« 台風9号水害、狭山市 | トップページ | INDEX »

2016/09/21

イタリア10年ぶり<1>、マンデッロへ

160909011609090216090904僕は飛行機が好きではありません。ガタガタブルブル震えることははないけれど、怖いです。なにかあったら地面から遠いし、個人の頑張りではリカバリーできない事態になるから(笑)。なので飛行機に乗るのはモトグッチのラドゥーノ(集会)に参加するときだけにしたいと思っているのです。

前置きはともかく、行ってきました、イタリアへ。まずミラノ・マルペンサ空港に降り立ち、ミラノのホテルに荷物をぶん投げて、ミラノ中央駅そばにあるリストランテへ~。
LA BAITA、以前ときどき来ていたこの店の扉をそっとあけ、「予約は持ってないのだけど・・・」と白髪のカメリエーレ(給仕さん)に話しかけると・・・・・思わぬ歓待!
あれ?この人もしかして?・・・・・そう、以前よくしてくれていたカメリエーレ氏だったのだ。う~ん10年経つとわからないな~。もっと道化っぽい印象だったけど、いまは風格ある紳士。名はマリオさん、名前聞いたのも初めてだ。初日からとても嬉しい再訪になった。

翌日はすぐに北上、電車でレッコへ。コモ湖は人の字のカタチをしていているのだけど、右足部分はレッコ湖と呼ばれる。だからモトグッチはコモ湖畔に・・・というのは実は小さな間違い。
少し寝坊をしたので乗り継ぎ悪く、レッコで1時間以上の待ちになったから湖畔に降りてみた。駅に荷物預かり所もなくバッグをガラガラ引いて歩いてると、あ!?船着場だ。

 

16090905 16090906 16090907そういえば湖岸をたどる遊覧船がマンデッロにも行くはず!!!
短い行列ができてるビリエッティリア・切符売り場に行ってみるとちょうど便がある。よっしゃ乗ってみよう~♪

生意気にもバイクで何度か走ったことがある湖岸の風景を、今回は船から眺める。たまらんな~。風が冷たいのに薄着のおばあちゃん(非イタリア人の観光客)も舳先のベンチに座りたがる。わかるよ、この眺めだもの。
30分ほどの船旅のあと、マンデッロの船着場に到着~。湖岸ではすでにお祭りが始まっていた。

 
 
16090908 16090909 16090910実は数年前からマンデッロ在住の友人ができていて、彼の奥様は日本人で、ちょうどこの頃彼らは僕らと入れ違いに日本に来ていたので、彼らの家に泊まらせてもらったのだ。なんたる贅沢だ。
 
先着していたV65を箱から出して、まずは点火系のチェック(前回カリフォルニアのポイントが錆びて火花が飛ばなかったので)。状態良好、そしてガソリンを入れて無事始動!!!なにしろこのモトを組み上げてイタリアに発送するまでタイトだったので、店のまわりを15分くらいしか走れなかったのだが、まあ丁寧にやったので間違いはないはずとは思いつつ、やはりちょびっと心配だったのだ。時に15時、明日から街はモトグッチでごったがえして道路も混むだろうから、今日のうちにちょっと走りに行こう!
 
少し北のヴァレンナからフェリーに乗って対岸の高級リゾート地ベッラージオ(スターウォーズのロケ地にもなった、イタリア人も知らなかったコア情報)に渡って、そこから峠道をギザッロ峠へ。
今回同行したパートナーは初めてのイタリア旅行だというに、ミラノに着いたとたん翌朝にはミラノのドゥオーモ(街の最大の象徴的教会)すら見ることなく、いきなり山奥に連れてこられてモトに乗せられ寒い山の上に・・・・・いと哀れ。
 
 
16090911 16090912 16090914ギザッロ峠にある聖母礼拝堂は自転車乗りの聖地でもある。フェリーでいっしょだったサイクリスト達がほどなく登ってきたのには脱帽した。
 
素晴らしい眺めを堪能したあと再びフェリー乗り場に戻る・・・・・・が、途中ヘアピンを曲がりきれなかったバスが座礁していた(笑)
15年前にカリフォルニアでギザッロに来たときもバスとトラックが狭い道ですれ違えなくて15分くらい待たされたぞ! いつもこんななのか!?
 
キレイな湖畔の夕景を見ながらマンデッロに戻る。夕食のあとにリド(湖岸)に行ってみると、公園では前夜祭が開かれロックコンサートなど始まって盛り上がっていた。ここのイベントのいいのは、早くも狂い始めたグッチスティ(モトグッチ乗り)達と、地元住民がいっしょに楽しんでいることだ。期間中は朝から晩までさぞうるさいだろうに。でもそもそも90年以上前からモトの街だったんだからね、そりゃあ免疫もあるのだろう。
  
以下はマンデッロ到着当日走ったルートの一部。ほんのちょっぴりイタリアツーリングの匂いをかいでみてください~
動画:フェリーを降りてからヴァレンナ中心部へ。
 
続く

|

« 台風9号水害、狭山市 | トップページ | INDEX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風9号水害、狭山市 | トップページ | INDEX »