« INDEX | トップページ | テンション! (北岳の2) »

2014/09/08

レスキュー! (北岳の1)

1409050114090502140905035日金曜日の予報「晴れときどき曇り」
6日土曜日の予報「曇りのち雨」

これらに迷わされつつも山梨交通の登山バスに乗って広河原へ向かった。

目指すは北岳だが、翌日の天気があまり良くなければピークを踏まずに返ればいいやと身軽な心積りでいた。だけどなんと甲府駅からすでに雨!!「晴れときどき曇り」はどこへ行ったのだろうと思いつつカッパを着こんでのスタートになった。

800mほど登って、14時に白根御池小屋に到着した。

 

14090504 14090505 14090506幸い、テント設営時は雨が小降りになって、そろそろ夕食準備という15時半には止んでくれた。

小屋前のテーブルでの今夜のメニューはミリメシだ。
出所は明かせないけど(違法ではないからね!)陸上自衛隊のメシである。これは戦闘糧食ではなくて非常食で、麻婆豆腐に白飯にチャーハンという基本2食分なのがウレシイ(笑)

3つのパックが大袋に収められていて、そのまま湯で30分温めろと書いてある。非常時に向けて簡単調理で食べられるのだが、反面水分も含んでいるので重いのが難点だ。これを温めるために久々に飯盒を持って行ったので周囲には珍しがられた。

そして、ビールを飲みつつメシを作ってるあいだに事件が起きたのだった。

 

14090507 14090508 14090509まず要救護者を担いだ小屋番さん(?)数人が16時ころ駆け込んできた。

しばらくして下界と打ち合わせが終わったようで、小屋番さんが外で宴会を始めていた僕らに、県警ヘリが来るので退避準備とテントのケアをするように説明してくださった。

ただしそのころは周囲はガスに覆われて、ヘリが南アルプス市を出たという連絡はあったものの、なかなか近づいてこなかった。ひたすらランプで位置を知らせているが、乳白色のガスの向こうすぐ近くで音はすれどもヘリの姿が見えない。3回めくらいにヘリが真正面でホバリングしてるのが見えて「ついに!」と思ったがじきに引き返してしまった。向こうからは視認できなかったらしい。いかに慎重さを要するか痛感!

かなり音が遠ざかり、「暗くなったら諦めかな?」と思い始めたら、それまでより低空で山肌をなめてヘリが上がってきた!!キターッ!!!

 

14090510 14090511 14090512目標を視認してからの行動はあっという間だった!!

 
 
 
 
 
 
 

14090513 14090514 14090515要救護者をホイストで吊り上げながらも、すでに向き変えを始めている!危険領域に長く留まっていないようにしてるのか?

機体は山梨県警の「はやて」だ。

 
 
 
 

14090516 14090517 14090518僕らが準備に入ってからの所要時間は40分だったが、デジカメの記録を見ると実際にアプローチしてから離脱までは60秒だった。

すごいなあ!!
ガスでろくに見えないなかもチャンスを探して何度もトライしてくれていた。他人事ながら感謝!!

そして、八本歯のコルというところで怪我したらしい要救さんを担ぎおろしてきた小屋番さんにも感謝。標準コースタイムだと登り3時間、降り1時間40分の行程だ。
ひとりが怪我をするとたくさんの人間が、ときにリスクを冒して救護にあたるという現場を見させてもらった。なるべくお世話にならないように注意しないとなと強く思ったのでした。

|

« INDEX | トップページ | テンション! (北岳の2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« INDEX | トップページ | テンション! (北岳の2) »