2019/02/23

荷車

001002ゴロー、ウチに来てから2ヶ月ちょうどの日に来たときの倍の11kgになっていた!?そして今日はもう12kg越えてます(泣笑)
それにしてもそんなにデカくなってるかなあ?とあまりにも実感が無いので当時(ってもたった2ヶ月前なんだけど)と今の画像を並べてみた。そしたら・・・・・ちゃんとデカくなってるネ(笑)毎日見てるからわかんないや!

003 004さてゴローの重量増に伴って、自転車の強化が必要になってきた。

まずゴローコンテナを載せるリアキャリアを大きくする。リアキャリアに物を載せられなくなったので前カゴをデカくする。そして12kgの生き物が高い位置でバタつくと自転車が倒れたりして危ないのでスタンドも強化。その名も業務用両立スタンド「配達くん」。

そもそもこのチャリは2010年、ボロボロのママチャリをたまには旅もできる通勤快速MASSI号として復活させた(ハイパーママチャリ)のに・・・・・・もはや荷車になってしまった(笑)

| | コメント (0)

2017/01/01

新年

03 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 「勧 酒」  干武陵 作

 
君に勧む 金屈巵
 
満酌 辞すべからず
 
花発いて風雨多く
 
人生別離に足つ
 
 
 「勧 酒」  井伏鱒二 訳
 
コノサカヅキヲ受ケテクレ
 
ドウゾナミナミツガシテオクレ
 
ハナニアラシノタトエモアルゾ
 
“サヨナラ”ダケガ人生ダ
 
 
07011004今朝は9時ころズルズル起きだして小1時間ほど近所を走ってきました。最近ちょいちょい走っているのはランに目覚めたわけではなくて、冬山シーズン到来の前にちっとも山に行けてないので、少しでも足をイジメておこうという悪あがきなんです。
 
東久留米の南沢氷川神社に行ってみたけれど、意外にも参拝客が多くて行列発生。汗臭いカラダで列に加わるのは気が引けるし、カラダが冷えちゃうので遠く路上からお参りしました。
 
 
02これは東京都の最高峰、雲トリ山です
 
奇しくも標高2017mなのだ!
 
今年は登る人きっと多いぞ~(笑)

| | コメント (0)

2016/10/29

ヘビーデューティーなポンチョ

02買ってからなかなか使うチャンスがなかったプロモンテのポンチョ。この夏の某台風のときにチャリ通勤で満を持して使ったのだけど(一応書いておくと、ポンチョは利点が多いけどチャリのとき風圧が重いです。山では稜線など風が強い場面では危険です)、その際の台風被害があまりにひどくてアップを控えていました。

 
「自衛隊員にも大人気、遮光ポンチョ」なんてネットに書いてあったので、ヘビーデューティーなかわりにゴワゴワヘビーかな~?と思ってたら軽い使用感!!
 
でも自衛隊の方は支給品でしょ?と思っていたのですが、元隊員の方に聞くところでは装備品には無いそうで、「雨衣だけですね」と・・・・・雨衣?カッパですか?
 
これ、かなりデカいから70Lザックもすっぽりだ。ただ・・・・「遮光」ってナニ?必要?UVカットかな?と思っていたら、夜これを被っていれば火や灯りを使っても「敵に狙撃されない」のだそうだ。可視光線だけじゃなくて赤外線すらかなり遮るらしい。
 
そっちですか(汗)

| | コメント (0)

2015/11/20

立ちそば列伝(103)板橋区役所/なごみそば

151120_114004151120_115905151120_114259今月のハモニカ朝市は雨天中止となってしまったが、有難いことに直後配達依頼が4件、今日は十条に行ってきた。(有難いというのは、利益はゼロなので収入面ではなく、朝市が無いと賞味期限が1ヶ月縮んでしまうので・・・)

石巻山形屋さんのさんましょうゆ、蔵内之芽組のこいわかめをお届けし、帰りにかねて行ってみたかった「なごみそば」に寄ってみた。
板橋区役所の近くにあるのだが、普通なら行かないエリアなのでチャンスが無かったのだ。

 

151120_114921 151120_115020 151120_115641「もりそば特盛り」500円に目が吸い寄せられたけど、せっかくチャリで運動も兼ねてるのだから食べすぎ禁止と「もりそば大盛り」400円にした。

混雑していて6~7分待たされて、出てきたのはほかの店なら「特盛り」レベルのもりそばだった。アブネ~!食べログ見たけどそんなに盛りがいいって書いてあったっけ?

よくしまっててツルツルと、美味しくいただいた。そば湯もポッドに準備。それにしても個人店なのかな~?流れるようなシステムができあがっていた。オーダーは券売機。フロアに店員さんが1人いて席までそばを出してくれるのだが、食後片付けは客がする。昼前なのに待ちが出たのでピークは相当混むんだろうから、このシステムで乗り切るってわけか!?

となりのおじさんが「ごぼう天せいろ」を食べていて旨そうだった!!!また行こう。

| | コメント (0)

2015/10/17

通勤スペシャル、ピスト号復活

010203しばらく寝かせていた通勤スペシャル、VIVALO(溶接不良が発覚していまは認定を取り消されている)のフレームを使ったピストを整備した。
 
ピストレーサーさんから提供されたハンガーを交換。音鳴りに悩んでいたのところ、くださった・・・・・・・・のはもう数年以上前・・・・・すみません。
 
全容、なかなか精悍なフォルムだ!
だが、精悍でないのがギア。いま47X19で全然かっこよくない(笑)じきに小ギアを再び小さくしたいな。小さくたって、18かな?orz
 
 

04 05 06今回ハンガーのほかにいくつか整備した。

まずリアブレーキのフレーム。以前は自作のステーを使っていたのだけど、こんなのを見つけたのでつけてみた。良好。
 
そしてバーテープの巻き直し。レバー部のラバーはもう付けるのをやめて、その代わりの緩衝材としてバーテープの下にオートバイのグリップラバーをカットして埋め込んでみた。
・・・結果、まあまあ、ちょっとゴツゴツしてるのがいまいち。もっと薄い発泡材でもよかったかな?要改善。
 
トップチューブには、イタリアをカリフォルニアで走ったときに買ってきた、コモ湖畔の峠上にある自転車の聖地「ギザッロ峠のマドンナ」のお守りが光る。安全第一。
しかし久々に乗ったら尻が痛いなあ・・・・・。お~、マドンナ!お尻も守って欲しい~

| | コメント (3)

2014/10/18

上野ポタと三陸ホヤと、立ちそば列伝(16の3)秋葉原/二葉

141017011410170214101703今日(17日)は久々に上野公園にヘブンアーティスト立松さんのパフォーマンスを見に行った。

が、早く着きすぎたようで立松さんの姿が無い。そこで時間つぶしと昼食がてらに秋葉原の二葉に移動した。

相変わらずお客さんが絶えない二葉。だが47で書いているようにおやじさんの姿は無い。つゆはやっぱり甘めに感じた。そばは細い茹で済み麺ながらグニッと反力のあるもので、どこでも生麺を出すようになった中、茹で麺のトップクラスと言われていた。ただ前はもう少しザラッとしていたような・・・・・・。まあ年に一度来るかどうかの記憶なのでアテにはならないナ。

なお去年よりかけそば10円値上げしていた。仕方ないね。あさりかき揚げ410円だった。

 

14101704 14101705 14101706さて食後、上野に戻ったが立松さんはいない。以前よく演っていた東京都美術館前に行ってみたがいない。かわりにオブジェで遊ぶ(笑)

休止にされたか別の場所に行かれたか?しかたない、また来よう♪

 

14101707 14101708 101さて今日の最後の目的地は吉祥寺の東北物産館だ。http://www.tohoku.or.jp/

縁あってこちらに来て以来、いろいろとご紹介させていただいているのだが、その第一弾で南三陸町歌津にいる知り合いのとこの製品を置いてもらえるようになった。

冷凍の「塩ほや」と「ゆでほや」、ともに200g入りで800円だ。ほやは「あの臭みがいいんだよね~」と言うが、新鮮なものは臭くない。今は流通が発達したので臭くない生ほやが食べられる(蔵内之芽組の生ほやよろしく~http://kurauchi-no-megumi.jp/)

でも、収穫時期が限られるほやを通年美味しく食べられる方法が冷凍なのだ。塩ほやはキレイに身を整えられたほやを漁師さん好みに塩漬けにしてある。茹でほやは殻つきで、これを少し加熱してから醤油をちょっぴり垂らして食べると超うまい。

臭いと言われているほやを加熱して食べるなんて・・・・・と僕でさえ思っていたが、この前は炊き込みご飯にも入れた。臭くなんかない(笑)
いろいろ書いてるけど百聞は一見にしかず、一度吉祥寺の東北物産館でほやをゲットしてみてね~!(蔵内わかめも近日中に登場予定です!)  

| | コメント (0)

2013/08/22

体感ア​ー​ティ​スト立松正宏さん

002 ヘブンアーティストの立松さん、ウチの店に久々の来訪!!あの激しい雨のなか走ってたらしい。長く研究を重ねられた自転車のフロントキャリアーを見せに来てくれたのだ。
 
なにしろ毎日40kgの荷物(楽器)を載せて国立から上野まで走っている。キャリアを製作する日東さんにしてみればこれほどのテストライダーはいなかろう。このフロントキャリアについては以前からいろいろ話してたんだけど、荷物の重心が前に出すぎればハンドリングに影響を与える。実は荷物が少し車体から離れたほうが安定が良い(やじろべえの腕と一緒)など、実地による工夫がなされている。
 
ちなみに立松さんは自作の木琴や自然派楽器たちを駆使して各地で演奏されている。一度それを体感してほしいね~。またクーラー&暖房を使わない生活をずっと実践している(これがどんなにすごいかよ~く考えて!)のでエコの話にも重みがある。自転車の通行区分の問題にも取り組んでいる。来週からTBSラジオ他で自転車番組で放送に乗るので是非」聞いてみてちょ!
http://blogs.yahoo.co.jp/tatexylophone/47487342.html

| | コメント (0)

2013/03/20

狭山ポタ & 立ちそば列伝(55)ヤマヨめん工房

1303200113032002 知り合いが肩の手術で入院したのでお見舞いに行った。
 
・・・・・て、実は僕も痛いんだよね~。数年前いきなり40肩になって自転車生活断念かっ!!!!という痛みだったんだけど、なぜか10日ほどで消えた。
今回ももう10日ほど経つかな~?痛くて眠りが浅く、目が覚める2晩なんてのもあったけど、前回ほっといたら消えたので楽観しつつ自転車通勤も(たまに筋トレも)継続してた。いまは筋肉の張りみたいなのが残る状態だけど、なんとか収束してくれそうだ。
 
さてお見舞いに話を戻すが、病院には裏山があり(画像は病院を見下ろしたところ)、入間川を見下ろす素敵なロケーション。カタクリの群生があり、もうすぐサクラも咲きそう♪最高の散歩コースだ。朝起きたらここにきてコーヒー、夕食食べたら消灯までここにいたりするそうだ。
ちなみに外出禁止なんだけどネ(笑)
 
 
1303200313032004 帰り道、東村山の八国山の近くにある「ますや」に行ってみた。いままで何度も何度もまえを通っていたけどスルーしてきたお店だ。
 
店に入ったとたんに優しそうなおかあさんから「肉汁ね?」と言われてそのまま、このあたりのうどん屋さんの代表メニューたる肉汁うどんをオーダー。あとから気づいて大盛りにしてもらった。アブネーアブネー
 
糧はほうれん草がついてきた。そしてザクザクの天ぷら3枚も勝手についてくる(笑)うどんは手打ち、食感も風味も力強く、小麦粉食べてる感が大、幸せいっぱいだ。つゆは意外にもお上品だったので、うどんをしばらく漬けておいてから食べるようにした。
 
食べるうち、奥からおばあちゃんが出てきて常連さんとおしゃべりするのを聞いてたんだけど、○○なあ~、○○でよ~、と尻上がりでやや荒い言葉使いがなんだか耳なじみが良い。どっかで聞いたんだよなあ?????・・・・そうだ!?志村けんが演じるばあちゃんとそっくりなんだ。志村けん東村山だもんね♪地元のばあちゃんの真似をしてたんだね~。
 
 
130320051303200613032007 今日はこれだけでは終わらなかった。
 
再びチャリで10分ほど走り、清瀬駅からしばらく西に行ったとこにある「ヤマヨめん工房」に向かったのだ。「ますや」もそうだけど家から中途半端な距離&方角にあるとこっていつかそのうちと思ってもなかなか行かないんだよね。だから今日みたいなときに一気に片付けるのだ!連食できる人間の特権である(笑)
 
ただし往きに20km帰りに25km走ったんだけども、この連食で帳消しだね・・・・。
 
ここは麺工場の小売部門みたいなとこに立ち食いコーナーが併設されている。内装もお品書きもあっさり。うどんを食べた直後でもあり、もりそば330円をオーダー。
 
やや時間をおいて出てきたもりそば、美味しかった。
出来立て、茹で立て、冷水でピリッと〆てある。つゆがちょっと濃いので、まさにチョン付けでないと辛くて食べられなかった。つゆはそれほど質のよい感じではなかったので濃縮つゆの割り加減を間違えたのかもしれない。それと・・・・・わかめとナルトがついてきたのが不思議だった(笑)
 
かけや肉うどん、キツネなどなんでも、これらが太うどん・細うどん・ひもかわうどん・日本そばのどれでもできる。さすが麺工房、さらにラーメン各種もある。
あれ?家に帰ってから気づいたんだけど、画像のホワイトボードに「ナポリタン」と「ペペロンチーノ」てそこだけ雑に書いてある!気になるやないか・・・・・・
 
 
 
 
★宮城県蔵内漁港の「こいわかめ」いっしょに食べてみない?
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2013.html

★つながり∞ふくしまプロジェクト、ひまわりを植えよう♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html

| | コメント (0)

2013/01/11

ばろんどーるカフェと、立ちそば列伝(48)聖蹟桜ヶ丘、そば桜

130111011301110213011103 正月太り解消に少しでも・・・・・と町田のばろんどーるに行ってきた。
 
ってもカボチャあんぱんやプリンを食べちゃうんだから往復の運動量と差し引きしたらどうなるのやら(笑)
 
久々なのであらためて書くと、ここのエスプレッソは120円、画像のはドッピオで150円だ。イタリア価格と言える。いやドッピオはイタリアより安いかも。店主の木村さん、エスプに限らず、相変わらず美味しいコーヒーを出すことに腐心されている。(←「拘る」という言葉がどうも安っぽくて使いたくないんだけど、「腐心」を思いついてよかった、笑)
 
パン屋さんがイートインでなんとなく出しているわけじゃない。1杯ごとに挽いて、たてる。で、個人店でこの価格。今日もいろいろコーヒーの話をしてくださったが、木村さんは「たてる」という言葉を使った。たてるは茶道にも通じる。1杯をたてる。仕立てる。仕上げる。そういう向き合い方をされてる。
 
ちなみに朝市商品を押し売りしてきた(笑)こころよく買ってくださった。すみません~
 
 
130111041301110513011106 町田の帰り道、聖蹟桜ヶ丘に美味しい立ちそば屋があるというので寄ってみる。これでもう摂取過多まちがいなし!
 
かきあげが美味しそうだけど、そこはグッと我慢して月見そばを注文。
 
400円は割高だけど、香りよい海苔とワカメが載ってたので納得。そばは冷凍麺、いい歯ごたえを残してて美味しい。そんで甘辛い濃い目のつゆも好み、美味しかった~!!海苔とワカメが載ってるなら次回はかけそば350円で十分だな。

| | コメント (2)

2012/04/20

江ノ島ポタ

120420011204200212042003 年に一度の健診を前に、無駄なあがきで自転車を引っ張り出した。
 
向かうは江ノ島。途中久々に「ばろんどーるカフェ」に顔を出した。相変わらずエスプがドッピオで150円、そして間違いのない旨さ・・・・。家の近くにあったら完全に毎朝通うのに~。
 
正味走行3時間弱、11時過ぎに江ノ島に到着。ちなみに車道橋は自転車通行禁止と気づかずに進入・・・・・すんません。
 
 
120420041204200512042006 江ノ島では名だたるお食事処を素通りして「文佐食堂」に向かう。実はここは「モヤさま」に出たんだよね・・・・(笑)あの番組も最近はメジャーなとこに行くようになっちゃったが、ここはほどよくモヤってたのがいい。
 
店に入ったら早くも地元じっちゃんが3人ばかしビールをやってる。しめしめ、イイ感じだ♪
 
モヤ食堂ではあるけれど、せっかくの江ノ島なのでサザエ丼を食す。それと、脂肪燃焼という大目標があるのを忘れてラーメンも食す(笑)。ちなみに・・・・サザエ丼は予想外に具が多くて嬉しかった♪逆にトイレに行ったら裏手はイナカのよろずや風になっててたじろいだ!
 
会計時、店のおばちゃんに「シラス買って帰りたいんだけどお勧めのお店あります~?」と聞いたら、横からじっちゃん達が食いついてきた。「浜野水産がいいよ!そこらの店よりずっといい!」ってサ、ムフフ、しめしめ♪地元情報ゲットだ。
 
 
120420071204200812042009 じっちゃん達がよってたかって丁寧に説明してくれた通りに行ったら、着いたとこは浜野水産の加工場の裏口だ(笑)。境川に面している。そういや店の裏に舟を横付けして水揚げするなんて言ってたな~。
 
そして着いてみてわかった、知らない人間でも迷わず行けるように案内するなら確かに表よりこの裏手のほうがよかった。合理的。酔っ払いじじいあなどれず・・・・・・さすがだ(笑)
 
買い物終えていざ帰り道も同じルートで。ちなみに3年ぶり?くらいの境川自転車道だが、トイレの前にチャリ用のサドル掛けまで設置されてた。さすがブームのおかげ?
 
 
1204201012042011 帰りにもバロンドールに寄り、お茶してたら雨が降り出し、パンをいくつか買って早々に退散。でも降ってたのは町田周辺だけだったみたいで、無事に帰宅。晩飯にはシラス丼を米もシラスも大盛りでいただいた。実に旨かったっす♪
 
今日は少し考えて走ったのでバテずに帰ってきた。
いつもは元気な前半に欲目を出していろんな敵と勝負してしまい、足を使いきってしまうのです・・・・たいして脚力あるわけでもないのにバカです。
 
7:35に出て16:15に帰着。
休憩時間を抜いたら正味走行時間は6h30m。で、マピオンのキョリ測で測ったら(サイコンつけてないので)走行130kmだったので平均時速20km/hになる。
 
考えずに雑に走ったときも平均出すと20km/hになる。不思議だ。同じタイムならテキトーに走ってもいいじゃん!!と言われそうだが今日は足が残ってる。割とペースを落とさずに最後まで走れたのは・・・・・・・成長?
 
次は文佐食堂のカツ丼を食べに行きたい。

| | コメント (0)