« 毛呂山出張で | トップページ | 農水省さまさま »

2012/10/13

猿じゃないはず!

001003 またまた南相馬へ
 
「あ、こんちは!」 僕が行くと必ず来てる県内ボラさんが何人かいる・・・・金土日の活動日は全部きてるんじゃないかな?そんな人たちに活動が支えられている!!ご苦労さまです。
 
そして県内ボラさんの地元情報により、お土産探しにに無駄がない(笑)
道の駅で買える相馬あられは揚げせんが美味しい!最近連続ゲット中だ!そして今野畜産直売所(前も書いたけど20km警戒ラインのすぐ外で頑張っている)の巨大メンチカツは75円!
 
ちなみに今野畜産に向かう途中の田んぼの画像を撮ってきた。すぐ隣の相馬市では黄金の稲穂が重く垂れているのにここでは・・・・・・
 
----------------------
 
活動先は味噌蔵工場建屋の取り壊し前の片付けだった。こちらは同業者にお願いして商品を作ってもらい営業再開されておられる。
 
しかし
 
「言葉としては知ってたが風評被害ってのがこんなに重たいとは思わなかった・・・」という状況・・・・・食品関係は壊滅的に厳しいそうです。こんなお話を伺って、ウチには味噌が売るほどあるのに(あ、来週は朝市です!)またまた味噌を買ってきてしまった♪
 
----------------------
 
市内ボラさんは「泊まるとこなかったらウチにおいで」と誘ってくださる。活動先のご依頼主の方も「こんどはウチに泊まればいい」などとおっしゃってくださる。現に昨日は最初から泊めてもらう予定でいた方と、車中泊のつもりだったご夫婦の3人が市内ボラさんのお宅へ。
 
あったかいねえ!
 
「あなたもおいで」 「いや明日は仕事なんです・・・・」とご辞退しつつすんげえ羨ましかったなあ!
 
 
 
 
こんなに優しい人たちから休憩中などの会話のなかで僕は質問を受ける。
 
「福島のクルマが避けられてるって本当?」
「福島の女性を嫁にとるなって?」
 
 
僕は「あると思います」って答える。前なら「いやそんなことはありませんよ!」と励ましのつもりで言ったかな。だが前に日記に書いたと思うけどそれはやめた。厳しい現実にさらされておられる福島の皆さんには半端な気休めを言っちゃいけないような気がする。
あと、やはり前に書いたけど、いわきボラセンで実際に体験談を聞いたし・・・
 
 
しかし情けない。僕の近くには幸いそういう人物はいないからよかったけどね。
危険からは身を、そして家族を守らなければいけない。でも危険は見極める必要がある。恐れるにしても武道と同じく間合いってもんがあるんじゃなかろうか?
 
福島から出てきたものを闇雲になんでも忌み嫌うって・・・・・・・・・皆既日食に驚き騒ぐケモノ?恐れ慄く原始人?
 
でも僕らは理性と知性があるから大丈夫!!!と思いたい。猿とは違うよ・・・ってね~
 

|

« 毛呂山出張で | トップページ | 農水省さまさま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毛呂山出張で | トップページ | 農水省さまさま »