« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015/03/30

春の恒例

150327011503270215032703金曜、恒例行事のため、都心にでかけた。

まずは新橋ボッテガ・ヴィオラでのランチ。あいかわらずまいう~♪

食後、海を渡ってお台場に向かった。

 

15032704 15032705 15032706海を渡ったお目当てはビッグサイトでの東京モーターサイクルショーだ。

DUCATIブースで展示に段ボールを使ってたのが印象的だった

 
 
 

15032707 15032708 15032709ビッグサイトを離れて北上!

隅田川沿いに歩いて、軽~くお花見してみたり

屋形船で客を迎える芸者さんを覗き見してみたり・・・・

 
 

15032710 15032711 15032712とどめは駒形どぜう
1階席に入れた♪

恒例・・・・・・・・というのはもちろんMCショーのことだが、前後のプチグルメや散歩のほうが比重高いなあ(笑)

| | コメント (0)

2015/03/23

はる先取り

15032001150320021503200322日は東京の桜開花宣言は出てないよね?僕は木曜に久我山付近の神田川沿いにすっかり咲いたのを見つけたが・・・・・・・

さあ、春先取りということで金曜から出かけたのであった。
まずは吉祥寺からブラブラを始め、奥多摩へ移動。今回はぜいたくに泊りでの「みやぎ」飲みだ!!!5時に飲み始めて8時過ぎにはフラフラに!?www
「よし帰ろう!finito!」とつぶやくとカウンターの向こうに座っってた女性が「なんでイタリア語なの~!?」と。

彼女は上杉麻子さんというオペラ歌手だったのだ。コンサートのご案内をいただき、小澤酒造での再会を約してお別れした。

15032004 15032005 15032006翌日はミニハイキング

古里の「釜の水」で喉をうるおしてからルートに入る。短い行程だが小滝があったりして意外に楽しい。

ハイライトは鳩ノ巣方面を見おろす東屋でのブランチだ。パラパラ雨が降り始めたけど、昼飯前(&酒飲み前w)にはなかなかもってこいのルートだった。

15032007 15032008 15032009青梅の里はいろいろ花が咲き始めていてこれもよかった。黄色い花はアブラチャンかと思って撮ってきたけど、よく似たダンコウバイらしい。難しい。

小澤酒造では小澤さんといつものHさんと、ゆうべの上杉さん2人連れが待っていた。初春限定のお取り置き(?)「春の雪」から始まって季節の酒各種をいただく。時おりオペラの歌声が響いたり。申し分のない春先取り旅になった。

| | コメント (0)

2015/03/18

INDEX

Massi14 オートバイ整備士で、13km離れた会社まで降雪時以外は通年チャリ通勤し、夜の吉祥寺に出没し、山に登ったり、たまにボランティアやチャリティなどもし、最近投げキス釣りにご無沙汰のmassiです

  
0h01 吉祥寺ハモニカ横丁朝市&夜市にチャリティはま屋を出店中!
次回朝市は5月17日です!
次回夜市は参加未定です

http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mercato.html
石巻山形屋さんの醤油・味噌など、本吉の蔵内之芽組のこいわかめ、南相馬の障がい者施設の皆さんが作るあれこれ、南三陸千葉のり店さんの海苔、三陸南部の小泉地区を応援するチャリティグッズなど置いてます
 
0h02 宮城県旧本吉郡にある蔵内漁港のわかめ漁師さん方が、これぞという信念をもって育てる沖育ちの塩蔵わかめを無償で紹介してます
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2015.html
 ↑2015年のこいわかめの収穫が始まりました~!
ご注文受け付けています! 近隣の方には1袋から配達もいたします      
 
0h03 東電福島第一原発周辺の障がい者施設が共同で立ち上げた南相馬ファクトリーさんと、施設のうちのひとつえんどう豆さんを勝手ながら個人的に応援しています
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html
つながり∞ふくしま缶バッジを売り歩き、朝市にも各製品を置いてます
 
0h05_2 ラーメン屋なのに年間のビール消費量が半端でない中華そばみたかのあれこれを紹介しています
ただそれだけなんです♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mitaka.html
 
 
上記webページ以外の記事へは↓↓この次から↓↓

|

2015/03/16

常磐道を通って

15031301 15031302 1503130313日金曜、3月のうちに南相馬に行っておきたいわけがあり、常磐道を北上した。
 
・・・・が、桜土浦で高速を降りたのは、経費節約のためと、前に見つけた「須田うどん」に行ってみたかったからだ。しかし、須田うどんは開店前で、やむなく断念・・・・・www
 
ずっと北上して、久々に富岡の町を走る。前に走ったのは1年前か?除染作業が加速しているようで、フレコンバッグがあちこちに積まれていた。学校の校庭にも並べられているのを見て少し残念な気持ちになったが、これも公用地の有効活用だろうか?それに除染が進むことが本当に帰還に繋がるならば・・・・
 
15031304 15031305 15031306富岡中心部を過ぎると帰還困難区域になるので立ち入り禁止エリアが行く手をはばむようになる。
 
今回は実は4輪車での福島行だが、2輪でも走れるようになった常磐道を初体験した。報道にもあったが高いところで5μsv/hある。それでも通るのは一瞬だから、「ほおらこんなに被爆量は低いんですよ~」と説明がされてるようだが、地元の方は「通らない」「通らせられない」と考えている方が多いようだ。
 
15031307 15031308_2 15031309
浪江ICで降りて走る浪江の町は、フェンスで仕切られた・・・・・。
 
そしてさらに北上、南相馬へ。さっそく道の駅に寄って、「しみてん」と「よつわりパン」をゲット。
 
 
15031310_3 15031311 15031312今回の大きな目的のひとつは、「自立研修所えんどう豆」に朝市お隣のVinceさんの募金(売り上げ)を届けることだった。
 
それは無事終了。もうひとつの目的も果たした。
まだ作付けはできないが、窓の外に広がる畑に囲まれて、えんどう豆の所員さんたちは楽しく暮らしている。今後も地味に応援していきたい

| | コメント (0)

2015/03/11

2015WG、蔵内編

150307011503070215030703前回の続き
さあ、寄り道したがいよいよ蔵内漁港へ向かった。蔵内之芽組はかさ上げ工事が済んだ隣の越河(こすご)漁港に移っている。

初めて降りてゆく入り江に見慣れた船が2隻!!芽組の皆さんはホタテの出荷準備中だった。会うなり「カッパ持ってきたが?準備してこ!」
「はい~!!」荒っぽい扱いが嬉しかったりする(笑)いや、芽組の面々がソフトSだから訪問者はみんなソフトMに仕立て上げられてゆくのかもしれない!!!

 

15030704 15030705 15030706テントの中では婦人部がワカメの下ごしらえや選定作業中。

ここであらためてワカメ出荷までの流れを書くと
★早朝海で育てられたワカメを刈り取って来る
★港に戻ると婦人部も待ってて、メカブを切り分けたのち、海水で茹でる
★茹でられて緑になったワカメを飽和食塩水に入れて塩分をくわえる
★部位ごとに分けたのち、強力なプレスで脱水数時間
★あらためて選定しながら部位ごとに箱詰め
★JF(漁協)の検査の方の厳しい目で等級分けされたのち入札場へ運ばれてゆく

あらかた合っていると思うけど、こんな感じだ。

15030707 15030708 15030709夕方、作業が終わるとチビホタテを茹でてくださった♪

持って行った澤乃井しぼりたても、いいちこも、すっかり飲み干され(笑)翌朝、食べきれず残ったホタテでなんちゃってスープパスタにして朝から贅沢した。翌日帰ってからはメカブをいただく。ワカメもやっぱり採れたて茹でたては旨いっ!
いつものことなんだが、お手伝いに行ったつもりであれこれ世話かけて帰ってくる。ありがたやありがたや・・・・・

今日は3・11だが、のんびりしてはいられないワカメ収穫時期だ。きっとみなさん忙しく作業されてたことだろう。
 
ちなみに蔵内之芽組の若手、たっくんがブログにあげてくれた♪
http://blog.livedoor.jp/kurauchii/archives/43752425.html

今年も蔵内之芽組のプレミアムワカメ「こいわかめ(塩蔵)」を吉祥寺ハモニカ横丁朝市その他で販売します。120g540円。少々の距離なら少量でもお届けしますよ!

少々の距離というのは僕が仕事のあとにチャリで行ける、田無~吉祥寺~高井戸あたりから片道30kmくらいの範囲が基準です。それ以上の方もご相談ください!!

| | コメント (0)

2015/03/10

2015WG、石巻&小泉編

15030601_21503060215030603先週木曜夜から、いつもの1泊4日で三陸に行ってきた。WG(わかめ刈り)のシーズンがやってきたのだ!!

 
深夜バスで金曜朝7時前に石巻に着き、蔵内へ行く前に山形屋商店さんをたずねた。ついに新工場ができたのだ!!
 
比較用に改築直前の画像も並べておく。シンボリックな煙突や、以前の建物も一部を生かしつつ、とても開けた明るいデザインに~。
 
すでに生産や販売を再開させている山形屋さんだが、これが本当に新しい一歩になるのだろう。もちろんこんな設備投資を借金無しにできるはずもなく、大変なことにかわりはない。微かすぎるほど微力ではあるけど、吉祥寺の朝市での販売など、お手伝いを続けるつもりだ。
 
 
15030604 15030605 15030606山形屋さんのすぐそばを流れる旧北上川には、設置予定の防潮提の大きさが示されていた。
志津川ではダンプが走り回り、土地のかさあげが進んでいた。あの防災庁舎はまだ残されているが、ますます小さく見えるようになった。
 
311が近づいて報道特集も増え、かつて活動した小泉地区の問題も取り上げられていたらしい。一度は受け入れた防潮堤設置に反対の声があがっている。小泉に限らず、あちこちで「どうなんだろね・・・」という声が聞こえるのは確かだ。女川は河岸段丘のような街づくりをしているとテレビで知ったが、あれ、いいね!まあ、土地土地の事情や都合なんかもからんで一様に語っちゃいけないけど。
 
 
15030607 15030608 15030609分断したままのJR気仙沼線の跡地を走る代行バスBRTで北上。いつもかならず鉄道ファンとおぼしき人が乗ってて画像や動画を取りまくってる。そりゃ線路の跡を舗装してバスが走ってるんだから珍しかろう!
 
観光の方や鉄の方の「こんなとこで降りるんかいな」という視線を背に蔵内駅で降りて、はまセンのあった小泉浜区避難所のほうへ向い、住民代表だった方のお宅にひさびさにお邪魔した。
 
はまセンで最初に活動した今朝磯では漁港のかさあげ工事をやっていた!網小屋の解体なんかをいっしょにしたのを思い出す・・・・・。ただ、作業用とおぼしきテントは建っていたものの、ほかはなにもないのが寂しかった。
 
訪問したお宅では、お孫さんの成長にびっくり。震災を知らない子供がもうしゃべる年齢になっている。4年という歳月が流れてもまだ仮設に住んでいる方が多いのに(最後の画像は今朝磯の仮設)、多くの大人が震災のことを忘れてしまっていても仕方ないのか?

| | コメント (0)

2015/03/01

立ちそば列伝(96)桃中軒/沼津と、沼津港深海水族館

150227011502270215022703金曜、沼津に電車でGOしたのだが、おかげで正月に続いて桃中軒に行けたのだった。

沼津の桃中軒は三島同様にホームにある懐かしい雰囲気の駅中そばだったのだ。

前回気づかなかったのは、桃中軒が古い歴史を持ってたことと、沼津に本社があるということ。

オーダーはきつねそば、ナルトは2枚だった(笑)、僕好みの太めの麺、甘めのつゆが旨い!!あと、みしまコロッケなるものも発見しオーダー。揚げ置きではあったが、別皿でとお願いしたらちゃんとソースも付けてくださって美味しくいただいた♪

 

15022704 15022705 15022706沼津駅を出て港へ歩く。途中千本松原というのがあるのだが、その先に、たしか東京マガジンで取り上げられた保育園がある。

海沿いの保育園、すぐそばは海で近くに高台は無い。そこで行政が築山を築いて避難場所を確保しようと計画したのだ。ところが松原の景観を損ねるとか効果が疑わしいなどの意見も出て・・・・・そんな内容だったと思うが。

避難場所確保、高台移転、巨大防潮堤、やり方はさまざま。
僕が関わった土地でも、小泉地区(気仙沼)では当初計画された巨大防潮堤について見直しを求める声が出てきている。石巻でも新たに作る堤の高さ&幅により復興計画が変わってくる。全てを一様に語れないし、一部を切り取っても意見要望は多様で簡単に解決できない。

 

15022707 1502270815022709そして今回の目的地、沼津港深海水族館に着いた。ここで飼われているメンダコに会おうというのが今回のミッションだったのだ!!

メンダコは繊細な生き物なので、残念ながら撮影は控えたが、なかなかかわゆげな生き物だった。
ほかに、チンアナゴ、ダイオウグソクムシなどおもろいものを見学できた。

ところで、この稿を書くにあたって水族館のHPをチェックしてみたら、なんとこの日の午後2時に来館100万人を達成したとのことだった。・・・・・・・・・んんん?2時には居たぞ???そういやカメラクルーは来てたけど、僕が100万人めに選ばれるチャンスはあったのだろうか?・・・・・こういうのってたいがい子供連れの家族が選ばれるよね~。

まあ当時はそんなニアミスを知るよしもなく、楽しく見学して魚市場近くの食堂で〆のビールなぞを頂いたのであった。アジフライ、生海苔、生しらす、深海魚並みに出会いに感謝できるお味だったのだった!!

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »