« イタリア10年ぶり<2>、モトグッチ95周年 | トップページ | イタリア10年ぶり<4>、さよならマンデッロ »

2016/09/25

イタリア10年ぶり<3>、肉を食いに行くプチツーリング

160912011609120216091203モトグッチ95周年イベントが終わった翌朝、まだモトグッチ達がいくらか居残っていたものの、街は日常を取り戻し始めていた。
毎夜ロックコンサートが開かれテントが敷き詰められていた湖岸の公園にはメルカート(市)がたっている。火曜日まで4泊5日のマンデッロ滞在というゼイタクな日程の僕らはメルカートで晩飯の肉を買い、チーズやサラミのあまりの安さに仰天。全てを過度に買い込んだ(笑)

ただし昼ごはんは日本から持っていった予定がある。モトグッチ社の背後にそびえるグリーニャ山の向こう、ヴァルサッシーナ、サッシーナ谷と言えばいいのだろうか?ここにある山小屋食堂(みたいなとこ)を目指す。

以下はレッコの街を抜けてスーパーストラーダSS36を走り、モトグッチのV11シリーズの1車種の名にもなったバッラービオあたり。
動画:V65で走るレッコ~バッラービオ~バッリージオ

 

16091204 16091205 16091206マンデッロから40分、到着したのはALVAというお店だ。
生ハム・サラミ・チーズなど作り、この地方ヴァルテッリーナ特有のパスタなども売っている。飾られた剥製といい肉といい、なにからなにまで山臭い(笑)

 

16091207 16091208 16091209オーダーしたのはパニーノ・ピウマ・インペラトーレ、イベリコ豚のパニーニだ。イベリコ豚を薪オーブンで焼いて出してくれる。

ネーミングのインペラトーレは、この豚をローマ皇帝も好んだというからそこから来たのだろうか?ピウマというのはなにかと思って調べたら羽毛のことだそうな。たしかにこの肉は軽かった。
分厚くて大きい肉だったが、まさに軽いと言っていい。とても旨くて重くない。デカくてもあっさり食べられてしまうのだ!

16091210 16091211 16091212この店の若主人ラファエッレさん、日本人がモトグッチでやってきて、来るなり店の自慢の品を注文したので気に入ってもらったのか、サラミやチーズの熟成庫を見せてくれた。最後にワイン倉へ連れてってくれたのだが、中身はほぼ空っぽ・・・・・・・・先祖が全部飲んじまったさ~!ハハハハ!だって(笑)

とても明るいラファエッレさん、でっかいサラミを土産にくれて「これからどこ行くの?」と聞く。「う~んマンデッロに戻るのだけど・・・・」「じゃあエジーノ・ラーリオに行くべきだ!!!!」と力説するので、さらに北上、行ってみる事にしたのだった。

以下、ALVAを出て62号線を北上、プリマルーナあたりで追いついたクルマがけっこう速い!!思わず使用回転域が高くなる。
動画:62号、プリマルーナあたり

 

16091213 16091214 1609121562号線から65号線へ左折、しばらく行くと小さな村に小さな教会が美しい。
そして細い峠道、この岩山をどうやって乗り越えるのだろうと思っていたら岩稜直下で道は山を回りこむ・・・・・・。

そして眼下に湖水の展望が開ける。

まだ続く

|

« イタリア10年ぶり<2>、モトグッチ95周年 | トップページ | イタリア10年ぶり<4>、さよならマンデッロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア10年ぶり<2>、モトグッチ95周年 | トップページ | イタリア10年ぶり<4>、さよならマンデッロ »