« パンチョのナポリタン | トップページ | 野馬追い前夜の南相馬へ »

2012/07/25

びしょびしょ

120720011207200212072003 最近は月に一度に届かない山行ペースなので、金曜は雨覚悟で奥多摩へ行ってきた。
 
ルートは御前山の東、鞘口山から北にのびる江戸小屋尾根だ。午後には雨雲の本隊が来る予報なのでその前に一般登山道に出たいな・・・・と目論む。
 
尾根末端のお堂にお参りしてからスタートだ。  すぐにヤブっぽくなる。意外にも道がついていて、草がかぶっているけどかすかに見えてる。ナタが必要なヤブではなかった。ロングスパッツとポンチョを装着する。
 
 
120720041207200512072006 途中、920mあたりで伐採地に出て小休止。ガスで草木は濡れている。背の高さのヤブに、メガネを保護して頭から突っ込んで歩くので、すでにハットはびしょ濡れ、ポンチョには葉っぱが張り付いていた。
 
キューリをかじってまた出発!!
すぐに九竜山というピークを通過。
 
 
120720071207200812072009 九竜山を越えてからますますガスが濃くなってきた。もう小雨だったのかも?
岩尾根を下り、コブを2つ越えて・・・・・・そこからのヤブはひどかった~~(笑)
 
ヤブをくぐりくぐり・・・・・・ふと気がつけば腰にぶら下げたカメラバッグがぐっしり濡れてた。パンツのポケットに入れていた地形図やノートも濡れ始めてる。
暑くても風を入れられることと、腰のカメラバッグも守れるので、カッパではなくポンチョを多用するのだけど、濡れヤブには効かなかったな。びっしょり♪
 
 
120720101207201112072012 急坂の樹林に入り、陽がささないのでヤブが低くなった。雨が強くなったようで頭上の樹の上でバタバタと雨音がする。
 
尾根は一度ゆるんで再び坂になる。喘ぎ喘ぎ登っていてふと見上げると窓のように明るい空間が見えている。カメラでズームしたら標識が見える・・・・・登山道だ!
 
登りきってポンと明るいとこに出たのが鞘口山だった。取り付きから4時間のプチ冒険でした~。
 
 
<ご注意>参考にならないようにルートなどについてはわざとあっさり書いています。この日記で難易度を測らないようにしてくださいネ!!!
 
 
 
 
★ワンクリック・拡散にご協力ください!!(有償広告とかじゃないですよ~)
「MEMBeR」、東北の素晴らしい製品を伝えるショッピングサイト
http://www.memberjp.com/
 
★吉祥寺で震災被災地向けチャリティやっています
SKB吉祥寺 気仙沼小泉地区応援シリコンバンド
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/kesen-bokin.html
 

|

« パンチョのナポリタン | トップページ | 野馬追い前夜の南相馬へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンチョのナポリタン | トップページ | 野馬追い前夜の南相馬へ »