« 川内村で玉ねぎ | トップページ | みたかの秋味 »

2013/08/29

立ちそば列伝( 44の2)寄居PAくだり

130817_003458 寄居PAの前に・・・・・
 
2月にわたって深夜に東北道の佐野SAのぼりで食事するハメになり、かきあげそばをオーダーした。かきあげには海老が入っているぶん600円という底上げ価格だ。それはいいとして、2度行って同じ轍を踏んだことを書こうと思う。
 
SAPAのスナックコーナーでで食事された方はわかると思うが、定食よりラーメン、ラーメンよりそば類のほうが早い。で、僕はいつもながらでもあり、そばをオーダーする。佐野という場所柄、ほかのお客はほぼラーメンをオーダーしていて、僕は「バカだね~、ラーメンは時間かかるのに猫も杓子も・・・・」とほくそ笑んでいた。
 
・・・・・が、ここのラーメンは出てくるのが異常に早かったのだ!逆に僕のそばは冷凍であるがゆえに昔に比べればそこそこ時間がかかる。正確に測ったわけじゃないけど、僕の1杯とラーメン6杯が同じタイミングで出てきてビックリした!!ちょっと大げさかな?(笑)
 
これを見て1ヶ月前も連れのラーメンが僕のそばより早かったのを思い出した。見てるとラーメン担当は常に6杯づつのラーメンを作り続けてた感じ。ムダのない動き!くらべて隣のそばうどん担当のゆるゆるした動き・・・・・(いやたぶんコレ先入観のせいかと・・・汗)
 
でもね、少なくともここのラーメンの発注量にあわせて早茹で麺を開発したに違いない!!そう思わせるほど早かった。
(まあよそのSAでもラーメン作るの観察なんかしてないし思い込みたっぷりだけどね、ともかく一度は佐野SAでラーメンを食べてみようと思う)
 
 
130826_115702130826_115836  そろそろ寄居PAに戻りましょう・・・
 
群馬に出張で現地のC級グルメを楽しみにしてたんだけど、環八の鬼渋滞にあい、ここで昼のタイミングを迎えたのだった。
 
それでもかけそばで小腹を落ち着かせて、あとで現地グルメかな~?と思ってたのだが、「カツ丼そばセット850円」と「ライス大盛り無料」の合わせ技にノックダウンしてしまった。
 
なにより「全カツ丼&全そば」なのがうれしい!
ミニカツ丼とか半ラーメンの「ミニ」や「半」が嫌いだ!!(笑)質素でもいい、「全+全」であって欲しい。
 
カツ丼・・・・・ウチの近くの蕎麦屋さんでごくたまに出前とるんだけど、味がおとなし過ぎてボヤケててさみしい。あれよりはるかに旨い!
 
かけそば(本題)・・・・・以前も書いたが乱切り田舎そば風。太さに応じた歯ごたえが好み。そして今回気づいたのが、つゆの懐かしさだ。丼に顔を近づけた途端に香るダシにまず気がいったが、口にしたツユの醤油強さと辛さがちょっぴり昔のダメダメ駅そばを思い出させてくれたのだ。食後2時間ほど口が水分を要求したのもどこか懐かしい(笑)
ここはもしや地元飲食店が営業してるのか?と食後ハイウェイウォーカーで確認したら、意外にも(株)ネクスコ東日本リテイルという大きな会社であった。
 
ここでうどんを食べたらうどんが黒く染まるかもね?昔のってそんなだった気がしない?って悪口っぽく読めるかも知れないけど、僕は肯定的に書いてるつもりです。
 
この個性が作られたものでも「いい」と思わなければいけない時代なのかも。オートバイもスムーズ&クリーンだけを追い求めるだけでなく、わざと「味」のようなものをライダーに感じさせる段階に来てるそうな。またそれができてしまうのだ。性能や機構のバランスの限界を感じ取る味ではなくても、電子制御を駆使してそれと錯覚させてくれる。
 
立ちそばでもわざとつゆを煮詰め過ぎたりすれば僕みたいな変態が喜ぶのか?(笑)

|

« 川内村で玉ねぎ | トップページ | みたかの秋味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川内村で玉ねぎ | トップページ | みたかの秋味 »