2018/10/16

むかご

181012011810120218101203午前中に雨が残った金曜、高い山はあきらめてむかご狙いのハイキングに行った。

去年は10月半ばに行って、風のあとで落ちたらしく、収穫が少なかったなあ・・・・
が、今年はあるある!

低木に伸びたツルにむかごが鈴なり。枝を引き寄せ引き寄せ・・・・・・・・アチッ!右手薬指にピリッときた!

 

18101204 18101205 18101206アレレ?と思いながら採り続けてたら指のシビレが強くなってきた・・・・。

変だな~?なにかに刺された?とあたりを見回すと、足元に芋虫がいた!イラガの幼虫らしい。一般的な痛みよりはマシだったみたいで、刺さりが浅かったんだろう。27時間くらいはシビレというか痛みが残った。

その代償、じゃないけどむかごはけっこう採れたゾ♪茹でて塩ふって酒のつまみに♪バターと一緒に炊いてむかごピラフに♪旨かった~♪

 

18101207 18101208 18101209さてこの日のピークは日の出山。山頂でオヤツ&エスプレッソしてると、同じ屋根の下のお姉さま方が元気よくおしゃべりしてる。

見ると・・・・・飲んでる!
つい、「角のポケット瓶ですか~?やりますねえ~!」と声かけてしまった(笑)

なんでも、ハードな山は登れないから、別の楽しみ方に移ったのだとか。そう、日の出山は御岳方面からならケーブルカーで近くまで上がれるからね。そしていろいろ山談義の果てに「つながり∞ふくしま」の山バッジも買ってくださったのだ!!うれP~な~!こうしていろんな所でふくしまに心寄せてくださる方にお会いできる。ありがたいです~。

(ちなみに、山頂を去るとき、瓶はきっちり空になってました~笑)

| | コメント (0)

2018/09/23

飛騨高山へ

180921011809210818092109台風21号によって災害にあってしまった地域のひとつ、高山市に行って来た。
ここはかつて気仙沼でお世話になったボラセン「はまセン」を立ち上げた方の地元だ。なので仲間がすでに入ってボラセンを立ち上げているのだけど、今は被災地域が多くてなかなかヒトが集まらないらしい。そこで一本釣りの電話やメールが飛び込んでくるのだ(笑)

高山はよく行く平湯のちょいと先、ホントはバイクで行きたいとこだったが天候悪く深夜バスで向かい、高山駅に4:30に着いた。マットとシュラフを用意してたので2時間ほど仮眠。朝ごはんを食べてから仲間と合流し、現場へ~。

今回の作業はビニールハウスの解体撤去だ。高山市内のあちこちで被害が出ているらしい。ハウスはシンプルな構造で特殊技能や特殊工具がなくてもばらせそうなんだが、風によって潰され、ひん曲げられたパイプは厄介で、あらぬ方にテンションがかかって注意しないと怪我もしかねない。

 

18092110 18092114 18092115この日は雨が降ったりやんだりで、涼しくてよかったのだけど、足は泥に潜って抜けず、ビニールは重くなり、ずいぶん体力は消耗した~~~。

この現場は僕が帰った翌日に作業を終えることができたそうでよかった!!
でも農家さんといろいろ話してるうちに「このあと建て直すこと考えると気が遠くなるなあ」とおっしゃったのだけど、まさに、まだまだこれからのほうがきっと大変なんだよね。ただ、なにかのときには、知らん連中がやってきて「片付け手伝います」と連携が始まり、その仲間みたいなのも遠くからポツリポツリとやってきてはいっしょに作業したことを思い出して頑張ってくださったらと、願っていますよ。たった1日の活動に交通費かけて費用対効果どうなの?と思われるむきもあるかもしれませんが、計算しきれない効果もきっとあると思っています。

1日の作業が終わって、風呂にも入らずに駅まで送ってもらってバスが出るまで30分しかない(高山発の深夜バスは無い)。飛騨牛だの、ほおば焼きだの気になるけど無理!!駅近くの老舗?パン屋に「飛騨牛バーガー」なんてポスターを見つけて「これだ!?」と飛び込んだが売り切れ・・・(号泣)やむなく普通のコロッケパンなどゲット。

ただ、ボラ仲間が被災農家さんから差し入れされた日本酒一升瓶を(あまりにもかわいそうだから)持たせてくれたので、家に帰ってから高山駅で買った明宝ハムをつまみにいただいた。かろうじて高山グルメもおさえたゾ。

| | コメント (4)

2018/07/19

平湯キャンプ会

180715111807151318071512毎年恒例の平湯キャンプ会に行ってきた。朝7時に朝市に出店して、仕事して、岐阜県の平湯まで移動・・・・・。

会社をちょっと早めの5時半に出発。いつも諏訪湖SAで休憩するのもはしょって松本ICまで一気に走るも、松本の10km手前でガソリンがリザーブになってビビった。高速燃費12kmというトホホなカリフォルニアはデカイスクリーンをつけて空気の壁を押しながら走ってるので仕方ない。

給油のみで走ったのできかり3時間で到着。今年は雨の気配が全く無くて、皆さん外で飲んでいた。タープの外で飲むのなんて何年ぶりだろう?・・・と言うほどに平湯の雨率は高い(笑)
前日はイタリアンのシェフが腕をふるっていつもに無いステキな夜だったらしい。食べたかったなあ~。僕はジャガ・ベーコン。甘長とうがらしのサフラン炒めやらオイルサーディンとアンチョビのトマト煮を作る。完全に酒飲みメニューだ。

今回なぜかバイクの整備相談が多かった。皆さん日本各地で楽しんでるみたいです~(笑)

18071514 18071515翌朝も晴天。平湯にしてはあまり涼しくなかった。それもそのはず、この日は岐阜県で最高気温を記録してたのだ。高地であっても影響受けてたのだろう。

1台2台と平湯をあとにする参加者たち。つながり∞ふくしまの缶バッジをお土産に持って帰ってもらった。なんかの機会があったら南相馬ファクトリーで缶バッジ作ってください~!の気持ちをこめて・・・・・

| | コメント (6)

2018/04/04

SKB、再び南相馬へ

1803300118033002180330043月の終わりに、SKB吉祥寺やら朝市の仲間と福島へ行ってきた。浪江町役場に着いてみると、桜前線も届いていた。

まずはこちらの敷地内にあるキチン・グランマで昼ごはん。ここは浪江の復興を食から支えようと地元のおかあさん達が運営してるのだ。おかずいっぱいの日替わり定食はシャッキシャキの野菜炒めがめっちゃ旨かった~♪
ちなみに同行者たちがご飯が多いというので、全ていただく・・・・・・おかずがいっぱいでよかった。元気いっぱいのおかあさんたちはお客さんにもよく声をかけてたな。僕らも「食後にどう?」ってホットカルピスをもらった。そういうのって嬉しいよね♪

 

18033005 18033006 18033007午後は南相馬の自立研修所えんどう豆へ。主目的は仲間が朝市や他のイベントで集めてくれた寄付金を届けることだった。仲間も手伝ってくれて、細い糸だけど南相馬につながっていられることが嬉しい♪

そして所員のみなさんが歌をプレゼントしてくれて、南相馬をあとにした。ちなみにこの日は別のボラさんもいらしていて、どっかで見たことあるなあ?と思ったらやっぱり、以前南相馬のボラセンで何度も作業ごいっしょしたことがある方だった。世間が狭いのか、はたまたえんどう豆ファンが多いのかな~?

| | コメント (0)

2018/03/06

2018WG、の予定が

1803020118030203180302043月第一金曜&土曜、恒例のWG、ワカメ刈りのため三陸へ~・・・・・・・・・のつもりで深夜バスの予約を取ってたのだけど、ワカメの成育状況など諸事情でちょうどこの週の作業が無くなり、さてどうしよう?

でもせっかくだからWGのときはなかなか行けないとこを巡ることにして出かけたのであった。
まず2日、石巻に着くと猛烈低気圧の強風のせいで横殴りの雪が降り、仙石線も止まってたり。それでも石巻線は動いてたので「大丈夫だよね?」と女川にでかけた。

8:30には女川に着いたものの、雪・風・寒さのせいか駅前に人がいない・・・。新設の駅前商店街をひと巡りするも前歯が痛冷たい風に負けてかろうじて開いてたカフェに逃げ込んだ。
さて、ひそかな目的であったラ^メン屋、金華楼の開店11時までようやく時間を潰してめかぶラーメンにチャーハンをオーダー。そしてあれだけ寒かったのに生ビールも♪ 濃厚なお味のラーメン、パラパラッと仕上がったチャーハン、冷え冷えの生、美味しかった(笑)

 

18030205 18030206 18030207一度石巻に戻って志津川へ。さんさん商店街はちょうど1周年イベントの準備中。街はかさ上げが進んでまた眺めが変わってた。旧防災庁舎はもはや見えない。壊すか?遺すか?双方の思いがあって二転三転したらしいが、とりあえず県が預かって意見がまとまるのを待つことになったそうだ。

 

18030208 18030209 18030210泊まりは志津川のさんさん館。閉校した林際小学校の校舎を利用して地域の方が運営している宿だ。ボランティア活動の中で理事長さんと知り合ってから何度と無くお世話になったが、蔵内の漁師さんの小屋に泊まらせてもらうようになっていかなくなっていたのだ。安いうえ、地元食材を使った美味しいご飯が食べられる。お勧めの宿だ。

 

18030302 18030305 18030306翌日は蔵内へ。こちらも仮設住宅の解体が始まっているなど、少し変化が見られた。

蔵内之芽組さんにも訪問。いくら作業が無いといっても、近くまで来ていながら顔を出さないで帰るとあとが怖い(笑)

午後からちょっぴりだけ軽作業をお手伝い。この日は帰りの深夜バスに乗る前に石巻にできた元気いちばに寄って居酒屋で一杯やる予定で15:00発のBRTに乗るつもりだったが・・・・・「飲まねえで帰るのか!?」と声がかかって15:50のBRTに予定変更。またしてもホタテ貝など蒸してくださり、芽組代表は一升瓶を抱えてきた。(ん?一升瓶?)

しばし飲みながら楽しくお話して「ではそろそろ・・・」と席を立とうとっすると「まだ酒が空いてないっちゃ!」とまだ半分残った一升瓶を振りかざす漁師さん・・・・・こえ~(笑)これで元気いちばはなくなったナ、17:00のBRTに自動延長が決まった瞬間でありました。

まあ引き止めてくださるのは有難いこと。今回はハードな作業が無くて観光ばかりのゆる旅になったけど、次回はがんばらねばと思うのでありました。

| | コメント (0)

2018/02/25

工房もくもくと「みそ」と、立ちそば列伝(137)富岡/KINONE

180223011802230218022303木曜に仕事が終わってから・・・・・という例に寄ってのパターンで福島相馬に行ってきた。四谷でそばを食べてから東京駅でバスに乗る。

いわきに着いたら雪。東京も降ってたらしいね。もう日付も変わろうかといういわきの町をいつもの某高級ホテルに向けて雪の中30分歩いた。~~~ホテルには8時間滞在し1500円払って外に出ると雪化粧の町にまだ雪が降っていた。

いわきから乗る常磐線は竜田までではなく富岡まで延びていた。人生初富岡駅!まだ周囲の諸施設は建築中だったが駅売店は営業していた。「富岡は負けん」をパチリと撮って不通区間を走る代行バスに乗り込んだ。

18022304 18022305 18022306富岡も浪江も辻辻の柵(侵入禁止)が取り払われて景色が変わってた! 避難指示が解除されて帰還のための準備が始まっているが、そのあいだの地域は相変わらず放置されたまま。帰還準備にしたってなんと7年近く経ってようやくなんだから、原発事故の罪深さをあらためて思う。

・・・・・話のギャップがすみません。昼飯は原ノ町での乗り換え時間25分を活用して駅前で天玉そば大盛り。そして相馬に到着~。千客万来館というのがあるそうなので、工房もくもくのスタッフさんに連れてってもらった。

18022307 18022308 18022309その後、工房もくもくへ。皆さんの作業を見学させてもらい、朝市の商品を買って、あとは代表佐藤さんとつもるお話など・・・・・。

所員さんたちの工賃アップのために、そして相馬の活性化のために佐藤さんがいま取り組んでいるひとつが「みそグッズ製作」だ。「みそ」は3年ほど前に相馬市の仮設住宅に迷い込んだノラネコ。その後市の職員さんに引きとられて、いまは先に書いた千客万来館の非常勤館長としてお客さんをお迎えしてるというのだ。そしてグッズの「みそ」のイラストはまた別な職員さんが描いているらしい。似てるしかわいいよね!

僕が行った日は「みそ館長」は残念ながらお休みだったが、「みそグッズ」を朝市用にたくさん仕入れて帰ったぞ!

18022310 18022311 18022312ちなみに全旅程30時間ほどかけて、工房もくもく滞在は2時間とちょっとだったからなんか効率悪いが(汗)、今回も実りある旅だった。

あ、ところで行きの富岡駅で見た売店には実は立ちそばののぼりが立ってたのだ!!!「あっ!?」と思ったが、乗り換え時間残り数分で、ものすご~~~~~~く後ろ髪引かれながらあとにしたのだ。帰りも乗り換え時間6分で、「これはチト無理だろうな~(赤湯駅でうっかり遅刻して新幹線代払うハメになったし)」と思ってたが、ななんとバスが予定より2分ほど早く富岡駅に着いたのだ!「こ!これは!」 い・け・る・か?

売店に駆け込み「すみません、おそばってすぐ作れます?」(お客少ないお店だとつゆも沸かしなおしから始まる可能性もある) と聞くと、「揚げ物は無理だけどかけならすぐできますよ!」ということでオーダー。お店の方も僕がバスを降りるとこから見てらしたので事情は先刻承知だ。速攻で作ってくれた。

かけそば400円、かまぼこにわかめも乗って、脇に武蔵野糧うどんと同様に小松菜のおひたしが置かれてた。小松菜もそばに投入しひたすら喰う!窓の向こうに特急車両が止まってる。「上り線はあれですか?階段渡ったあっちですか?」と確認しつつ喰う!細いのにコシがある。冷凍麺だろう。つゆはやや甘めでバランスよくコクがある感じ。熱い熱い!(笑)

18022313 どんぶりのつゆをズズーッズズーッ4回にわけて飲み干す。腕時計を睨みながら3分を残して完食した!バッと立ち上がって食器を厨房に返そうと振り返るとお店の方が「すごい!よく食べましたね~!」と笑ってる。実は反則だがコップの冷水を途中で投入したのだ(笑)

そして走る!油断は禁物!”赤湯の新幹線”を思い出せ!階段3段飛び!
で、間に合いました・・・・ふううう~~~~。富岡発いわき行きの普通列車だが車両は特急だ。リクライニングシートが嬉しい。立ちそばの女神のご褒美だったに違いない(笑)

| | コメント (0)

2018/01/22

再会

180119021801190318011904先週金曜は大岳山に行った。大岳神社のお犬様は誰がかけたかマフラーがわりに手ぬぐいが・・・。

山頂では三角点パスタ、さんまペペロンチーノ風♪

そしてなんと、2014年の12月に奥多摩の六つ石山でつながり∞ふくしま缶バッジを買ってくださった方に再会したのだ!
いや~、こんなこともあるんですねえ~!しかも再び缶バッジを買ってくださった。ありがとうございます~。またどこかの山でお会いしましょう~!と言って別れた。その後奥多摩駅までの長い尾根歩きはとても足取り軽かった♪

| | コメント (0)

2017/12/21

プチ忘年会

171218011712180217121803今年も井の頭公園でかい掘りをするようで、スワンボートが池からすくいあげられ始めた月曜日、世田谷某所にある「笑むすび家」で友人達と忘年会をした。

吉祥寺の朝市でそれぞれの場で東北支援をしてきた仲間たち。それぞれが持ち寄った宮城の酒と岩手の牡蠣と福島の米と。

そしてなぜかこのメンバーでは僕が調理担当になってしまう(笑)ときたま行く西荻窪のサレカマネという立ち飲み居酒屋(ここの主人も宮城人)のメニューが大好きで、それを真似たりオリジナルアレンジをしてみたり。画像は牛肉とセロリの春雨煮。

 

17121804_2福島は会津の米で結んだおむすび♪
米の旨み味わう塩むすびにさまざまな変わりむすび♪

忘年会の場となった「笑むすび家」は友人の山田みきが主催するところでして、彼女は東日本大震災後に会津の産物は安全で美味しいと(実家は会津の米農家、2014年に一度訪問した「スコ研夏合宿」) 吉祥寺ハーモニカ横丁朝市でおにぎりを売り始めたのだ。

その後朝市を卒業して、会津と福島のあれこれを発信し、おむすびを通じていろんな人や物を結んでいきたいというコンセプトで活動を広げているのです。と言ってもわかりずらいので、ちょうどNHKの番組に出たことをきっかけにNHKのサイトで漫画連載されることになったのでそちら「おむすび★物語」をご覧くださいな。

「福島の米食べてみたいな~」と思ったら、イベントへのおむすび配達もやってるのでどうぞ~

| | コメント (0)

2017/10/14

今年もホタテBBQ会、第4回っ!

17100901_2 17100902_2 17100903_2 今年も青梅の朱とんぼでホタテBBQ会を開催した。吉祥寺仲間とSKBのBBQを始めてから通算8回、ホタテBBQと銘打ってから4回目になった。

なんと、おとなこども合わせて参加者70人になってしまい(汗)蔵内之芽組さんから届いたホタテはデカいやつを85枚にホヤとしゅうり貝と4箱に(大汗)

焼きホタテは濃厚な味なのでもう焼いただけで調味料いらずなのはわかっていたけど、今回刺身の要望も多くて、刺身を食べたみんなが「え~!醤油いらない!このままで美味しい~!」と感動しきりだったのだ。

 

17100904 17100905 17100906青梅の名士各位も集ってくださって盛り上がり、青梅に福島の子供たちを迎える保養ツアーを続けてる団体のチャリテイの紹介もあったり。

子供たちにはピザ焼き体験などなど。

 

17100908 17100911 17100912正直、あまり大人数のイベントに広げるつもりはなかったんだけど、友人繋がりでこんなん広がってありがたい限りです。

 

17100913_2また来年~!

| | コメント (0)

2017/08/21

リバース・ツーリング

170816021708160417081605一般にお盆休み後半の15日、16:30、仕事を終えて一気に気仙沼の蔵内へ走った。4号バイパス、岩沼あたりまでずっと雨!!!岩沼から三陸道に乗って志津川経由で蔵内港に24:30着。25:30(?)漁師さんの小屋にて就寝。

翌7時、出航~。
寝不足気味にお酒も残り、かなり早い時期にリバース!!ホヤの汁のような黄色い液体を海にまく(笑)ホヤとホタテの水揚げ・・・・・ほとんど戦力になってないm(__)m

 

17081606 17081607 17081608ホヤにしろホタテにしろ、水揚げしてから以外にやることは多い。自然が相手・・・・でも採ってきてどっかに置いとけばお金になるというわけではないのだ。

船の上にも陸でも、専用の機械道具を使って採ったりきれいにしたり、でもこれら道具は昔からあったってわけじゃなさそうだ。昔は手作業でやってたのかなあ?いや、いまでも手作業の部分がたくさんある。豪快に見えるけどとても地道な仕事です。

<動画>豪快な海の仕事(の一部)

↑肝心の水揚げシーンが短いのは僕がリバースに忙しかったからです
↑広い海にある無数のブイから「この1個」を見分けるのが不思議でならない

 

170816093日めの朝、早くも離脱した。ここからいつもの米沢は笠松旅館に移動なのだ。今回は珍しく蔵内が先になったので、山の中の笠松にホタテとホヤを持っていくことにした。

発泡、うまく積めるかと心配したが、さすがデカキャリア!!横並びに積載可能だった!えらい!(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧