« サプライズ・ゲスト | トップページ | 蔵内漁港でなんにもせずに・・・・・ »

2012/10/29

さすけねえ

南相馬のボラセンに来ていた県内ボラさんのクルマに「さすけねえ福島」ってステッカーが貼ってあった。意味を聞いたら、大丈夫、心配ない、ということだそうだ。さすけねえ→差し支えない、の変化だという。
 
26日、12回目の飯館村通過(7日分の往復ね)
 
県道12号線が貫く飯館村。コンビニ、産直のお店、ドライブイン、郵便局などなど変わらぬ廃墟状態だ。だが、その駐車場に作業用とおぼしきプレハブが増えてきて「除染作業中」という看板も見た。除染、頑張ってください!!まずはそっからだからね。
 
例の復興予算のあきれた使途だけどあれはひどかったですね・・・・・
例えば地盤沈下の気仙沼蔵内漁港ではこないだの台風のときは高潮を防ぐために漁師さんたちが手作業でおおわらわだった。こういう生活復興の基盤造りに資金を使わなくてどーするの!!除染だっていくら予算があってもたりないくらいの規模なのに。戦いのセオリー、戦力・資金は集中投入せよ!被災地にこそね!
 
   
 
今回の作業現場の線量は1.9μsv/hで、社協で決めた上限2.0を下回っているという説明があった。心配な方は無理せず辞退を、と呼びかけはあるけど心配な人はここに来ないよね(笑)ちょろっとネットで調べたらニューヨークまでジェット機に乗ると被爆量は200μsvになるんだって・・・・機外の話かな。
 
だから?
 
さすけねえ、さすけねえ
 
まあ僕もだけどそんな数字の裏打ちを必要としない人がここに来るボラには多いようだ。ところで、こういう線量とか健康への影響だとかネット上たくさん書かれてたのね。ほとんど読まなかったけど。ダメなのかな?(笑)
 
 
 
001_2 作業終わって4時に解散、また缶バッジを仕入れに南相馬ファクトリーのある福祉作業所えんどうまめさんに行った。
 
そこでゆっくりお茶をいただきいろいろお話をうかがう。
震災後、作業所に来る10人ほどの障がい者の皆さんの仕事探しが大変だったそうだ。1度は収入が半分に落ち込み、バッジの売り上げもあってようやく復調した。っても月収おひとり2万ですよ・・・・・・・
 
地域経済が回らないとこういう場所へ仕事が落ちてこない、そのことを懸念しておられた。こないだの味噌屋さんは食品関係はこの先も壊滅的だろうとおっしゃってた。原発被災地の経済、どうしたら戻りますかね?僕は他地域の真なる理解と協力が不可欠だと思う。

-----------------------

以下、あちこちで聞いたこと話したことの拾遺




南相馬市原町区のとある小学校、来年の新入予定児童が8人!通常なら1クラスの新入生がいるというから30人くらいはいたのかな?避難先に転校ということが多いようだ・・・・・でもこれは仕方ないのかな・・・・・
えんどうまめでうかがったのも南相馬市での残留児童1割という数字だった。
 
母子のみが避難して父が単身地元に残る。だからコンビニが夕方大繁盛して揚げ物惣菜の品揃えが増えた。大家族が生き残ってきた地方のよき生活文化が壊れて、半強制的核家族化がすすむ・・・・・。
 
子供たちが、家族が、ふるさとに帰るためには、福島の復興を口にするなら1に除染、2に除染だよ。政治家はどこかで優先順位を狂わせている。
 
 
 
よく吉祥寺の知り合いやボラセン近くの住民の方や活動先の方が、ご苦労さまとかエライとか頭がさがるとか言ってくださる。でも僕のは2週間に1回くらいのもので、被災地の方は1年半毎日だったのだ。
 
特に人を引っ張る立場の方、周りの面倒を見続けてきた方はより大きな頑張りをずっと続けてる。実は精神的に疲れておられるのだ。
 
「もうふつうの状態に戻りたいんだよなあ」
というようなお言葉も聞いた。

これには「さすけねえ」などとは言えず、少しでも早くそうなるように願いつつ(でももうちょっと踏ん張ってください、あなたは皆さんのハブなんだから)と心の中で呼びかけた。
 
さて、雪の前にあと何回行けるかな?



★つながり∞ふくしまプロジェクト
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/girasole.html
★ワンクリック・拡散にご協力ください!!(有償広告とかじゃないですよ〜)
ボランティア仲間の嶌本さんが始めた東北の素晴らしい製品を伝えるサイト
「MEMBeR」
http://www.memberjp.com/
 
★吉祥寺で震災被災地向けチャリティやっています
SKB吉祥寺 気仙沼小泉地区応援シリコンバンド
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/kesen-bokin.html

|

« サプライズ・ゲスト | トップページ | 蔵内漁港でなんにもせずに・・・・・ »

コメント

massiさんこんばんわ、ご無沙汰しております。

こちらでは阪神淡路大震災を経験したのですが、
震災後の救援に向かう人々の数は本当に多く
その人達のお陰で見違えるような街によみがえり
ました。

人海戦術とは言ったもので、沢山の人を送りむと
仕事がはかどるんですよね、放射能汚染が人の
出入りを阻み、ただ指をくわえ何もできない事に
虚しさを感じます。

除染にあと何年掛かるかわかりませんが、復興の
暁にはいわき平で「日本選手権競輪!」を開催
してもらって全国にアピールしてもらいたいです。
(当然私も訪問します!)

投稿: ピストレーサー | 2012/10/30 20:42

ピストレーサーさん、お晩です!!

モノを作れない、モノが売れない、ヒトが戻らない、ヒトが来ない。そして一部の方が頑張って警戒解除地域に戻る努力をされても、たくさんの方が戻らない限り街の復興にはなりにくいような気がします。(たとえそうであってもお手伝いに行きますが!)

だから1にも2にも除染だと感じます。
・・・・ってこんな力説せずとも当たり前のことなんですが、国を動かす方々は気づかないのか知らぬ振りをしてるのか。

いわきの競輪場・・・・去年4月にボランティアに行った場所です。巨大な支援物資集積所になってて、いわき市はこの建物があってよかったなあと感じたものです。できたばかりでヒビひとつ入ってませんでしたよ!!

あと競輪といえば、たしか相馬で移動中ロンドン五輪出場選手の横断幕も見ましたよ♪名前忘れちゃいました(笑)

いつの日か競輪を見にいらしたら、ぜひおでん屋「喜助」に寄ってってください!

投稿: massi | 2012/10/31 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サプライズ・ゲスト | トップページ | 蔵内漁港でなんにもせずに・・・・・ »