« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015/08/31

横浜変わったね~(久しぶり過ぎ)

001横浜のブリリア・ショートショートシアターというとこに行ってきたのだけど、ショートムービー専門のシアターがあるなんて知らなかった~。

 
横浜市のイベントにあわせてダンスをモチーフにしたショートムービーを5本やっていたが、ひときわ光っていたのは「最後のお迎え」のキレ!
 
そして・・・最後のアイルランドの映画は「マサラってなんだ?」と思ったら・・・えっ!?えっ!?これってかつて日本も席捲したあの・・・以下略(間に合ったら観に行ってみてください、笑)
 
 
002 003
映画後、ハモニカ立ち飲み常連のW氏がお勧めする中華街「山東」へ。セロリ入り水餃子が旨かった!山椒が効いたたっぷりのタレにたじろいだ。ほかのメニューもよかった。空芯菜を炒めただけの料理もニンニクが効いてて旨かった!!(炒めただけってのは失礼ですね・・・そこがワザなのだから)
 
〆にXX年ぶりにウィンドジャマーへ・・・
ジャズバンドが入る店。大学生のころわりと来たりしたが、まあ背伸びしてたね!下心もたっぷりでね(笑)
 
その昔は気圧されるほど外人さんがいっぱいいて、横須賀の米兵なんかが多かったのかな?でもこの日はまったくいなかった。米軍の事件が続いて外出禁止が響いてるのだろうか?
 
中華街のそばから「清瀬行」の電車があるのも衝撃だった・・・いや、あるのは知ってたけど、現物見るとやっぱ衝撃(笑)

| | コメント (0)

2015/08/26

夏ハゼちゃん

150821011508210215082103ひさびさの釣りネタ

月島川にハゼ狙いで行ってきた。最近釣況にもまったく疎いので、どうかな?と思いつつ、夏ハゼならまあどうにかなるだろうと、青イソを懐に・・・・・

結果は初心者を一人連れて行ってトータル下げ止まり前後2時間ほどで50尾。まあまあでしょう~。

0.5号中通しオモリだけつけたシンプルな脈釣り仕掛けで、ハゼちゃんのダイレクトなプルプルを堪能! 針は秋田キス5号で、たまに5cmほどの極小ハゼちゃんもかかった。

獲物はめでたく南蛮漬けに変身して、気仙沼で買ってきた蒼天伝とともにいただく。う~ん、やめられまへんなあ、笑

| | コメント (0)

2015/08/17

夏合宿から気仙沼へ

150813011508130215081303スコ研合宿後、福島飯坂ICでほかのメンバーと別れて東北道をさらに北上した。目的地は気仙沼大島だ。

その途中、「一関駅に立ちそば屋ありましたよ~」と情報が寄せられ、急遽立ち寄ることにした。まだビルになっていない低い駅舎に広い待合室、その奥に立ちそば屋・・・・・・・とてもステキな光景だった(笑)いずれ紹介します。
そしてロータリーにはこれまた気になる食堂があった。またこの駅前に来ることはあるだろうか?来たら必ず入ってみたい。

 

15081304 15081305 15081306気仙沼では仲間が応援していた「すがとよ酒店」さんに念願かなって初訪問。おかみさんにいろいろうかがうことができた。

菅原文子さん、津波で帰らなかったご主人にあてた手紙で恋文大賞に輝いた方だ。(実はこののち、劇的なタイミングでご主人は帰ってこられたのだ)
共通の知り合いの話などひとしきり、「大島楽しんできてね」と送りだされた。

気仙沼大島ではボラ仲間があちこち案内してくれた。僕ははまセンで活動に入った小泉やワカメ漁師さんの蔵内のことを、わかりやすいので「気仙沼」と言っているが、実際に気仙沼市なのだけど、実は決行距離があるし感覚的にも異なる地域と言っていい。だから知り合いの多くは僕が「気仙沼」によく行ってると思ってるだろうが、震災後ほとんど気仙沼中心部には行っていない。

気仙沼大島はフェリーで30分で着く大きな島。震災時は津波と火災で大きな被害を受けた。はまセン解散後に仲間が定期的に作業に入ったが、その日程は土日月(祝)の3連休ばかりだったので僕は一度も参加できなかった。今回はその仲間たちの縁で呼ばれて来たのだった。

 

15081307 15081308 15081309うかがったのはフェリー港からすぐの国宮丸さん。明るいご夫婦が迎えてくださった。

ホタテやほやや肉を焼いて、もちろん酒飲んで、目の前にあがる花火を見て・・・・・・・・僕は大変なころの作業に一切参加していないのに、まさにイイとこ取り、なんだか申し訳なかった。 

 
 

15081310 15081311 15081312作業場にみんなで雑魚寝して、翌朝帰路につく。帰りのフェリーでは船員さんが「すまないけどココに入ります?」「大丈夫ですよ」とスッとおさめて感心される(まあ商売柄当然、笑)

大島を離れてゆくフェリーは国宮丸作業場の前を通る。そこで旗振る仲間たちがよく見えるのだった。こうしてみんな大島リピーターになっていったのかな?

 

15081313 15081314 15081315フェリーを降りて10時にスタート!大島を出るとき「何時間かかるの?」(高速使わないので)と聞かれ、内心そんなにかからないつもりで「12時間くらいですかねえ~」と答えたがさて?

最初からカッパを着てのスタート。それでもヒドイ雨にはならずぐんぐん南下。福島の川俣まで来て通い慣れた道に出てなんとなく「帰った気分」になる。大間違いだが(笑)、ここ川俣でいつも気づかなかった川俣しゃもの親子丼のお店に入る。14時、ちょうどのれんを下げたところだった(アブネー)

親子丼、プリッと美味しかった!かけそばも注文したのだが、あとで地元常連さんに「ここは手打ちで旨いうどんがあるんだよ」と言われて後悔する。そばは・・・・なるほど手抜きのようなそばだった(笑)・・・・・驚きだったのは味噌汁のわかめだ。たいていゆるゆる融けそうなのだったりする。しかものれんをさげた14時だし。なのにステキな歯ごたえのわかめだったのだ。うむむ。

食後さらに南下。だが、いつも通るのより3時間ほど早いのと、お盆(14日)ということもあるのかクルマが多く、ペースはあがらない。茨城に入ると雨が強くなり、トイレ休憩のつもりでいた道の駅は、目の前でおこなわれる花火大会のクルマでバイク1台入る余地が無い!!!!!(だいたい大雨で花火大会なんてできないじゃろ!怒)

ペースもあがらず、いつもの倍の休憩回数。雨はようやく4号バイパスを埼玉に突入するあたりでやみ、外環道だけ高速に乗って9:30とうとう帰宅した。ほんとに12時間かかってしまった。
シャワーを浴びて真っ黒な液体を下水に流し、黄色い泡の出る液体で疲れを癒す(笑)雨ばかりではあったがイイ旅だった。

| | コメント (0)

2015/08/16

スコ研夏合宿へ

150812011508120215081203夏の恒例スコッチ研究会の夏合宿に行ったのだが、今回初めて「例の高級ホテル」に前泊した。

体力を温存したいボランティア作業時とは異なり、時間にも余裕があるので、いつも指をくわえてスルーしていた街道食道に寄る。矢吹の「朝日ドライブイン」だ。注文していくらも経たないうちに出てきた野菜炒めはシャッキシャキで美味しかった!!行った甲斐があった。ほかのヒトが食べていたナポリタンも盛りがよくてイイ匂いしてたので次回はチャレンジしたい。

食後、郡山まで移動があるので飲めないのがツライね(笑)、そして翌朝(12日)は安達太良SAで待ち合わせ、モトグッチ3台で山形市経由して上山の山の中にある茅葺の蕎麦屋に向かった。

 

15081204 15081205 15081206ツーリングマップルにも載っている「源蔵そば」だ。茅葺の民家がそのまま蕎麦屋になっている。

もりそばと半もりをオーダー。待っているあいだ、蕎麦の葉のカラシ和えが出てきていただく。蕎麦はそこそこの太さとしっかりしたコシがあって旨かった。蕎麦湯が濃厚でさらに旨かった!

 

15081207 15081208 15081209蕎麦屋を出て南下、いつもの笠松旅館に向かう。板谷峠につながる道はしっとり濡れて、エンジンを止めてみると静かで実にイイ。

やがて15時に定宿「笠松旅館」に到着した。モトグッチ専用駐輪場にIN(笑)

 

15081210 15081211 15081212前も書いたと思うが、かつては温泉だったここも水質が変わったようで、温泉ではなくなってしまった。だが、最近では薬草風呂というのを始めたようで、さまざまな効能があるみたい。ぬるめの薬湯にゆっくり浸かって疲れを癒した。

そして風呂からあがった15:40。外は土砂降りの雨になっていた。わずかな差で危なかった。この宿は山の中なので涼しいが湿度は高く、濡れて投宿すると濡れたモノが容易に乾かないのだ。

 

15081213 15081214 15081215食事は山菜中心。量はタップリ、かなり頑張って食べないとならない。だから大好きなマツタケご飯も2膳しか食べられなかった。(最近食を減らして胃が小さくなってるのだ・・・)

2次会はスコッチの研究にいそしむ。雨が降ったおかげで室内に侵入しようとする虫の気配は少なく、安心して灯りをつけて飲んだ(笑)

| | コメント (0)

INDEX

Massi14 オートバイ整備士で、13km離れた会社まで降雪時以外は通年チャリ通勤し、夜の吉祥寺に出没し、山に登ったり、たまにボランティアやチャリティなどもし、最近投げキス釣りにご無沙汰のmassiです

  
0h01 吉祥寺ハモニカ横丁朝市&夜市にチャリティはま屋を出店中!
次回朝市は9月20日です!
記念すべき第50回、いろいろ企画ありますので、ぜひお越しを~!

次回夜市は参加未定です
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mercato.html
石巻山形屋さんの醤油・味噌など、本吉の蔵内之芽組のこいわかめ、南相馬の障がい者施設の皆さんが作るあれこれ、南三陸千葉のり店さんの海苔、三陸南部の小泉地区を応援するチャリティグッズなど置いてます
 
0h02 宮城県旧本吉郡にある蔵内漁港のわかめ漁師さん方が、これぞという信念をもって育てる沖育ちの塩蔵わかめを無償で紹介してます
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2015.html
 ↑2015年のこいわかめの収穫が始まりました~!
ご注文受け付けています! 近隣の方には1袋から配達もいたします      
 
0h03 東電福島第一原発周辺の障がい者施設が共同で立ち上げた南相馬ファクトリーさんと、施設のうちのひとつえんどう豆さんを勝手ながら個人的に応援しています
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html
つながり∞ふくしま缶バッジを売り歩き、朝市にも各製品を置いてます
 
0h05_2 ラーメン屋なのに年間のビール消費量が半端でない中華そばみたかのあれこれを紹介しています
ただそれだけなんです♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mitaka.html
 
 
上記webページ以外の記事へは↓↓この次から↓↓

|

2015/08/05

間ノ岳へ~

150801011508010215080103前回の続きで、土曜の朝4時の明けゆく空を眺めながら、パスタを茹でていた。

本日の目的地は間ノ岳だ。みんな日本の最高峰富士山のことはよく知ってるが、第2峰北岳と第3峰間ノ岳の名は知らないひとが多い。間ノ岳・・・あいのだけと読む。ゆうべのテント場は日本の第1・2・3峰を首を回すだけで見渡すことができる贅沢なところだったのだ。

 

15080104 15080105 15080106軽く片付けなどしながら、のんびりしすぎて5:30出発。
まず手前の中白根山3055mにあがると南の展望がひらけて間ノ岳が全容をあらわす。

この2日間は山頂天気予報がネコの目であまりよくなかったが、結果的には大快晴!!あまりのイイ眺めに10m進んでは「いいねえ~」とカメラをパシャッ!の繰り返し(笑)だから今回はいつも以上に似たような景色ばかり・・・・・ご容赦ください
 
右画像は目があったイワヒバリ(笑)

 

15080107 15080108 15080109間ノ岳3189mには7時すぎに到着~!

さっそく三等三角点エスプレッソをいただく、旨いっ!!
 
ちなみにここまで北岳山荘から、アタックザックどころかほとんど空身(カメラだけとかウェストバックとか)で登ってるひともいたけど、僕はアレはできないなあ・・・・・。臆病だし、なにしろエスプレッソを飲まなきゃならないからネ♪

 

15080110 15080111 15080112滞在30分ほど、さあ帰ろう~!帰りは北岳を眺めながら・・・・♪

9:15、戻ってみると、テント場に残るのは僕のテントだけだった。北岳と並べてみると同じカタチ(笑)、さあ撤収~、陽射しはジリジリと射すようで、テントやシートがよく乾いてて助かった。

 

15080113 15080114 1508011530分ほどで出発。ふと見ると帰りのルートにガスがかかり始めていた。

ちなみにバス停まで標準タイム2:30、そしてバスの時刻まで2:30だ。これはもう座って食事する余裕は無いかも知れないのでポケットにレトルトパウチの豆と塩を忍ばせて歩き始めたのだった。

間に合うのか?間に合わないのか?実は結局間に合ったのだが、ある区間では割と急いだのに標準タイムギリギリで、「もう無理して急ぐのはよくない、間に合わなければ次のバスに乗ればいい」と残りの区間は普通に歩いたのだが、結局バスの時刻より30分早く着いた・・・・・。某山の地図のコースタイムを参考にしたのだけど・・・ハテナ?

まあ間に合ったからいいか!!
甲府の駅には16:30着。ふと気づけば豆はまだポケットの中だ。朝4時ころパスタを食べてから12時間、胃に液体しか入れていなかった!!!!!!なのでゼヒ駅前ラーメンでもと探してみたんだけど、最近は主要駅の駅前って再開発とかされまくったあげくに、大衆的なラーメン屋なんてぜんぜん無いんだよね(悲)

駅ビルの高級パン屋でピリッとこないカレーパンを買って、もちろんビールもどきも買って、甲府始発普通列車に乗ったのでありました。

| | コメント (0)

2015/08/03

まず北岳山荘へ

150731011507310215073103昨年北岳から見た南のほうへ行ってみたくなり、久々のテント山行は間ノ岳(あいのたけ)を目指すことにした。

それにはまず登山口からテント場まで標準コースタイム6時間の行程があるので、甲府駅4:30発のバスに乗るため、何年ぶりになる駅寝を敢行!いや、一番乗りしたうえ天気も良かったのでバス停でマットを敷いて寝たのだ(笑)

広河原から、大樺沢を登る。画像最初の左下に見える雪渓の谷を登りつめるのだ。

 

15073104 15073105 15073106テント装備でもあり、最悪6時間プラス2時間かな~?と想定しての早出であったが、途中どうしても眠くなって20分ほど寝てしまったりして、きっちり8時間かかってしまった。重い足を叱咤して登りきる・・・・・。右画像は目指す北岳山荘が見えてきたところ。

 

15073107 15073108 15073109空き生タルが壮観に並ぶ北岳山荘、入り口には「今日は布団1枚に○人」と書かれている。僕が行くのは金曜なので1枚に1人は大丈夫だろうと思うけど・・・・・やっぱテントのほうがいいや!(笑)

2900m、稜線のテント場、眺めが素晴らしい。焼きビーフン北岳風など作り、ビールも奮発して2本だ

 

15073110 15073111 15073112景色をツマミに酒が飲める。正面からはブルームーンが昇ってくる。ときどきガスる以外はいたって穏やかな夕べだった。20時就寝

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »