« INDEX | トップページ | 片品ツーリングと、立ちそば列伝(110)駒寄PA下り »

2016/11/11

東天狗へ

161105011611050216110503オーレン小屋の朝食は5:30、ゆっくり用意して6:30に出発した。早い方はご来光目指して稜線に出ているはず。

のんびり樹林帯を歩き、開けた稜線に出た頃にはすっかり陽が昇っていた。
オーレン小屋から見る硫黄岳は白かったが、日当たりのよい根石岳~天狗岳は乾いている。

16110504 16110506 16110507それでも日陰にはほんの少し雪と氷が、そして霧氷の名残が残っていた!ラッキー♪

天狗岳は数年ぶり、前は正月登山に連続してきていたけど、行者小屋からの赤岳にチェンジしてから来てなかったのだ。こちらはこちらでイイ。

16110508 16110509 16110510この山頂では、久々につながり∞ふくしまの缶バッジを買っていただいたゾ!うれしい!これでまた頑張れる(笑)

この方は3泊4日で八ヶ岳全縦走をしてるそうで、さらに北に向かった。いいですなあ!僕は1泊2日の山行しかできないから・・・。さて、彼とは逆にもと来た道を南下する。山を振り返り振り返り。

16110513 16110514 16110515オーレン小屋の前に戻ってひと休みしていると、小屋の方がまたまた缶バッジの看板を見つけてくださって2個も買ってくださった。なんでもいわき出身の小屋番さんもいらっしゃるそうで、しかも小屋ではネパール震災へのチャリティ活動にも取り組まれていて、やはりこういうものに敏感なのでしょう。

いつも文化の日の頃を最後に小屋締めされていて、その直前の、林道に凍結なく稜線に雪ありの絶妙のタイミング。今回初めて来てみたけど、いろいろとよかった。楽しい小屋泊山行だった。

|

« INDEX | トップページ | 片品ツーリングと、立ちそば列伝(110)駒寄PA下り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« INDEX | トップページ | 片品ツーリングと、立ちそば列伝(110)駒寄PA下り »