« 立ちそば列伝(42の3)茅野駅/白樺と、(122)横川駅/おぎのや | トップページ | 磐城壽(いわきことぶき) »

2017/09/05

今夏2度めの笠松旅館

170901011709010217090103毎年お盆に行っている米沢の笠松旅館に、今年は2度めとなる9月あたま、青春18きっぷを使って行ってきた。

福島~山形の県境に位置する峠駅で下車して、駅前の茶屋で「峠の力餅」を食べる。この駅では停車時間に昔ながらの売り子が力餅を売る。

 

17090104 17090105 17090106そこから笠松旅館までは西へ8kmの峠越えだ。バイクで走れば10分ほどの道のりを2時間かけて歩いた。

空気は秋の気配。アキアカネが舞うなかを笠松へと向かった。

 

17090107 17090108 17090109実は今回は、パートナーさんが「笠松に行ってみたい」と言い出したので電車でGOすることになった。

だがこの宿は昔の湯治宿で、近代的な設備は無い。山の中の谷あいにあるのでテレビ・ラジオの電波は届かず、なぜかいまだにあるブラウン管テレビは貴重な砂の嵐を映し出す。

部屋を仕切る障子はネコのいたずらで切り裂かれて穴があき、夜になればそこから様々なムシが侵入してくるのだ。普通女性は尻込みするような宿なのだ。

 

17090110 17090111 17090112でもそれでも、山形の郷土料理が美味しかったり、夏でも涼しい気候に惹かれて通っているのだが。
こちらのお孫さんが3歳のときに初めて来たのだが今年で23歳になったらしい。すると僕は20年通ったことになる。

山菜をたっぷり使った晩御飯・・・・・・はいつも通りだったのだが、今回はそれに加えて米沢牛のすき焼きがついてきた!!!!珍しくひと夏に2度も行ったものだから宿の方が奮発してくださったようだ。
それにいつもお盆のときにもご飯はマツタケご飯を出してくださるのだけど、真夏にマツタケがあるはずはなく、昨年のマツタケを使ってるのだ。それが今回は「あれれ!?」新物だ!?茶碗蒸しにもマツタケが入ってる!?なんでも運よく今年の初物が届いた直後だったらしいのだ。

鉄道で6時間かけて行った甲斐があったかなあ?(笑)

|

« 立ちそば列伝(42の3)茅野駅/白樺と、(122)横川駅/おぎのや | トップページ | 磐城壽(いわきことぶき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立ちそば列伝(42の3)茅野駅/白樺と、(122)横川駅/おぎのや | トップページ | 磐城壽(いわきことぶき) »