« 蔵内で、ひたすらわかめ | トップページ | 立ちそば列伝(18の2)鮎沢PA、とツーリング »

2013/04/12

東西 食の融合!?

130412021304120313041204 ばろんどーるカフェの木村さんが蔵内のこいわかめを注文してくださったので今日届けに行った。
 
もうばろんもここに移って5年だそうで・・・あっという間ですね~。
 
その帰りに町田名物を買って帰ったのだ。白っぽいブツがそれ。え?ソーセージじゃないよ!お店は優しそうな老夫婦がやってらっしゃいました♪ハム類もいろいろ、揚げ物もいろいろ。
 
 
130412051304120613041207 これは「成瀬ぎょうざ」というシロモノなのだ。ぎょうざである証拠に餃子のタレがついている(笑)
 
餃子の具をソーセージの皮に詰めてある。ドイツ&日本・・・・じゃない中華か。太いのと細いのがあって両方買ってみたが、大きさだけじゃなくてどうやら中身も違ったみたい。太いのは赤くて肉肉しい。細いのはもっとぎょうざの具っぽい。細いほうが美味しかったかな?特別な具材や製法というわけではなく味は普通に餃子、組み合わせの妙ですな!
 
あと主食にはわかめペペロンチーノを作ってみた。時々名前を出してるけど蔵内の西さんが開発したのだ。イタリア&三陸ですな。
 
シンプルにオリーブオイル・ニンニク・鷹の爪・塩だけで味を調えて最終段階でわかめをぶち込む!わかめの芯も入れる!うまい!まいう!
 
というわけで今日の晩御飯は東西の食の融合(笑)を見たわけだが、見た目の洋食っぽさに反してワインはさっぱり合わず、あわててビール風味の栓をあけたのだった・・・・・。

|

« 蔵内で、ひたすらわかめ | トップページ | 立ちそば列伝(18の2)鮎沢PA、とツーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蔵内で、ひたすらわかめ | トップページ | 立ちそば列伝(18の2)鮎沢PA、とツーリング »