« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/25

SKBツアー、小澤酒蔵

121123011211230212112303 23日の祝日、滅多に皆さんと休日が合わない僕が珍しく皆さんとご一緒できる日だ。てなわけで急遽周囲に声をかけて奥多摩へ向かった。
 
青梅線の沢井駅には小澤酒蔵の小澤社長さんが待ち構えていらして、すぐ下の醸造所へ移動。すでに素晴らしい香りが漂っている・・・・酒蔵見学のスタートだ。
 
恥ずかしながら酒米に麹をぶっかけておけば酒になるだろうぐらいな淡い認識しかなかった僕であるが、その途中にいくつもの工程があることをしっかり学ぶ。
 
温度管理厳しい麹室(こうじむろ)ではタンクの中を覗かせてもらった。中は発生した炭酸ガスで満たされていて、覗き込んだらとても目をあけちゃいられない。
 
 
121123041211230512112306 先の麹室だが・・・・・実は機械化される前の旧むろ「明治蔵」も残されている、がそれはノスタルジアや見学のためではない。
 
ひとさし指一本で操作できる電子制御の世になっても、データを入力するのは人間だ。昔のアナログな手法をたどって、理屈をカラダに叩き込んでおかないと菌を相手にした繊細な酒造りはできないからなのだそうだ。
 
 
121123071211230812112309 仕込み水の水源も見学。硬水を使うと酒は辛口になり、軟水を使うと甘口になるということも初めて学んだ。これも酵母という「生き物」をどのように働かせるかという差なのだ。おもろいなあ。
 
さて見学の後半、立派な茅葺き屋根を見下ろしたが、そこは社長のご自宅でのちに「席が設けてありますから」とそこの離れに案内されることになる。
 
実は今回は小澤酒蔵のBBQ施設でBBQをやろうと思い立ったのが始まり。そこで何の気なしに小澤社長に「BBQやりたいのですが・・・・・」とメールしたところ、すでに予約でいっぱいと判明!!!!紅葉の時期に1週間前に企画するこちらが無茶なのに、哀れと思われた小澤社長が「ではウチで鍋をやりますか?」とお招きくださったのだ。

 
121123101211231112112312 ステキな庭をオズオズと入っていったSKBの面々、そして用意してくださった鍋は杜氏鍋というものだそうだ。
 
小澤酒蔵にはかつて越後杜氏が来ていたそうだが、彼らは近隣の農家に一升瓶を持っていって鶏と交換してもらい、ダシを取るのも面倒なので日本酒のアルコールを火で飛ばし、すぐ手に入る白菜と豆腐を鶏とともにぶち込んで鍋にしたのだそうだ。食べるのも大根おろしにネギとゆずと生醤油だけ。古式にならって同じように食べたが実に旨かった!
 
ちなみに中央の画像、さしものSKBの面々が正座してかしこまってるのが笑える。
 
 
121123131211231412112315 爽やかなしぼりたて本醸造から飲み応えある辛口にごり酒に移行しつつ庭の紅葉を愛でる。身に合わない贅沢だ!!
 
今回さまざまなお話を聞けた。
先にここは越後杜氏だったと書いたけど、そのつながりを終わらせたのは当時の新潟県議田中角栄だったそうだ。「新潟県民の出稼ぎをなくす!」というスローガンのもとに新潟経済の盛り上げを図って成功し、おかげで青梅に越後杜氏が来なくなった。蔵の機械化も杜氏の減少とともに止むを得ない流れであったそうだ。
 
  
121123161211231712112318 杜氏鍋は当時の雰囲気そのままに進む。
そのころインスタントラーメンはわりとご馳走の部類にあったそうで、杜氏鍋の〆は残り汁で作るインスタントラーメンなのだ。この残り汁が濃厚なダシになってめっちゃ旨かった♪
 
あと小澤社長はN型D型というのを提唱しておられる。XY染色体と同じ作用だ。ヒトにはNとDの遺伝子(?)があり、それが親から子へ受け継がれる。NNとDDの親から生まれた子はNN、DD、NDになる可能性があるというのだ。
 
さてなんのこと?
Nは飲める、Dはダメ、NNは飲め飲めの酒豪、DDはダメダメな下戸、NDはまあまあ飲める(僕はNDか、笑)
 
さすが日々日本酒とともに・・・だけあってお酒にまつわる話題が豊富。ほかにも土着の神と酒とのつながりのこと、パスツールより400年も先に低温殺菌を知っていた日本の酒造りのこと、もやしもんの世界に片足突っ込みつつ過ごした時間の楽しさは、酔ってカメラがずっこけた集合写真の笑顔でお分かりいただけましょうか?(笑)




★つながり∞ふくしまプロジェクト
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html
 
★ワンクリック・拡散にご協力ください!!(有償広告とかじゃないですよ~)
ボランティア仲間の嶌本さんが始めた東北の素晴らしい製品を伝えるサイト
「MEMBeR」
http://www.memberjp.com/
 
★吉祥寺で震災被災地向けチャリティやっています
SKB吉祥寺 気仙沼小泉地区応援シリコンバンド
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/kesen-bokin.html
 

| | コメント (2)

2012/11/23

今年最後の?

12111601 先週金曜、たぶん今年最後になるであろう南相馬に行ってきた。
 
ちょっとした山越え時の気温が2度・・・畑は霜で真っ白だ。ドライだからよかったけど雨の後なんか橋の凍結が起きはじめる。寒さはなんとかなるけど凍結には勝てない。今年最後だな~と思いつつ、川俣と飯館の境にあるなでしこ直売所に寄った。
 
ここのとこ日が短くなって早く閉まるらしく帰りに寄れなくなっていたのだ。行くなり「豚汁食べてもらいたかったのに~、帰りに寄れないの?」とおかあさん。客にサービスで出してるらしい豚汁はこれから作るのだそうな・・・
 
西東京名物かりんとう(の久助ね)を差し上げ今年最後とお伝えした。「暖かくなったらまた来てね」とこれを言われると弱い。
 
 
1211160212111603 原町に近づき、時間ありそうだったので福祉作業所えんどう豆にも寄る。かりんとうを出してそそくさと立ち話。
 
「あ、今日はこれがあるんだけど」とさをり織りの商品を見せていただき購入。(それらはすでに朝市で売れた)
このさをり織りでは一案妄想ちゅうです~。
 
そんなこんなでボラセンには遅刻。
ミーティング中の20人ほどの輪に(すんません~遅れまして~)と加わる。ニヤニヤ顔の常連さんたちと(ども~)と目であいさつ。
 
あとで今回が当面の最終日であることをお伝えし、来春の再開を約束した。(ニーズがあればだけど)
 
 
1211160512111606 この日の現場はあと500mで浪江町という場所だった。まあ海沿いは事故原発に近くても線量は低いので気にならない(それより荒涼さが堪えるねえ)
 
ちなみに線量で言うなら高速降りて相馬に来るまでのほうがよっぽど高いのだ!線量計を持ってる方によればクルマで走りながら4箇所ほどいつも警報音が鳴る場所があるという。いつも鳴るなら本当に高いんだろうね・・・・僕もバイクで通過してるけど・・・・・・・・さすけねえ。
 
周囲は高さ2mのセイタカアワダチソウと、さらに高いススキの林だ。しかし震災前は気づかなかっただけなのかセイタカ・・・こんなにいたっけ?しかもいくらなんでも1年ほっといただけでこんなに伸びるの?といつも思ってた。
 
したら今回のご依頼主さんのひとこと「畑に肥料たっぷりだったから」と。そうか・・・・丹精した土地だったからこそ余計にセイタカでかくなっちゃったのかな?じんわり残念な気持ちになっちった・・・・。
 
休憩中、近くの海岸線に行ってみた。数メートルの崖の上の松がなぎ倒されたままだった。リアス式海岸でなくてもここまで来るのか・・・・足元には引き波で抜かれた樹の跡がくぼみになってた。この海を南にすぐのとこに東北電力の小高・浪江原発建設予定地があるという。
 
ちなみに今年6月の建設中止の株主提案を東北電力は拒否している。
巨船になると停まることすら容易ならない。だからこそ操船に慎重さが求められたはずだ。まあ、原発是非について他人と論ずる気はいまないけど。
 
僕がいま関心があるのは「レイズ・ザ・タイタニック」のほうだ!
福島を始め、いちど沈んだ被災各県をみんなで引き揚げなきゃ。
 
 
 
 
なきゃ・・・・とか言って最初に書いたけど僕は今年は手仕舞いかな?
 
今年はいわきと南相馬に計11回、カリフォルニアの距離が伸びるはずだわ。でかいスクリーンのおかげで僕は疲れないけど、走る空気抵抗なもんで高速の燃費は12・・・トホホ。
 
来春ニーズがあるのか?わからんけど。それまで遠くでできることやりますよ!
 
 
 

★つながり∞ふくしまプロジェクト
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html
 
★ワンクリック・拡散にご協力ください!!(有償広告とかじゃないですよ~)
ボランティア仲間の嶌本さんが始めた東北の素晴らしい製品を伝えるサイト
「MEMBeR」
http://www.memberjp.com/
 
★吉祥寺で震災被災地向けチャリティやっています
SKB吉祥寺 気仙沼小泉地区応援シリコンバンド
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/kesen-bokin.html
 

| | コメント (0)

2012/11/21

テレビがきた

12111801 日曜は朝市だった
 
ハイパーママチャリにどっさり積む
 
ボロママチャリ、再生しといてよかったなあ
 
黒い袋はアルミテーブル、これは背負う
 
はたから見ると怪しいだろうなあ(笑)早朝だからいいものの
 
12111806_2 ちなみに「王様のブランチ」が取材にきたので来週は見てください
 
ただ僕は撤収時間が迫ってたのでしゃがんで片づけ中にカメラが通過してしまったけど・・・
 
写ってたとしても帽子のみ(笑)
 
 
あと詳細はこちら
朝市のページに
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mercato.html
 

 
 
 
つながり∞ふくしまのページは
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html
こちらへ
 
 
★ワンクリック・拡散にご協力ください!!(有償広告とかじゃないですよ~)
ボランティア仲間の嶌本さんが始めた東北の素晴らしい製品を伝えるサイト
「MEMBeR」
http://www.memberjp.com/
 
★吉祥寺で震災被災地向けチャリティやっています
SKB吉祥寺 気仙沼小泉地区応援シリコンバンド
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/kesen-bokin.html

| | コメント (0)

2012/11/15

山頂ビーフン!!八丁山から鷹ノ巣山へ

121109011211090212110903 少し時を戻して金曜日、2ヶ月ぶりに奥多摩に出かけた。いつもより早く奥多摩駅7:02のバスに乗り、日原へ。鷹ノ巣山に向かう登山道の北側の巳ノ戸尾根から八丁山に登る予定だ。
 
日原川からは標高差300mくらいの尾根の広場にあがると東端に岩が突き出ていた。そこから下をのぞきこむと「おおっ!」8:10のバスが折り返す様子が見えた。地元の方に言わせると奥多摩では日原周辺の紅葉が一番ということだが、このときまだ曇ってたのが残念。
 
 
121109041211090512110906 そこから尾根をたどって西へ・・・・・ほとんど踏み跡は確認できない。そのうち1200mを越えて岩場が出てきた。
 
遠めに見て「あら?ヤバイかな?」という感じだったが足場はあった。20mほど登ると細い岩稜になり、そこからの眺めがよかった~!!
 
左手にどっしり鷹ノ巣山が見え始めた。
 
 
121109071211090812110909 岩を越えてから少し登ると八丁山だが、山名標は見つけられなかった。ここから南西よりに方向を変えて鷹ノ巣山を目指すのだけど、次から次へとコブが現れて時間も体力も消耗~(笑)
 
でも雲がとれて光が増し、見るものどこもかしこも美しい。色彩のシャワーを浴びながらカサカサと落ち葉を踏むようだった。
 
 
121109101211091112110912 鷹ノ巣山には13時着、目論見より少しかかってしまった。ほとんど休憩入れなかったのでわりとヘトヘト。
 
昼飯はケンミンの焼きビーフン(X2、笑)。山頂ビーフンをやりたくてフライパンを背負ってきたのだ!!食べ応えバッチリ!うまかった!ごま油もちょっとだけ持っていけばよかったナ。
 
 
121109131211091412110915 降りの浅間尾根、水場の湧き水は相変わらず安定。冷たい!
 
やや西に傾いた陽の光で明るい道をカサカサ降りる。
途中熊の爪あとらしき新しい疵を見つけた。よそで出没のニュースが多いけど今年のどんぐりはどうだったのかな?
 
 
121109161211091712110918 登山口に出ると畑で悪さをしようとしてたらしい大きなサルがいた。カメラを向けると慌てて逃げる。あとを追って捕捉・・・・オスだね(笑)

奥多摩駅前「みやぎ」にも久々に顔を出した。
おでん・ギンナン・ヤマメの刺身
熱燗・熱燗・熱燗・・・・
 

| | コメント (0)

2012/11/13

軽井沢は紅葉終盤、と立ちそば列伝(44)寄居PA

12111101 日曜はクラブツーリングで軽井沢へ行った。・・・で途中の寄居PAで朝ごはん♪わかめそば380円だ。
 
前にも書いたと思うけど、高速のそばは良くなった。たぶんほとんど冷凍麺だと思うけど。各地で製麺メーカーは違うのかどうかわからないけど(そこまで突っ込んで調べるほどマニアではないので、笑)、製法はすでに共通だったり?こうなると人間は贅沢なもので以前のぐにゃりと歯につくような茹で麺が懐かしかったりして(笑)
 
この寄居下りPAのそばは乱切りやや太めの田舎そば風ですっごく好みなんだけど、これもちゃんと工場で計算されてのことと考えると・・・・・ははは。最近あちこちで食べてないからどこもこうなのか検証できないや。
 
最近高速で立ちそばを食べてないのは品質がそろって興味が失せかけてるのと、食事はガッツリ食べるけど実は間食はあまりしないのと、SAPAの物価が上がってるのが気に入らないからだ。高速無料化のときにわんさか押しかけた観光客たちは実は目的地を持たなかったのでSAにたむろしてたと感じてるのは僕だけ?あのころから高速グルメがTVでも取り上げられたでしょう?勘違いかな?
 
でもその後、SAの設備を大きくしつつ商品単価を底あげしてきてないか?お土産も食事も。「こいつら平気で金落としていくぞ!?」って気づいちゃったんじゃ?だから僕は大きなSAに入らず前後のPAで食べることにしてるのだ。
 
あちこち観察すれば、どこも同じなんだよね~。焼きたてパン工房とか揚げたてさつま揚げとか、笑・・・大きな会社のやることってば・・・・日本中のJR駅前と高速SAPAはすべて同じになっていくのか~。これを安心と思うかツマンネ~と思うか・・・・。
 
 
1211110212111103 おっと愚痴ってたら本題のほうがおろそかになりそうだ(笑)
 
下仁田から和美峠にあがり塩沢湖のそばから中軽井沢へ・・・・これは紅葉渋滞を避けたルート設定だったのだけど行ってみたらたいして混んでなかった。
早く着きすぎてしまったので別荘地に入って撮影会などして時間つぶししたあとTOMYさんの店に行って食事にした。自家製無農薬の高原野菜、うまかったな。
 
午後は佐久に出て田口峠から下仁田へ戻る。12年前に佐久ICおぎのやのおばちゃんに教えてもらった裏道をメモを見ながら走ってみたが今でも有効だった♪
田口峠越えから東京帰宅まで雨になってしまったけど濡れた紅葉は色が深まりとてもキレイだったよ!濡れた路面に擦り切れた粉状の落ち葉が背中をゾクゾクさせてくれたし、まあ雨でも楽しみはいろいろ?

| | コメント (0)

2012/11/07

11月

1211040112110402 今年は季節のめぐりが遅い遅いと言いながら、急にしっかり冷えるようになった。
 
家のまわりではケヤキがわずかに色づき始めた。ハナミズキは一気に赤くなったようだ。
 
いつもの神明社だが、例年きれいに紅葉する。12月に入るのかな?来月に期待だ。
 
 
 
121104031211040412110405 実は撮影は4日(日)、小金井公園では大きなグループが宴会準備していた。定点サクラは落葉しているが、場所によってはきれいなオレンジ色をみせる樹もあった。
 
自転車のウェアも起毛のついたものになったが、下半身は夏パンツにニーウォーマーだ。着すぎてもこげば暑いし、この時期はちょうどいいウェアがないなあ。
 
 
121104061211040712110408_2 井の頭公園もじわっと色に変化がでてきた。

お地蔵さまだけど、実は以前は季節ごとにお召し物が変わったりわりと変化があったのだけど、去年のいつごろからかまったく変わらなくなっちゃった・・・・・
定点・・・どうしようかな?
とりあえず後姿を撮ってみる(笑)
 
 
121104091211041012110411 前にもちょっと書いた神田川沿いのサクラ。夏の前に急に葉を落としてしまった1本。
 
真ん中の画像は隣のサクラの枝先で、芽がついている。・・・・が、例のサクラは枝先もことごとく折れてしまっている(右画像)。
 
これで生きてるのだろうか?

| | コメント (0)

2012/11/05

蔵内漁港でなんにもせずに・・・・・

121102011211020212110203 11月の連休は3ヶ月ぶりに気仙沼の蔵内漁港にお手伝いにゆかん!!と木曜19時、会社から出発した。
 
経費節減のため4号バイパスを那須まで走る。小山あたりから氏家までは高速道路並みの走りやすさ♪那須から東北道に乗って、あとは最後のインターを24時以降に降りればETC深夜割りになるからしめしめ・・・・のはずだったが、星が見えてるのに雨降ってるし突風吹き荒れてペースあがらず菅生PA通過が24:50、蔵内漁港到着が27:00になってしまった。 
 
変な時間の到着になっちゃったが大丈夫。今回は漁師さんの作業小屋の軒下をお借りする手筈なのだ。某支援団体から寄贈されたというコンテナハウス2棟に屋根が渡してあるのでその下に寝た。
ちなみにこのコンテナハウス、真鍮のかわいい鍵がついてて「なあんかこれモトグッチの古いころのハンドルロックにやたら似てるなあ」と思ってたら、なんとイタリア製コンテナだった。
 
 
121102041211020512110206 金曜の朝6時、睡眠2時間で大音量のチャイムにたたき起こされる。漁師さんたちも集まってきたが海がまだ荒れてて今日の仕事はなしと宣告がくだった。
 
数日前から北日本は複数の低気圧に囲まれてたのでずっと仕事ができないでいる。この日も風がめっちゃ強く、相変わらず晴れながら雨も降るという状態だった。仕方ない、今回はガッツリ作業できるように、しない予定だったあいさつ回りで何軒かに顔をだして過ごした。
 
いい天気なのにねえ~。ちなみに蔵内漁港、白いテントで養殖のさまざまな作業をする。テントに水がこないようにセメントで盛り土した上に建ててあるのだ。土地全体が地盤沈下してしまっているので満潮時はひたひたと水が上がってきてしまう。復興予算はこういうところにどかんどかんと投下すると思ってたよね?蔵内は宮城県の拠点港に指定されたのにまだこんな状態なのだ。
 
 
12110207_21211020812110209さてさて、あいさつ回りついでに南三陸のさんさん商店街でホタテやミズダコを仕入れてきて、夕方から酒盛りスタートだ!!
去年の5月、小泉浜のボランティアセンター「はまセン」に参加しなかったら会わなかった人達、ありえなかったシチュエーションだ。
 
薪ストーブと炭火。
漁港のセミ・アウトドア。
こういうの好きな人にはたまらない環境だよね~。
 
いまだやまない強風と波の音を聞きながら酒を飲む。なぜか日本酒ばかり集まって、やっぱ東北の漁港に合うのはポン酒なんかな~?ぷっくり活きホタテを炭火で焼いて、醤油をたらしていただく。忘れちゃいけない気仙沼ホルモンもジュージュー焼いていただく・・・・・・はあ~~~・・・・・ちょっと待て、満足しちゃってるけど、まだなんも仕事してないぞ(笑)
 
そして24時に散会後、セメントの上にマットとシュラフを敷く。波板の壁が見えてるけど反対側にはなにもなく「コの字形」の空間だ。漁師さんたちも近所のおかあさんも「あんなとこで寝るの!?」と心配してくださったが、前に11月の山にシュラフを忘れていってひと晩過ごして以来、シュラフさえあればどんなとこでも寝られると変な自信がついたので大丈夫なのだ(ホントか?爆)
 
 
121102101211021112110212 土曜日朝5時過ぎ、快晴の蔵内から定置網の船が出港していった。
 
けどわかめの船はまだうねりが残っていて出港できず・・・・・・
この時期はわかめの成長に合わせて棚を上げ下げして水深を調整する段階(たしかケタアゲとか言ってた)なのだが、船を固定しての作業になるのでウネリがあるとできないのだ。しかも時化続きで陸での作業もやりつくした後だったそうで。
 
てことでまたまた作業なし。
午前中は漁港周辺でブラブラして過ごした。何しにきたんだ?って言われちゃいそう。FBのほうで「復興支援頑張って!」みたいなコメントをいただいてたのに申し訳ない。実態はブラブラして酒飲んでホタテやホルモン食べてるだけという・・・・。
 
いちおうだけど、来期のわかめ販売の打ち合わせみたいなこともしてきたけど(いいわけ)。そして昼過ぎに蔵内を出発。南三陸で買い物して帰路につく。
 
解体が決まったはずの旧防災庁舎だが、その後さまざまな意見が寄せられていまは棚上げになってるという。お参りし、少し上流のさんさん商店街で夕飯のネタを買って南下を始めた。(いつもこちらに来ていながら帰路のタイムスケジュールがかつかつなので、いままで生ものの買い物ができなかったんだよね♪)
 
帰りも経費削減ルート。
石巻~仙台~岩沼ときてそこからR349へ。5月に走って以来のルートだが、クルマが少ないのでペースよく使える道だ。途中阿武隈川のわきで気仙沼サンドで遅い昼食休憩し、二本松まで行ってそこから高速に乗った。
 
2泊2日の行程でまる2日分はみっちりお手伝いするつもりだったのに、結局なんもしないで2日間をだらだらと、そして楽しく過ごしてしまった。なんだかなあ(笑)

| | コメント (4)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »