« おづ | トップページ | 立ちそば列伝(46の2)小淵沢、丸政 »

2017/09/25

雨のち晴れ(赤岳)

170923011709230217092303雨に降られて餃子を食べただけで帰った前回の赤岳から約1ヶ月、再チャレで行者小屋テン場の朝5時(23日)、昨夕から降り始めた雨がまだ残っていた・・・・・。
ずるずる起きてずるずる準備して7時、ようやく雨がやむ気配もあってイザ出発!地蔵尾根にかかった。

ときおりガスが切れて風景も見えるようになり高度をあげてゆく。今回初挑戦のパートナーさんも、奥多摩では味わえない鎖場も慎重にこなした。おかげで意外にもコースタイム内で稜線にあがる。まだガスってた。

 

17092304 17092305 17092306ガスも悪くない。ルートは迷いようもない一本道だし。ときおり現われる山並みも美しい。

じきに山頂へ。画像は真っ白だけど、もうこのころは遠景も見え始めていた♪考えてみれば登ってるうちはガスってるほうが涼しくていいかもネ!

 

17092307 17092308 17092310テントに戻ろう~!中岳方面へ下山開始。こちらのルートは行きかう登山者も多い。だいぶ賑やかになってきた。

長い階段連続して、下から来る人とのすれ違いに時間をとられる文三郎尾根を避けて、中岳を越えたコルから下山。すっかり明るくなって紅葉の走りも楽しめた。

 

17092311 17092312 17092313テント場に戻ってみると、昨夜とは打って変わってたくさんのテントが!

僕らが撤収始めるとすぐに次の方がそばに来て場所があくのを待ってるという・・・・・。でもこの方他にもう立地のいい場所も無いなかで、1等地を確保!タイミングって肝心だねえ(笑)

撤収後も、装備見てテント泊とわかるたっくさんの登山者とすれ違い、「どこにテント立てるんだろう」と心配しながら登山口バス停に急いだのでした(笑)

|

« おづ | トップページ | 立ちそば列伝(46の2)小淵沢、丸政 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おづ | トップページ | 立ちそば列伝(46の2)小淵沢、丸政 »