« 米沢~釜石へ、スコ研&人を訪ねて・・・ | トップページ | ハモニカ朝市のアートなひとびと »

2012/08/21

釜石~小泉へ、人のつながり

1208170112081702 釜石での2日目、宿を出てすぐ駅のそばのサンフィッシュ釜石へ行った。そこには橋上市場にあったお店が(古い話だけど)移ってきている。そこに橋上市場のころから顔を出していた成田商店さんがある。どうなったか心配だったけど、ご夫婦ともご無事だった♪
 
もう何年前になるか祖母が盛岡で入院していたころ、見舞いに来た流れで必ず釜石にも来ていた。そのころは魚市場の裏の古い旅館に泊まっていた。なんてことないビジネス旅館だったが、たまに朝イチでイカ刺が食べられたりするのがよかった。いとこ達が釜石にいたころ、同様に朝買ったイカを食べた思い出もあったからだ。
 
その旅館は、場所柄残ってはいまいと思っていたけど、場所を特定するのだけでも苦労した・・・・・・。
 
 
1208170312081704 次の訪問先に向かう45号線。道端にノボリを立てたリヤカーを見つけた。
「あ!あのリヤカーゆうべ駅の近くに置いてあったゾ!?」
と急停止して「こんにちは~」
 
この方は小川一歩さん、リヤカーで日本一周されておられる。な~んと72歳だ。すごいな~~~~。てっきり25歳くらいの若者が引いてると思ってた。ogawaippoで検索するとブログを発見できます。
 
眼下にがれき集積所を見ながら、あれこれお話してお別れした。
 
先に出発したのだけど、1ヶ所仮設住宅を訪ねているあいだに一歩さんに追い抜かれていたようだ。登坂車線がある長いキツイ登り坂を、ゆっくりジグザグをきって登ってゆくリヤカーを抜いていくのはなんだか申し訳なかったナ。
 
 
1208170512081706 陸前高田では、広けた土地を貫く長い直線を走りながら「やけに開けたとこに来たな~」と、そこが高田の町の跡だってすぐ気づかなかった・・・・・。
 
そして気仙沼では、初めてあの船を見た。
皆さんは「えっ!?」と思うかも知れないけど僕は震災後の気仙沼中心部は初めてだったのです。遅まきながら小泉より北に行ったってわけ。
 
ちなみに岩手で縁のあった方々とそのご家族のご無事率は8割くらいだった。亡くなられたご家族のことをさらっと話される方に「そうでしたか・・」としか言えなかったよ。いけませんね・・・・・。


1208170712081708  蔵内に着いたのがお昼前だった。昼ごはん食べて・・・・・皆さんが作業に戻ってきて・・・・・仕事始めたのを見つつこのまま帰るのもってことで作業に加わらせていただいた。
 
定置網に使ったロープを再利用するための作業を2時間ほど、あいかわらず中途半端ですんません。
 
初めてルマンで行ったので天気の良い漁港でバシバシ写真撮ろうと思ってたのに、ゴロロ~ン、かみなりさまと夕立がやってきた。そろそろ帰巣本能がうずきだす。
「バイク200km/h出るなら8時には家に着くべ」となどと言われつつ小雨の蔵内漁港をあとにする午後4時。
 
幸い強い雨雲は去ったみたいだった。あとは行けども行けどもちょうど雨のあとを走る感じ。ただ予想外に渋滞が多くて、たまりかねて常磐道にエスケープ、これは正解だった。10時すぎに帰宅。
 
 
 
  
 
今回、知りたかったことがわかった点では気が済んだ。ただ、昔からよく知ってる土地が被災した姿を見るのは初めてだったのでそれはショックだった。でもいろんな方々が消息を聞いてまわってくださったり、ただの個人的な訪問なのに手をくだいてくださってとても有難かった。
 
 
 
 
★有償広告じゃありません!ワンクリック→拡散にご協力ください!!
「MEMBeR」、東北の素晴らしい製品を伝えるショッピングサイト
http://www.memberjp.com/
  
★吉祥寺で震災被災地向けチャリティやっています
SKB吉祥寺 気仙沼小泉地区応援シリコンバンド
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/kesen-bokin.html
  

 
 
 

|

« 米沢~釜石へ、スコ研&人を訪ねて・・・ | トップページ | ハモニカ朝市のアートなひとびと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米沢~釜石へ、スコ研&人を訪ねて・・・ | トップページ | ハモニカ朝市のアートなひとびと »