« 3月 | トップページ | 立ちそば列伝(77)立ちそば処杜/仙台駅 »

2014/03/05

WG

140301011403010214030103  少しさかのぼるが、金曜土曜と連休だったので三陸は蔵内漁港に1泊4日でWGをやりに行ってきた。
 
WG=わかめ刈りである(笑)
 
途中、南三陸町では盛り土作業が大きく進んでいた。さんさん商店街を中心に駅(BRTバス停)もでき、ポータルセンターができ、ダンプが走り回り、活気が感じられた。
 
新宿を出てから11時間、蔵内漁港でもかさ上げと堤防の工事が大きく進んでいた。蔵内之芽組の皆さんはまさにわかめ加工作業の真っ最中だったので、すぐに番屋で着替えて作業に加わった。
聞けば前日まで早生種である塩釜種のわかめを漁協向けに出荷してたのだが、この日から地種の「こいわかめ」の刈り取り~加工を始めたらしい。「おおっ~!」グッドタイミングだ!!作業しつつ足元に流れ落ちてくるわかめの切れ端を口にする。初物だ!!海水で茹でただけなので塩っぱかったが歯ごたえバツグン旨かった♪
 
今年は発育が遅いそうで小ぶりではあったがメカブもお湯でシャブシャブしてかじった。旨い!午後になって作業がひと段落するとみんなソワソワ・・・・・・・・始めようか!の午後3時、久しぶりの再会を祝して宴会突入~。ホタテがかなりデカク育っていて、バケツにいっぱい剥いてくれたのをそのまま食べる。赤い卵巣、白い精巣が食べたこと無い旨み・・・・・・。
やっぱ新鮮さが違う。嬉しいけどこういうのを知ってしまうとあとがツライよね(笑)
 
 
140301041403010514030106 翌朝は6時過ぎに出港、沖に出た。去年はシケて沖に出られなかったが、今年は刈り取りができる!
わかめがついたロープを引き上げては刈り取る。何百メートルものロープから繰り返し繰り返し刈り取るのだが、刈ったロープは水面に浮くのでよく見えるようになる。
 
さて、この朝は凪いで穏やかな海だった。しかし、静かな湾内のボート釣りでも酔ってしまう僕の限界はじきにやってきた(笑)、バリバリ動いていれば大丈夫かもと思ってたんだけど・・・・・邪魔にならない船尾に行って吐く。朝からお茶しか入れてないのでぴゃっと液体を吐いてスッキリして作業に戻る。意外と脳へのダメージはなくて作業ができる。
結局2時間半のあいだに7回吐くのだけど、1回吐けば15分以上はまともに動けるのがわかって安心して吐いた(笑)漁師さんからは「おめ、なんべんも吐くけど顔色かわんねえな」と不思議がられた。「7回吐いたからラッキーセブンですよ~」などと軽くうけていたけど、後半は飲むのが面倒で水分補給しなかったので出てくるのは胃液ばかり・・・・・・おかげで食道を傷めてしまったようだ。
 
 
140301071403010814030109 2本のロープをやって帰港。こないだの大雪の低気圧は三陸でも暴れて、気仙沼では養殖イカダがやられた。蔵内でも耐え切れず切れてしまったわかめもあった。だからいつもよりは収穫少なめだったんじゃないかな?
 
浜ではおかあさん達がお湯を沸かして待ち構えていて、すぐに選別や加工が始まる。すべての段取りに無駄が無い。わかめは生き物、ほって置いたら育ちすぎて出荷できなくなってしまう。だから最適の時期に一気に刈り取る必要があるのだ。疲労が蓄積する厳しい季節でもある。
 
僕も蔵内に幾度か通って、今回で刈り取りから出荷までの全行程を体験できた。海に生えてるものをハサミでチョンチョン切って袋に入れて出荷する・・・・・・なんて簡単なものならいいのだが実際にはもっと複雑で繊細なものなんだと知った。ツライ作業もあるけど家族ぐるみ、地域ぐるみで取り組む風景は町の生活ではなかなか見られない。より一層、日々クチにする食べ物を大事にできればと・・・・・。
 
最後の画像は芽組の皆さん。ご覧の通り防水のサロペットパンツを履いているけど、みんなのはゴム引きだ。僕は軽くて小さくなるナイロン製を持ってゆくのだけど、漁師さんの眼から見ると心もとないらしい。「それ、濡れるっちゃ?」とみんな性能を疑うのだ(笑)
ちなみに僕のサロペットについては芽組の一員「ひなた3代目」のたっくんがブログに書いてくれているのでそちらもご覧くだされ~。
http://blog.livedoor.jp/kurauchii/archives/37381408.html
 
 
 
★宮城県蔵内漁港の「こいわかめ」いっしょに食べてみない?
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2013.html
 
★つながり∞ふくしまプロジェクト、ひまわりを植えよう♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html

|

« 3月 | トップページ | 立ちそば列伝(77)立ちそば処杜/仙台駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月 | トップページ | 立ちそば列伝(77)立ちそば処杜/仙台駅 »