« 立ちそば列伝(87)丸政、甲府 &仙水小屋テント場 | トップページ | 南相馬でゆるボラ »

2014/10/06

甲斐駒へ

141004011410040214100403翌4日、仙水テント場を5:00に出て暗闇の中を歩く(わりと好きだ)。仙水峠を西へ折れて僚船に向かう。目指すは甲斐駒ケ岳だ。

やがて紅葉の向こうに白い山肌を見せ始めた。

 

14100404 14100405 14100406甲斐駒の南の前衛である駒津峰に向けて標高を増してゆく途中、ふと気づくと御嶽山が見え始めていた。西よりの風が吹いていて噴煙はちょうどこちらの方向にたなびいていたせいで、山を隠すモヤのように見えていた。

しばし合掌。じっと見ているとときどきボワッという感じに噴煙が立ち上るのがわかる。人智の及ばない危険な相手の懐に入って救助活動されてる皆さん、どうかご無事で。
ちなみにこの日は折りしも噴火から1週間、つまり初七日だったが、僕は第一土曜の休日を使っただけなのでそれにあわせたわけじゃない。

そして右画像は駒津峰から見る甲斐駒。

 

14100407 14100410 14100411駒津峰から一度降ってコルを過ぎてしばらく、まっすぐ直登と右手巻き道の分岐にぶつかる。無論直登だ(笑)

直登コースは上の駒津峰から見た画像の中央の岩稜を登ることになる。一箇所間違えたりしつつ、楽しく登った。途中右下を見ると巻き道が見えた。ほぼ同じくして歩いてた方が見えたので、実際直登のほうが所要時間は短い。(とはいえどちらを選ぶかは自分の考えと責任で!)

 

14100413 14100414 14100415頂上には8:20に到着、さっそくルネッサ~ンス!じゃなくてエスプレッソ~!

このころ頭上は薄く雲に覆われはじめたが、右に左に素晴らしい眺めだった。降りは巻き道から、白い砂礫を踏んで降りる。

 

14100416 14100417 14100418岩がゴロゴロした風景は仙水峠付近、実は最初の画像とほぼ同じ場所なのだけどわかる?

テント場には11時過ぎに戻ったが、土曜というに相変わらずの2張りだけだった。自分のテントを撤収して30分ほど降った途中のテント場はそこそこの数・・・・・まあ地の利のせいもあるけど(笑)僕としては空いてるほうが有難い!次回も仙水小屋だな♪

こうして台風接近前に無事山行が終了~!日曜は朝から雨だったが、このたくさんのテントの皆さんはどうだっただろう?

|

« 立ちそば列伝(87)丸政、甲府 &仙水小屋テント場 | トップページ | 南相馬でゆるボラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立ちそば列伝(87)丸政、甲府 &仙水小屋テント場 | トップページ | 南相馬でゆるボラ »