« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013/04/28

南相馬ボラ、下道を検証してみる

C11C12 バイクで来れるようになったら・・・と期していた南相馬行きを再開させたようと26日は早くから狙っていたのだけど、この日はニーズ無しとボラセンブログに掲載された。まあいい、会いたい方々もいることだし行こう♪4月からいわゆる高速無料パスが発行されなくなったので下道ならどんな具合かも試そう♪
 
それで白河でラーメンを食べる流れになったのだ。白河まで高井戸から4時間、いいねえ4号バイパス!ほとんど高速道路!お金を払って本物にのる気がしない。
 
郡山のバイパス沿いネットカフェには23:20到着、いわきで作った会員証がまだ生きてた。それにしても隣に24hのディスカウントスーパーがあるなんて素晴らしすぎる!!(笑)
  
初日の走行245km、翌日は7:30に出発して約2時間、現場から遠かった鹿島区から、ついに居住制限区域の小高区に前進したボラセンに挨拶に行った。立ち上げ1週間でまだバタバタしてる様子だ。トイレは仮設、電気だけが来てて照明は点いてたけど自動ドアは手動だった。
 
 
C13C15 南相馬の自立研修所えんどう豆さんにも行った。
 
ここは朝市で売ってる「さをり織り」や皆さんご存知の缶バッジを作ってるところだが、いつもはボラ活動のあとの夕方にちょこっと立ち寄るだけ、まっ昼間にゆっくり来るのは初めてなので、皆さんのお仕事の様子を見学させていただいた。
 
皆さんの障がいの程度はさまざまなようで、サクサク手仕事ができる方もいれば何かが気になってすご~~~~くゆっくりでしか前に進めない方もいる。スタッフさんはそれにいちいち逆らわずにできることだけやってもらうように「提案」を優しく重ねてた。効率ということは計算できない。こういうところでの仕事を少しでも売り上げにつなげることがいかに大切かわかった。
 
 
C17C18 画像は草に覆われてゆくJR常磐線
 
さあ、帰り道も検証しないとならない。ホントはまっすぐ南下したいところ、原発があるので迂回しなければならない。
 
いったん二本松に出て4号へ、須賀川から118号へ、矢祭から349号へ、那珂インターから高速へ。ほとんど雨、ときおり豪雨というコンディションのなか、南相馬から小休憩こみで5時間半だった。ボラ活動をした場合、16時に出たら21時半で那珂インター、自宅には23時着という計算が立った(夕食抜きの計算だけど、泣)
 
4号で行けば、宇都宮あたりからドカンとペースアップできそうだけど、水戸に向かえば栃木のシャレにならない夕立を避けられるかもしれない。
 
この日の走行485km、トータルで730km、うち下道600km高速130kmで高速代1800円、ネットカフェ1200円、経費削減いいんじゃな~い?
燃費もめっちゃよかった!カリフォルニアは高速では「走る空気抵抗」になるので高速巡航では11km/lそれが下道では18km/lまであがった♪
 
 
そうだ!東京の桜も散って気候をちょっとナメて薄着だった僕、氷雨に冷えて持ってるもの全部着てもまだ寒かった。そんな僕に棚倉町の大きな野菜販売施設の店員さんが古新聞を恵んでくれたのだったのだ。久々に新聞を着たナ、あったかかったナ、何も買わなかったのにナ・・・・

| | コメント (0)

2013/04/27

なぜかメガ盛り系2連?

C01C02  木曜深夜に国道4号線を北上中、トラック野郎(古い?)が集う深夜食堂の名店を夢見つつも見つけられないままに那須を通過。東京は桜も散ったので勘違いの薄着(笑)気温10度を示すオレンジの光列を見ながら白河に入って「あじ平」というちょっとヤレた感じのラーメン屋を見つけた!!
 
「ライス無料」の看板と寒さで即決!!写真入りメニューの見た目のインパクトに惹かれて肉醤麺(ルージャンメン)の大盛りを味噌味でオーダーした。「ライスつけますか?」「つけますっ!」
 
出てきた肉醤麺(大)はなかなかの迫力!麺もやや太めで好み!具たくさん!いただきま~す♪
 
 
C03C04  けっこう美味しい!バクバクと食べ進むが、表面をギットリ油の層が覆っていてスープがいつまで経っても熱い!サービスのライスは味付けだったが、スープのこってりさに負けて味を感じないので、後半、肉醤麺の具をオンザライスしていただく。
 
ちなみにいつもスープは飲み干すのだけど、熱さとこってりさに負けて珍しく半分ほど残してしまったのは不覚だった。このあと郡山まで走ったのだけど、口にいつまでも塩気が残ってた。次回はシンプルに醤油をいただこう♪ 
 
 
 
 
C05C06  さて続いて翌日金曜の昼、国道6号線は道の駅南相馬の少し南、「とんかつ大甕」(おおみか)に行った。
 
いつも鹿島区にあるボラセンから小高区の作業現場へ移動するさい前を通るのだ。1日2回この店の派手な看板を見ていながらここで食事するチャンスがなかったので、ついに念願の!!というわけ(笑)
 
古びた看板の下に「めしおかわり自由」と書かれているステキなお店だ。
 
 
C07C08 オーダーは「エビ・ハンバーグ」980円だ。本当はミックスフライやトンカツを食べてみたいお店なのだが、このとき既にお土産兼晩御飯のメンチカツ等をたっぷり買い込んでしまっているので全揚げ物は回避したのだ。 
しかしこれは失敗だったかな?エビフライ・・・・・ハンバーグ・・・・・ともにイマイチだった(泣)いつの日か再訪して他のメニューで再検証したい。
 
ちなみに「おかわり自由」のライスはご覧の通り、お櫃で提供される♪イマイチと評したオカズではあったがライスは完食。タクワン3切れ余らせてしまった(笑)最後にインスタントコーヒーをセルフで飲める。
 
再訪時には何を食べようか?他の方が食べてたカツカレーが気になったが、
 
「カレーだとライスおかわりは可能なのだろうか?」
というさもしい疑問を胸に抱いているので、やはり注文することはないだろうな・・・・。

| | コメント (0)

2013/04/24

もろもろと、立ちそば列伝(59)そばよし、日本橋

C01C02C03 金曜の話なのだが、久々にイタリア映画を観てきた。 
 
そこで見つけたチラシ、やはり震災・原発関連の題材が目を引く。「ガレキとラジオ」はすでにメディアへの露出もあるが、ドキュメンタリーの「飯舘村」が気になるなあ。雨の金曜日があったら行ってみようか。
 
そしてこちらも久々に、上野にヘブンアーティスト立松正宏さんに会いに行った。 
場所は不忍池の南端で人通りがいまいち少ないうえに、冷たい風が吹いていてお客さんがあまり立ち止まらない・・・・・・苦戦のご様子だった。
 
でもGWはいい場所が取れたそうなので良かった。あとは天気次第・・・・。皆さん気が向いたら体感しにいってみてください。http://blogs.yahoo.co.jp/tatexylophone/MYBLOG/yblog.html
 
 
C04C05C06 上記の移動の途中、日本橋の有名立ちそば店「そばよし」に行ってみた。ここは鰹節問屋の直営なのだ。
 
ちょうど昼どき後半、行列ができていた。最後尾に並んで待ちながら、「それほど香らないな?」と思ってた。問屋直営だからもっとブンブン香ってるのかと妄想たくましくしてたのだ(笑)
えっ!?オマエの鼻が悪いだけだって?マジでそうかもしれません。そんときはごめんなさい~。
 
あいもり470円のチケットを買うとそば2枚もりにチェンジできるらしいのでそうする。・・・・・がチケットを買ってから皆がライスに店内備え付けの鰹節粉をかけて食べてるのに気づいた!!し、しまった!!不覚っ!!
 
いや、食べるしかないでしょう(笑)さいわい小ライス70円があった♪
 
そばは更科風?でパリッとしてる。つゆは普通に美味しい。ライスは粉をかけすぎたようで、ちょっぴりエグイ感じになってしまった。これは失敗、ほどほどにしたらもっと美味しいはず。
 
 
C07C08C09そして最後に僕が乗るモトグッチの町、マンデッロ・デル・ラーリオからやってきた友人と合流した。
 
そしていつもと同じハシゴ酒に連れ出す。ハモニカ横丁の居酒屋からオデン屋台など。スシ・スキヤキ。ゲイシャとかにお連れしようにも僕自身がそんなん知らないんだから仕方ないネ!
 
まあでも楽しんでもらえたようで、屋台では熱燗のダシ割りにも挑戦(自分でオタマを持ってるのは店主了承済みヨ)し、帰り際に「滞在中もう一回飲みに来たい」となった。ハハハ。
 
で最後の画像は月曜日。朝市で知り合った在日ミラノ人も誘ったんだが、なんと彼は1杯めから「アワモリ・ロック」をオーダー。彼らワインとか飲まないのネ?(笑)
 
食べ物もからあげ・焼きそば・納豆オムレツ・・・まあいいでしょう!

| | コメント (0)

2013/04/18

パンチョ再び

1304080113040802  ふと通り掛かったら、ミートソースもあることに気がついてしまい・・・・・・吉祥寺パンチョに再訪~。
 
当然オーダーはミートソース大(600g)
なんだけど、大を食べるのにトッピング無しも申し訳なくて卵のせ♪700円
 
大盛り感を出そうと横から撮ってみたりするんだけど、イマイチ大盛り感がない。パスタが太いからかな?
 
 
1304080313040804 少し食べ進めてから卵を割る。まいう~
ちなみに本当は目玉焼きが乗るんだけど、メニューに「裏メニュー生卵」 と書いてあったので生卵にチェンジしてもらった。メニューに書いたら裏じゃないじゃん(笑)
 
ミートソースは意外にもまろやかにまとまった味でするすると胃に収まってゆく。タバスコやチーズをかけるのを忘れたままに完食。
 
正直、あと2~300gはいけたかも。ナポリタンのときよりも軽かったのは、油使用量かな?そしてミートソースで気づいたのはパスタ自体が意外や美味しいこと。ミートソースで再訪するかもね~♪
全部乗せでもいいかも♪(エビフライやらハムカツやらベーコンやら)

| | コメント (0)

2013/04/17

立ちそば列伝(58)だし庵、港北PA上り

017 前回港北PA下り線でそばを食べ、用事をすませた帰り道、トイレに港北PA上りに寄ったらなんと!?
 
だし庵という立ちそばコーナーができていた!?
し、知らなかった!?
ここはもともとスナックがなく、売店でレンジ食品かなにか食べたことないけどカレーや弁当みたいなものを売ってるだけだった。近年はコーヒーショップやアイス屋さんが入ったりしてたけど僕には縁がないものばかり。
 
さて、昼は会社で食べて、さっき下り線でそば食べて、いま15:30・・・・・・・・でも食べるしかないナ。
 
 
018019 オーダーは山菜わかめそば530円
ぐぐ、かけそば350円とか無かった(泣)
 
サービスエリアが観光客狙いの集金マシーンと化したいま、パーキングエリアこそはドライバーのやすらぎの場で、プロの皆さんが日々安んじて利用できる価格設定・・・・・・と思っているが、関越上り最後のPA三芳と同様、東名最後の港北も地の利を活かして強気の商品構成のようだ。わかりやすいね。
 
値段が不当に高いと言ってるんじゃないよ~。安価な商品を置いてないという意味。
このそばも安曇野の二八そば使用だ!と言ってもすぐに出てきたのでスピード重視の冷凍麺かな?もちっとしたそばだった。表面がゆるい感じだった。具だってご覧の通りわかめたっぷりネギたっぷりで見栄えもいい。そんな感じ。
 
ああ、そういえば一人の店員さんが「有難うございました!」とかなにか言うとそこらにいる店員さんがみんなで続けて「有難うございました!」と唱和していた。丁寧なことで大変ですね・・・・。
 
そういうお店増えたね。でもどうでもいい。5分もいると煩わしいだけです。
サービスってそんなことですか?客の顔も見ずに声を出してるだけより、ばか丁寧な言葉なんか使わなくても、そこそこ目はしをきかせていてくれればいい。

| | コメント (0)

立ちそば列伝(11の2)東名港北PA下り

011012_2 日曜に続いて仕事で東名に乗り、港北PAに寄ったら・・・・・・なんとなく様子が違う。
 
建物、変わった?
お店も、変わった?
(建物は関越の三芳と同じデザインに)
 
メニューには以前よく食べていた「かけそば」はない。代わりに「港北そば」430円をオーダーした。
 
太さでこぼこの乱切り田舎そば風に甘いつゆ、カマボコに鶏肉(かしわ?)が乗ってる。三つ葉の香りが効果大だ。まあ旨い。
 
 
 
以前のプロドライバー向きな食堂の雰囲気は失われたのかな?と見てたら、リーズナブルな定食や取り放題の漬物とかは相変わらずだった。ただ以前は食後食器はテーブルに置いたまま出てってもよかったのだけど、今は各自で食器下げ口に持っていくシステムになっていた。
 
まあよそでは当たり前なので構わないけど。

| | コメント (0)

2013/04/15

立ちそば列伝(18の2)鮎沢PA、とツーリング

130414011304140213041403 東名の下り線、鮎沢PAに久々に行った。「御厨そば」というのがあったはず・・・・・・・・が、どこにもそういうことが書かれてない。 
 
とりあえず「もりそば2枚」というのをオーダー。そこそこ時間がかかって出てきたのは冷水でビシッと〆られたコシのあるそばだ!!
 
でもあの、なんだか風味のあった御厨そばではないんだろうな~?そば湯までついてきたので生そばだったのかな。なにより「もり420円」はともかく「2枚もり620円」という設定が嬉しい。
 
食後、次の足柄SAへ。今日はクラブツーリング、足柄SAで集合なのだ。 
 
 
1304140413041405 富士山麓を南から西へとまわり、南アルプス公園線に入った。萌黄色の山の景色。合間に薄い桜が見える。
 
こちらでは「そば処アルプス」というお店で蕎麦を食べた。本日3枚め(笑)太くてボソ感もグニ感もある田舎そば、画像は大盛りなんだけど見た目よりお腹にズッシリとくる。ちっちゃいおばあちゃんが打っていた。
 
そういえば「こないだ捕まっちゃってね~」という方がいたのだが(速度違反だったらしい)、キップは青でしたか?とか聞いたら、どうも話が噛み合わない・・・・・・・・。
どうやらこの方はバイク歴成人式以上でありながら、赤キップや青キップという言葉をご存知なかったらしい。バイクに乗っていながら赤キップという言葉を知らないという、そんな幸せな人生がこの世にあるとは思わなかった(笑)
 
僕はキップを(たぶん全部)とっといてるけどそこそこ厚みがある。このキップは貯めたらどこに行けるのだろう?

| | コメント (0)

2013/04/12

東西 食の融合!?

130412021304120313041204 ばろんどーるカフェの木村さんが蔵内のこいわかめを注文してくださったので今日届けに行った。
 
もうばろんもここに移って5年だそうで・・・あっという間ですね~。
 
その帰りに町田名物を買って帰ったのだ。白っぽいブツがそれ。え?ソーセージじゃないよ!お店は優しそうな老夫婦がやってらっしゃいました♪ハム類もいろいろ、揚げ物もいろいろ。
 
 
130412051304120613041207 これは「成瀬ぎょうざ」というシロモノなのだ。ぎょうざである証拠に餃子のタレがついている(笑)
 
餃子の具をソーセージの皮に詰めてある。ドイツ&日本・・・・じゃない中華か。太いのと細いのがあって両方買ってみたが、大きさだけじゃなくてどうやら中身も違ったみたい。太いのは赤くて肉肉しい。細いのはもっとぎょうざの具っぽい。細いほうが美味しかったかな?特別な具材や製法というわけではなく味は普通に餃子、組み合わせの妙ですな!
 
あと主食にはわかめペペロンチーノを作ってみた。時々名前を出してるけど蔵内の西さんが開発したのだ。イタリア&三陸ですな。
 
シンプルにオリーブオイル・ニンニク・鷹の爪・塩だけで味を調えて最終段階でわかめをぶち込む!わかめの芯も入れる!うまい!まいう!
 
というわけで今日の晩御飯は東西の食の融合(笑)を見たわけだが、見た目の洋食っぽさに反してワインはさっぱり合わず、あわててビール風味の栓をあけたのだった・・・・・。

| | コメント (0)

2013/04/10

蔵内で、ひたすらわかめ

130404011304040213040403 1ヶ月ぶりに蔵内漁港に行ってきた。金曜朝9時、蔵内商店の前にバスから降り立つと、次々に襲来する低気圧のせいで港の外は大ウネリだ。蔵内乃芽組の皆さんはテントのなか・・・・・さて作業を始めよう!!
 
先月は塩蔵加工の様子を書いたが、今回は塩蔵処理の済んだワカメの部位を分けるところを。この作業を「芯抜き」という。
 
 
130404041304040513040406 まず根元に近い部分「元葉」を芯から取り分ける(左画像)。
 
ついで上部の芯を抜いて葉だけにする。この葉が「抜き」といって高値で取引される部位になる。
 
芯が細すぎる場合は芯を抜かずに出荷するがこれを「付き」という。付きにも長さによってさらに分類される。芯も「中芯」として出荷される。ほかに葉の様子によって「大葉」なんて分類もある。ひとくちにワカメといってもこれだけの違いがあるんだね~。
 
 
130404071304040813040409 画像のコンテナハウスが芽組の番屋ということになる。
 
作業が終わったらここで薪ストーブを囲んでみんなで酒盛りして、その後僕はここに芽組広報の西さんとともに寝させてもらってる。
 
翌土曜の朝はガスだったので船は出ず刈り取りはなし、この日もみっちり「芯抜き」をした。手は塩で真っ白パサパサに~。ちなみに2日もやれば結構スムースに芯抜きできるような気になったが、芽組のみなさんとはスピードが違う、僕がプチ・プチ・ズズ・ズズズ~とやるのを漁師さんはビッ・ズズ~~で終わってしまう・・・・。むむむ
 
僕はバスに乗るべく15時過ぎに撤収した。バス停に向かいつつガスのなかの奇跡の船にもお別れのあいさつだ。この船は迫り来る津波に船主さんも救出をあきらめて山に避難したのだが、津波が去ったあと、奇跡的に無事に浮かんでるのが発見されたのだ!!
この船がなかったらワカメ養殖もまだ始まってないだろう。残ってくれて有難う。 
 
最後の画像は港のかさ上げの様子。これで満潮のたびに水浸しにならなくて済む。防波堤も建設中だ。がんばっぺし蔵内。
 
18時に石巻に到着、またまたつるの湯に行って汗流したりおかあさんのお話を聞いたりで1時間半を過ごす。その後深夜バスが出るまでの2時間を山形屋の山形さんがお付き合いしてくださって一杯やりながら四方山話。
 
どこに行ってもそうなんだけど、いろんなお話を伺いつつ、あらら~、はあ~、そうでしたか~、とあいづち打つばかりだ。やはり現地に行かないと聞かれない生の声なので勉強になること大なんだけど、気の利いたことのひとつも言えないから困ったものだ。




★宮城県蔵内漁港の「こいわかめ」いっしょに食べてみない?
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2013.html

★つながり∞ふくしまプロジェクト、ひまわりを植えよう♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html

| | コメント (0)

2013/04/03

替玉無料無制限って!?

130403_203611130403_203633 いつかの剛田飯店と同じく、雪のため滅多に乗らないバスに乗って見つけたお店。「玉名ラーメンくれは」に行ってみた。
 
家からチャリなら10分の位置、バスの窓から「替玉無料」という文字に驚愕した(笑)なんだよ田無、いつのまに大盛りの街になってたんだ♪卵付き800円をオーダー。
 
玉名ラーメンってのは熊本のラーメンだという。細い麺を持ち上げるとやたら濃いスープを身にまとってくる。ズズッとすすると「ん?」この生臭い感じはなんだろう?一瞬通り過ぎるこの香り、知ってるはずなのに思い出せない香りなのだ。生臭いってのは語弊があるかな?でも無理に言葉にするとそんな感じ。
 
麺はボソッとした細い麺。このボソ、好きです。コシもある。歯をはね返すような弾力じゃなくって強い抵抗を受けつつ歯が入っていく感じは、こないだの「ますや」のうどんもそうだったナ。
 
 
130403_203924130403_204431 さて問題の替玉の時がきた!なんと一度に「2玉」も頼めるらしいのでお願いした。
 
すぐに出てきた麺はさっきと同様の硬さ。火が通ったばかりのギリギリな感じ。そしてすするとまた、さっきの生臭さが駆け抜けた。
 
生臭いってほんと語弊あるけど、美味しいんですよ!!!グルメボキャブラりーの乏しさが恥ずかしいけど、なんだろこの蘇る珍味の記憶・・・・イカワタ?ウニパスタ?玉名ラーメンをググればわかるのかも知れないけど、ラーメンフリークでもなし、それほどの探究心は無い(笑)
 
さて、まだ食べていいのかな?
 
でもスープがかなり少ないので1玉だけいただいた。計4玉、これだと6玉なら普通にいけそうだ。ちなみに自販機をよく見てなかったので追加スープ150円の存在を完食間際に知った。次回は卵無しにしてスープ追加で6~7玉いただいて850円ってパターンかな?
 
こんな客ばかり来たら、このお店、大丈夫なんだろうか?

| | コメント (0)

4月

13040101_31304010213040103 かなり暖かくなって、再び寒くなった4月、寒くてもあちこちで芽吹き。
 
地元定点では新しい道が通って、雰囲気が変わった。
栗畑から道路へ・・・・・・
 
 
 
130401041304010513040106 小金井公園、満開!
 
咲いてから2回の週末は雨がちだった。
雨上がりの今朝はまだかろうじて満開状態だ。
 
 
130401071304010813040109 井の頭公園のほうが散り始めが早かったか?
 
桜に隠れて、この時期はかえで類も花をつけるのだ。
 
 
130401101304011113040112お地蔵さまのそばには春らしくなにやら小さな花が咲く。
足元にはなにやら夫婦神が。
 
神田川沿いの自転車道の桜も満開。はらはらと花びら舞うなかの通勤だ♪

| | コメント (0)

2013/04/02

シダクラ尾根、ガクガクブルブル

130330011303300213033003 金曜山行、2月の雲取山以来、実に2ヶ月ぶりの山だ。月曜(3/25)に奥多摩が白く染まってるのが見えたので、もしや?と北斜面のルートを選び、シダクラ沢左岸尾根から惣岳山に登るルートを選んだ。
 
一部、100m(標高差)ほどの急坂が左の画像だ。登りやすそうなとこを拾ってゆくしかない。
 
急坂を抜けて出たなだらかな自然林はクマのマーキングだらけだった。中の画像は新しい爪痕。柔らかそうに見えて硬かった!クマの爪のすごさがわかった・・・ガクガク
そして右の画像、手で示しているのは僕の身長だ。このマーキングをつけたクマの爪は僕の顔にじゅうぶん届くってわけだ・・・ガクガク
 
 
130330041303300513033006 標高をあげてゆくと落ち葉の下からカタクリが覗くようになった。まだ葉が1枚、踏まないように歩く。
ちなみに雪は結局無かった・・・ガク~。雪は無いしカタクリの花も無い。絶妙に残念なタイミングだったようだ。
 
里からだけど、いろんな若芽出る季節・・・・・なにやら美味しそうな葉が群れてたので開いてみると、紫色の花が隠れてる。これ・・・ハシリドコロといって食べると錯乱して走り回ってしまうという毒草だったのだ。あぶね~・・・ガクガク
 
 
130330071303300813033009 昼食はカレたまパスタ。卵を混ぜると味がずいぶんマイルドになってしまったので、常備のオオサワヘルシーカレーを投入!うまし!
 
降りはシダクラ沢右岸尾根。前に一度登ったルートだが、一直線に降りるので境橋バス停まで早かった!
ちなみに曇りの1日、展望は悪かった。中画像はシダクラ峠(という看板がかかった870m付近)から見た九竜山と鋸山だ。
 
時間に余裕ができたので帰り道、沢井で途中下車して小澤酒造の澤乃井園へ。限定品の花見新酒と本地酒をゲット!きき酒処で味見もした花見新酒、美味しかったよ!やはりフレッシュな酒は旨い。本地酒は熱燗用に・・・・ちょうど寒くなったのでどんぴしゃだったネ♪

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »