« 体感ア​ー​ティ​スト立松正宏さん | トップページ | 立ちそば列伝( 44の2)寄居PAくだり »

2013/08/25

川内村で玉ねぎ

130823011308230213082303 金曜の朝、R399をいわきから川内村へ北上していた。
 
ビバ3ケタ国道!クルマがほとんどいなくて快走可能だ。ちなみに昨夜は仕事を終えてから国道6号を北上、谷和原から日立中央間の100kmだけはETC割引を使い、いわきのネットカフェまで走った。
 
村内で、福島第一から25kmほどのモニタリングポストでは0.147マイクロシーベルト/時を示していた。これはさらに遠い郡山市よりも低い。しかし全村避難を解除しても戻らない方は多く、また震災被害も少ないのでボランティアもあまり来ないという少し寂しい地域なのだ。
 
待ち合わせの川内村役場には30分早く着いて、駐車場で身支度していると雨がポツポツ降ってきてしまった。すると役場の方が出てきて「故障でもしたの?あっちに屋根のついたガレージあっから入りなさい」と勧めてくださった。あったかいなあ・・・・・・
 
 
130823041308230513082306 実は今回は玉ねぎの植え付けに来たのだ。岐阜の種苗メーカーさんが以前より東北各地の仮設住宅に野菜のプランターを届ける活動をしていた。畑を捨てて仮設にきている方々の気晴らしのために。今回はこの地域での農業再興へのチャレンジのひとつとして玉ねぎ作りを始めることになったのだ。
 
敷き詰めている発泡スチロールの穴には土と玉ねぎの種が入っている。これをハウスで囲っておく。芽を出した玉ねぎは下の土に根を伸ばしてくれるというわけ。作業はいたって軽便、労働力が足らない農家でもやりやすいのかな?
ともかく今回やってみて、収穫できたら線量も測って、みんなで美味しく食べてみようということで、そのときが楽しみだ。
 
 
130823071308230813082309 作業後は宿泊所の「いわなの里」のコテージへ移動、晩飯はBBQだ。
 
この「いわなの里」、もしかして?と思って行ってみたらやはり数年前に来ていた!2008年のスコ研で山形の帰りに寄っていたのだ。http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_95c1.html
ほんの5年前のことなのに、あのときと今では状況が違いすぎるよ・・・・。 
 
さて、翌土曜日は出勤・・・・・・・5:20にコテージを出発した。作業が終わってから泊まらずに普通に帰れたんだけど、BBQ&ビールの誘惑には勝てなかったヨ。そもそも今回は「はまセン」のボラ仲間からのお誘いの時点でBBQありきだったしネ(笑)
 
来るときとは違い、県道36を小野へ向かう。途中、「インターへは右折」の標識を無視して調べておいた145号に入った。狭くても最短と踏んでいたのだ。このルート、峠越えから谷あいに、田んぼや点在する家を縫いながら遠くに田村南部の家並みを見下ろしつつ走るというなかなかいい道だった。しかも太陽を背に、虹まであらわれて・・・・・じきに虹を作った雨に突入することになるのだが(笑)
 
常磐道はガラガラ、首都高では三郷~箱崎までビッシリの渋滞に魂を吸い取られ、それでも9:00に高井戸に到着した。
 
川内村にはまた行くことになりそうだ。



★宮城県蔵内漁港の「こいわかめ」いっしょに食べてみない?
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2013.html

★つながり∞ふくしまプロジェクト、ひまわりを植えよう♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html

|

« 体感ア​ー​ティ​スト立松正宏さん | トップページ | 立ちそば列伝( 44の2)寄居PAくだり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体感ア​ー​ティ​スト立松正宏さん | トップページ | 立ちそば列伝( 44の2)寄居PAくだり »