2018/04/04

SKB、再び南相馬へ

1803300118033002180330043月の終わりに、SKB吉祥寺やら朝市の仲間と福島へ行ってきた。浪江町役場に着いてみると、桜前線も届いていた。

まずはこちらの敷地内にあるキチン・グランマで昼ごはん。ここは浪江の復興を食から支えようと地元のおかあさん達が運営してるのだ。おかずいっぱいの日替わり定食はシャッキシャキの野菜炒めがめっちゃ旨かった~♪
ちなみに同行者たちがご飯が多いというので、全ていただく・・・・・・おかずがいっぱいでよかった。元気いっぱいのおかあさんたちはお客さんにもよく声をかけてたな。僕らも「食後にどう?」ってホットカルピスをもらった。そういうのって嬉しいよね♪

 

18033005 18033006 18033007午後は南相馬の自立研修所えんどう豆へ。主目的は仲間が朝市や他のイベントで集めてくれた寄付金を届けることだった。仲間も手伝ってくれて、細い糸だけど南相馬につながっていられることが嬉しい♪

そして所員のみなさんが歌をプレゼントしてくれて、南相馬をあとにした。ちなみにこの日は別のボラさんもいらしていて、どっかで見たことあるなあ?と思ったらやっぱり、以前南相馬のボラセンで何度も作業ごいっしょしたことがある方だった。世間が狭いのか、はたまたえんどう豆ファンが多いのかな~?

| | コメント (0)

2018/03/06

2018WG、の予定が

1803020118030203180302043月第一金曜&土曜、恒例のWG、ワカメ刈りのため三陸へ~・・・・・・・・・のつもりで深夜バスの予約を取ってたのだけど、ワカメの成育状況など諸事情でちょうどこの週の作業が無くなり、さてどうしよう?

でもせっかくだからWGのときはなかなか行けないとこを巡ることにして出かけたのであった。
まず2日、石巻に着くと猛烈低気圧の強風のせいで横殴りの雪が降り、仙石線も止まってたり。それでも石巻線は動いてたので「大丈夫だよね?」と女川にでかけた。

8:30には女川に着いたものの、雪・風・寒さのせいか駅前に人がいない・・・。新設の駅前商店街をひと巡りするも前歯が痛冷たい風に負けてかろうじて開いてたカフェに逃げ込んだ。
さて、ひそかな目的であったラ^メン屋、金華楼の開店11時までようやく時間を潰してめかぶラーメンにチャーハンをオーダー。そしてあれだけ寒かったのに生ビールも♪ 濃厚なお味のラーメン、パラパラッと仕上がったチャーハン、冷え冷えの生、美味しかった(笑)

 

18030205 18030206 18030207一度石巻に戻って志津川へ。さんさん商店街はちょうど1周年イベントの準備中。街はかさ上げが進んでまた眺めが変わってた。旧防災庁舎はもはや見えない。壊すか?遺すか?双方の思いがあって二転三転したらしいが、とりあえず県が預かって意見がまとまるのを待つことになったそうだ。

 

18030208 18030209 18030210泊まりは志津川のさんさん館。閉校した林際小学校の校舎を利用して地域の方が運営している宿だ。ボランティア活動の中で理事長さんと知り合ってから何度と無くお世話になったが、蔵内の漁師さんの小屋に泊まらせてもらうようになっていかなくなっていたのだ。安いうえ、地元食材を使った美味しいご飯が食べられる。お勧めの宿だ。

 

18030302 18030305 18030306翌日は蔵内へ。こちらも仮設住宅の解体が始まっているなど、少し変化が見られた。

蔵内之芽組さんにも訪問。いくら作業が無いといっても、近くまで来ていながら顔を出さないで帰るとあとが怖い(笑)

午後からちょっぴりだけ軽作業をお手伝い。この日は帰りの深夜バスに乗る前に石巻にできた元気いちばに寄って居酒屋で一杯やる予定で15:00発のBRTに乗るつもりだったが・・・・・「飲まねえで帰るのか!?」と声がかかって15:50のBRTに予定変更。またしてもホタテ貝など蒸してくださり、芽組代表は一升瓶を抱えてきた。(ん?一升瓶?)

しばし飲みながら楽しくお話して「ではそろそろ・・・」と席を立とうとっすると「まだ酒が空いてないっちゃ!」とまだ半分残った一升瓶を振りかざす漁師さん・・・・・こえ~(笑)これで元気いちばはなくなったナ、17:00のBRTに自動延長が決まった瞬間でありました。

まあ引き止めてくださるのは有難いこと。今回はハードな作業が無くて観光ばかりのゆる旅になったけど、次回はがんばらねばと思うのでありました。

| | コメント (0)

2018/02/25

工房もくもくと「みそ」と、立ちそば列伝(137)富岡/KINONE

180223011802230218022303木曜に仕事が終わってから・・・・・という例に寄ってのパターンで福島相馬に行ってきた。四谷でそばを食べてから東京駅でバスに乗る。

いわきに着いたら雪。東京も降ってたらしいね。もう日付も変わろうかといういわきの町をいつもの某高級ホテルに向けて雪の中30分歩いた。~~~ホテルには8時間滞在し1500円払って外に出ると雪化粧の町にまだ雪が降っていた。

いわきから乗る常磐線は竜田までではなく富岡まで延びていた。人生初富岡駅!まだ周囲の諸施設は建築中だったが駅売店は営業していた。「富岡は負けん」をパチリと撮って不通区間を走る代行バスに乗り込んだ。

18022304 18022305 18022306富岡も浪江も辻辻の柵(侵入禁止)が取り払われて景色が変わってた! 避難指示が解除されて帰還のための準備が始まっているが、そのあいだの地域は相変わらず放置されたまま。帰還準備にしたってなんと7年近く経ってようやくなんだから、原発事故の罪深さをあらためて思う。

・・・・・話のギャップがすみません。昼飯は原ノ町での乗り換え時間25分を活用して駅前で天玉そば大盛り。そして相馬に到着~。千客万来館というのがあるそうなので、工房もくもくのスタッフさんに連れてってもらった。

18022307 18022308 18022309その後、工房もくもくへ。皆さんの作業を見学させてもらい、朝市の商品を買って、あとは代表佐藤さんとつもるお話など・・・・・。

所員さんたちの工賃アップのために、そして相馬の活性化のために佐藤さんがいま取り組んでいるひとつが「みそグッズ製作」だ。「みそ」は3年ほど前に相馬市の仮設住宅に迷い込んだノラネコ。その後市の職員さんに引きとられて、いまは先に書いた千客万来館の非常勤館長としてお客さんをお迎えしてるというのだ。そしてグッズの「みそ」のイラストはまた別な職員さんが描いているらしい。似てるしかわいいよね!

僕が行った日は「みそ館長」は残念ながらお休みだったが、「みそグッズ」を朝市用にたくさん仕入れて帰ったぞ!

18022310 18022311 18022312ちなみに全旅程30時間ほどかけて、工房もくもく滞在は2時間とちょっとだったからなんか効率悪いが(汗)、今回も実りある旅だった。

あ、ところで行きの富岡駅で見た売店には実は立ちそばののぼりが立ってたのだ!!!「あっ!?」と思ったが、乗り換え時間残り数分で、ものすご~~~~~~く後ろ髪引かれながらあとにしたのだ。帰りも乗り換え時間6分で、「これはチト無理だろうな~(赤湯駅でうっかり遅刻して新幹線代払うハメになったし)」と思ってたが、ななんとバスが予定より2分ほど早く富岡駅に着いたのだ!「こ!これは!」 い・け・る・か?

売店に駆け込み「すみません、おそばってすぐ作れます?」(お客少ないお店だとつゆも沸かしなおしから始まる可能性もある) と聞くと、「揚げ物は無理だけどかけならすぐできますよ!」ということでオーダー。お店の方も僕がバスを降りるとこから見てらしたので事情は先刻承知だ。速攻で作ってくれた。

かけそば400円、かまぼこにわかめも乗って、脇に武蔵野糧うどんと同様に小松菜のおひたしが置かれてた。小松菜もそばに投入しひたすら喰う!窓の向こうに特急車両が止まってる。「上り線はあれですか?階段渡ったあっちですか?」と確認しつつ喰う!細いのにコシがある。冷凍麺だろう。つゆはやや甘めでバランスよくコクがある感じ。熱い熱い!(笑)

18022313 どんぶりのつゆをズズーッズズーッ4回にわけて飲み干す。腕時計を睨みながら3分を残して完食した!バッと立ち上がって食器を厨房に返そうと振り返るとお店の方が「すごい!よく食べましたね~!」と笑ってる。実は反則だがコップの冷水を途中で投入したのだ(笑)

そして走る!油断は禁物!”赤湯の新幹線”を思い出せ!階段3段飛び!
で、間に合いました・・・・ふううう~~~~。富岡発いわき行きの普通列車だが車両は特急だ。リクライニングシートが嬉しい。立ちそばの女神のご褒美だったに違いない(笑)

| | コメント (0)

2018/01/22

再会

180119021801190318011904先週金曜は大岳山に行った。大岳神社のお犬様は誰がかけたかマフラーがわりに手ぬぐいが・・・。

山頂では三角点パスタ、さんまペペロンチーノ風♪

そしてなんと、2014年の12月に奥多摩の六つ石山でつながり∞ふくしま缶バッジを買ってくださった方に再会したのだ!
いや~、こんなこともあるんですねえ~!しかも再び缶バッジを買ってくださった。ありがとうございます~。またどこかの山でお会いしましょう~!と言って別れた。その後奥多摩駅までの長い尾根歩きはとても足取り軽かった♪

| | コメント (0)

2017/12/21

プチ忘年会

171218011712180217121803今年も井の頭公園でかい掘りをするようで、スワンボートが池からすくいあげられ始めた月曜日、世田谷某所にある「笑むすび家」で友人達と忘年会をした。

吉祥寺の朝市でそれぞれの場で東北支援をしてきた仲間たち。それぞれが持ち寄った宮城の酒と岩手の牡蠣と福島の米と。

そしてなぜかこのメンバーでは僕が調理担当になってしまう(笑)ときたま行く西荻窪のサレカマネという立ち飲み居酒屋(ここの主人も宮城人)のメニューが大好きで、それを真似たりオリジナルアレンジをしてみたり。画像は牛肉とセロリの春雨煮。

 

17121804_2福島は会津の米で結んだおむすび♪
米の旨み味わう塩むすびにさまざまな変わりむすび♪

忘年会の場となった「笑むすび家」は友人の山田みきが主催するところでして、彼女は東日本大震災後に会津の産物は安全で美味しいと(実家は会津の米農家、2014年に一度訪問した「スコ研夏合宿」) 吉祥寺ハーモニカ横丁朝市でおにぎりを売り始めたのだ。

その後朝市を卒業して、会津と福島のあれこれを発信し、おむすびを通じていろんな人や物を結んでいきたいというコンセプトで活動を広げているのです。と言ってもわかりずらいので、ちょうどNHKの番組に出たことをきっかけにNHKのサイトで漫画連載されることになったのでそちら「おむすび★物語」をご覧くださいな。

「福島の米食べてみたいな~」と思ったら、イベントへのおむすび配達もやってるのでどうぞ~

| | コメント (0)

2017/10/14

今年もホタテBBQ会、第4回っ!

17100901_2 17100902_2 17100903_2 今年も青梅の朱とんぼでホタテBBQ会を開催した。吉祥寺仲間とSKBのBBQを始めてから通算8回、ホタテBBQと銘打ってから4回目になった。

なんと、おとなこども合わせて参加者70人になってしまい(汗)蔵内之芽組さんから届いたホタテはデカいやつを85枚にホヤとしゅうり貝と4箱に(大汗)

焼きホタテは濃厚な味なのでもう焼いただけで調味料いらずなのはわかっていたけど、今回刺身の要望も多くて、刺身を食べたみんなが「え~!醤油いらない!このままで美味しい~!」と感動しきりだったのだ。

 

17100904 17100905 17100906青梅の名士各位も集ってくださって盛り上がり、青梅に福島の子供たちを迎える保養ツアーを続けてる団体のチャリテイの紹介もあったり。

子供たちにはピザ焼き体験などなど。

 

17100908 17100911 17100912正直、あまり大人数のイベントに広げるつもりはなかったんだけど、友人繋がりでこんなん広がってありがたい限りです。

 

17100913_2また来年~!

| | コメント (0)

2017/08/21

リバース・ツーリング

170816021708160417081605一般にお盆休み後半の15日、16:30、仕事を終えて一気に気仙沼の蔵内へ走った。4号バイパス、岩沼あたりまでずっと雨!!!岩沼から三陸道に乗って志津川経由で蔵内港に24:30着。25:30(?)漁師さんの小屋にて就寝。

翌7時、出航~。
寝不足気味にお酒も残り、かなり早い時期にリバース!!ホヤの汁のような黄色い液体を海にまく(笑)ホヤとホタテの水揚げ・・・・・ほとんど戦力になってないm(__)m

 

17081606 17081607 17081608ホヤにしろホタテにしろ、水揚げしてから以外にやることは多い。自然が相手・・・・でも採ってきてどっかに置いとけばお金になるというわけではないのだ。

船の上にも陸でも、専用の機械道具を使って採ったりきれいにしたり、でもこれら道具は昔からあったってわけじゃなさそうだ。昔は手作業でやってたのかなあ?いや、いまでも手作業の部分がたくさんある。豪快に見えるけどとても地道な仕事です。

<動画>豪快な海の仕事(の一部)

↑肝心の水揚げシーンが短いのは僕がリバースに忙しかったからです
↑広い海にある無数のブイから「この1個」を見分けるのが不思議でならない

 

170816093日めの朝、早くも離脱した。ここからいつもの米沢は笠松旅館に移動なのだ。今回は珍しく蔵内が先になったので、山の中の笠松にホタテとホヤを持っていくことにした。

発泡、うまく積めるかと心配したが、さすがデカキャリア!!横並びに積載可能だった!えらい!(笑)

| | コメント (0)

2017/07/31

福島の子供たちと

170728011707280217072803金曜日、キッズウィークエンド@青梅というイベントにボランティアとして参加してきた。

屋外で遊べない福島の子供たちを招いて思い切り遊ばせてあげよう。さらにそうすることで被爆リスクから少しでも逃れられたら、という趣旨のイベントだった。

17072804 17072805 17072806青梅の山の中でバッタと遊んで、虫除けスプレーを作ったり、いっしょにご飯を作って、竹を切り出してきて器を作り、という内容。

ちなみにトウモロコシご飯も作ったのだけど、芯もいっしょに炊くのが美味しくするコツだとか・・・・・勉強になるなあ!

17072807 17072808 17072809週末3日の行程のうち、土日が仕事の僕は金曜のみの参加。初日の宿舎まで見送って離脱した。

そして御岳駅の駅前食堂にてお疲れ様の一杯!
なんか子供たちを遊ばせてあげると言いながら、自分自身が楽しんでしまって革の名札が汗に濡れてしまっている。そんなゆるボラの1日でした~

| | コメント (0)

2017/07/10

七夕の南相馬へ

1707070117070703170707047月1週め、ちょうど時間ができたのと梅雨がひといきついて天候が安定してる雰囲気に「よしここで一発」と南相馬のえんどう豆さんに電話したら、「七夕の会やるからどうぞ~」と言っていただき、木曜仕事を終わった18:30、V65で北に向かった。V65で東北に行くのは初めてだ。

ちょうど蚊が沸くころだったようで、休憩のたびにメットを掃除しなきゃならない。でも夕立にも遭わずに24:50、南相馬の某高級ホテル(12h2400円)にチェックインした。6号線をオートバイが走れない富岡~浪江間だけ高速にのって、所要6時間20分、カリフォルニアとそう変わらなかった。ちなみに帰りは南相馬を16:20に出て田無に22:50帰着、往復とも所要時間はほぼ変わらなかったな。
 
そして翌朝は市の体育館に身体を動かしに行っていたえんどう豆の皆さんに合流~。いっしょにビーチバレーなんかしてみたら・・・・・・老化で鈍った反応を思い知ることになる。

 

17070705 17070706 17070707運動後、えんどう豆のみなさんからいったん離脱して、以前からチェックしていたまるもと食堂へ突入!!!

地元の方に聞いたら「いやそれほどでも・・・」(たぶん遠くから来た人がわざわざ行くのは?ってこと)という反応だったけど、この店構えはとてもスルーする気になれない!一度ゆっくり通りすぎてみてから(笑)Uターンして入ってみた。

入るなり座ってたおかあさんが「ツーリングかい?いいねえ!」「お勧めは生姜焼きだよ!」と選択の余地がないようなのでお言葉に従う。その後お品書きに(画像参照)ナポリタンを発見したので「すみません、ナポリタンも!」と言ったら、「んん~、できないんだよ」と・・・・・。「じゃ1個じゃ足りないからラーメンを・・・」と重ねたら「じゃご飯大盛りにすればいいよ!」と重ね返されてお言葉に従うこととした。

なぜナポリタンを出せなくなったのか、つまびらかに事情をお聞きしたのだが、ここに書くわけにいきません。ただ、生姜焼きはしっかりした味付けで、さらにゼンマイと各種野菜の漬物もしっかり味でしかもたっぷりだったので、ご飯が足りなくて困った!この上ナポリタンとか注文してたら濃すぎて食べ切れなかったかもしれない。でも付け合せの野菜もたっぷり!おみおつけには青菜がたっぷり!地元の方が心配されるような内容では無かった。78歳のおかあさんの世間話もたっぷり(笑)80歳のおとうさんの世間へのお小言たっぷりも心地よく、お店を後にしたのでありました。

 

17070708 17070709 17070710けっこうしっかり味のお昼だったので、道の駅で喉をうるおそう。いわきに続いて福島のコーヒー牛乳シリーズ、松永牛乳の「まつながコーヒー」だ!旨かった~!

さて、補給を終えてえんどう豆さんに向かうと、出迎えてくれたのはえんどう豆の貴公子ふみ君だった!彼は僕を「仮面ライダー」と呼ぶ(笑)

 

17070712 1707071317070715_2皆で願い事を短冊に書いて、そして歌って、踊って!
 
この七夕の会は、前のえんどう豆所長佐藤さんがお隣の相馬市で立ち上げた工房もくもくの皆さんを呼んで・・・・・と言っていたが、実は工房もくもくの1周年をサプライズでお祝いする会でもあったのだ。いいタイミングでお邪魔したな~!
 
 
17070716 17070717 17070718自立研修所えんどう豆、南相馬市原町区を流れる新田川沿いの田んぼに囲まれる環境にあったのだが、原発事故から7年、ついに田植えが再開されて窓の外はまぶしい緑にあふれていた。
 
今回、避難指示は解除されたもののいまだ夜は真っ暗な小高区や浪江の町並みを走りぬけて復興の困難さを感じたけれども、いっぽう原町の田んぼで小さい進歩を見ることができた。なにが本当にいいことなのか、どうしたら償えるのか、こんな個人ブログの主には書ききれないけど、自分がつながることができた人たちに関わり続けていけたらと思ってます。そんな思いの一環で、南相馬のえんどう豆さんと相馬のもくもくさんの製品をいっぱい仕入れてきたので、また朝市でがんばって売っていこう~♪てことでいっしょに福島の友達につながってみませんか?
 
以下、吉祥寺ハーモニカ横丁の朝市「いどっこ♪はま屋」で東北応援各製品おいてますのでよろしくお願いしま~す!

| | コメント (0)

2017/04/04

ふたたびWG(志津川に寄り道)

170330011703300217033003今回の蔵内行はまず志津川高校から始まった。同行の「つなひろ亭」(吉祥寺ハモニカ朝市)さんが応援していた同校情報ビジネス科のプロジェクトが目標に達したのだ。

それは震災前から取り組んでいた「南三陸モアイ化計画」の一環で、モアイデザインの缶バッジで津浪にやられてしまった町民バスを新たに町に寄贈しようというものだった。100円の缶バッジも積もり積もればバスになる・・・・・・すごいね!

ちょいちょい書いていた南三陸町の広大なかさ上げはまたかなり進んで、どんどん道路が変わる!地元の人でも「うおっ!ここ通れなくなってる!?」と驚くほど。 しかしあんな巨大なかさ上げホントに大丈夫なのかな~?と漠然と思ってたが、表土は石灰?のようなものが混ぜられてるようで、硬質化させる技術なのかな?

 

17033004 17033005 17033006BRT志津川駅(バス停)からBRTに乗ろうとしていると、遠くからキャリーバッグを引っ張ってヒーコラ走ってくる子供がいる。あ~このバスに乗りたいんだな?しかし親が追いついてこないぞ!?と見てると、その子だけ乗せてバスが出発してしまった。

あれ!?君ひとりなの?
と思わず話しかけてしまった相手は名古屋から一人旅中のはじめ君10歳。名古屋からフェリーで仙台入りして、今日は石巻泊から始発でさんさん商店街へ、そしてこれから気仙沼~一関~盛岡と北上するという。盛岡に親戚でもいるのかと思いきや違う。被災地応援ツアーと称して一人で旅してると言う。帰りは松島にも寄って仙台からまたフェリーだって!

えらいなあ!朝飯(このときまだ9:30)は菓子パン、さんさん商店街で買ったお土産は千葉のり店さんの焼海苔1パック(たしか2~300円?)・・・・・・・・う~ん、10歳の経済感覚だったらそんなものだろうな。一瞬、1000円くらい握らせてあげようかとも思ったけど、いやいや、小さい持ち金をやりくりしながらゆく旅もいい経験じゃないか!と思いなおし、訪問先の子供に持ってきたお菓子を少しあげた。

蔵内で先にBRTを降り、思い切り手を振るはじめ君と別れ、漁港へ降りてゆくとワカメ水揚げ作業真っ最中!!??あわててカッパに着替えて参加した。昼飯は作業でこぼれたワカメを拾い集めて(業務上横領!?)カップラーメンに投入。細い茎がパッキパキまいう~。
それにしてもペヤングにラーメンがあるなんと知らなかった。そしてペヤングが「PE YOUNG」だったなんて!?

 

17033007 17033008 17033009またしても夜のお楽しみはホタテ刺身・・・・・キモがでけ~!と驚いたが、これ産卵期直前だからだそうだ。クリーミーなキモ美味しかった~。

そして薪ストーブの上にステーキ!!!
ん?海でステーキ!?
と思ったら、これは僕と同じく芽組ファンクラブであるSちゃんの就職祝いなのだ。画像には写ってないけど死ぬほど肉があった(笑)

酒は3.5人の参戦で4合瓶4本消えて奥の手の松竹梅にも手を出す(さすがにもう1升は飲みきれなかった)・・・・アルコールの摂取過多のせいで血液異常が出ていると指摘されつつマッタク改善できぬまま、また協会けんぽの健診の時期がやってくる(*´Д`*)

 

17033010 17033011 17033012翌日はわかめ出荷作業。
わかめは水揚げから茹でたり、芯抜きしたりしながら異物を取り除くのだけど、いよいよ箱詰めするときも丹念にチェックする。

で、この赤いヤツが出てくるのだがエビのようでエビではない。聞きそびれたのであとで調べたらこれはワレカラという甲殻類らしい。

 
居心地のよいワカメの林に囲まれてフワフワ幸せに暮していたのに、為すすべも無く陸にあげられて熱いお湯で熱い熱い!と茹でられてしまって最後に捨てられる・・・・・なんだか人生の無常を見てしまった気がするなあ(笑)
 
世の無常はさりとて、出荷も無事終了。蔵内を後にしたらやってくるのは恒例石巻の夜だ。先月発見した居酒屋どんぐりを予約しておいた(もちろんカウンター)ので、美味しく楽しい旅のフィナーレになった。今後もどんぐり率、高くなりそう~♪

| | コメント (0)

より以前の記事一覧