« 行者小屋テント場へ | トップページ | 米沢~釜石へ、スコ研&人を訪ねて・・・ »

2012/08/08

赤岳~御小屋尾根

120804011208040212080403 行者小屋の翌朝。
3時に起床、棒ラーメン(マルタイではなく五木だ!!)を食べてると隣の学生グループが軽装で出発していった。僕はテントを撤収して5時に出発。地蔵尾根を登った。
 
お地蔵さまのおわす稜線に出て反対側を見下ろすと、川上村にもやが垂れ込めてた。しばし見とれる。
 
夜半から吹いてた風がまだ残り、涼しいけど陽があたるとジリジリ感じる。空は大快晴だ!!いざ赤岳へ・・・・。
 
 
120804041208040512080406 岩礫の稜線ですれ違ったのは先発の学生さん。聞けば早稲田の歩行会(あるこうかい)というサークルだそうで、はい!ポーズ♪
 
赤岳山頂はわりと人がいて、山名標をバックにかわるがわる記念撮影してた。
順番待ちもなんだし、僕は何度目かなので、南に突き出た岩の上で、はい!ポーズ♪
 
 
120804071208040812080409 赤岳を降り、西隣の阿弥陀岳へ向かう。途中、中岳を登って降り、徐々に近づいてくる阿弥陀東斜面のルートは見るからに急・・・・。
 
その途中で撮ったのが左の画像だ。高度感を写すのは難しいネ。
左上に中岳からの道が見えている。
 
テント装備も背負ってここに登るのは初めてだったけど酒と食材はお腹に収めてしまったのでまあなんとか(笑)。頂上で消費時間をチェックしたら余裕ができたようなのでエスプ&黒パン休憩とした。今回も行動食はリトルのフルーツ黒パンだ。
 
 
120804101208041112080412 さてここからがこのルートの楽しみなところ。初めて通る御小屋尾根だ。
 
そのスタートは摩利支天と呼ばれる阿弥陀の肩にある大岩越えから。ここはハシゴでなんなく通過。
 
その次に現れたのはグズグズに崩れた溝に設置されたロープだった。斜度もかなりあり足場はもろい、そして長い!!!ほぼ懸垂下降のようなカタチで降りた。ここを登る場合はそれなりの握力が必要だね・・・・・。
 
 
120804131208041412080415 ロープのあともザレた急斜面は続いた。そのころから上がってくるグループにも会うようになったがなんだか気の毒に見え・・・・(笑)
 
そんなこんなで500m(標高差)ほど降ると不動清水という湧き水があった。パックの曇りでわかるかな~?すげー冷たくて美味しかった!!
汲んで家に持ってかえってきたのだけど、山で飲んだときは硬く感じたのに家で飲んだらそうでもない・・・・・すんません、いい加減な舌の持ち主です。
 
最後は美濃戸口のバス停まで・・・・・歩行正味7時間の山歩き、1本早いバスに間に合った。最近あまり登ってないのとテント装備だったので心配もあったんだけど、結局標準コースタイムより早かった・・・・よかった。
 
コンデイションにも恵まれた2日間だった♪
 
 
 
 
★有償広告じゃありません!ワンクリック→拡散にご協力ください!!
「MEMBeR」、東北の素晴らしい製品を伝えるショッピングサイト
http://www.memberjp.com/
 
★吉祥寺で震災被災地向けチャリティやっています
SKB吉祥寺 気仙沼小泉地区応援シリコンバンド
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/kesen-bokin.html
 

|

« 行者小屋テント場へ | トップページ | 米沢~釜石へ、スコ研&人を訪ねて・・・ »

コメント

こんばんは。
なんだか行ったような気になりました。
景色が綺麗ですね。

投稿: かある | 2012/08/19 18:56

かあるさん、ありがとうございます〜!

なにしろ天気よかったので景色最高でした♪

投稿: massi | 2012/08/21 02:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行者小屋テント場へ | トップページ | 米沢~釜石へ、スコ研&人を訪ねて・・・ »