« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014/06/23

奥多摩2ヶ月ぶり

140620011406200214062003金曜日、2ヶ月ぶりの奥多摩に行ってきた。この時期の目的はなんと言ってもワラビだ。

梅雨どきでもあり天気予報ははっきりしないが、ワラビが生えているであろう山に向かってみた。

 
 

14062004 14062005 14062006 14062007行ってみると、タイミング合ってるかと思っていたワラビだが、ちょっと来るのが遅かったみたいだ。ほとんど延びきっている。
登山道に近いワラビは採りつくされ、僕は茂みを奥へ奥へと進んでいった。
 
そこで足元からスル~っと動き出したのはへび。ジムグリという奴だろうか?詳しい名前はわからないけど、アゴが張ってなければ毒は無しの法則を信じて後を追いつつシャッターをきった。
 
やけにハデな虫が密集してるな~と見つけたのは、家で調べたらジュウジナガカメムシという奴ららしい。背中にジュウジならぬX印があった。じっと動かず、何をしていたのだろう???
 
14062008

14062009 14062010最初の画像はフライパン。
いつもコッフェルでスパゲッティを茹でていたがアルコールストーブを使っているので炎がゆらゆらとあがってコッフェルからはみ出た端っこを焦がしていたのだ。それが最近になって「あれ?フライパンならはみ出ないじゃん?」と気づいたのだ。
 
試作第1回、長さ16cmあるママーの早ゆでスパゲティがジャストフィット!!だったのだが、ランチが出来上がったところでいきなり雨が降ってきたので食べつつ撤収。あとの画像が無いのだ(泣き)
 
14062011

14062012_2 14062013降りは完全に雨の中。
最初は山の樹々が激しい雨から守ってくれるが、樹々がすっかり濡れてしまうと、ボタボタとしずくが落ち始める。じきにびっしょり(笑)
 
透湿雨具といえども梅雨時に着込んで歩けば、中は汗でぐっしょり。やっぱポンチョがいいなあ。でかいザックをもカバーするのが無いかな?
 
あ、ワラビはアク抜きして、めでたく浅漬けになりました♪

| | コメント (0)

2014/06/15

想定外

0102先週の土曜日はクラブツーリングで木曽福島に行ってきた。・・・・・が、覚えてらっしゃるだろうか?土曜日は降り続いた雨のために中央高速八王子から相模湖間が通行止めになってしまったのだ。

僕は調布に乗ってから異変に気づき、ともかく大混雑になってるであろう石川PAに向かった。しかし石川PAはガラガラ!!オートバイは3台くらいしか停まってなくそこに仲間の姿もない。そういや本線の交通量も極端に少なかったな・・・・。でも石川周辺はパラパラ雨で、これで通行止め???まったく想定外だった。

携帯をチェックすると幾人かは関越まわりで行動を始めてる。しかし僕は立場上、予定集合地の談合坂SAに誰か来ているか確認しないとならない。そこへちょうどやってきたSさんとともに八王子Uターン~高井戸~用賀~御殿場~河口湖~大月という大迂回に入った。(画像は足柄SA)

結局談合坂で迷子になってたメンバーはいなくてよかったが、僕らと時を同じく八王子から一般道を相模湖ICまで走った別のSさんが10分遅れて到着!!R413の最短ルート(R20は通行止め)と、東名御殿場180kmほどの迂回がほぼ同じ所要時間だ!!鬼渋滞はさぞ大変だったろう。宿に着いてみると、出撃を断念したおひとりを除いて全員到着していた。ヤレヤレ。

03 04 05翌朝は見事な天気。東京はまだぐずついていたらしいが、この点やっぱり雨を突いて「来てよかった」と!!

伊那ICで関西組と別れて東へ向かった。初日の出来事が濃すぎてあとのことはこまごま書く気がしません(笑)

 

06 07 08休憩に入った諏訪湖SA。
快晴なのになぜかカッパを着てるのは、先に帰ったメンバーから「八ヶ岳付近豪雨」の知らせが入ったからなのだ。ガクーッ!!

でも聞いといてよかった!!いざ走り始めると行く手の八ヶ岳が雲で見えない。そしてじきにお知らせ通りの雨になるのだった。まあツーリングに雨はつき物それを厭うてはロングツーリングなぞできまへん。

ただ、もひとつ想定外・・・・・このツーリングで新調したばかりの防水ブーツが見事に浸水することが判明!!家で着替えてただちにクレームに持ち込んだのであった。(たぶん続く)

| | コメント (2)

2014/06/04

今年初の南相馬ボラセン作業

1405300114053002 南相馬社協ボラセンで、暖かくなってからようやく金曜日の作業があったので、30日に行ってきた。例によって木曜夜に郡山のネットカフェ泊後、南相馬に向かった。

飯館村はメインルートの県道12号の周囲の除染が終わっていたようだが、また今年も雑草が茂り始めていた。生活が戻らないまま、あと幾年草刈りが繰り返されるのだろう。

この日の作業は小高区のとあるお宅で家電搬出と草刈り。募集の呼びかけに10名が集まった。最近はこんな場合の家電搬出は捨て切れなかった冷蔵庫を表に出す程度で、あとのほとんどの作業は草刈りという具合だけど、今回は家屋内からたくさんのモノ(使えなくなった生活用品)を搬出した。このように「手付かず」だったお宅がまだたくさんあるのが実情だ。
 
 
14053003

1405300414053005作業現場がセンターに近かったので戻って食事休憩することになった。そこで思い出したのが、南相馬ファクトリーの障がい者施設のひとつである「ほっと悠」が運営するカフェだ。すぐそばの小高区役所でやってると聞いていたのだ。
 
お弁当が430円。持ち帰ることもできるが、そこで食べるならお味噌汁や漬物がつく。住民はいないけれど活動を始めている小高区役所の一角には、インフラ復旧の各種作業員さん達が食事に訪れていた。ちなみにボラセンにもようやく水道が通じてトイレが使えるようになった。
 
こちらでは原町の「よつわりパン」も売られていた!!120円也。前回の南相馬訪問時に知ったよつわりパンにいきなり出会えたのだ。http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-393a.html
でも本当に四つに割れてるとは思わなかった(笑)中にはクリームとあんこがタップリ!かなり甘いけど美味しかった~♪
 
 
14053006_2

14053007作業時に名札をカラダに貼るのだがこれまでは養生テープだったのが、参加ボラさんが製作&提供してくれたというステッカーができていた。がんばろう!
 
作業が終わり、まだ陽が高くて明るい帰り道。阿武隈の低い山並みを縫って走る。今回の現場、ご依頼された方は東京に避難生活されていて、今回の作業にあわせて小高のご自宅に帰ってこられた。聞けば僕の自宅の3駅隣に住まわれている。
東京都が提供する部屋に住まわれているそうで「有難いこと、日本に生まれてよかった」とおっしゃっていたが、それを複雑な気持ちで聞いた。
そもそも東京に電力を供給する原発が無ければこんなメには遭われなかったはずなのだから。
 
最後に書いておきたいのは行けば必ずいらっしゃる東電社員さんのグループのこと。この日も40人ほどいらしてて恐らく社協さんが用意した現場に僕らとは別に向かわれていた。
僕ら一般ボラに対しては彼らについての説明は無くて、「どっか線量の高い場所に行ってるのかねえ」などと言うボラさんもいる。同じ敷地で準備などしていながら皆さんどこかしらこちらに遠慮されてる風情で、同じ復興作業に従事していながら気持ちを共有できてないのが残念だ。彼らの活動のことはは世に流れてる???東電のあり方と彼らとは関係ない。おそらく福島県民の震災被災者もいらっしゃるはずだ。なるべく「おはようございます!」「お疲れ様でした!」と声を出すようにしてる。半分ほどの方が応えてくださる。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »