« ようやく年末モード | トップページ | 正月山行の1、行者小屋まで »

2014/01/01

1月

140101011401010214010103_2 いつももっと早くにと思うのだけど、9時起床10時発の正月朝練。思いのほか南寄りの風が強くてギアを一つ落として走りました。
 
近所の方が代わる代わる詣でる神明社の鳥居にはなぜかハーレーのおもちゃが置かれていました。
 
 
 
140101041401010514010106 小金井公園では毎年恒例の市民マラソンの真っ最中。今朝は気温が高かったので走るにはチト暑かったのではないかな~?
 
玉川上水は鬱蒼と草木に覆われているので、この冬枯れの時期でないとあまりよく見えないのです。きれいな水が流れていました。
 
 
140101071401010814010109 井の頭公園、風景をさえぎる無粋な構造物ができてしまった・・・・・・恐らく水質改善のためのものではないかと思うけれど未確認だ。
 
弁天さまには以前より長い行列ができていた。武蔵野吉祥七福神人気が高まったのか?一方、行列ができないお地蔵さまはひとり風に吹かれていらした。「わしゃいつも通りだよ」

問題は井の頭を離れたあとだった。7~80歳とおぼしきおかあさんが倒れて

いるとこへ差し掛かったのだ。なんでも敷石をわずかに踏む外して転んで手をついてしまい、右肩

周辺が非常に痛いとのこと。痛い肩を中心に頭と身体を丸

め込む様子はまさに鎖骨あたりをやってしまった雰囲気。

救急車を呼んで待つあいだ、腕を固定したまま安楽姿勢をとらせ

てあげたら「痛いとこは動かしちゃいけないのよね」とお

っしゃる。そんなことをご存知な上にトレッキング

シューズ、フリース、カリマーのザックというカッコイイ

出で立ちなので聞いてみたらやっぱし「山では転んだこと

もないのにこんなとこで転んじゃって」と。そうなんですよね。断崖絶壁でなくても街中の3cmの段

差だって事故は起きる。肝に銘じました。
 
おかあさんを救急隊に委ねてふと気づくとカラダが冷え冷え

!!!汗かいたままじっとしてたからね。暖かい日で

よかった。年頭いきなりのできごとに、今後もいつでもどこでも

立ち止まれるか?的確な行動をとれるか?自問しながらの

帰り道になった。おかあさんは残念な新年になってし

まいましたが、怪我しながらも声は腹から出ていた豪傑タ

イプのステキな方だったので頑張ってくださることでしょ

う。
 
 
 
 「勧 酒」  干武陵 作
  
君に勧む 金屈巵
 
満酌 辞すべからず
 
花発いて風雨多く
 
人生別離に足つ
 
 
「勧 酒」  井伏鱒二 訳
 
コノサカヅキヲ受ケテクレ
 
ドウゾナミナミツガシテオクレ
 
ハナニアラシノタトエモアルゾ
 
“サヨナラ”ダケガ人生ダ
 
今年も同じ新年の言葉を書いておきます。いつさよならがあってもいいように歩んでいけたらと・・・・・。

|

« ようやく年末モード | トップページ | 正月山行の1、行者小屋まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく年末モード | トップページ | 正月山行の1、行者小屋まで »