくらいのサイズのウサギだったらしい。かわゆい♪
フンも見つけた。ついこないだ御岳のビジターセンター(職員さんに青梅での福島ボランティアでご一緒だった方がいる)でフンの標本を見せてもらったばかりだったのですぐわかった。知らなかったら、お菓子と間違えて食べてしまいそうな乾いた茶色の物体。いやいくらなんでも拾って食べはしないか(笑)

| | コメント (0)

2018/01/22

再会

180119021801190318011904先週金曜は大岳山に行った。大岳神社のお犬様は誰がかけたかマフラーがわりに手ぬぐいが・・・。

山頂では三角点パスタ、さんまペペロンチーノ風♪

そしてなんと、2014年の12月に奥多摩の六つ石山でつながり∞ふくしま缶バッジを買ってくださった方に再会したのだ!
いや~、こんなこともあるんですねえ~!しかも再び缶バッジを買ってくださった。ありがとうございます~。またどこかの山でお会いしましょう~!と言って別れた。その後奥多摩駅までの長い尾根歩きはとても足取り軽かった♪

| | コメント (0)

2018/01/07

立ちそば列伝(129)富士見駅/丸正と、正月山行~入笠山

180104011801040218010403正月山行は長野の入笠山へ。

スキー場への送迎バスが出る富士見駅には立ちそばがあるので、30分早く出て(八王子6:33発)そば食べる時間を作った。にもかかわらず開店10時とあって、それはバスが出る時間じゃないか(泣)・・・・あたりをウロウロしつつ様子をうかがい、バスが出る20分前くらいに「あの~」と声をかけたらおばちゃんが「どうぞ~」と言ってくださった!!ヤッタ!!

ここの店は待合室側にも小窓があいててそちらでも買える。車内持込用の容器もあって昔の駅そばの雰囲気たっぷり、いい感じ。券売機に書いてあった新メニュー「豚バラ軟骨そば(←これってかすうどんみたいな!?)」を食べてみたかったがまだ準備中ということでかき揚げそばをオーダー。かき揚げ、ざくざく香ばしくて旨かった。そばの食感は小淵沢と同じ。つゆはホワッと甘くて美味しい♪

前に来たときは馬肉そばを食べたかな?と調べたら8年前のその時のブログに記載が無かった!あれ~?

 

18010404 18010405 18010406さて富士見パノラマリゾートのゴンドラに乗ってあっという間に1800m圏へ。雪上のたくさんのあしあと(画像はテンかな?)を楽しみながら1時間ほどで山頂へ到着した。

正月4日、天気もよくたくさんのハイカーがあがっていた。

 

18010407 18010408 18010409お昼ごはんは鍋焼きうどん♪餅も焼いて投入。8年前もやはり餅を焼いてお雑煮を食べていた。ほかの方からは「いいですね~」と声がかかる。ウヒヒ♪

向かいの八ヶ岳を眺めながら食べる。(まだ雪少ないね~)風もあまりなくてのんびり休憩できた。

しかしユル過ぎるかな?帰りも1時間ほどだし。次回はゴンドラ使わずに登るか~?(笑)

| | コメント (0)

2017/12/28

8年ぶり

171222011712220217122203先週金曜の昼、小海線に揺られていた。八ヶ岳・缶ビール・丸正の駅弁と3点セットとともに。

松原湖駅で八ヶ岳の中腹にある稲子湯温泉からの迎えを待つ。と言うのも冬期休業でバスが無いからだ。なぜそんな不便なとこに行くのかと言うと、むか~しむかし8年前の7月に天狗岳からの帰り道にトボトボと長い林道歩きしてたら稲子湯の方に「乗ってく?」と拾っていただいたのだ。(→2009年7月の記事) 

そのころから「一度お礼も兼ねて泊まりに行きたいな」と思ってたのが早8年!宿の方はその時のことを覚えてなくて、そりゃ当然!お礼を言うにも遅すぎだけど、行ってよかった。信州づくしの夕食も温泉もよかった!

17122207 17122208 17122209翌朝は少し山に登る。登山口が1500mほどで積雪5cm程度。小海線から見たら裾野が黒かったので心配してたが、かろうじて雪はあった♪

雪があるおかげで動物たちの足跡が見れる。ウサギ・キツネ・シカ・テン・小さな2本足と細い線の跡を残すのはネズミだろうか?

あまり人を恐れないのか?すぐそばに止まったホシガラス(トトロの腹模様、笑)や、ホンドリスにも出会えた。糞もよく見える。種と赤い皮が消化できなかったヤツは誰だろう?そしてこれ何の実だろう~?

17122210 17122211 17122212目的地は登り2時間ほどのみどり池。標高2000mほど、積雪30cmくらいだった。
今回は帰りも駅まで稲子湯の方に送ってもらわなきゃならず、汽車も頻繁には無いので短めのルートで我慢。ここで引き返しなのだ。

でも凍結したみどり池の向こうに白く光る天狗岳を眺めつつのエスプレッソが旨い!今回もいい山行だった~。

| | コメント (0)

2017/11/29

三頭山、冬へ向かってる

17112401_317112402_317112403_2前回の続き・・・・・三頭山荘をチェックアウトし、そのまま三頭山に登った。この日、金曜はわりと暖かかったのだけど、途中シモバシラを発見した♪

なんだよわざわざシモバシラなんて書かずに霜柱と・・・・・と思った方!!!図鑑でも探してみてください~。(いまや図鑑なんて誰も見ないか?ググッてください~)
シモバシラというのは植物の名前なんですね~。シモバシラの茎の中の水分が結氷してじわじわでてきたのが画像の羽根のような氷なのです。

 

17112404 17112405 17112406宿でしっかり朝を食べてきたのだけど、3時間後の山頂で昼ごはんにする。(←これがやりたくて登ってるきらいが・・・)

先週のチャーシュー入り焼きビーフンが成功だったので、今週は地元直売所で売ってたルッコラを持参。これはチョー旨かった♪

 

17112407 17112408 17112409登りは檜原側から標高差500mの登り、降りは反対の奥多摩湖側に1000mの降りだ。

天気やよし。すっかり葉が落ちてしまった冬枯れの尾根は見通しよくて気持ちいい。

 
 

17112410 17112411 17112412ルート終盤、ひらけた斜面に猿の群れがいた。あまり逃げもせずに無心に枝からなにかをむしっては食べているので、近寄ってみたらなにやら豆のような???

そんなに旨いんか!?と食べてみたんだけど殻は食えたもんじゃない。消化できる気がしない(笑)

 
でも殻を剥いたら径2mmくらいの実が出てきた。食べてみると・・・・・・意外にもグニッという重い食感、味は・・・・・まずくは無いがちと青臭い・・・・・帰宅後調べたところ、エンジュとかフジキとか豆科には違いないようだけど、こんなに毛が多くないので、これはまた別の樹のようだ。ヤツら、こんなんでも殻ごと口いっぱいに頬張って生きてるんだな~!ちと畏敬の念を覚えたのでした!
 
さてさて下山後のお楽しみ、2週連続で「みやぎ」さんを覗いたのだけど残念ながら満席。久々に餃子が美味しい「天益」さんに入った。
「一番汲みくださ~い♪」
「あら、同じ値段でにごりもありますけど?」
「にごりくださ~い♪」
猿も木から落ちる。山から降りればいい酒に当たる。こちらのおかみさんとは共通の知り合いがいたりするので消息をうかがったりと楽しいひとときを過ごす。ただ、先週はパートナーさんと1升2合飲んでしまった反省があったので今回は4合でお開きとした。たまには理性を・・・・(笑)

| | コメント (0)

2017/11/27

山菜22皿

171123001711230117112302木曜が祝日になったおかげで転がり込んできた連休、雨上がりの檜原村に出かけた。

払沢の滝や、村役場にあるカフェなど楽しんでから、さらに奥の数馬に向かうバスに乗った。

 

17112303 17112304 17112305この日の泊まりは数馬にある三頭山荘。ここの前を通るたびに気になっていた山菜小皿22品の看板・・・・・ついにこれにあいまみえる時がきた!

温泉で汗を流して、食事の間に通されると・・・・・おおっ!?これこれ!!

 
 

17112306 17112307 17112308山菜22品という数は、刺身コンニャクとわさび漬けを加えたものらしい。並んだ小皿20品を左上から説明すると~♪

ふき、ゆず、すかんぽ、あけび、わさび
山椒、ゆり根、沢蟹、むかご、きゅうり
蒟蒻、みょうが、こごみ、ずいき、舞茸
ぜんまい、のびる、サルビア、はやと瓜、しそ
 
このほかにシシ鍋もあれば天ぷらもある。ウナギの刺身まで出てくるのだ。酒は地元と言っていい秋川の喜正だ。美味しかった!!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧