« 粉雪の赤岳アプローチ | トップページ | 初登山 »

2015/01/02

粉雪プラスαの赤岳アタック

141230011412300214123003明けて30日の朝、低気圧も去って天気が回復するはずが・・・・・どうやら一晩中粉雪が舞っていたようだ。

でもまだ登るうちに雲が切れてくるというイメージのまま、7:30、地蔵尾根を赤岳頂上へと向かった。
ここはかなり急で、ルートをジグザグに取る幅すらなく、ほぼ直登をしなければならない。その急坂にサラサラの新雪が積もってぜんぜんアイゼンが効かない。キックステップで登るようになる。

後続パーティを見てもなかなか辛そうにしてる。彼らが休憩してるときに追い抜いてきたので、一瞬「先に行ってもらえばよかったな~」と思ったが、自分の登った痕を見ても新雪が流れこんで足場は残っていない(頑張って大きくステップ切ったんだけどなあ、泣)、人の後ろについたとしてもなんも変わらなかったようだ。

14123004 14123005 14123006次にハシゴ場がくる。もちろんハシゴは埋まってるのだが、いくらか段の雰囲気が残っていてもよさそうなものなのに今回はただの流れる急斜面。

ここも僕を含めみんな難儀したようだ。手すりだってあるのにね・・・・。
さて行者小屋では無風だったが、このあたりから北寄りの風を強く感じるようになり、顔に当たる粉雪(?)は痛い粒感を伴うものになってきた(笑)

14123007 14123008 14123009ハシゴ・鎖場が終わったとこでゼーハーひと息ついていたら、2時間前に出て行ったカップルさんが降りてきた。彼らは県界尾根を降るつもりで(危険なので小屋番さんには止められていたが)、早出したのだけど、県界尾根どころか赤岳に向かうのも厳しいので帰ってきたのだった。

「ではお気をつけて~」、彼らと別れて登りつつ、「無理して頂上に行ってもホワイトアウトかあ」とか「いま引き返すと風呂に入ってから1本前のバスに乗れるゾ」と弱い心がささやき始め、8:45、2680m付近で撤退を決めたのだった。

14123010 14123011 14123012ハシゴの下まで降りて撤退記念の自撮り(笑)

登りで難儀した急斜面はシリセードで滑り降りた(←左画像)おもろい。

 
14123013 14123014 14123015行者小屋で身支度を整えなおして、ピッケルも仕舞い、下山にかかる。
 
思えば今回は赤岳の姿を一度も拝めなかったな。もちろん横岳も阿弥陀岳も・・・・・・・。
 
 
 
14123016 14123017 14123018いつも下山時はバスの時刻を睨みながらなかば走るように帰るので極端に写真が少ないのだけど、今回はゆっくり。ときおり立ち止まって周りを見回したり、癒しの下山になったかにゃ。
 
 
 
14123019 14123020 14123021つい最近見つけたスノーショベルを持っていったのだが、これは重量質量ともに悪影響が無くて、何かの時には役にたつと思って買ったのだ。
 
ただそのとき、ここのルート上2000m弱のとこにある斜面のことも念頭にあった。実はこの斜面を滑って遊んでたやつがいたのだ。「スノーショベルがソリになるんじゃ?」
 
いざ斜面の上に立ち「い、意外と急だねえ・・・・・」などと思いながらザックからショベルを出す。「行くか?行くのかあ!?」
ここまで来たら行くしかないでしょ!
 
2枚めは斜面が緩くなって停まった地点から上を見たところ。登山道上に人がいてこちらを凝視している様子だった。滑落したと思われたかもしれない(笑)
いやいやおもしろかった!ただね、びっくりするほどスピードが乗ってしまうので良い子はやらないでください。
 
帰り道、茅野の駅には粉雪が舞ったが、青空も見えた。帰りの電車からは頭だけを雲に覆われた八ヶ岳が・・・・・。予報より厳しい状況になってしまったが、まあ無理せずよかったかな?年明けて各地で遭難のニュースを見てまたそう思うのでした。

|

« 粉雪の赤岳アプローチ | トップページ | 初登山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粉雪の赤岳アプローチ | トップページ | 初登山 »