2018/08/15

福島の林道をちょっぴり

18081401_2 18081402_2 18081404 スコ研の翌日、福島市で仲間とわかれて、ひとり広域農道を南下、眺めのいい115号から中の沢温泉方面に曲がり、小田達沢線に入った。

10kmほどのダートは軽トラがやっとくらいのわだちがついている。夏草が茂って緑のU字溝の中を行くようだ。バイクが2台走ったあとがあって、リアを流して楽しそうに走ってる様子。こいつらが戻ってきたら正面衝突だな~と思いながら進んだ。もちろんそういうことはなかったよん(笑)
 
 
18081403_2 18081405 18081407
一度舗装路に出て、すぐに三河小田川線に入る。1000~1400mの山を縫うので眺望が楽しみ。しかも49号の郡山寄りに出られるので都合がいい。標識にも「49号熱海」とある。よしよし♪
 
が、しばらく行くと通行止めの表示!?「郡山には出られません」なんて紙も貼ってある・・・。どっちなんだよ~?行けるの行けないの?
 
 
18081408_2 18081409 18081406
でもこういうときはとりあえず行ってみるしかない(笑) もしかして猪苗代湖を見下ろせるとこまで行けたらそこでUターンになってもいいや!!!
・・・・・と進んだものの7~8km走ったかな~?一向に標高があがらないのね。しかもダート走るにしても攻める腕は無いので、ヨタヨタ通過するだけなわけで時間がかかるっ!
 
ということでそこから引き返しましたとさ。結局本当に郡山に抜けられないのか検証できなかった。(右端の画像はこの林道とは関係なくて前日撮った楢井宿のもの)
 
 
18081410 18081411 18081412
ほんとはもう一本、いわき方面の林道も行こうと思ってたけど、49号を郡山から東へ走ってるとデッカイ積乱雲が見えてきて「ヤバイなあ」
 
給油がてらチェックすると、すでに福島茨城県境に雷雲が点々とある。潮時だ・・・途中「福島空港」の標識を見つけて県道141号に右折、まんまと118号に出れた。雲の画像は141号を走ってる途中だ。もうかなり積乱雲に近づいたので上を見上げてもあのカタチは見えない。行く手左よりに雨が降ってるのがはっきり見える。118号玉川インターを越えてしばらく行くと対向車線のライダーたちがヘルメットの水しぶきをぬぐってる様子で、これはそろそろ来るかなと思う間もなくバチバチバチッと始まった。
 
しかし右手の田んぼのほうはどうみても降ってない。まあ夏だから夕立はしょうがないのだけど、降ってないエリアがすぐそこに見えてたらそこに行きたくなるのが人情ってもんじゃありませんか?とっさに右折して30秒くらい加速したら・・・・ほんとうに雨エリアを脱した(笑)
バチバチ来てから30秒か1分か?右折してから30秒?体感だから正確じゃないけど、かなりの大粒の雨を浴びたのにほとんど濡れずに済んだ奇跡の数分間。
 
118号から少し離れた田んぼの道で、ドカドカ落ちる雷を見ながらカッパを着て、地図をチェックし(ちょっと離れただけで1滴も落ちてこない) 県道106号、11号、44号と迂回して南のほうで118号に戻るルートを設定。そしたら見事に雨を避けられて、わかってたらカッパ着なかったな。
 
あとは一度も雨のピンチは無かった。大子で鮎の塩焼きなど買い、最後はさすがにもう疲れてしまって4号バイパス五霞のインターから高速に乗って(ちょうど1000円)19時に家に帰った。Uターンラッシュのピーク日と言われてたわりには早かったかな。
このパターンが使えるなら毎年少しづつ福島の林道で遊べそう♪

| | コメント (0)

スコ研夏合宿、そばと戦い肉と戦い

180813011808130218081303恒例のスコ研夏合宿で山形へ。
13日朝のこと、6時に西東京を出て4号バイパスを走った。待ち合わせは安達太良SAに10時半なので、どこかで諦めて高速に乗らなきゃだろうな〜?と考えていたが、いつもボトルネックとなる那須前後もスイスイ走れて本宮ICに余裕の9時45分着だった。高速を使ったほかのメンバーも早めに到着したので、全体交通量が少なかったみたい。

12時半ころ東根の伊勢そばさんに到着。最初にオーダーいれてから札をもらうシステムで我々は63番・・・・・・。着席したのは13:45、着丼したのは14:05、再び走り出したのは14:35だった。それでも2回目行ってしまったのは名物とりそばを食べたかったからだ。全員冷やしとりそば880円僕は大盛りで150円増し。このそばは出てきたが最後、なにも考えずにワシワシ噛むしかない(笑)アゴが疲れる前に、胃が膨らむ前にやっつけるのだ。丼から飛び出ても下に垂れない極強麺!しっかり味のスープが乗って旨かった♪

 

18081304


18081305


18081306東根から南下、上山から柏木峠で高畠へ。さらにブドウマツタケラインで米沢へ。猿が飛び出る旧米沢街道で笠松旅館へ・・・・・。

旅館ではいつもご主人が玄関先で待っていてくださる。いつも外にいらっしゃるのだけど不思議。

 
最初に来てから25年・・・・初めてお二人のツーショットを撮らせていただいた。
 
 
18081307


18081308


18081309ご飯はいつもの山菜づくし・・・・・
 
といつもと違ったのは米沢牛の炭火BBQだ!!
 
え!?部屋の中なのにいいの!?でもデカイ火鉢も置いてあったし昔は暖房ったらそんなものだったのだろうし、いいなあ、ワイルドだなあ(笑)ちなみに当然煙たいのでふすまは全開、だがいつもなら脅威のムシムシ軍団は煙のおかげで侵入してこなかった!!
 
いつもご飯はギリギリ食べきれるくらいのたっぷりボリュームなのに、今回はさらに豪勢になったので、恥ずかしながら少々食べ残してしまったよ。
 
 
18081310


18081311


18081312昼はそばと戦い、夜は肉と戦い、炭火に燻されて・・・
 
本番はここからだ。いちおうスコッチ研究会の合宿なのでみんなが持ち寄ったスコッチに一部テキーラや梅酒なども飲みまくる。Tさんがツマミを持ってきてくださってたがもう固形物は喉を通らなかった(笑)


| | コメント (0)

2018/07/23

平湯キャンプの帰り道

1807160118071602先週の平湯キャンプ会の帰り道は、いつもと違う作戦をとった。

いままで、焼岳に登ってから帰ったり、高山に寄って木曽経由で帰ったり、でも最も多いのは撤収後は木祖から伊那に出て高速一気走り。一気に走っても必ずそこそこの渋滞に捕まっていた。しかも昨年は現地合流したパートナーさんと2ケツで、時間を稼ぐ走りと長い渋滞・・・・どちらもリスキーだった。

そこで、今年は逆にゆっくり構えてのんびり過ごして、渋滞が消えるころ高速を走ろうじゃないかと転換。じわじわ下道を東京に近づけば経費節約にもなるし。

で、野麦峠に寄り、開田高原ではいつもクラブツーリングで素通りしてたアイスクリーム屋に寄り、高遠で蕎麦屋「ますや」にも寄る。ゆっくりしすぎてますやに着いたのは14時だ。でもまあ、16時まで営業だから大丈夫・・・・・と思ってたら、僕らの次に来たお客さんから「すみません、もう終わりです」と断られている!?危なかった・・・。

 

1807160318071604数年ぶりに行った「ますや」
じきに席に通されて蕎麦茶が出てきた。僕らは脱水気味でヘロヘロしてたので「す、すみません、お冷やいただけますか?」とヘロヘロな感じでお願いすると、お店の方は氷水のポットと共に塩も出してくださった。「これもどうぞ、塩なめたほうが・・・」って、藻塩かなあ?・・・こういう気配り、大変嬉しいものです。

お蕎麦は十割は売り切れで、外二玄蕎麦の高遠蕎麦をオーダー。美味しかった。大根の辛味もさっぱり、美味しかった。(蕎麦は画像のが2枚出る)

 

18071606_2 18071607「ますや」を出て、30分も走らないうちに杖突峠に着く。八ヶ岳を眺めながらまたリンゴジュースなんか飲んだりする。

渋滞を避けて、まあ21時にでも帰れたらいいかなと踏んでいるので、かつてないほどのんびりしている。気温が高いであろう低地に戻りたくないせいもある(笑)

ここで晩飯に予定していた明野のレストランに予約入れようとしたら(晩飯も山梨あたりで済ますつもりだった)、なんと月曜は祝日でもランチだけらしい。
そっかああ、アテが無くなったしどうしよう?・・・と協議の末、諏訪のネットカフェで時間つぶすことになった。僕はずいぶんのんびり行動してきたつもりだったがパートナーさん、暑さにやられて消耗したらしい。

ネットカフェに2時間、涼しい、しかもうたた寝できる休養で1000円は高くない、18時ころ再び走り出した。夕暮れ空からどんどん濃くなってゆく八ヶ岳の山影。じつはこんな時間帯にこのあたりを走ったことが無かったことに気づく。

あとは勝手知ったる八ヶ岳山麓のルート、甲斐大泉あたりはもう真っ暗でタヌキに2度遭遇する。そっかあ、もうケモノの時間なんだね?と走り方に注意する。さらにペースが落ちない広域農道などを連ねて、ようやく韮崎ICに乗ったのが20時半くらい?双葉SAで渋滞情報をチェックしたら、まだ20kmあった(泣)

しょうがないのでレストランで食事。これも珍しい、僕はいつもレストランに入らずスナックコーナーだから。でもこのときは涼しいとこでゆっくり時間潰す必要があったので。・・・・・でもオーダーは迷った。○○ラーメンが1000円だとうっ!?なかなか決められない(笑)そのうち2品合わせて1050円に落ち着くが、600円のミートソースはなぜにこれだけそんなリーズナブルなのか納得させられるものだった。しかし餃子450円は「あれっ!?」旨かった。次回、これとライスでもいいな♪ってくらいは旨かったよ!

最終的に、21時半くらいに双葉SAを出たのかな?それでも小仏TN渋滞はまだ10kmあった。高井戸をおりたのは22:45くらい。目論みより2時間は遅かったなあ。でもリスキーな走りはせずに済んだのと、いくらか気温が下がってたのはよかっただろうか。
来年はどうするか?8時に平湯を出て超速攻で帰るか?(超つまんないね)、それともまた、のんびり行程にするか?ちょっと中央道の渋滞、ひどくない?

| | コメント (2)

2018/07/19

平湯キャンプ会

180715111807151318071512毎年恒例の平湯キャンプ会に行ってきた。朝7時に朝市に出店して、仕事して、岐阜県の平湯まで移動・・・・・。

会社をちょっと早めの5時半に出発。いつも諏訪湖SAで休憩するのもはしょって松本ICまで一気に走るも、松本の10km手前でガソリンがリザーブになってビビった。高速燃費12kmというトホホなカリフォルニアはデカイスクリーンをつけて空気の壁を押しながら走ってるので仕方ない。

給油のみで走ったのできかり3時間で到着。今年は雨の気配が全く無くて、皆さん外で飲んでいた。タープの外で飲むのなんて何年ぶりだろう?・・・と言うほどに平湯の雨率は高い(笑)
前日はイタリアンのシェフが腕をふるっていつもに無いステキな夜だったらしい。食べたかったなあ~。僕はジャガ・ベーコン。甘長とうがらしのサフラン炒めやらオイルサーディンとアンチョビのトマト煮を作る。完全に酒飲みメニューだ。

今回なぜかバイクの整備相談が多かった。皆さん日本各地で楽しんでるみたいです~(笑)

18071514 18071515翌朝も晴天。平湯にしてはあまり涼しくなかった。それもそのはず、この日は岐阜県で最高気温を記録してたのだ。高地であっても影響受けてたのだろう。

1台2台と平湯をあとにする参加者たち。つながり∞ふくしまの缶バッジをお土産に持って帰ってもらった。なんかの機会があったら南相馬ファクトリーで缶バッジ作ってください~!の気持ちをこめて・・・・・

| | コメント (6)

2018/07/05

カツ丼が旨い蕎麦屋

1807010118070102まさかの6月の梅雨明け後の快晴の日曜日、モトグッチクラブのツーリングで向かったのは那須から笠間へ抜けるルート。昼飯はカツ丼が旨いと評判の那須塩原の蕎麦屋「柏屋」へ寄った。

コースリーダーの判断で混む前の11時すぎに到着して、僕のオーダーはカツ丼&もりそばだ。もりそばがやってきて、やがてカツ丼もやってくると・・・・・カツ丼にも小さい蕎麦がついてくるんですね~。軽く逆兵糧責めとなったが、噂通り美味しかったよ♪

| | コメント (0)

2018/06/05

モトグッチクラブ1泊ツーリング

180602011806020218060205ここ数年、木曽の駒の湯に行っているクラブの1泊ツーリング♪

毎年決まった宿だと幹事は楽なんだけども、ツーリングクラブなので、数年通うと走るルートも出尽くしてしまうのが辛いところだ。

御嶽や開田高原や松川から分杭峠とか杖突峠とかだいたい走った。開田高原の延々続くゆったりしたワインディングなんか気持ちいい♪さらに高山まで走ると走り応えあるんだけどね~。

18060203 18060207 18060208クラブの皆さんと中央道双葉SAでわかれて帰宅。

笹子から渋滞が始まり、すり抜けを余儀なくされる。小仏TNを抜けると少し流れ始めて、また八王子料金所から断続渋滞だ。

国立府中のあたりだったかな?すり抜けしていくと、どこか所在なげな雰囲気のバイク数台に接近する。(ん?)と先を見ると赤灯が回ってる。(なるほど・・・覆面か)と赤灯の数台後ろのクルマの後ろについてヘッドライトを消した(気配を消したのね、笑)

で、しばらく(あ~あと思いながら)ノロノロ走ってると、前にいる黒い車が数台でフォーメーション組んで走ってるのに気づいた。ドアミラーが触らんかというほど異常に車幅をつめて走ってるのだ。これが渋滞が流れ始めると1列縦隊にスッと変化して、またノロノロに戻りそうになると2列に戻る。どうやらセダン4台にワンボックス1台。要人でも乗せてるのかな?さっき抜いてきたバイクが後ろから来て、妙な気配に気づかず(空気読めよ!)黒い車群を抜きにかかったら、抜かせないようにけん制する。

なかなかの見ものだった♪
じきに調布ICに着いたので、すぐにノロノロからも解放されたから害は少なくて済んだし(笑)

| | コメント (0)

2018/03/24

マンデレージ 澤乃井へ

180321011803210318032104来日したマンデッロびとを連れて澤乃井酒蔵へでかけた・・・・・・のだけど、半月前から用意してたのにまさかの雪!それでも行ってきましたよ

まずは酒蔵見学から。つたないイタリア語で説明したけど、ちゃんと英語ガイドが容易されている・・・(汗) おじさまは樽をイタリアに持って帰りたかったみたい(笑)

 

18032105 18032106 18032107見学後ままごと屋でお食事。刺身も含めて日本料理全部食べれてよかった♪
ただし、コースの最後にご飯が出てきたのには驚いたようだった。なにしろイタリア料理では先にパスタやリゾットを食べてからメインの肉や魚を食べるから。

 

18032110 18032111 18032112最後に小澤社長のデカイ茅葺屋根のご自宅も覗かせてもらって、ここもTOKYOなんですよ~って。

楽しんでもらえたかな?

| | コメント (0)

2018/03/21

立ちそば列伝(138)上野/元長と、お客さま♪

180319011803190318031904イタリアでお世話になったご夫妻が日本に来ることになって成田までお出迎えに~♪

・・・・・の前に上野で腹ごしらえは元長で。

朝定食430円の看板を見て、ナメタケご飯&卵&ソーセージ天そばをオーダー。蕎麦はその都度茹でだ。天ぷら類も揚げ置きしてあるが、回転がいいのでか?わりと揚げたてだった。蕎麦の食感はかなりいい!太めの田舎風が好きだけど、細めでもそれなりに歯ごたえがあって、ややザラッとした舌ざわり、悪くないっ!!つゆはややドライ、このそばとつゆの雰囲気は秋葉原の二葉もこんな感じだったような?

18031905 18031906さて、蕎麦のち成田でお出迎えしたのはイタリア旅行の際にお世話になったご夫妻だ。モトグッチの街、マンデッロからはるばるやってきた。

レンタカーで送迎途中、ご主人が「のど乾いた、おなか減った」とおっしゃるのでコンビニに寄ると・・・・・ビールを買って店を出る前にカシュッと開栓(笑)駐車場でグビグビ(笑)とタバコもプカ~・・・・我慢してたんだね~

このご主人は道すがら「箱」「箱」と言うので何かと思ったら、道行くバンや軽自動車のことを言っていた。限られた寸法に最大限のスペースを確保しようとすると真四角になるよね!たしかに「箱」だ(笑) まあ少しでも見た目がいいように多少の曲線をデザインにくわえたりしてるはずなのだけど、イタリア人の目で見たら色気の無い箱に見えちゃうんだな~という発見だった。

あと、家と家の間が狭いとも言ってたな~。仕方ないね~

| | コメント (0)

2018/02/20

朝ラーののち

180216101802161118021612藤枝で朝ラーを食べ終え、10時に1号線を東へ走り始める。途中道の駅富士で休憩。富士山登ろうトレペなんか売ってるから「ややっ!?ついに富士山は環境保全のため便持ち帰りの方向か!?」などと先走りすぎた想像を巡らせたが、ただ富士山のイラストがプリントされただけの面白トレペだった・・・。

道の駅から見る富士山は頭は雲に隠れてるが裾野は見える。やっぱ南側だね、あまり雪は見えない。では行ってみよう~!と県道72号から国道469号に向かうと「チェーン規制中」とか「○○~○○は通行止め」とか様子が変わる(汗)

日陰は除雪した雪が融けず堆積。場所によっては路面がビシャーッと水浸しなんだけど「さっき気温3度って電光掲示板あったな・・・・・凍ってるのか?まだ水なの?」とお尻あたりをピリピリムズムズさせながら走れる林道探して行ったり来たり。

 

18021613 18021614 18021615結局ダートを走れたのは10kmに届かず。それもそこそこクルマが入る林道だったようで、残雪区間にはわだちがついてたから走れたわけで。むしろその前後の舗装路の踏み固められた雪のほうが怖かったり(笑)

途中で「もちや」で休憩。
昔オートバイミュージアムがあったころ何回か来たが、今回初めて気づいたこと・・・・・ここって「餅屋」だったのね!?餅が名物だって。知らなかった(笑)

そんなこんなで早い時間にプチアドヴェンチャー終了~。どこか雰囲気のいいとこでエスプレッソでも飲もうかと思ってたがそんないい場所見つからず、しかも曇ってて寒いし!でもエスプレッソ用に持っていた水でマフラーにハネた融雪剤のあとを洗い流して帰った。めでたしめでたし。

| | コメント (2)

2018/02/19

しぞーかグルメ旅

180216011802160218021603先週の休み前日、仕事終わりに会社から出発。静岡に向かった。

このパターン、いつも下道移動だけど今回は御殿場周辺3区間だけ東名を利用・・・・・寒いエリアをとっとと抜けたいのと、わけあって23時前くらいに焼津に着きたかったためだ。

22:30に着いたのは静岡県内に展開するレストランさわやか藤枝築地店だ!(24時まで営業) こちらげんこつハンバーグが有名で中京エリアの複数の友人から勧められていたのだった。冬の4時間の夜走りから暖かい店内に入ると顔がポッポと火照る。テーブルに置かれたさわやかMAPをボーッと眺めているとげんこつハンバーグが運ばれてくる。さらにボーッとしてたら「ハネが飛びますからそれ(MAP)でガードしてください!」と指示されて僕がさわやか初心者であることが露呈してしまった(テヘ)。

なんとかセットのご飯大盛りで1220円(込)とはお安いっ!!そして「よく焼き」で頼んだハンバーグはジューシーというより肉々しくしっかり食べた感満点、美味しかった!

18021604 18021605 18021606さわやかを出て、近くの某高級ホテルへ・・・。いつものチェーンが静岡県内に2店しかなく、あらたにこちらのチェーンに入会することになった。が、50歳以上は入会金360円が無料って、この業界では50はシニア割りの対象なんかな~?微妙だけど、タダだからいいか(笑)

翌朝はさわやかに続く目的の「藤枝の朝ラー」のはしごだ!このあたりのラーメンは志太系というらしいが、深夜早朝の市場仕事を終えたひとが食べに来るので早いとこでは朝6時からラーメン屋がやってるのだ。

一軒目は「マルナカ」という老舗らしきお店。看板もなにも出てないのであたりをぐるぐる2周してしまった。オーダーは中華そば並み500円。そばの丼にびっしりたっぷり感満点の見た目だ。醤油味はドスンと濃い目、白っぽいストレート麺はしっかりコシがある。
ほんとは温と冷(冬でもある)をダブルで食べる流儀らしいのだけど、2杯食べたらさすがに朝から3杯めは無い。1軒だけではつまらないので我慢した

18021607 18021608 180216092軒めは「森下そば店」だ。なぜこちらにしたかというと「塩」があるからだ。やっぱ変化が欲しいじゃん!?

こちらものれんにうっすら店名があるだけで一度通り過ぎてしまった。さて塩ラーメン550円は・・・・旨かった!ハリのある平たい麺、そしてやはりしっかり濃い目のスープ。朝ラーゆえにさっぱり食べやすい仕上げかと勘違いしてたナ。

あとこちらのチャーシューがめちゃ旨かった!!1軒めのチャーシューがいまいちだっただけにより感動!ネギもザクネギが旨かったなあ。中華そばみたかに似て、チャーシュー切り落としが同じく100円で売ってるのもシンパシー感じちゃった(笑)

今回、わざわざハンバーグと朝ラーだけのためにやってきた。しかも朝ラーあるがゆえに朝藤枝に来ていなければならないという・・・。そんな手間かけたわりに3店で2300円くらいしか使ってないとは。安上がりでゴメン(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧