« 赤岳から県界尾根を | トップページ | 台風災害 »

2015/09/15

150913_170501僕は蚊が出てもむやみに殺虫剤をまいたりしません。まいても殺せず、蚊はいつも暗いほうへ逃げてゆくので見失います。だから自分に蚊が停まるのを待ちます。明るい床の上で待つと見えやすいです。蚊を見失ったらゆっくり180度振り返ったりすると後ろにいたり後頭部あたりにいたりします。ヤツら賢いです。
 
で、カラダのどこかに停まったら・・・・・力まずに画像のような形状のものをかぶせます。画像はスプレー缶のフタですが、透明なので中身が見えて好都合です。
この手のカップ形状のものをスッとかぶせると、蚊はあっけなく中に入りますよ。どうやらヤツらは察知して逃げるというより風圧で自然と、叩く手の下から押し出されるのではないでしょうか?この方法での捕獲率が高いのがそれを証明しています。

|

« 赤岳から県界尾根を | トップページ | 台風災害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤岳から県界尾根を | トップページ | 台風災害 »