« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014/03/29

~ころな店

140326_193226 このところ昼飯ネタと立ちそばネタが続いたけど、年度末やら消費税やらの関係で外の仕事が増えたのが原因だ。今回はそれとは関係なく外食ネタとなる。
 
ママチャリ通勤の際、たまに通る五日市街道の関前付近で気になってた店があった。ザックリした外観、看板には大きく「定食」の文字。なによりいつ営業してるのかがわからない。偶然に昼ごろ通ることがあってもやってるかやってないのか不明だったのだ。
 
夕食の外食が少ないぼくであるが、この日はたまたま夕食を摂って帰るというシチュエーションになり、最悪、独り地雷を踏めばいいやと行ってみたら電気が点いていたので、覚悟を決めてノレンをくぐってみたのだった。
 
 
140326_194451140326_194747 オーダーは外の看板を見て決めていたカツ丼750円とうどん450円だ。750円はこのお店の最高値メニューである。えっへん(笑)
 
ちなみにテーブルにはフタがついていて、これは焼肉かお好み焼きのテーブル?メニューを見てもそういったものは無いので謎だ。店内、焼き物系のお店に特有の汚さというか油っぽさは皆無だし・・・・・。
あとから入ってきた常連おじさんはウーロンハイ(だけ)を注文。こちらはたまにはノンアルで帰って家でデスクワークと決めているのに、決心がゆらゆらし始めたころ料理がやってきた(ホッ)
 
まず驚いたのはうどんの意外な華やかさ!ゆで卵・ほうれん草・カニカマ・油揚げが入ってる!メニュー名はただの「うどん」(笑)これで450円なら立ちそば店価格に匹敵する。五目うどんとでも言うべきだろうか?さらにつゆの甘さが際立っていた!僕は嫌いではないけど、ちょっとない甘みの濃さだった。ちなみにうどんそのものは普通に既製品だ。
 
カツ丼はいたって無難にカツ丼。問題ないです。こういうメニューで普通であることは大事。自宅近くの蕎麦屋のカツ丼はどうしちゃったのだろう?と思うほどあっさり味で寂しいのだ。西荻の坂本屋のカツ丼はたしかに旨かったが、常にパーフェクトなレベルを追い求めてるわけじゃない。
そんなことよりちょっと面白みがあったり個性的だったりするほうがいい。食前の料理画像にすでに写ってたのだけど、1/4ほど食べてから気づいたキャベツ!!(ここで気づいたのでわざわざ写メってる、笑)ソースカツ丼じゃあるまいし卵とじカツ丼にキャベツがはいってるとは!?もちろん複数枚入ってたのでうっかり飛び込んだキャベツではないのだ(たぶん)。
 
キャベツ入りカツ丼と出会えたから、入ってみてよかった♪
 
ところでウーロンハイおじさんが「こないだ○○時に来たらやってなかったよ」と言うのへ「ご飯切れちゃったんで閉めちゃった」というお答えがまたゆるくていい。壁には営業時間が
11:15~13:50ころ
17:00~20:30ころ
とあり、「ころ」とゆるく構えてるあたりが、いつやってるかわからない雰囲気の元だったようだ。
むさし野、また機会があれば行くと思う。問題はあのエリアで食事になる機会がほんっと少ないことだ。

| | コメント (0)

2014/03/27

大井町がすごい

140324_111200140324_111204  ちょっと前の路地やに続き、品川方面に出かけたのだけど、昼飯は久々に大井町に行ってみた。
時に11時前・・・・・ブルドックはまだ開店まで早いし、ハピネスも遠い。うろうろしていたら見つけたのが「2玉まで 替え玉無料」という江戸一の看板だった。
 
少し待って11時オープンと同時に入店。待ちながら調べた食べログに「味が薄め」とあったので無難そうな味噌ラーメンを注文した。ちなみに小ライスも無料サービスだったのであわせて注文。おまけに店に入ってすぐのとこに選べる小皿(ゆで卵半分か高菜漬け)があって、高菜漬けをチョイスした。さらに青ネギは自分で取る方式のようで・・・・・。なんかお徳感タップリ~♪
 
 
140324_111742140324_112225140324_112708 さっそく替え玉1玉めをいただく。替え玉は最初の麺より細い!?替え玉という呼び名とともに九州ラーメンぽくって違和感は無いんだけど・・・。
そういえば替え玉無料なのに有料の「大盛り」が存在するのが不思議だったのだけど、大盛りだと太い麺での大盛りなんだろうな。まあ替え玉は茹でが早く済むように細麺・・・・とでも解釈しておこう。
 
替え玉1玉めには生ニンニクを投入し、2玉めにはラー油を投入した。別に入れなくても味に飽きるということもなかったのだけど、いろいろ置いてあるのでついついネ(笑)
ちなみに塩分は多かったようで、あとでかなり喉が渇いた。でも600円でラーメン+小ライス+小皿+替え玉+替え玉だもんね。再訪ありです!近所にブルドックあり、ハピネスあり、未訪の有名ラーメン屋あり、飲み屋街の端っこにひっそり立ちそば屋もあり、江戸一再訪がいつになるかわからないけど・・・・・。
しかし大井町はすごいなあ


 
 

| | コメント (0)

奥多摩解禁

140321011403210214032103 解禁と言っても釣りの話ではない。2度の大雪以来出ていた奥多摩ビジターセンターHPの「登山自粛のお願い」が19日に消えたので、21日さっそく行ってきた。
 
奥多摩駅からすぐに石尾根に取り付くが、しょっちゅう下山路で使うのに登るのはたぶん8年ぶり2回目なので新鮮だ。おかげでいつもそそくさと通過する石仏にゆっくりごあいさつしたり、見落としてた小さな尾根を見つけて(やはり視角が変わると・・・)登ったりする。
 
標高差80mほどのプチ冒険だ(笑)。急斜面も大きな松が体重を支えてくれる。樹につかまると寒いときでも不思議に人肌を感じるのがいつも不思議だ。登りつめた小ピークは地形図の814m点、アシビが茂っていた。
 
 
140321041403210514032107  900mから残雪、まだトレースはツボ足で歩きにくい。してみると登山自粛の呼びかけは効果があったようだ。こんなに長期間踏まれていないなんて初めて見た。締まった雪、腐れ雪、クラスト気味とさまざまで疲れる。うっかり踏み抜くと膝まで入る。まだ凍結はなかったのが幸い。
 
途中から縦走路をはずれて三ノ木戸山に登る。70cmくらいの雪がついた斜面をキックステップで。奥多摩じゃないみた~い!ノートレース、誰も来てないの?(笑)
昼前後は小雪が舞う中、甘食とエスプレッソのひとときを過ごす。
 
 
140321081403210914032110  かくして一番手前の1000m級ですっかり満喫できちゃたのでありました。安上がりな・・・・・。
 
用意したアイゼンもワカンも使わずじまいで下山し、いつもの豆腐屋さんに顔を出すと「あがってお茶を飲んでいきなさい」と誘ってくださった。
雪のときは本当に大変だったようだ。ただし各谷・各集落は孤立し慣れてたので備蓄の食糧や燃料で暮らせたそうだ。だが病人ケガ人はヘリで立川や遠く三鷹の杏林まで来てたんだって!
 
その後駅前の小料理屋みやぎへ。みやぎの女将さん、雪かきに来たボランティアが、来たと思ったらすぐ昼ごはんになったと笑っていた。駆除鹿の味噌焼きをかじりながら聞いてた僕は、どこかのボラ作業でのできごとを言われたような気がして喉に肉を詰まらせそうに・・・・ゲホゲホ(笑)

| | コメント (0)

2014/03/10

かねふくめんたいパーク

140309011403090214030903 モトグッチクラブの3月定例ツーリング
 
山間部の道路状況がいまだ怪しいのでゆるゆる大洗に行くことに
 
昼過ぎに着いてしらす丼などを食べ
 
めんたいパークで工場見学&試食(笑)
 
津波被災時のパネル展示もあった
 
しかし、観光や食品関係の産業再興とか
 
消費地からの距離の影響大きいよな~

| | コメント (0)

2014/03/07

コメダ珈琲

Cazxrk5t コメダ珈琲
 
去年吉祥寺店ができて初めて知ったのだけど、けっこう有名なチェーン店だった。なんでも名古屋方面では当たり前(?)のあんこトーストなるものがあるらしい。ではではさっそく出勤前にモーニングと思ったところ吉祥寺店にはチャリを停める場所が無い!!
 
そこで調べてみると・・・・・なんと自宅からチャリで5分のとこにコメダ(花小金井店?)ができていた!!!あるのはわかったもののなかなか行くチャンスが無かったんだけど、今日は奥多摩に行くつもりがナント雪崩の恐れありで「入山自粛要請」が出ていて断念!ポッカリ時間が空いたのでようやくコメダに行くことができた。
 
オーダーは迷わずアメリカン+モーニング+小倉で500円!
 
しかしね、半トーストに対してあんこの量が多かった~(笑)どのタイミングで茹で卵を食べたらよいのかわからなくなってしまった・・・・・・。
まあこれは僕にとってあんこが多かっただけなので、あんこトーストは美味しいし安いし雰囲気いいしくつろげるし。安くて客の回転悪くてそれでも店が増えてゆくコメダマジックは本当なのでありました。

| | コメント (0)

2014/03/05

WG

140301011403010214030103  少しさかのぼるが、金曜土曜と連休だったので三陸は蔵内漁港に1泊4日でWGをやりに行ってきた。
 
WG=わかめ刈りである(笑)
 
途中、南三陸町では盛り土作業が大きく進んでいた。さんさん商店街を中心に駅(BRTバス停)もでき、ポータルセンターができ、ダンプが走り回り、活気が感じられた。
 
新宿を出てから11時間、蔵内漁港でもかさ上げと堤防の工事が大きく進んでいた。蔵内之芽組の皆さんはまさにわかめ加工作業の真っ最中だったので、すぐに番屋で着替えて作業に加わった。
聞けば前日まで早生種である塩釜種のわかめを漁協向けに出荷してたのだが、この日から地種の「こいわかめ」の刈り取り~加工を始めたらしい。「おおっ~!」グッドタイミングだ!!作業しつつ足元に流れ落ちてくるわかめの切れ端を口にする。初物だ!!海水で茹でただけなので塩っぱかったが歯ごたえバツグン旨かった♪
 
今年は発育が遅いそうで小ぶりではあったがメカブもお湯でシャブシャブしてかじった。旨い!午後になって作業がひと段落するとみんなソワソワ・・・・・・・・始めようか!の午後3時、久しぶりの再会を祝して宴会突入~。ホタテがかなりデカク育っていて、バケツにいっぱい剥いてくれたのをそのまま食べる。赤い卵巣、白い精巣が食べたこと無い旨み・・・・・・。
やっぱ新鮮さが違う。嬉しいけどこういうのを知ってしまうとあとがツライよね(笑)
 
 
140301041403010514030106 翌朝は6時過ぎに出港、沖に出た。去年はシケて沖に出られなかったが、今年は刈り取りができる!
わかめがついたロープを引き上げては刈り取る。何百メートルものロープから繰り返し繰り返し刈り取るのだが、刈ったロープは水面に浮くのでよく見えるようになる。
 
さて、この朝は凪いで穏やかな海だった。しかし、静かな湾内のボート釣りでも酔ってしまう僕の限界はじきにやってきた(笑)、バリバリ動いていれば大丈夫かもと思ってたんだけど・・・・・邪魔にならない船尾に行って吐く。朝からお茶しか入れてないのでぴゃっと液体を吐いてスッキリして作業に戻る。意外と脳へのダメージはなくて作業ができる。
結局2時間半のあいだに7回吐くのだけど、1回吐けば15分以上はまともに動けるのがわかって安心して吐いた(笑)漁師さんからは「おめ、なんべんも吐くけど顔色かわんねえな」と不思議がられた。「7回吐いたからラッキーセブンですよ~」などと軽くうけていたけど、後半は飲むのが面倒で水分補給しなかったので出てくるのは胃液ばかり・・・・・・おかげで食道を傷めてしまったようだ。
 
 
140301071403010814030109 2本のロープをやって帰港。こないだの大雪の低気圧は三陸でも暴れて、気仙沼では養殖イカダがやられた。蔵内でも耐え切れず切れてしまったわかめもあった。だからいつもよりは収穫少なめだったんじゃないかな?
 
浜ではおかあさん達がお湯を沸かして待ち構えていて、すぐに選別や加工が始まる。すべての段取りに無駄が無い。わかめは生き物、ほって置いたら育ちすぎて出荷できなくなってしまう。だから最適の時期に一気に刈り取る必要があるのだ。疲労が蓄積する厳しい季節でもある。
 
僕も蔵内に幾度か通って、今回で刈り取りから出荷までの全行程を体験できた。海に生えてるものをハサミでチョンチョン切って袋に入れて出荷する・・・・・・なんて簡単なものならいいのだが実際にはもっと複雑で繊細なものなんだと知った。ツライ作業もあるけど家族ぐるみ、地域ぐるみで取り組む風景は町の生活ではなかなか見られない。より一層、日々クチにする食べ物を大事にできればと・・・・・。
 
最後の画像は芽組の皆さん。ご覧の通り防水のサロペットパンツを履いているけど、みんなのはゴム引きだ。僕は軽くて小さくなるナイロン製を持ってゆくのだけど、漁師さんの眼から見ると心もとないらしい。「それ、濡れるっちゃ?」とみんな性能を疑うのだ(笑)
ちなみに僕のサロペットについては芽組の一員「ひなた3代目」のたっくんがブログに書いてくれているのでそちらもご覧くだされ~。
http://blog.livedoor.jp/kurauchii/archives/37381408.html
 
 
 
★宮城県蔵内漁港の「こいわかめ」いっしょに食べてみない?
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2013.html
 
★つながり∞ふくしまプロジェクト、ひまわりを植えよう♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »