« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/11/22

ふくしま 双葉

14111907_2


14111908_2


14111909_2


今日はポレポレ東中野で上映が始まった「フタバから遠く離れて 第二部」を観てきた。

これは舩橋淳監督が加須市の旧騎西高校といわき市の南台仮設に通って双葉町民を追ったドキュメンタリーだ。

彼が避難中の双葉町民に密着しながら感じたであろう憤りは上映後の木内みどりさんとのトークショーでも噴出する。ふくしまの問題から目をそむけていないか?東電の電気を使う我々の当事者意識は?政府のレトリック、大マスコミの情報操作・・・・・

木内みどりさんもなかなかすごかった!物事の中心を捉えて、決めたからには迷わずそこへ突き進む強さがあった。2人のトークから生まれたアイデアが2つ。
1つは「常にテレビの片隅に福島のことを24時間映す。原発の作業状況とか」、もう1つは「東電管内の電気利用者に電気料金通知とともに使用比率に応じた汚染土を送る」というもの。

JOKEと皮肉が激しく入り混じったプランだが、僕らは頭を垂れて受け入れなくてはならないだろう。その電気を使っていたからだけではなく、今も非を正せていないのだから・・・・・。
彼らも本気で土を送れと思ってるわけではない。それくらいしないと物が見えないだろうと言っているのだ。

作中、全原協(全国原子力発電所所在市町村協議会)の会議のシーンが僕にとって驚きと確認の場面だった。
どこの原発立地市町村長も再稼動を声高に言うのだ。地元の民はさぞ原発を恐れて・・・・・と僕のようなしがない平民は想像するのだけど、現実はそう簡単ではないようだ。

舩橋監督が当初この映画に「遠く離れて」と題したのは、町民がふるさとから離れたことをさしていたのだろうが、3年以上経ってみるとそれだけではなく、現場から離れていると現実の惨状が骨身に沁みてこないこともさすらしい。「もう2年も稼動してない!!」と不満をもらす首長もいたのだ。

新田次郎の「怒る富士」は1700年代の宝永噴火を描いているが、そこには自領の惨状をも中央政界での主導権争いに利用しようと、百姓救済を優先しない被災藩小田原藩主も登場する。野田も安倍も「ふくしまの復興なくして」と言ったが・・・・・どうも方便にしか聞こえない。

 

14111910


14111911さて、ちょうど南相馬ファクトリーから南相馬ファクトリー通信8号が届いた。手紙が添えられていたので一部抜粋。

「福島は第一次産業の盛んな土地でしたが、いろいろな作物が作れなかったり、風評で売れなかったり、何より安心して暮らせないのがストレスです。今でも12万6千人の人が避難生活を送っています。市内の至るところで除染が行われ、フレコンバックが仮置き場に山積みにされています。
・・・・・・・原発再稼動が叫ばるようになってきましたが福島のことを忘れないでつながっていてほしいと願っています。先日双葉を通りましたが、復興には程遠い状況です。・・・・これからも伝えていく必要があると思いました」

ちなみに、知り合いのナツメグが双葉町の酒造家の方と吉祥寺でイベントをされる。12月1日19時から光専寺にて。「ふるさと」を大事にするナツメグの歌と、原発事故下の酒造から酵母を救出して伝統の酒を蘇らせる酒造家の話。
僕は先約があって残念ながら行けないのだが、気になったらぜひ!
問い合わせは090-2474-7911(鎌内さん)まで

| | コメント (0)

2014/11/21

宇都宮で麺づくし?

141119011411190214111903仕事で宇都宮に行くことになり湘南新宿ラインと東武線を乗り継いで北上する。

途中乗り換え駅の栗橋で15分時間があったので、ひょっとして駅そば屋が無いものかあたりをうろうろしてみた。

すると見つけたのは「静御前の墓」なる予想外の代物だった!!なんとこんなところに・・・・・・そういや彼女の最後ってあまり詳しく知らなかったナ。
なんでも義経を追っての旅路で義経の死の報せが届き、出家するために京に戻る途中の病没だったのだそうな。
愛する人に会えるならどこへでも行く、しかしそれも叶わないと決まったあとはさぞ足が重い絶望の旅だっただろう。

が、僕の旅に絶望はなく、仕事のついでに行ったのが江曽島駅近くの朝日屋というラーメン屋だった。

 

14111904 14111905 14111906ラーメン屋、と言っていいのかな?ほとんどのお客が「特製焼きそば」をオーダーしていたようだ。
僕もその辺はリサーチ済みだったので「特製焼きそばとつけ麺大のセット」1200円をオーダーした。

ややあって出てきた特製焼きそばはソース味のスープに沈んでいた。てか焼いた(炒めた)のか?もしかして茹でた麺がスープに浸かってるだけなのでは?という感じだった。野菜炒めが多めに盛られてたが、いわゆるメガ盛りレベルではない。そして麺は少なく感じた。手打ちだという麺のプルプルした食感は申し分なし!

焼きそばが終わってから出てきた「つけ麺」は水でシメられたうえになみなみの水に入っている。焼きそばと同じ麺だと思うけど、あのプルプルにさらにコシが加わって好みだった。
問題はつゆ。冷やし中華のタレをかなり濃いめ辛めにしたような・・・・そしてネギがパラッと入ってるだけのものだ。ざんぶり麺を漬けたら辛くて食べられないので要注意。

まあこれは「素つけ麺」とでも言えばいいかな?でもこの2品は単品で注文すると両方とも850円だよ・・・・・。少額なもののオーダーばかりの僕でなくてもこのコストパフォーマンスは~~~???手打ち麺に自信あり!価値あり!ということなのかな?

次回宇都宮での仕事ができるのはいつかわからないが、次は餃子かな?(笑)

| | コメント (0)

2014/11/18

INDEX

Massi14 オートバイ整備士で、13km離れた会社まで降雪時以外は通年チャリ通勤し、夜の吉祥寺に出没し、山に登ったり、たまにボランティアやチャリティなどもし、最近投げキス釣りにご無沙汰のmassiです

  
0h01 吉祥寺ハモニカ横丁朝市&夜市にチャリティはま屋を出店中!
次回朝市は12月21日です!(はま屋3周年)
次回夜市は11月28日です!(たぶん今年最後の開催です)

http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mercato.html
石巻山形屋さんの醤油・味噌など、本吉の蔵内之芽組のこいわかめ、南相馬の障がい者施設の皆さんが作るあれこれ、南三陸千葉のり店さんの海苔、三陸南部の小泉地区を応援するチャリティグッズなど置いてます
 
0h02 宮城県旧本吉郡にある蔵内漁港のわかめ漁師さん方が、これぞという信念をもって育てる沖育ちの塩蔵わかめを無償で紹介してます
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2014.html
 ↑2014年のわかめの収穫が始まりました!!
        今年も美味しい”
こいわかめ”を食べましょう〜♪
       
 
0h03 東電福島第一原発周辺の障がい者施設が共同で立ち上げた南相馬ファクトリーさんと、施設のうちのひとつえんどう豆さんを勝手ながら個人的に応援しています
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html
つながり∞ふくしま缶バッジを売り歩き、朝市にも各製品を置いてます
 
0h05_2 ラーメン屋なのに年間のビール消費量が半端でない中華そばみたかのあれこれを紹介しています
ただそれだけなんです♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mitaka.html
 
 
上記webページ以外の記事へは↓↓この次から↓↓

|

2014/11/17

群馬前泊ツーリング

1411140114111402141114030泊2日(?)で福島に行くのに覚えたマン喫泊だが、仕事のあと寝るまでの、特になにもしていない時間帯を移動に使えて、しかも夜走りのため高速道路を使わずとも遠距離移動がラクな省エネプランだと気づき、軽くはまっている。

今回(14日)は真北、17号を群馬へ~。
20時に高井戸を出て23時に前橋のマン喫着。17号はバイパス化されてないエリアの混雑が心配だったが、おおおむね2車線あってストレスは無かった。埼玉北部から群馬に入ると、真っ暗でありながらだだっ広い野を行くようで新鮮だった。

翌朝は8時過ぎに出発。ちょっと寝坊したのでマン喫代が1900円くらい、乗っていれば高速代が2300円くらいだから余り経費節約にはならなかったナ。

 

14111404 14111405 14111406大雪ボランティア以来の前橋を出て北上。17号沿いの永井食堂に行った。もつ煮定食で有名なお店だ。
休日は行列ができる人気店だけど、そもそもは職業ドライバーのための特急定食屋だったのだろう。店員さんたちは明るく愛想がよかった。

もつ煮定食は590円。普通のでもご飯たっぷりでうれしい。もつはしっかり大ぶり、お味もしっかり美味しかった!!さらに320円という価格がうれしくてついオーダーしてしまったラーメン。やけにスパイシーなのはカウンターに胡椒を置いてないからだろうか?麺がプルプルしてたのが良かった。

 

14111407 14111408 14111409もつ煮後、沼田から西へ走って軽井沢へ行った。

気持ち遅めの昼食はTOMYさんのお店で。気温は9℃くらいで外にいると手がかじかんでくるぐらいだけど、陽が射しこむ店内は暖かかった。ポーク生姜焼きは肉よりもパリパリの高原野菜がメインかと思うほど美味しかった。

帰り道も全て一般道のつもりだったのだけど、イイ景色を見つけては停まって撮影などしているからどんどん遅れてしまい、上野村を走ってるあたりで暗くなり始めてしまった。
まあいいか!で本庄児玉から高速に乗る。今回のツーリングでカリフォルニアが14万kmを突破した。

| | コメント (0)

2014/11/12

雨ツーリング

141109021411090414110905日曜はクラブツーリングだったのだけど、なんとなくはっきりしない天気で・・・・

とは言え前日に中止を決めるようなほどの予報でもなかったので・・・・・

当日朝は案の定、霧雨が降り始めていたけどいまさら中止するまでのことでもなく・・・・・

韮崎のレストランターシャで食事をして、ほんとうはそのあとクリスタルラインを走る予定だったのだけど、はっきり言って雨の日に走って楽しい道ではない。なので予定変更~

近くのオオムラサキセンターに見学に行った。国蝶を学ぼうとたまにはアカデミックなツーリングに。ほかに見学者がいなくて照明も落とされてたのはチトいただけなかったけど、オオムラサキの生態など学習し、これはこれなりに有意義なツーリングだった。

渋滞が少なかったのも雨天時のメリットだったかな?

| | コメント (0)

2014/11/07

秋を確かめに

1411070114110702141107033日の河原遊びでは物足りなくて?再び奥多摩へ出かけた。早めに下山したいこともあって平石山へ妙指尾根(みょうざすおね)から登る。

取り付きに向かう吊り橋はもろく、ところどころ抜けててなかなかスリリングだった。
台風に引っ張られた北風が冷たくて、急登に火照った身体を冷やしてくれた。

14110704 14110705 14110706食事は平石山にて、なんちゃってカルボナーラ。

ここに来る手前で立派な牡鹿に会った。連れは無く単独だったのか、警戒音も発さず無言で跳んだ。カメラを出す間も無かった~。残念!

 
 

14110707 14110708 14110709降りは鳩ノ巣へ、花折戸尾根をゆく。

南面は陽がさして暑い!・・・・・が、紅葉も美しい!

そして降るにつれ、バイクの音が聞こえてくる(笑)

 
 

14110710 14110711 14110712鳩ノ巣駅に着いて、上り電車に乗り、すぐに沢井で降りる(笑)

澤乃井の「しぼりたて」を買いたくての早め山行だったのだ!

豆らくにて湯葉刺で一杯二杯
利き酒処で一杯二杯
16時にして、ほろ酔い以上泥酔未満で帰ったのでありました・・・。

| | コメント (0)

2014/11/05

立ちそば列伝(88)Yショップ?/広野町、(89)まるや/原町

141031011410310214103103こないだの南相馬行きではいわきから6号線を北上したのだが、この朝の楽しみは6号沿いの立ちそば店だった。

以前、川内村からの帰りにデカデカと「立ち喰いそばうどん」と書いた看板を見つけて「おおっ!おおっ!?」と興奮したのだけど、いわき発の高速バスの時間が決まってたので寄れなかったのだ。

やってるのかな?・・・・・やってた♪(営業時間は5:00~19:00らしい)
かけそば370円をオーダー、かけと言いながら海苔とナルトのトッピングがのる。なぜかレンゲまで付属していてほぼラーメンだ(笑)麺は歯ごたえよく、冷凍麺だろう。つゆは甘辛、おいしゅうございました。

ちなみにお店はコンビニと同じフロアを2分した造りになっている。コンビニには女性店員がいらして、もしやご夫婦?などと想像を巡らせた。メニューには定食も多くて心が激しく揺れたけど、第二弾が控えていたので我慢できた。定食はコロッケ定食530円から始まって10種類、単品豚汁やおにぎり・カレー・ラーメンもあり、これは通える!!(笑)

6号線の一般車の通行が解禁になったから忙しくなっただろうか?しかしこんなお店があるってことは震災前の利用客はさぞ多かったのだろう。輸送関連に、原子力・火力の発電所への通勤なんかも。

 

14103104 14103105 14103106あれやこれやがあって南相馬の原町駅前に12:30ころ着いた。

やってるやってる♪こちらも以前涙のスルーをした立ちそば屋さんだ。レストランロアとはなんだろう?と思いつつ、やたら「立喰」と書いてあるのはなんだかウレシイ(変態?)

オーダーは天ぷらそば大470円・・・・・・・・が出てきたのは天ぷらコロッケそば大540円だ。聞き間違えちゃったんだって(笑)食べるんだからちゃんと払いますと言ったのに470円しか受け取ってもらえなかった。すんません。ゴチになります。

しかしね。昼時とあってお客が多かったのだけど見回すと「天ぷらコロッケ率」がやたら高いのだよね。皆が注文する人気メニューだったのかな?ちなみにコロッケはカレーコロッケ、なぜか油揚げも入ってた。

お店のおかあさんと少しお話したのだが、このお店は震災前は駅構内にあったのだそうだ。帰ってからそれを踏まえて写真を見ると、元は看板にあったレストランロアがここにあったのかな?それと丸屋弁当部と駅のそば処まるやの3店があったのだろうか?
いずれにせよ駅の大きさや静かな駅前の様子からしても立ちそば屋があるのはすごい。頑張ってください~!

| | コメント (0)

秋を愛でに

1411030114110302141103033日、山登りではなく、秋を愛でに奥多摩は日原に行ってきた。ゆっくりのんびり11時のバスに乗る。ゆっくりだったので奥多摩駅の売店が開いていて天然ナメコをゲットした!

日原では名水万寿の水を汲んで、日原川に降りた。

 
 

14110304 14110305 14110306奥多摩でも山頂エリアでは散っているが、ふもとの紅葉はまだはしりのようだ。

 

14110307 14110308 14110309奥多摩駅前に戻るとそのまま「みやぎ」へ行って〆の1杯。

軽く〆のって量では済まなかったけどネ

| | コメント (0)

2014/11/01

今度はいわきから

14103101141031021410310314103104

今月3発めの福島(ボランティア作業は無いが)、今回は6号線を北上、いわきの高級ホテルに10時間ナイトパック1500円で泊まった(笑)
 
6号で大きく変わったのは道路情報の表示だ。帰還困難区域の通過(通過のみ)ができるようになったが、前にも書いたように2輪は通れない。それで勿来あたりから電光掲示板はすべてこの表示になっているのだ。
 
すれ違う警察車輌がやたらコッチを見る。でも川内村ボラで走れるルートはきちんとわかってるので大丈夫!ゲートのきわまで行って係員さんにコラ停まれ~!なんて言われるようなことにはならない・・・・かまわずに富岡まで進んだ。
 
 
14103105 14103106 14103107富岡駅の表示を見て左折、6号を離れて富岡町の商店街を通った。ここは居住制限区域で住民の一時帰宅は許可されているエリアだが、壊れたままの商店が連なる悲しい光景がある。住宅街には倒れたままの塀や崩れかけた家屋も・・・・・。
 
ここから川内村に入って北上、帰還困難区域を迂回して南相馬に向かうのだが、途中でちょっぴり山に登った。山登ら~の足で10分ちょい、そこから見えるのは・・・・・
 
14103108_2 14103109_2 14103110_2 福島第一だ。
 
135mmで撮って引き伸ばしてやっとこれくらい。左端の三角屋根が1号機で、中央の四角が2号機、3号機4号機は右手クレーン群の下だろう。
現代日本が生み出してしまったアンコントローラブルな世紀の怪物を一度はこの目で見ておこうと思っていたのだ。が、奇しくもこの日は1号機の建屋カバーの屋根パネルを外して放射能の飛散が無いか調査をした日だった。この画像でも1号機の屋根の一部が取り外されてるのがわかる。ちなみに風向きは南風ということも押さえて出かけた。
 
国家と東電の罪はともかく、あそこで作業されてる方の安全と成功を祈るばかりだ。
 
山を降りて、帰還困難区域の外側を県道62号線を目指して走る。ほんのり紅葉の里山風景が続く、ホントいいところばかりなんだけどなあ!
 
 
14103111 14103112 14103113いつも二本松から原町に向かう12号が混むので、62号を行けるとこまで行く裏道開拓にチャレンジした。
 
62号、114号、よくわからない山道w、399号、31号と飯館村どまんなかを横断して12号に合流した。途中線量計があったが、1.18μSv/hと、僕が”数値として見た”最高線量だった。
初めて通ったこのルートは山間に集落が点在していて、誰もいないところで思いのほかたくさんの除染作業員の方々が働いていたのに驚いた。誰もこないから車道の真ん中で打ち合わせしてた作業員さんもいて、そこにいきなりバイクが来たのだから向こうのほうも驚いたかも知れない。
 
裏道としては有効に思えたけど、もしかしたら朝は除染作業のクルマが多いかもしれない。あと、帰り道は・・・・・暗くなったら寂しすぎて通れないかな・・・・・。
そして無事にえんどう豆に到着~。
 
 
14103114 14103115 14103116南相馬のえんどう豆今年最後?の訪問。昨年はあと2週間のちくらいに来ているのだけど、今年は冬が早いようで、来れるうちに来ておこうということでやって来た。
所員さんたちがプチ音楽会を開いてくださって、ハンドベルやダンスノリノリのAKBや「まけないタオル」の歌や。ありがとうございます~。また来年~。
 
まだ終わらない(笑)
次は田村市在住のグッチスタ氏を訪問。3年半前、こちらにガソリンを届けつつ泊めさせてもらっていわきのボラセンに行ったのが東日本大震災での最初の活動だった。
ここのお宅はいつもそばを通っているのだけど、バイク談義が始めると止まらない方なので(笑)寄らずにスルーしていた。すんません。現に3年前も翌朝いわきに行かなきゃならないのに遅~~~~くまで酒を飲んだ。地鳴りというものを生まれて初めて体験したのもこのときだったなあ。
 
2時間半お邪魔して21時半に出発。
実は僕は連休だったので郡山の格安高級ホテルに泊まって奥只見から新潟を目指そうか~~~?なんて壮大な(笑)計画があったのだけど、土曜日の天気悪化が予想されてたのであっさり断念して帰ることにした。
 
急がなくていいんだから途中メシでも食べて・・・・と思ってたのに、目星をつけていた食堂やラーメン屋は軒並み見当たらず、アレ~?いつもより3時間ほど遅いだけで閉まっちゃうのか?街道沿いの店でも閉店早いのね?電気落とされると看板すらも発見できないものなのね?
草加から環七経由で走ればラーメン屋がありそうだけどまあいいや!!で外環だけ高速を使うことにしてETCゲート通過時290円?(たしか)・・・・・ああ日付け変わったのか。そうだ、地元近くに何年か前にできた味噌ラーメン屋があったな。こんなときが行ってみるチャンスかな?と行ってみたらこちらも閉店真っ暗。結局なにも食べずに1時10分涙の帰宅になってしまった。
 
まあ肥満の素である深夜ラーメンを回避できたのは神様の思し召しと思っておこう。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »