« レスキュー! (北岳の1) | トップページ | 車中泊、と久々のR152 »

2014/09/09

テンション! (北岳の2)

140906011409060214090603金曜は20時半に寝て、翌朝3時半に起床。星がばっちり見えていた。

マルタイラーメンで身体を温めて、まだ暗い4時半に出発。少しづつ明けてゆく空が美しかった。2時間後、稜線にあがるとなかなかの展望。「下手すりゃ雨も!?」と覚悟しつつ来ただけにテンションUPだ!!(笑)

 

14090604 14090605 14090606肩の小屋を通過後、振り返ってみる。一度ここのテン場にテント泊したいものだ。

やがて北岳山頂3193mに到達!久々に山頂エスプとようかんで一休みした。天気が悪かったらテン場からそのまま降ってもいいかな?と思いながらやってきたのにこの展望!テンション上がりっ放し(笑)

 

14090607 14090608 14090609降りの途中、北岳山荘の向こうに間ノ岳(あいのだけ)がずっしり。行ってみたいが見えていても遠い。あと1泊の余裕が無いとダメかな?

そして前日怪我人が出た八本歯ノコルに向けて下降する。なるほど昨日の雨風のなかではうっかりやってしまうかも?

 

14090610 14090611 14090612有名な壁、北岳バットレスを左に見ながら大樺沢へ降る。ここで10時すぎくらい。下から登ってくる人とすれ違うようになった。

沢の途中で一息入れてるのも登りの人々。たまに言葉を交わすが皆さん翌日の天気を諦めていたようだ。6日だけの快晴を羨んでいた。

 

14090613 14090614 14090615_2大樺沢は途中から雪渓が見られる。だいぶ小さくなっているので左岸の夏道を歩ける。ここからは一気に降りた。

テン場に戻って撤収&下山。14時10分の広河原発のバスに乗れた。甲府では駅近くの高砂湯で汗を流す。優しいおかあさんがいるいいとこだった。ただね、洗い場からふと振り返ると外の道路が見えた。てことは外から見えてるのか!?まあいいけどネ(笑)

|

« レスキュー! (北岳の1) | トップページ | 車中泊、と久々のR152 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レスキュー! (北岳の1) | トップページ | 車中泊、と久々のR152 »