« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/26

立ちそば列伝(56)蕎麦一心たすけ、(57)よもだそば、日本橋

130322071303220813032209 前回の続き、
東京モーターサイクルショーをあとにして日本橋に向かった。美味しい立ち蕎麦屋さんがあるらしい。
 
そこに行ってみると、なんと2軒が軒を並べている。最初に黒い方のお店「蕎麦一心たすけ」に入った。
 
ものすごく大きな店員さんに迎えられ、もりそば290円をオーダー。そばは更科風、細く、白く、しっかりしたコシ・張りがある。つゆの色が濃くていいねえ~、浅草橋の更科(8)を思い出した。あそこにはちょっぴり負けるが、だしが効いててとっても好みだ。
 
最後に蕎麦湯で割ると、ほの甘くて旨かった!!
そのまま隣へ移動する♪

 
13032210_213032211_213032212 隣の白い店「よもだそば」はずいぶんメニューが多彩だ。そしてなにより「本格インドカレー」があるというのが気になる・・・・・・・・・・・・本日すでに3そば目だけど、カレーも食べてみたい!
 
もりそば240円、半カレー260円をオーダーした。出てきたそばは「おおっ!?」久々に黒い!銀座のみちのくそば(19)を髣髴とさせる。やたらとエッジがビシッときいた四角いそばは甘いつゆとよく合って旨かった。 
 
しかし黒い店が白いそばを出し、白い店が黒いそばを出し、企画か!?(笑)
 
さてカレー。
さらっとしてる。中にはチキン?やトマトが見えている。そしてしっかり辛いのは立ちそば店としては異色だと思う。「本格」という言葉は本当だったんだね。
 
それにしてもいろんな立ちそば屋さんがいつのまにかできて、安いやら旨いやら、本格カレーまで食える。やっぱ都会はすごいなあ。

| | コメント (0)

2013/03/24

東京MCショーと 立ちそば列伝(20)の2 歌舞伎そば

130322011303220213032203 金曜は東京モーターサイクルショーに行ってきた。
 
その前に腹ごしらえに銀座の「山ちゃん」に向かっていた。山ちゃんは以前博多に行った際に長浜屋台お勧めの2軒を教えてもらっていたうちの1軒だ。
 
ところが歌舞伎座裏手を山ちゃんに向かって歩いていたらかつて見慣れた看板を発見してしまったのだ。それは「歌舞伎そば」
歌舞伎座の改築に伴って閉店したとばかり思い込んでいたので驚いた。それにしても昼前に並んでないのは何故だ!?と、思って入ったら扉の中で行列ができていた。
 
自販機もかつてと同じ、おかみさんもかつてと同じ、だがご主人の姿はなく若い方がカウンターの中にいらした・・・・・。どうされたんだろう?おかみさんが着席順に注文の品を告げるのは同じ。かつてはご主人が振り向きもせずに背中でそれを聞いて踊るように闘うようにそばを出していた。
 
さて、久々のもりかき揚げそば大盛り540円。かき揚げザクザクまいう~。ちょっとつゆが前より薄めのような気がしたけど、記憶は過去のものを美化するからね~。
 
 
130322041303220513032206   満足してゆりかもめに乗って国際展示場へ。
 
モトグッチに関する目ぼしいニュースがなかったのでガッカリだったけど、妙なカメラマン達に囲まれたキャンギャルよりずっとセクシーなヒトに会えた(笑)
 
モーターサイクルショーを見終えて、東京駅八重洲口へ・・・・・。ちょうど満開になった桜を眺めながら日本橋に向かって歩いた。さらに行ってみたい立ちそば屋があるのだ(続く)

| | コメント (2)

2013/03/20

狭山ポタ & 立ちそば列伝(55)ヤマヨめん工房

1303200113032002 知り合いが肩の手術で入院したのでお見舞いに行った。
 
・・・・・て、実は僕も痛いんだよね~。数年前いきなり40肩になって自転車生活断念かっ!!!!という痛みだったんだけど、なぜか10日ほどで消えた。
今回ももう10日ほど経つかな~?痛くて眠りが浅く、目が覚める2晩なんてのもあったけど、前回ほっといたら消えたので楽観しつつ自転車通勤も(たまに筋トレも)継続してた。いまは筋肉の張りみたいなのが残る状態だけど、なんとか収束してくれそうだ。
 
さてお見舞いに話を戻すが、病院には裏山があり(画像は病院を見下ろしたところ)、入間川を見下ろす素敵なロケーション。カタクリの群生があり、もうすぐサクラも咲きそう♪最高の散歩コースだ。朝起きたらここにきてコーヒー、夕食食べたら消灯までここにいたりするそうだ。
ちなみに外出禁止なんだけどネ(笑)
 
 
1303200313032004 帰り道、東村山の八国山の近くにある「ますや」に行ってみた。いままで何度も何度もまえを通っていたけどスルーしてきたお店だ。
 
店に入ったとたんに優しそうなおかあさんから「肉汁ね?」と言われてそのまま、このあたりのうどん屋さんの代表メニューたる肉汁うどんをオーダー。あとから気づいて大盛りにしてもらった。アブネーアブネー
 
糧はほうれん草がついてきた。そしてザクザクの天ぷら3枚も勝手についてくる(笑)うどんは手打ち、食感も風味も力強く、小麦粉食べてる感が大、幸せいっぱいだ。つゆは意外にもお上品だったので、うどんをしばらく漬けておいてから食べるようにした。
 
食べるうち、奥からおばあちゃんが出てきて常連さんとおしゃべりするのを聞いてたんだけど、○○なあ~、○○でよ~、と尻上がりでやや荒い言葉使いがなんだか耳なじみが良い。どっかで聞いたんだよなあ?????・・・・そうだ!?志村けんが演じるばあちゃんとそっくりなんだ。志村けん東村山だもんね♪地元のばあちゃんの真似をしてたんだね~。
 
 
130320051303200613032007 今日はこれだけでは終わらなかった。
 
再びチャリで10分ほど走り、清瀬駅からしばらく西に行ったとこにある「ヤマヨめん工房」に向かったのだ。「ますや」もそうだけど家から中途半端な距離&方角にあるとこっていつかそのうちと思ってもなかなか行かないんだよね。だから今日みたいなときに一気に片付けるのだ!連食できる人間の特権である(笑)
 
ただし往きに20km帰りに25km走ったんだけども、この連食で帳消しだね・・・・。
 
ここは麺工場の小売部門みたいなとこに立ち食いコーナーが併設されている。内装もお品書きもあっさり。うどんを食べた直後でもあり、もりそば330円をオーダー。
 
やや時間をおいて出てきたもりそば、美味しかった。
出来立て、茹で立て、冷水でピリッと〆てある。つゆがちょっと濃いので、まさにチョン付けでないと辛くて食べられなかった。つゆはそれほど質のよい感じではなかったので濃縮つゆの割り加減を間違えたのかもしれない。それと・・・・・わかめとナルトがついてきたのが不思議だった(笑)
 
かけや肉うどん、キツネなどなんでも、これらが太うどん・細うどん・ひもかわうどん・日本そばのどれでもできる。さすが麺工房、さらにラーメン各種もある。
あれ?家に帰ってから気づいたんだけど、画像のホワイトボードに「ナポリタン」と「ペペロンチーノ」てそこだけ雑に書いてある!気になるやないか・・・・・・
 
 
 
 
★宮城県蔵内漁港の「こいわかめ」いっしょに食べてみない?
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2013.html

★つながり∞ふくしまプロジェクト、ひまわりを植えよう♪
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html

| | コメント (0)

2013/03/15

不思議なめし袋

A100A101A102 ちょっと古いネタだけど、ユニフレームの「不思議なめし袋」を試してみた。
 
お米をとがずに袋に入れて、20分グラグラと茹でればご飯ができちゃうというアイデア商品なのだ。ぬか粉などは袋の外に出てから膨らむので中に逆流はしてかのいそうだ。しかも高地でも芯が残らないらしい。 
 
袋にお米を1合入れて竹串で封をする。20分茹でたらしばらく蒸らして出来上がり~!!中をのぞくとキラキラご飯が光ってた♪ 
 
 
A103 たしかに絶妙な炊き加減、美味しかった。
だけど待てよ!?山では使えないかな?

結構な量の煮汁を捨てなきゃならないのだ。僕は山で調理廃水を出さないようにしている。山小屋等でも「米のとぎ汁捨てないで」などと書かれているけど、主に高山の環境保全のためにね。
 
では奥多摩など低山ではどうかというと、「用足しはなるべくトイレのある所で!!おしっこも鹿にはご馳走」なんてアピールもあるくらいだから、やはり富栄養な調理廃水は出さないほうがいいと思ってる。
 
なんだよパスタ作ってるじゃんか?
と思われるかもしれんけど、実はパスタが茹で上がるときには水分も相当に無くなってるように調節してる。そのためにコッフェルには目盛りを打ってある。少々水分が残ってもソースと一緒にお腹に収めちゃえばOK。
 
炊飯も廃水が出ない無洗米に軍配かな?
だいぶ前にちょっと書いたけど、大手飲食店などでは無洗米を炊くのに使用する水の量を決めているので炊き加減がそろっているそうなのだ。浸しておく分もそれに含まれているので、長く浸せば炊くときの水は減る。バランスがとれる。
 
自分の好みで黄金比を調べとけばいいのだ。僕が教わったのは重量比で無洗米100に対して水153だ。これだとやや固めなので山ではちょい多めにするけどね。もちろん米によって多少の差異がある。お試しあれ♪
キャンプで「あれ?水多いかな?いや少ないかな?」と迷いながら足したり減らしたりするのもおもろいけどね。
 
不思議なめし袋に戻るけど、米をとがずに浸す時間も不要なので独り暮らしの人とか手間を省きたいときとかにはいいかも。避難所とかでは、量とコストに問題あるけどギリギリの水で炊ける。おらもうα化米はやだ!という方にはこれで?


 

| | コメント (2)

立ちそば列伝(54)吉そば、渋谷

130312_101936130312_102108 用事があって珍しく朝の渋谷へ行った。井の頭線を降りると吉そばがあった。
 
どこでか覚えてないけどなんどか見たことあるチェーン店だ。大盛り無料というポスターにも背中を押されて入ることにした。
 
わかめそば大盛り330円
茹で済み麺を湯にいれたあと、シュー!と音がしたのは湯切りのバキュームの音。麺、いい感じだった。国産そば粉だって。ちなみに昔ながらの茹で麺も決して嫌いではない。でも生麺の店がかなり増えた今となってはさすがに茹で麺のもりは食べないかな?
 
つゆは無添加で醤油も吟味してるそうで。たしかにコクのある味だった。わかめはびっくりするほど入ってた・・・・・が味はそれほどでもない。まあ最近わかめには厳し過ぎるかもしれないけど。国産そば粉国産野菜とは書いてあったがわかめは違うのかもね。価格から言ってもその点に文句はないけど。
 
丼ものも多いんだけど、豚丼まであるのはすごいと思った。
渋谷にはしぶそばがあるのでこちらに来る機会は少ないと思うけど、他の地域で見かけたら安心して入れるお店だ。

| | コメント (0)

2013/03/14

PARADA フクシマ モナムール

13031301 成蹊大近くのカフェ&ギャラリーPARADAというお店に行ってきた
 
ひょんなことから知り合った在吉祥寺のイタリア人Vincenzo氏の個展がひらかれてたのだ
 
Fukushima Mon Amourの3つの言葉を使って空から見た福島第一原発を描いた作品

福島への思いを、愛をもってあの取り返しのつかない事故を覆おうと?
 
福島のシビアな現実、センセーショナルに扱われるばかりの「フ・ク・シ・マ」
  
でも福島に心を寄せてくれる人々がこうしているということ
 
 
13031302_2  お酒も置いてるお店だったけどデローザだったので・・・・
 
チーズケーキ、美味しかった
 
帰り道は雨につかまっちゃったけどね~
 
カフェと個展、興味のある方はこちらへ
http://www.cafe-parada.com/galeria/1189/

| | コメント (0)

2013/03/12

蔵内之芽組の「こいわかめ」再掲載

一度ご案内しましたが、その後諸事情によりウェブページを閉じておりました。
 
気仙沼市南部、旧本吉町の蔵内の海で養殖された「こいわかめ」です。
 
価格改訂がありましたので下記URLからご確認くださいませ。
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame2013.html

| | コメント (0)

2013/03/11

風で燃費が・・・・

1303100113031002 今日はクラブツーリングで外房に行ってきた
 
いつもの天津小湊「船よし」に魚を食べに・・・・
 
今日のチョイスはしめ鯖寿司にする
 
かなり大きなサバだったようで肉厚だ!!
 
しかしまあ風が強かった!
 
正面から風を受けて走ると加速が悪いのがはっきりわかる
 
まだ計算してないけど燃費もかなり悪かろう
 
ライダーは風と友達とか言うけどさ
 
実際には風との、否、空気の壁との闘いだよね!
 
 
13031003 暖かかったのでベルスタッフ・アウトローを着ていった
 
肘あてが取れかけてたので縫わなきゃ
 
しみじみ見てみると・・・・25年以上着ているんだなあ
 
キチャナイ(笑)

| | コメント (0)

2013/03/09

遺体 明日への十日間

日本映画「遺体 明日への十日間」を見てきた
 
釜石が舞台のノンフィクション
 
冒頭ちらっと、ありし日の商店街など演出されてる
 
子供のころ従兄弟たちと遊び、モトグッチでも何度も走った街
 
この映画は大きなテーマを謳いあげることなくできごとだけを淡々と描写してゆく
 
最初の十日間にどんなことが起きていたのか、一端を知る事ができた
 
100分ほどの上映時間のうち80分は泣いていた
 
被災県以外のみんなが見るべき、そして追体験するべき大事な映画と思う
 
http://www.reunion-movie.jp/index.html
 
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=nkjdyNAkhLY


023 2002年、釜石港
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つながり∞ふくしま
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html
南相馬のみなさんを応援してます!
 
吉祥寺ハモニカ横丁朝市 
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mercato.html
三陸のみなさんを応援してます!次回は3月17日 
 
mas 

| | コメント (0)

2013/03/08

3月

130307011303070213030703 3月
今朝はだいぶ暖かかった。小さな羽虫も飛び始めている。
 
地元けやきのそばの道路がどうやら完成したらしい。なんと今日開通のようだった。さっきからバイクの爆音が行ったり来たり聞こえているのはその道か?そばの家のひとはかわいそうに・・・・
 
いま(AM1:30)窓から見るといままで住宅と畑だけだった部分に赤い光が見える。たぶん信号なのだろう。家の前のジョギングルートも分断されたわけだ・・・・
 
 
130307041303070513030706 小金井公園
先月ユーカリ広場に売店を造ってると書いたけど、案の定、その名も「BBQショップ」だ!

「手ぶらセット」なんてポスターが張ってあるので、食材はおろかBBQグリルからイスやテーブルまで借りられるのかもしれない。今年は混むかな?
 
 
1303070713030708_213030709  井の頭公園
ウメ・モモが咲いていて、その前でカメラマンがじっと立っている。花に留まる鳥を待ってるのかな?
 
少しづつ植えられた山野草がこれから咲き始める。
 
 
 
130307101303071113030712 お地蔵さまに手を合わせていたら遠足の列がやってきた。動物園まで行くのだそうな。
 
僕も子供のころ何度も行ったよ。動物に触れ合えるエリアがあって、自分よりデカイ山羊だか羊だかにびびったのを思い出す。
 
公園を離れ、神田川へ。各国語で看板にようこそと書かれていたけどイタリア語はなかった。

| | コメント (0)

2013/03/07

2年はほんとにひと区切り?

130301011303010213030103  蔵内に行ってきた。
 
わからない方の為に書くと気仙沼市南部にある地域だ。
  
木曜夜新宿深夜バスに乗り石巻に朝到着、列車に乗りかえ、運転手さんと僕しか乗ってないディーゼル車は北へ~~~。柳津からはJRが走らせてるバス、BRTで一部線路の跡を走ったりする。石巻~蔵内を1000円で乗れるので有り難い!
 
 
130301041303010513030106  9時過ぎに蔵内に到着!蔵内之芽組の皆さんは刈り取ってきたばかりのワカメの加工に大忙しだ。
 
何度かお邪魔してるけど、繁忙期にちゃんとお手伝いするのは初めてなのだ。頑張らねば。
 
 
130301071303010813030109 生わかめを海水で茹でて、ゴミを洗い流し、重しを載せて一度目の脱水
 
 
 
13030110_21303011113030112_2  飽和食塩水でグールグルしたあと、ゴミをとったりしながら各部位に選別。
 
 
 
 
 
 
 
1303011313030114_213030115_2  わかめの部位は意外にも多い。漁協に出荷する際の伝票参照。
 
選別されたわかめは最後の脱水にかけられる。プレスでガンガン脱水♪
 
これでびっくりするほどカラカラになるのだ。
 
 
130301161303011713030118  そうそう、ジャニーズがきたのだ!日テレのEveryの取材で小山君てのが来たよ!(規制があり彼の画像はないけど)、水曜18:30あたりにオイカワデニムと芽組の組長さんが出ます♪
 
作業終わって夕方からは「液体星人(缶ビール)との闘い」が始まる。
 
芽組の飲ん兵衛お二人にガンガン飲まされ缶ビール1箱が消えた(笑)持って行った澤乃井も消えた・・・・・・漁師さん、強い。
 
 
130301191303012013030121
左画像は蔵内之芽組の皆さん、わかめ収穫が続くあいだ毎日刈り取り~加工の作業に追われる。沖には長さ150mの養殖ロープが刈り入れを待ってるのだ。
 
次の画像は途中通過した志津川の町。「真ったいら化」だけがますます進んでいた。最後に残っていた建物の基礎までもがサッパリとなくなっていたよ。画像にもちよっと見えてるけど旧志津川駅周辺のガレキの山がそれだったのかな?
 
最後の画像は石巻つるの湯のおかあさんとコーヒー牛乳(笑)
つるの湯は北上川に近く、川を遡ってきた津波にやられてしまったが去年復活!優しいおかあさん、僕の風体を見て「石鹸持ってるの?」と石鹸を貸してくださった。石巻に癒しスポット見つけちゃったなあ~、またいこう。
 
つるの湯を出て、山形屋の山形さんと合流→酒(笑)酒も進み、いろいろ聞かせていただいた。
 
山形さんだけじゃない、芽組のみなさんからも、蔵内商店のおかあさんからも。
 
個人の場合、二重ローンの苦しみ、老人だけの世帯は借金すらできない。企業の場合、うっかり利益があがると支援が打ち切られたりする。ちょっとばかし利益が出たって津波で蒙った被害を補うにはほど遠いのに・・・・。被災地雇用促進の一環で派遣された従業員も一定の期間を過ぎたら本採用になる。
 
支援打ち切り、人件費増大、そろそろ本格再興の設備投資も始めないとならない。
 
今日の代表質問でも取り上げられていたが医療費減免など被災者支援措置も2年で打ち切りらしい。仮設住宅もたしか期限2年だよね?南三陸さんさん商店街の仮設店舗は3年だったかな?いずれも延長されるだろうが、なんでこうも簡単に期限を区切るのだろう?無期限で「なんとかすっからそれまでこれで勘弁してけろ」ってしないと。
 
阪神淡路大震災後の検証ではストレスのピークは3年めだったそうだ。まだこれからなんだよな・・・
 
今回もいろいろ勉強させていただいたが、中央の行政に反映させられない非力が申し訳ない

 

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »