« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015/10/30

常総市で水害復旧ボラ

1510300115103006今日は常総へ、水海道にある関東東北豪雨災害のボランティアセンターへ向かった。

・・・・・・・のだが、朝カリフォルニアを引っ張り出すと妙に重い。チェックしたら、ななんとでかいビスを拾ってしまってパンクしてたのだ。ガガーン!

しかし、前回走ったときはパンク症状を感じていない。てことはスローパンクだなと見込んで、近くのスタンドまで行って空気を入れた。(ちなみに給油は控えめにした・・・・だって道中何回スタンドに寄らなきゃならないかわからんからね)

空気を入れて、ツバでチェックしてみる。じ~~~~~~~~~っと見てるとプクッと小さな気泡がひとつ。案の定スロー(笑)これなら行ける!!ビスが抜けないかぎり大幅に減ることは無し(自己暗示か?)

ボラセンには遅刻して到着。先着のバイクは多摩と練馬だった。空気は0.5減っていた。

 

15103002 15103004作業にうかがった先は、81歳と79歳のご夫婦のお宅だった。室内ではふすまの引き戸の高さまで浸水(画像はご主人の許可のうえ撮影)。行政の指示は無く、2階があるからと安心していたけど、親戚の「逃げて来い!」という矢の催促で重い腰をあげたそうだ。おかげでヘリに宙吊り救助されずに済んで、クルマを救うこともできた。災害のときは指示待ちだけではいかんですね。

ご主人に、「死んだ親父と同い年ですよ」と言ったらずっとそばにいらして話をしてくださった。ちょっと作業しづらかったけど(笑)でもいろいろ話したかったんだろう。

作業終了後、タイヤチェック!まだ空気圧は2キロある!これなら帰れる(笑)
帰り道、いつものように野菜直売所へ。下妻・つくばみらい・坂東・常総と、周辺から集まった野菜たちにホクホク・・・・・・・が、このお店・・・・・・「浸水被害を受け営業継続困難」とのことで10月末日で閉店するらしいのだ。明日で終わりか~~~~~。残念だな。なんか悔しいな。

復旧の槌音が聞こえつつも、災害は確実に生活や人生設計に深い爪あとを残してしまう。

PS、その後カリフォルニアは無事に帰投。会社で修理するときにまたスタンドで空気入れて・・・・・会社までは行けるでしょ?きっと。

| | コメント (0)

2015/10/29

INDEX

Massi14 オートバイ整備士で、13km離れた会社まで降雪時以外は通年チャリ通勤し、夜の吉祥寺に出没し、山に登ったり、たまにボランティアやチャリティなどもし、最近投げキス釣りにご無沙汰のmassiです

  
0h01 吉祥寺ハモニカ横丁朝市&夜市にチャリティはま屋を出店中!
次回朝市は11月15日です!
山形屋さんの新商品をそろえてお待ちしてます、ぜひお越しを~!

次回夜市は参加未定です
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mercato.html
石巻山形屋さんの醤油・味噌など、本吉の蔵内之芽組のこいわかめ、南相馬の障がい者施設の皆さんが作るあれこれ、南三陸千葉のり店さんの海苔、三陸南部の小泉地区を応援するチャリティグッズなど置いてます
 
0h02 宮城県旧本吉郡にある蔵内漁港のわかめ漁師さん方が、これぞという信念をもって育てる沖育ちの塩蔵わかめを無償で紹介してます
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2015.html
 ↑2015年のこいわかめの販売もしてます!近隣の方には1袋から配達もいたします。ご遠慮なくお問い合わせを!      
 
0h03 東電福島第一原発周辺の障がい者施設が共同で立ち上げた南相馬ファクトリーさんと、施設のうちのひとつえんどう豆さんを勝手ながら個人的に応援しています
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html
つながり∞ふくしま缶バッジを売り歩き、朝市にも各製品を置いてます
 
0h05_2 ラーメン屋なのに年間のビール消費量が半端でない中華そばみたかのあれこれを紹介しています
ただそれだけなんです♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mitaka.html
 
 
上記webページ以外の記事へは↓↓この次から↓↓

|

2015/10/25

ほしいいパエリア

151023011510230215102303金曜は日の出山に行ってきた。最近ゆるい山行ばかりだけど、今回は山登り以外に最終目標があるので仕方がない。

さて、登りはじめは養沢から。夜半~早朝に雨が降ったらしい。あたりが濡れている。

じわじわ登ってゆく途中、むかごを見つけたり、センブリを見つけたり(センブリは帰ってから図鑑で確認、知っていればかじったのに!)

15102304 15102305 151023062時間弱で日の出山頂。雲がかかって肌寒い。さっそく調理にかかろう~♪

今回はパエリアだ!
ほしいい1.5合に水とS&Bのパエリアの素を入れ・・・・・・具のほうは前夜炒めておいた、ちょっとぜいたくな内容(笑)

ほしいい(糒、日本古来のアルファ米)があれば短い時間でパラッとパエリアが作れる♪ほしいいを作るなら寒くて乾燥するこれからがいい!知り合いの会津農家さんから26年米をお安く仕入れたので、この冬また在庫を増やすつもりだ。

15102307 15102308 15102309ゆったり食事のあと下山。まだ期待はしていなかったのだが紅葉も少し始まっていた。

降りでもむかごを収穫。サルナシも見つけた。

最後は沢井に降りて・・・・・・
(これが最終目的、笑)
翌日(24日)が蔵開きなので買えるかどうかわからなかった新酒「しぼりたて一番汲み」を無事ゲットして帰った♪

| | コメント (0)

2015/10/19

夜叉神峠

1510160115101602_31510160316日金曜日、北岳に積雪と聞いて、見に行くことに(登りにじゃなくて見に・・・笑)
午後から雨模様ということで夜叉神峠に往復するだけのコースを選んだ。

黄葉のカラマツを縫って、登山口からわずか1時間の登りで夜叉神峠に着いた。ギリギリ、雲を被った北岳が見えていた。

 

15101604 15101605 15101606ここで早くも昼食だ。
今季初の鍋焼きうどん。今回は餅入りという贅沢。

餅はこんがり焼きたいわけで、遠赤効果のあるという網を使うのだが、アルコールバーナーでは炎がメラメラと高すぎるようで網を通り越し、餅をすっかり焦がしてしまった。

 

15101607 15101608 15101609食事をしているうちに、すっかりガスに包まれてしまった。帰り道もときおりパラパラと雨音が聞こえる。

ただしまだ森を透過して落ちてこないレベルの小雨。鹿の長い鳴き声を遠くに聞きながら下山した。まだ秋の入り口、これから楽しみだ。

| | コメント (0)

2015/10/17

通勤スペシャル、ピスト号復活

010203しばらく寝かせていた通勤スペシャル、VIVALO(溶接不良が発覚していまは認定を取り消されている)のフレームを使ったピストを整備した。
 
ピストレーサーさんから提供されたハンガーを交換。音鳴りに悩んでいたのところ、くださった・・・・・・・・のはもう数年以上前・・・・・すみません。
 
全容、なかなか精悍なフォルムだ!
だが、精悍でないのがギア。いま47X19で全然かっこよくない(笑)じきに小ギアを再び小さくしたいな。小さくたって、18かな?orz
 
 

04 05 06今回ハンガーのほかにいくつか整備した。

まずリアブレーキのフレーム。以前は自作のステーを使っていたのだけど、こんなのを見つけたのでつけてみた。良好。
 
そしてバーテープの巻き直し。レバー部のラバーはもう付けるのをやめて、その代わりの緩衝材としてバーテープの下にオートバイのグリップラバーをカットして埋め込んでみた。
・・・結果、まあまあ、ちょっとゴツゴツしてるのがいまいち。もっと薄い発泡材でもよかったかな?要改善。
 
トップチューブには、イタリアをカリフォルニアで走ったときに買ってきた、コモ湖畔の峠上にある自転車の聖地「ギザッロ峠のマドンナ」のお守りが光る。安全第一。
しかし久々に乗ったら尻が痛いなあ・・・・・。お~、マドンナ!お尻も守って欲しい~

| | コメント (3)

2015/10/14

僕は連休ではなかったが都心うろうろ

151009_10151009_11151009_12この週末は都心をうろうろ。タイミングあって、せっかくだからと歌舞伎座裏の歌舞伎そばをまずいただく。

オープンの11時に着いたのですぐに入れた。いつものかきもりを大盛りで・・・美味しかった。でもここでなかなか他のメニューを注文できないんだよなあ。

まだ昼前だ、表に回って喫茶「YOU」へ。
ここはオムライスの有名店で、以前お客さんに連れてきてもらった記憶があるのだけど店構えが違う、移転したようだ。

やや満腹なのでブレンドをオーダーするも、ピーナッツがついてきて逆兵糧責め(笑)
「こちらのクリームをどうぞ」と生クリームを出されたので、いつも入れない派なのに入れてみたら・・・美味しい。

「なんでコーヒーにミルクとか入れるんじゃ?」と思うクチだったのだが、単にちゃんとした美味しいものを知らなかっただけだったようだ(反省)

その後国立公文書館へ。

151009_13 151009_14 151009_15

特別展「災害に学ぶ」というのをやっているのを地下鉄で見つけたのだ。
 
「おお・・・」写真やイラストまで、古くから細かに報告されてるじゃん!昭和三陸地震の津波災害の写真もあるし、関東大震災のおり火がまわった分析も図面で残されていたり。こうした記録を「いずれくるもの」としっかりした記憶に結び付けないとな。でもそこが難しいんだろうな。
  
結びつけたうえにいまの時代に置き換える想像力も必要だ・・・などと思いつつ順路を進んでいくと「日本国憲法公布原本」まで見てしまった!
ホンモノの御名御璽を拝見。
これを古臭いただの紙切れにしようとしてるいまの世。本気でやるなら手順踏んで民に問えばいい。理あるならできるでしょう?
 
しまいに、恵比寿の鯨祭に参加している「魚BAR一歩」へ。
このイベントのパンフには英語や中国語やアラビア語も書かれていて、どうやら鯨好きな日本人で楽しもうってわけじゃなくて世界の人々にアッピールしようという主旨があるようだ。
どうかな~?外人サンも食べる人は食べるのだろうけど、意識改革まで結びつけるまでいくだろうか。
 
とりあえずこちらの鯨ユッケは旨かった!
お酒もいいものをそろえていて美味しゅうございました!(岸さん亡くなってしまいましたね・・・)

| | コメント (0)

2015/10/13

ああ哀愁の壬生パーキングエリアwww

151011_135408151011_132829日曜は宇都宮に出張があり、帰りに昼飯を探して壬生(みぶ)パーキングエリアに寄ってみると、高速道路外からも入れるスポットになっていて大変賑わっている。

「かんぴょう入りかき揚げそば」やら「壬生とん」なる豚丼やらご当地ものがあったので合わせてオーダーした。

まずかき揚げそばが出てきて、大きなかき揚げにかんぴょう食感への期待が膨らむ・・・・・・・しかしなかなか壬生とんが出てこない。
 
じきに「食券ナンバーXXのみらいとんのお客様~」とアナウンスが。
「ん?あれ?ぼくか?」
「・・・みらいとんのお客様~」
 
ぬぬぬ?壬生とん=「みぶとん」じゃないの?とよく見ると、「壬来とん」と書いてあるのだった・・・
 
ご、ご、ご当地ぶたじゃないの!?
よく見ると「また来てね!」の来の字らしい・・・
勝手に思い込んでたんだけどね。
へにょ~~~ん(笑)
 
あ、味は美味しかったんだけどね♪

| | コメント (0)

2015/10/09

立ちそば列伝(60の3)三鷹/店名不明

151007_083738151007_083851とある平日の午前いっぱい武蔵境に用事があったので「よし昼めしはみたかだな!」と、チャリを三鷹駅に置いたついでに立ちそばした(前置き長い、笑)

パッと入ると「あれれ?」
以前は白い割烹着の男性がやってたのに、日本語と中国語(?)をあやつる女性2人が厨房にいた。
そういえばメニューもなんかポップ(笑)になってるぞ!ローマ字表記までしてあるぞ!・・・・・「kareyraisu」ってなんだか微妙だけど。

ちょっと不安に思いながらオーダーしたかけそばは以前と変わりない(ホッ)日本語おぼつかない感じの若い方の女性が「さんじゅっえんおかえしですう」と、両手でお釣りを渡してくれた風情がなんとも初々しくてよかった(笑)

まあ前と変わりないからいいか。こだわりの(?)きしめんも健在だし・・・・・・と思ったら、家に帰って過去ログをチェックしてみたら全メニュー30円値上がりしたようだ。それでもかけそば270円だからいいけどね~。僕は毎日食べるわけでもないし~。

スタッフが完全に入れ替わったのかどうかは不明。知り合いが三鷹ハモニカに飲みに行く前によく使うようだから一度聞いてみよう♪

| | コメント (0)

2015/10/07

立ちそば列伝(101)関西にて/和歌山駅&難波

151003011510030215100303先日の和歌山行きにて、ホームに降り立つといきなり目に飛び込んできたのは立ちそば屋に書かれた「かやくうどん」というメニューだった!!!かやくご飯なら知ってるけど!?・・・・でもいまは行かねばならぬ、と駅を後にしたのだった。

そして法事を済ませたのち、駅に戻るタクシーで「かやくうどんて何ですか?」とチラッと聞いてみたのだ。「あれかな~、もつが入ったうどんやないかな~」というお答えに、「それはぜひ喰わねば!」と決意を新たにするのであった。

駅に着いたのは16時前だったか、さっそく行ってみると「れれれ?かやくうどんが無いっ!」・・・不思議に思ってよく見ると、なんとホームが違うのだ。昼に見た店はすでに閉まっていた(早っ!!)

こちらのお店で「かやくうどんあります?」と尋ねるも無いという。で、かけそばをオーダー、ひと仕事終えたあとなので缶ビールもオーダー。そして・・・・・意気消沈のかけそばは、やや透き通ったつゆにぶにゃぶにゃのそばが泳いでいた。器もぶにゃぶにゃだった。うぬぬ。

15100304 15100305 15100306なんだか納得いかない。あの未知のうどんを食いたい!てことで大阪の知り合いにタクシー移動中「もつが入ったかやくうどんて知ってますか?」と尋ねたら、横で聞いてたタクシーの運転手さんが「かすうどんでしょう?スジ肉煮込んだのが入ってますわ」という。なんかタクシー情報が微妙にズレてゆく(笑)でも大阪にもあるなら出会えるかも(^o^)

翌日、なんばに行こうと梅田から地下鉄に乗った。地下鉄を降りると「南海電鉄」という文字が見える。「そうか!私鉄の駅に行ったらまた別の立ちしば屋があるかも♪」と行ってみると、なんと駅構内に「南海そば」というのがあった。改札内か・・・・・・・・・入場券を買った(笑)

でも「かやくうどん」も「かすうどん」もここにも無かった。東京では見ない「きざみそば」と「昆布うどん」をオーダー。・・・って、昆布うどんにもきざみ入ってるじゃ~ん(泣) 両方ともつゆは同じで、思ったより茶色い。そばは和歌山駅よりマシになったが、うどんは思ったより美味しくない、というと聞こえが悪いか・・・・普通でした。

で、膨らんだお腹をさすりつつ駅を出てテクテク歩き始める。すると、レトロな感じの立ちそば屋(ほんとはうどん屋と言わなきゃならないのかな?)が目に付いた。「うーむ、こっちで食べればよかったにゃ」と眺めていたら

15100307 15100308 15100309がーん!!!
「油かすうどん」て書いてある!!!

ぐぐぐ・・・・喰うしかない(笑)

すうどん180円というのも驚きだが、その店で350円の油かすうどんとはどんな高級メニューなんだろう?かやくうどん、かすうどん、もつ、すじ肉、錯綜するタクシー情報・・・・・・まだ一個も合致していない(笑)。果たして僕が出会いたいそのブツが出てくるのだろうか!?

店内は意外に広く、おばちゃんたちが忙しく立ち働いていた。そしてついに出てきた。
天かすがびっしり、「ん?たぬき?」、いや、天かすの下からナンコツが出てきた~!これがもつ情報のみなもとだったのか!?

う、旨いっ!天かすから出た油がちょっとキツめだけど、見た目より旨い。つゆが透き通ってるのも関西ぽくっていい(笑)、うどんも味がなじんで美味しいね。関西=うどん文化という図式が僕のなかで壊れそうだったが良かった!!!(てか、立ちそばで計られたらかなわんと言われそうだね、笑)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ちなみに、ゆうべ富士そばでもりそば食べたら、最初醤油が鼻についたのだ!「うっ!」と思うくらいに。関西の人が言うのがちょっとわかった気がする。

| | コメント (0)

2015/10/05

和歌山~大阪へ

151002011510020215100203叔父の法事で和歌山へ。母方のお寺があるのだが、実際に母たち姉妹は和歌山に故郷感覚は無いらしい。僕も母たち3姉妹が岩手にいたので、自分のルーツの一部は東北にあり!!と思ってはいたのだが・・・・・。
   
母たちはもう歳で動きがとれないので、身軽な僕がもろもろ代表して出かけて行ったのだ。生まれて初めての和歌山である。お城を見ないで帰るわけにはいかない!独特の連立天主を見て、満足して駅に戻った。
  
今回の旅、とくに誰かにお土産を買おうとは思っていなかった。和歌山土産もみかんか梅干ししか思い付かなかったし(和歌山の方ごめんなさい)・・・。したら駅の売店で見つけてしまったのがなんとうつぼ(笑)、うむむむむ、うつぼの揚げ煮かあ・・・・・僕はあんまし食べたいと思わないけど、うつぼを知らない人なら平気で食うんじゃないかな?(笑) 

  

15100204

15100205

15100206ホテルは大阪、国体の影響で和歌山ではホテルがとれなかったのだ。でもおかげで知り合いに串カツ食べに連れてってもらった。
 
人生初の串カツは天六(天神橋筋6丁目のことらしい)にある七福神。有名店で、最近キレイな店を作ったらしいが、元からあるキタナイ(←古いという意味よ)店のほうへ!!まずはどて煮だ!美味しい〜!
 
うわさのソース二度づけ禁止も体験(笑)
でもソースを観察すると油が浮いてないんだよね!?油がしっかりきれてるんだろう。じっさいここの串カツ、いくら食べても油がキツクない。くちびるギトギトってことにもならなかった(^-^)v

 

さて、まだ関西ならではなグルメネタがあるのだが、それは後日・・・・・ 

| | コメント (2)

2015/10/04

立ちそば列伝100を終えて・・・

A17立ちそば列伝なんて銘打って書いてきたけど・・・・・・・

読んでみていただければわかるのだが、よくあるグルメレポートのようにそれぞれの店について詳細に調査をしたりしていないし、そもそもそばや外食について深い造詣があるわけでもなく、ただただ自分と立ちそばとの出会いと簡単な感想を連ねてきただけにすぎない(汗)

それも100回を越えそうになって、それを機に総括(笑)すべきなのかな?なんて思いつつも、筆は進まず100回越えしてから早2ヶ月経ってしまった。ネタも貯まる一方なので、ちょっと心境の変化みたいなことを書いてみようかな。

 

A04 A05そもそも立ちそばの最初は30数年前の高校生のとき。高田馬場駅ちょい西にあった「白鳥」と、目黒駅の向かいにある「田舎」あたりから始まったのではなかろうか?

都心の私立高校に通っていたので各路線に友達がいて、「いいとこがあるゾ!」と聞けば新橋や田町の立ちそばに神保町の立ちそば(あとで思えば「利根」だった)などに行った。ちなみにこのころ三田の二郎にも行ったな。

牛丼もメジャーになってきていたが(このころ養老の瀧も牛丼やってた)、腹減らしの僕らにとって手軽に小腹を満たせる身近なスナック食だったわけだ。

 

A01 A08 A11その後、生活圏が多摩地区中心になり、オートバイに乗り始めて公共交通機関に乗ることもめっきり減って月日がずーっと過ぎたのだが、あるころからイタリア映画を頻繁に観に出かけるようになって、立ちそばが再び身近になった。

ふと気づくとスポーツ新聞に立ちそば店が紹介されていたり、立ちそばフリークのための本が出版されていたり、大きく環境が変わっていたのだ。(ちなみにまだ誰でもがネットをやったりしていないし、もちろん食べログなんか無かった)
そうした情報によれば「生そばを茹でて出すこだわりの立ちそば店」があるという、蕎麦粉含有率も高かったり、つゆも昔の真っ黒なしょっぱいものではない。情報を拾ってはせっせと出かけていく。映画を観ようと思ったらその近くにどんな立ちそば店があるかターゲットを絞って行ったり、ワクワクしながら出かけた。

 

A13
A12
A15そうしてる間に・・・・・ふと気がつくと、「安くて質が良い」がデフォになりつつあった。大手に準大手、新しい店が増え、どこも生そば茹で立て、もりそばにはそば湯が供される。いい時代なんだろうね。

ちょうどこの間、デフレも進んだのとリンクしてたのかな?内容が良くなってゆくのに価格は下がった気がする。茹で立て生そばのもりが230円とか。そしていつのまにかかけともりの値段も同じになったね。いいものを安く提供する方法が確立したんだろう。「あそこ美味しい」と言われていた個人店が姿を消したりもしてたが、価格競争の末だったのだろうか?

目を高速道路に向けると、冷凍麺が使われて食感が良くなった。つゆもきっと研究の成果だろう、すごく美味しい・・・・・・・しかしどこで食べても一緒になってしまった。鉄道では、JRの駅前再開発が進んだせいか駅中&駅前のかつての立ちそばは消えて、独占企業のごとき会社の経営店ばかり目に付くようになった。店の名前は変えてあっても内容は同じだったりする。(ちなみに立ちそば店ばかりで無く、日本中の駅前が同じ姿になりそうで怖い)

 

A03 A04_2 A07こうなってくると、人間って本当に自分勝手なもので、一時期は「立ちそばで生そばなんてスゴ~イ!」と礼賛してたのに、いまはかつてのダメダメな立ちそばが懐かしくて仕方がない。

工場から送られてきた茹で済み麺を湯に通して、黒っぽいつゆにざぶんと入れる・・・・アノ立ちそばだ。何年か前にふと思い立って高田馬場の「白鳥」に行ってみたら無くなっていたのは寂しかった。竹の柄杓でどんぶりにつゆを注いでた・・・・・。

いやでも、もちろんまだまだそんなお店はいっぱいある。そして感心なことに昔風なダメっぽさは残すが、つゆが化調でベタベタした感じでもなくなり、醤油が濃すぎてのどがヒリヒリ渇くようなことはそれらの店でももう無いようだ。
ちなみに僕自身の好みは黒っぽい太めのそばなのだが、地元中央線の沿線に昔ながらな店構えの個人経営(?)で太めの茹で済みそばを出す店が偶然にも多い。中野「かさい」、高円寺「桂」、三鷹「不明、笑」がそうだ。これらの店、いつまで頑張ってくれるだろう?

 

A10 A14 A01_2まあいろいろ書いたが、今後もさほどのこだわりも無く、行き当たりばったりに立ちそば行脚を続けるのだろう。それも用事のついでだったり、もっともっと熱心に書いてる方々のレベルでも無いし、これからもお店の成り立ちやこだわりを深く掘り下げたりすることもなく(笑)
 
個性的なお店はいっぱいあるだろうし、JRにしたって地方に行けば郷愁を満たしてくれるようなお店がまだあった。ところで、僕はチェーン店を目の敵にしてるような書きっぷりだけど、吉祥寺の富士そばには高確率でお世話になっている。

そうそう最後に
近年、立ちそばとはいってもイスがあるなんて当たり前だし、券売機があったり無かったり、セルフだったり店員さんが持ってきてくれたり・・・・・。ひとつには「スナックそば的」なものかな?と思い始めていたが、いい酒があったりJAZZが流れていたり、本当に判断に迷う中途半端な価格の店も多いのだ。

そんななか思いついた立ちそば店の定義が、「先払い」と「天ぷらと言えばかきあげのこと」の二つなのだが、列伝99の「船食」をテレビで見たときはタレントが「エビ天そば」を食べてたのでビビッた。確かめに行ったら「えび天」は「えび天」で、ちゃんとかきあげが載る「天ぷらそば」があったので、僕の定義が守られたとホッとしたのだった(笑)

長くなりました。列伝は今後もゆるく続きます・・・・・

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »