« びしょびしょ | トップページ | 8月 »

2012/07/30

野馬追い前夜の南相馬へ

120727011207270212072703 再び県道12号をずるずる流れてゆく金曜日、南相馬に行ってきた。
 
4:30発でぎりぎり9:00着。受付する40人ほどのボランティアさんの列の最後尾についた。
 
現場へ向かう国道6号、原発20kmの旧規制線を越えてさらに南下すると、再び赤色灯が見えてきた。そこが10kmの現規制線だった。その少し手前を左折・・・・・海へ。
 
 
120727041207270512072706 現場の目の前はかつての田んぼ。水没し残留物が点々と残る。そして遠く海岸線には立ち枯れた松がぽつりぽつり見える。
 
今回のお宅では敷地内の津波堆積物の除去をメインにやった。
堆積は平均5cmちょいかな。内容は砂なのだけど、16ヶ月のうちにすっかり表土と変わらない感じだ。雑草の根が張り、虫たちも生活を営んでいる。これを引っぺがすのはなかなか骨が折れた。
 
現場の線量は5時間滞在して累積で1.0μSv(マイクロシーベルト)だと説明があった。いわきもそうだったが沿岸部は内陸遠隔地より低い。さまざまなことを想定すればこの事前測定も絶対値ではないのかも知れないけれどね、言ってたらキリがない。
 
 
120727071207270812072709 ボランティアセンターで解散後、前回知った「今野畜産直売所」に行ってみた。
 
例の巨大メンチカツが75円という安さだが、この日はなんとヒレカツが50円だ。ほかにレバーの唐揚げだのと、アンチダイエットな揚げ物クン達を大量にゲットしてしまった。
 
その後、相馬野馬追いを控えた相馬太田神社にも寄る。また原町の街中は旗指物だらけで、野馬追い1色だった。この時期は野馬追いの練習中に甲冑を着たままファミレスでランチする人の姿も見たそうだ。ちなみに去年は「地震のため」縮小開催だったというが、いままで馬を貸してくれていた他地域の馬主さんから敬遠されたことも大きかったらしい。 
 
こういった話はボランテイアセンターから現場へ往復1時間超の移動の際に地元ボラさんから教えてもらえる。ほかに馬が首を残して泥に埋まってしまったのを知りながら、助けることもできないまま避難しなければならなかった方の話など・・・・・・やはり馬の話は多かった。
 
ちなみに家に帰り着いてからカツサンドにして食べたメンチカツ、食パンとほぼ同じ大きさ!?笑えた。
 
 
 
 
  
★有償広告じゃありません!ワンクリック・拡散にご協力ください!!
「MEMBeR」、東北の素晴らしい製品を伝えるショッピングサイト
http://www.memberjp.com/
 
★吉祥寺で震災被災地向けチャリティやっています
SKB吉祥寺 気仙沼小泉地区応援シリコンバンド
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/kesen-bokin.html
 
 
 

|

« びしょびしょ | トップページ | 8月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びしょびしょ | トップページ | 8月 »