« 2月 | トップページ | 僕の手の中で »

2014/02/09

雪見○○

140207011402070214020703 火曜に降った雪が融ける前にアレをやりに行かねば!!!と金曜に張り切って山に行ったのだが、なんと土曜にそれを上回る雪が降ってしまい・・・・・まあいいや書くだけ書きましょう(笑)
 
ともかく、3日間で人に踏まれていなくてあまり疲れないのはどこならん?とひねり出した答は惣岳山の青梅側の尾根だった。
 
軍畑駅から登り始める前半が複雑なので、踏み跡が雪で隠れていたら地図読みが楽しかろうと思ってたのに、ずいぶんしっかりした道形があった。ちなみにこの日見た山名標は「485m物見山」だけだった。あと里近いこのエリアでもウサギの足跡などもあり目を楽しませてくれた。
 
 
14020704_21402070514020706 600mを越え、いよいよ惣岳山に近くなると場所によっては20cmという感じになった。
植林が切れて高水山や岩茸石山が見える斜面があったのでそこで休憩、例のアレ、鍋焼きうどんを作った。
 
天ぷらを用意するのがともかく厄介なので、油揚げで代用、代役は合格だった(笑)
猫舌なので日ごろはあまり熱々を望まないのだけど、これだけは別!!食べてるうちにみるみる冷めていくしネ。
 
 
140207071402070814020709_2 食後は沢井尾根に出て、再び軍畑に下る。沢井駅への標識をゴクリと生唾飲み込んでやり過ごし尾根道を直進した。
 
そのあとが問題だった。
500m圏で進路が北に向いたことに気づいた。目標は西。「ふふふ、騙されないゼ!」と少し登り返して見落としていた西向きの急坂を降った。がそれで満足したのが間違い。目標は南西、もっと丁寧に見ていればそれに気づいて、さらに登り返してもひとつ隣の尾根を見つけられたはずなのだ。
 
標高ではもっと緩やかな地形が現れるはずがキツイ斜面が続いて「これはやっちまったナ」と気づく。じきに谷久保沢の林道が見えてきて、支沢を経由して無事降りることができた。林道があっても尾根末端が崖だったら降りられないからね~。
反省の舗装路歩きを経て小澤酒造にたどり着く。目当てのお酒を入手して湯豆腐で本地酒をキュキュキュッと。あの尾根、も一度行かないと・・・・・。

|

« 2月 | トップページ | 僕の手の中で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月 | トップページ | 僕の手の中で »