« Grigna = みずがき | トップページ | 立ちそば列伝(72、73)○/西新宿、地下鉄そば/方南町 »

2013/10/22

まさかの日帰り岩手ボラ

131018011310180213101803 先週火曜日にはまセン仲間から届いた一通のメール。「今度の金曜、岩手にボランティアに行きません?」
 
えっ?岩手!?
「仙台駅に5時くらいに来てくれたら大丈夫です」
 
大丈夫って何を無茶な!・・・・・・・あれ?でも仙台5時くらいなら行けるか・・・・・・・ととりあえず深夜バスの仮予約をして。帰り道の打ち合わせを続ける。
 
「終電までに水戸に送ります。雪が降る前に片付けてあげたいので・・・・」
〜〜〜〜〜っ!雪が降る前にとか弱いとこ突いてくるねぇ。
 
てなわけで金曜朝6時前に仙台を出発、雪を被った岩手山を北に回り込んで松川温泉に9時に到着した。
 
活動先は渓流沿いの松楓荘、僕好みの雰囲気♪だけどこの渓流が氾濫して松楓荘の1階部分を泥で埋めてしまったのだ。
 
 
131018041310180513101806 作業現場は渓流の向こう。長靴じゃアウトと聞いてたけどウェダーなんか持ってないのでビーサン渡渉した。
焚き火に当たりたいくらいな気温だったんで水もそれなりに冷たかったゾ。
 
対岸にあるのは露天の岩風呂だ。せっかくの岩風呂は土砂で埋まり、吊り橋も流された。「いつの話?」という方も多いだろう。京都に被害をもたらした台風が北上してここにも爪あとを残して行ったのだ。そしてこの岩風呂の掘り出しももう一息!。ここで継続作業してきた仲間がその締めくくりに誘ってくれたというわけ。
 
昼ごはんは宿のほうに戻るのだが、つまりまた渡渉・・・(笑)
その様子を日帰り入浴のお客さんたちが面白そうに見ている。そう、ここは15日に一部営業再開したのだ。まだ畳や床板が無い部屋があったり、厨房の整備なんかもやりながらの再開だけど、作業しながら見てるとかわるがわるたくさんお客さんが来ている!立派じゃなくても人気の温泉なんだね。
 
昼ごはんはいつものようにカップラーメンなど用意していったのだけど、宿のほうでもいろいろ用意してくださった。ありがたや~ 
 
 
131018071310180813101809 問題の岩風呂はなんとかカタチをつけることができた。来春雪が融けたら吊り橋もかけなおすというので、その下準備くらいにはなったかな?
 
作業後、お風呂に入らせてもらった。硫黄の濃い匂い漂う、趣のある浴室だ。温度もかなり高い。アツッ!!こんなステキな温泉付きのボラ無いよね。
 
宿のおかみさんと記念撮影後、帰路に着いた。ここはいつかきっと泊まりに来たいなあ。こう言ってしまうと興を削いでしまうかも知れないが、僕は温泉そのものには実はあんまり興味ない。 でも浴室も含めた建物の雰囲気やその自然なたたずまいには惹かれるのだ。ボロい分にはまったく構わない。米沢の笠松旅館の常連だからネ(笑)
 
さあ!帰ろう!
16時、西根ICから東北道に乗る。僕が軽自動車を運転。
最初は二本松で浪江焼きそば食べようとか、水戸の納豆カツ食べようとか、いろいろ言ってたんだが岩手はデカイ。仙台では工事車線規制にも遭遇して目標の水戸21時半着がビミョーになってしまった。そこで急遽行き先を宇都宮に変更。なんとか地元に帰る終電に間に合った。
 
岩手日帰りなんて成立させてしまって、良かったのか悪かったのか?(笑)
21時台の宇都宮発上野行き・・・・・・旅情そそるシチュエーション・・・・・・と思ったらボックス席じゃないし通勤通学のひとたくさん乗ってくるし!!ビール飲みにくいったら!
 
でも飲んだけどネ!2本め開けたら向かいの女の子が口あけて見てた。構っちゃいられないけどネ!

|

« Grigna = みずがき | トップページ | 立ちそば列伝(72、73)○/西新宿、地下鉄そば/方南町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Grigna = みずがき | トップページ | 立ちそば列伝(72、73)○/西新宿、地下鉄そば/方南町 »