« 越谷竜巻災害ボラ | トップページ | 立ちそば列伝(68)渋谷/そば処信州屋 »

2013/09/10

立ちそば列伝(67)新秋津/木曽路

0s020s01  越谷に2日連続で通ったわけだが、途中、西武池袋線から武蔵野線に乗り換えた。その武蔵野線新秋津の駅前に古い感じの立ちそば屋「木曽路」があった。
 
乗り換え時間に余裕がないので店に入ってやおら「天ぷらそば」を注文し、それからゆっくり店内を見渡すと・・・・・「あれ?」メニューほとんどが300円なんですけど・・・・?
天ぷらそば300円、かけそばも300円、これはどういったわけだろう?
 
まあともかくいただこう。天ぷらはつゆに浸ってクシュクシュと崩れてゆく。カップ麺に入ってる天ぷらそのものだ。300円だから文句はないが、今どきは珍しいダメダメ感が漂う(嬉)
つゆは朝一にはキツイ単調な辛いつゆだし、これは昔ながらと言っていいのではなかろうか。
 
「いってらっしゃい!ありがとうございました!」と送り出されたものの「かけそばも300円」の謎が頭から離れない。かけとは言いながらわかめが入ってるとか鰹節が乗っかってるとか、何かあるはずだ!明日再訪を誓って越谷に向かった。
 
 
0s030s04 翌日、乗り換え時間をたっぷり確保して木曽路に向かった。注文するものは決まっている。「かけそばください!」
 
すると店のおばちゃんが応えた
「ウチは値段が同じだから何か乗っけたら?」
 
ガク~ッ!!
なんのカラクリも無いの!?と思いつつ、壁のメニューの上を目が泳ぐ。結局コロッケそばを注文した。

木曽路が仕掛けた最後のサプライズはコロッケが「カレーコロッケ」だったことかな。しかしこの値段設定はなんでだろうね(笑)全体の安っぽさも先日同様。「ごちそうさまでした~!」と店を出ると「いってらっしゃ~い!」と声が追いかけてきた。
 
当てが外れて失敗・・・・というほどのことでもない300円均一の立ちそばなれど、2日にわたり楽しませてもらった♪

|

« 越谷竜巻災害ボラ | トップページ | 立ちそば列伝(68)渋谷/そば処信州屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 越谷竜巻災害ボラ | トップページ | 立ちそば列伝(68)渋谷/そば処信州屋 »