« 夏の終わりの蔵内へ | トップページ | INDEX »

2016/10/13

食堂3連発

070809これもちょいと前のネタなのだけど、飯能は巾着田のヒガンバナを見に行く前、東村山の知り合いの店で昼食するつもりが叶わず、清瀬に流れたときのもの。

南口に降りて商店街を歩いていると目に入った食堂。なんかこのたたずまいがイイ!即入店した。昼の少し前のタイミング、意外と満席近く、なぜかホッとする(笑)

わりとカップル客もいて、飲み始めてるおじさんもいて、さらによく見回すと飲み物は出ているが、なにかを食べてる人がいない!?オープンしたばっかなのかな?・・・・・・・・・・もしかしたらこのまま誰にも食事は供されないままなのかと心配になったころ、料理が出始めた。

 

10 11 12僕のオーダーはその日の日替わり定食だったトンカツ定食とラーメンだ。

ラーメンにはチャーシューではなく茹で豚がたっぷり乗り、トンカツの衣が分厚い!いや、品質のことを言いたいのではなく、値段のわりにはボリューミーなとこが重要なのだ。

ほかのメニューを見回すと、「えだまめ200円(あたたかい)」のあたたかいが気になったり、スパゲッテイに「ミート・ナポリ・田舎」と選択肢があり、会計すると実は外税で、まあそれはいいんだけど端数が切り上げだったりするところがなんとも面白かった♪

壁にイノカシラゴロウさんの色紙があり、意外に若いカップルが多かったナゾも解けたのでありました。

 

13 14続いて、青物横丁の和光食堂。

ここは京浜急行からいつも見えていて気になってたところだ。今回、品川の陸運局に仕事で来たのを幸い行ってみたのだった。 店内意外とさっぱりキレイで、明るいお姉さまがたが立ち働いていた。壁のメニューは食いも飲みも多彩。だがここはランチメニューからチョイスする。

16_2 17 18オーダーしたのは580円の本日のランチ、カキフライだ。この値段でカキフライが食える!!!

さらに味噌汁を豚汁にチェンジして660円、ご飯大盛りにして710円とあいなった。

580円のカキフライは小ぶりの3個、ただ揚げたてで旨かった!豚汁も具がたっぷり入っていて旨い。大盛りご飯もなかなかのボリュームでオカズに対して多すぎるかと心配したが、おしんこが救ってくれた。ただしあとで喉が渇いたのはおしんこの塩気のせいだろう。

次回はカツカレーとか頼んでみたいな~。

 

19 20 21最後のネタは真鶴の駅前食堂「福浦食堂」だ。

真鶴は年末の竿納めにわりとよく来てたとこで、その都度ここで食べていたのだ。今回久しぶりの来店。

店内の雰囲気は変わらないが、メニューは前より小奇麗になってる?

 

22 23 24_2ここの第一はアジフライだ。揚げたてをザクザクと実に旨い!!!!!

ただいつもより鯵が小さい(薄い?)気がした。いつもは年末に来ているのが、今回は10月初旬だから、まだ鯵が太ってなかったのかも?

|

« 夏の終わりの蔵内へ | トップページ | INDEX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の終わりの蔵内へ | トップページ | INDEX »