« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/27

たまには福島駅経由で

14102401


14102402


14102403少し大きなニーズが入ったようなので、またまた南相馬社協のボラセンに行った。
 
いつものように木曜の仕事が終わってからの出発なんだけど、この日は天気がいまいちで、かねてから狙っていた高速バスでの福島経由で行ってみた。雨の中を走るのは平気なんだけどペースが落ちて睡眠時間が減るのと、雨に濡れた状態で狭いネットカフェに入るのは避けたい!!それにカリフォルニア(一般道)で行くのと高速バスで行く経費は実はそう変わらないのだ。
 
朝6時ころ福島駅に到着、6時半の南相馬行きバスに乗り換え原町駅へ。ここから交通手段が無いので社協職員さんにあらかじめ送迎のお願いをしてあるのだ。カリフォルニアだといつも9時ギリギリの到着なんだけど、今回はゆったり20分前に着いた。
 
この日の活動先では人数分の弁当を用意してくださって、実はこの弁当は小高区役所で売ってる「ほっと悠」さんの弁当で買うつもりだったんだけど、お気遣いに申し訳なくもいただいた。こちらのお宅は市内の借り上げ住宅に住まれていて、お仕事も再開できてないのに、お茶やおやつやたくさん用意していただいて・・・・・・。ボランティアは自活の用意ができていて、しかもここは旧警戒区域内でろくに買い物もできないことも知っているので皆準備はできているのだけど、むげに固辞するのも申し訳ないしね〜。難しい〜。
 
 
14102404


14102405


14102406活動終了後、ふたたび原町駅に送っていただいて、さてバスが出るまで時間がある・・・・・。
ふと見るとバス停のそばにテイクアウトの焼き鳥屋さんがあって、「バスのお供に缶ビール250円」なんて書いてあるので、すみませ〜ん、こちらでは飲めないんですか〜?と図々しく聞いてみた。すると「外にイスが置いてあるからどうぞ〜(中はダメだけど笑)」と焼き鳥を温めなおしてくれた。
 
ときおり通る通勤通学の人がチラリと見るけど、冷えてきた夜風に当たりながら、活動先のおかあさんが持たせてくれた小豆おにぎりも食べながら一杯・・・・。
 
ビールのおかげでバスではイイ気持ちで寝て、福島駅に着いてスーパー銭湯にて汗を流す。・・・で、スーパー銭湯で酒を飲む予定は無かったのだけど、食堂にコンセントがあるのが見えて「ちゃっかし携帯を充電させてもらっちゃおうかな!?」と餃子やビールをオーダーした。だけど、そういうセコイ奴が多いんだろうね〜、コンセントはあるけど電気がきてなかった(泣)
 
141024071410240814102409大失敗のスーパー銭湯を出て、しばし福島駅の周りを徘徊。おばちゃんがやってる居酒屋なんてないかな〜と探すもなかなか無い。
駅を離れてようやくスナック密集地帯を見つけ、その外れ(?)に小さな焼き鳥屋の看板を発見した。突撃あるのみ!
 
意外にも柔らかい感じの40代と思しき男性がカウンター内にいて客は男性2名。生ビール&お任せ5本盛りなぞ頼み、ザギン割り(銀座割り、正体は青汁割り)なぞ頼み、「日本酒無いんですか?」と聞くと会津の酒、奈良萬の無濾過生酒なぞ飛び出し、柔らかまいう〜な伊達鶏ともに堪能してから1:10発の深夜バスに飛び乗った。評価としてはバス行も「有り!」なのであった。
 




さて、酒飲み話ばかりが続いたので真面目な話もちょっと書くと・・・
 
この間、まずボランティアの6号線の通行が認められて、それなら東京から最短で行けると喜んで通行証を申請したところ「2輪は不可」ということで断念。
その後さらに一般に通行が認められて再び喜んだが、やはり2輪は不可、しかもいわき方面から6号を北上するとあちこちに看板が出てて「この先2輪は不可」と牽制されるらしい。
 
現地の知り合いに2輪通行不可の話をすると、少し前に6号をいわきまで行った際、原発の近くで車内で3μsv/hあったので車外に線量計を出したら30μsv/hまであがったそうな。おまけにこないだの作業でご一緒した方が6号を通った際、2.5μsv/hにセットした線量計のアラームが止まらなかったそうな。そう聞かされるとバイクで走るのを許可しないのも仕方ないとも思える。ん〜、クルマで通過したあとも、今やスクリーニングしないのだから、バイクでも大丈夫なんじゃ?というのは能天気過ぎるか?
 
一方、常磐道の整備は進んでいて、じきに南相馬IC〜浪江IC間が開通するので、11月30日には常磐道を走る開通記念サイクリングが開かれる。原町トンネルまででUターンするので小高区や浪江町には入らないようだ。小学校4年以上が参加できるのだが、走るのが原町区内だけなら参加があるかな?イベントに子供が参加すれば明るい話題だ。でも親にとってはよそ者がとやかく言えない判断になる。
 
 
あと、いろいろと地元で取り組んでる方であっても「まだ全然先が見えない」と感じてらっしゃる。
無理もない、個々が頑張れても全体として地域が、町が、機能できるとこまで復興できるかどうかはわからないから。

僕もそういうお話を伺っても「う〜〜〜ん、ですよね・・・・・」と答えるしかなかったのだ。


| | コメント (0)

2014/10/18

上野ポタと三陸ホヤと、立ちそば列伝(16の3)秋葉原/二葉

141017011410170214101703今日(17日)は久々に上野公園にヘブンアーティスト立松さんのパフォーマンスを見に行った。

が、早く着きすぎたようで立松さんの姿が無い。そこで時間つぶしと昼食がてらに秋葉原の二葉に移動した。

相変わらずお客さんが絶えない二葉。だが47で書いているようにおやじさんの姿は無い。つゆはやっぱり甘めに感じた。そばは細い茹で済み麺ながらグニッと反力のあるもので、どこでも生麺を出すようになった中、茹で麺のトップクラスと言われていた。ただ前はもう少しザラッとしていたような・・・・・・。まあ年に一度来るかどうかの記憶なのでアテにはならないナ。

なお去年よりかけそば10円値上げしていた。仕方ないね。あさりかき揚げ410円だった。

 

14101704 14101705 14101706さて食後、上野に戻ったが立松さんはいない。以前よく演っていた東京都美術館前に行ってみたがいない。かわりにオブジェで遊ぶ(笑)

休止にされたか別の場所に行かれたか?しかたない、また来よう♪

 

14101707 14101708 101さて今日の最後の目的地は吉祥寺の東北物産館だ。http://www.tohoku.or.jp/

縁あってこちらに来て以来、いろいろとご紹介させていただいているのだが、その第一弾で南三陸町歌津にいる知り合いのとこの製品を置いてもらえるようになった。

冷凍の「塩ほや」と「ゆでほや」、ともに200g入りで800円だ。ほやは「あの臭みがいいんだよね~」と言うが、新鮮なものは臭くない。今は流通が発達したので臭くない生ほやが食べられる(蔵内之芽組の生ほやよろしく~http://kurauchi-no-megumi.jp/)

でも、収穫時期が限られるほやを通年美味しく食べられる方法が冷凍なのだ。塩ほやはキレイに身を整えられたほやを漁師さん好みに塩漬けにしてある。茹でほやは殻つきで、これを少し加熱してから醤油をちょっぴり垂らして食べると超うまい。

臭いと言われているほやを加熱して食べるなんて・・・・・と僕でさえ思っていたが、この前は炊き込みご飯にも入れた。臭くなんかない(笑)
いろいろ書いてるけど百聞は一見にしかず、一度吉祥寺の東北物産館でほやをゲットしてみてね~!(蔵内わかめも近日中に登場予定です!)  

| | コメント (0)

2014/10/12

南相馬でゆるボラ

141010011410100214101003木曜夜、郡山のいつもの高級ホテルに8hパック1300円で泊まり、金曜朝南相馬に向かった。

久々なので飯館村境手前にある「なでしこ直売所」に顔を出した。おかあさんもお元気でなにより!「バイクに積めるでしょ?」美味しいリンゴなどいただいた。

すぐそばの神社にはコスモスが咲く、僕にとって3回目の秋の福島だ。ここから飯館に入る。

 

14101004 14101005 14101006飯館村内では以前にも増してトン袋が目についた。除染作業が加速している印象だ。

田んぼ跡地?に集積されているのもあれば、各戸の庭先に置かれているものも。
庭先に置かれたままなのは南相馬での作業現場でも同じだ。ニュースにあがっているような仮置き場などが決まらないことには移動する先が無いからだ。せっかく除染や片づけをしてもなかなか安心できないこんな側面もある。

そういえば国道6号が通行(だけ)可能になって一瞬喜んだが、バイクはダメ!!相変わらず郡山経由の遠回りをしているところ。それでも6号にまわるクルマがいるぶんだけ県道12号が空くのかな?と期待していたが走行ペースはあまり変わらなかった。原町に入り「えんどう豆」に顔を出すもボラセンの集合に遅刻ギリギリ、朝市仲間からの募金・ひまわりの種・西東京市名物かりんとうなどをそそくさと渡しておいとました。

 

14101007 14101008 14101009この日のお宅も原発20km圏の避難指示区域内だが、H28年4月を予定している避難指示解除に向けての建屋の修繕・改築のために片付けにお邪魔したのだ。

こちらでは震災による建物の損傷もあったが、震災後も沈下が進んでいるという(家主さんの許可を得て撮らせていただいた)。その対策も大変なものになる。
あと作業中にサワガニが出てきたのだが、近くに川はあるものの、震災前は建物のなかに侵入するほどではなかったらしい。震災後なぜサワガニが増えたのかわからないそうだ。

作業は順調に進んで、かなり早く終了。思わずできた余剰時間、有効に使わせてもらうことに・・・・。

14101010 14101011 141010126号線を北上、向かった先は相馬市にある市場だ。

そこには市場食堂があって、被災された旅館の方が料理を提供されてるのだそうだ。
海鮮丼980円とうどん450円美味しかった♪

そして予定外に寄れることになった障がい者自立研修所えんどう豆へ。1日の終わりのお茶の時間には持っていった西東京名物かりんとうが・・・・所員の皆さんに好評でよかった。
16時においとましての帰り道は阿武隈山地に沈む夕日を追いかけるように走る。

 

14101013 14101014 14101015時は進んで20時半。南相馬を出発してから270km、以前より目に付いていた食堂「たまや」に初めて寄ってみた。

街道沿いには長距離トラックのドライバーが集う街道食堂があるものと思っていたのだが、4号バイパス沿いを使うようになって観察してみるとラーメン屋はあっても食堂は少ない。白河付近にあるドライブインのほかではここだけが街道食堂然としたところだった。

一度店の前まで入ってみて、揚げ物ばかりのようなのでUターンしてしまったのだが、今回は一押しメニューと思しき「あまからたつた揚げ」の定食をオーダー。甘いタレがからんだ唐揚げがずっしり盛られてご飯がすすむ。でもここはお代わり一膳は無料だったのでしっかりお代わり(笑)
おなかずっしりで残り帰路についた。今回は予定外にゆるゆるボラ&グルメ旅になった♪

| | コメント (3)

2014/10/06

甲斐駒へ

141004011410040214100403翌4日、仙水テント場を5:00に出て暗闇の中を歩く(わりと好きだ)。仙水峠を西へ折れて僚船に向かう。目指すは甲斐駒ケ岳だ。

やがて紅葉の向こうに白い山肌を見せ始めた。

 

14100404 14100405 14100406甲斐駒の南の前衛である駒津峰に向けて標高を増してゆく途中、ふと気づくと御嶽山が見え始めていた。西よりの風が吹いていて噴煙はちょうどこちらの方向にたなびいていたせいで、山を隠すモヤのように見えていた。

しばし合掌。じっと見ているとときどきボワッという感じに噴煙が立ち上るのがわかる。人智の及ばない危険な相手の懐に入って救助活動されてる皆さん、どうかご無事で。
ちなみにこの日は折りしも噴火から1週間、つまり初七日だったが、僕は第一土曜の休日を使っただけなのでそれにあわせたわけじゃない。

そして右画像は駒津峰から見る甲斐駒。

 

14100407 14100410 14100411駒津峰から一度降ってコルを過ぎてしばらく、まっすぐ直登と右手巻き道の分岐にぶつかる。無論直登だ(笑)

直登コースは上の駒津峰から見た画像の中央の岩稜を登ることになる。一箇所間違えたりしつつ、楽しく登った。途中右下を見ると巻き道が見えた。ほぼ同じくして歩いてた方が見えたので、実際直登のほうが所要時間は短い。(とはいえどちらを選ぶかは自分の考えと責任で!)

 

14100413 14100414 14100415頂上には8:20に到着、さっそくルネッサ~ンス!じゃなくてエスプレッソ~!

このころ頭上は薄く雲に覆われはじめたが、右に左に素晴らしい眺めだった。降りは巻き道から、白い砂礫を踏んで降りる。

 

14100416 14100417 14100418岩がゴロゴロした風景は仙水峠付近、実は最初の画像とほぼ同じ場所なのだけどわかる?

テント場には11時過ぎに戻ったが、土曜というに相変わらずの2張りだけだった。自分のテントを撤収して30分ほど降った途中のテント場はそこそこの数・・・・・まあ地の利のせいもあるけど(笑)僕としては空いてるほうが有難い!次回も仙水小屋だな♪

こうして台風接近前に無事山行が終了~!日曜は朝から雨だったが、このたくさんのテントの皆さんはどうだっただろう?

| | コメント (0)

2014/10/05

立ちそば列伝(87)丸政、甲府 &仙水小屋テント場

14090616 14090617_214100301 先月はじめ、北岳に登った帰り、甲府の銭湯に寄ったときに見つけた丸政の立ちそば屋。

麺大盛り無料に、ネギと天カスも無料だ!月見じゃなくてもよかったな!(笑)ところで「黄そば」とあるのは中華麺をそばつゆで食べるものらしい。

 

14100302 14100303そして今回(3日)再訪!かけ(290円)を頼んだ。無料の大盛りももちろんオーダー。
そもそも丸政の立ちそばは小淵沢駅でお世話になっていたが、同じものが甲府にあるとは!?月見350円は同じ値段だが、かけ290円大盛り無料があるのは大きい!(笑)

つゆは甘辛でわりと濃い目。麺は歯ごたえよく噛み応えある太さも小淵沢と同じ。好みだ!!ちなみに四角い瓶の七味唐辛子は新鮮だったなあ。
 
 
14100304_2 14100305_2 14100306_2さて、そばを食べて30分前に山梨交通のバス停に行くと、あれれ!?すでに15人くらい待っていた。しまった。先月は2番手だったのに、さすが紅葉時期だ。
 
甲府から2時間で広河原、さらに乗り換えて30分で北沢峠に着いた。電車2時間半&バス2時間半の行程だが、行くとさわやかな光景が出迎えてくれた。45分ほど歩いて仙水小屋のテント場に到着した。
 
 
14100307 14100308 14100309テントは先着の1張りのみ。大きなテント場ではないがロケーションはなかなかいい。
 
おまけにここは水温4度の水がとうとうと出ているのだ。(ボーリングで得た地下水らしい)
 
今回は初日の歩行がかなり短かったので、重いレトルトカレーやビール風味も持っていった。冷た~い水で缶を冷やし・・・・・・ふふふ
 
 
14100310 14100311 141003121本めはカレーとともに、2本めはビーフンとともに(笑)
 
あとはごろり寝そべりながら紅葉を眺めつつ酒を飲む・・・・サイコー
 
19:20就寝

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »