« 5月 | トップページ | 農地再生プロジェクト in 小泉 »

2012/05/03

東北へ~、三春滝桜からタープ泊

120501011205010212050103 1日朝8時半、気仙沼小泉へ向かう途中、福島三春に立ち寄った。
 
携帯サイトをしじゅうチェックして「満開」と思っていたのだが、来てみれば「落花しきり」という状態だ。
たしかに緑がかっていたけど、さすが立派な桜が青空をバックにそびえていた。
 
 
120501041205010512050106 三春からは349号を仙台へ。
実は今回の活動にはガレキ撤去従事ということで高速道路の通行証が出るのだが、残念ながらオートバイには出なかった。なので下道で経費節減。
 
349はサクラを見ながら快走、なかなかいいルートだった。
途中から行き先表示に丸森○○kmとさかんに出るようになり、いくども見るうちに頭に浮かぶのはマルマルモリモリのあの歌だ(笑)
 
せっかく?だから丸森で昼食にしようとしたけど町の食堂は片っ端から休みらしく、駅前の食料品屋さんのベンチでおにぎり&トマトランチとした。
こちらでうかがったところでは、宮城南部も放射能の風評被害に喘いでいる。経済的なダメージもだし、家庭内で老人は地元の食品を食べ、子や孫は高くても遠い地域のものを食べたりとか。やむをえぬとはいえ残念な状況・・・・。
 
「くじけそうにもなるけど頑張らないと」とおっしゃりご心労はいかに?と思うのだけど、ご自分より沿岸部のことをとても心配されていて「どうぞ行ってあげてくださいね」と送り出された。
 
その後、亘理に出て、平野部の津波被災地域を初めてみた。県道10号、あそこが海だとすぐにわかる松並木が見えている。
 
 
120501071205010812050109 石巻で山形屋さんに寄ると、新商品「わかめ用ドレッシング」ができたとのこと♪
 
すぐそばで被災された丸平かつおぶしさんのかつおだし粉も加えてかつお風味が効いている。 
 
ドレッシング数本とともに三陸を北上。あちこちの知り合いさんがどこもワカメをやってたりするので宣伝に。
ちなみに志津川湾の養殖ブイがたくさん復活していた。3月にきたときは雪道だったので、見る余裕なくてどうっだったかわからないが、来るたびになにかができていたりするのが嬉しい。
 
 
120501101205011112050112 あちこちまわって最後に蔵内漁港に行くとみなさんBBQの真っ最中だったヘルメットを脱ぐや否やホタテを渡される(笑)
 
そんなこんなで夕闇迫る頃ようやく泊地に向かう。手前で南三陸町旧防災庁舎に立ち寄る。たくさんの花が手向けられているこの建物も解体が決まったそうだ。
 
泊地はさんさん館の校庭だ。通常子供のキャンプとかを想定した「テント利用可」なんだろうけど(笑)1050円でOK♪今回はアライテントが出しているビバークタープMを初めて使用。テントとポンチョを兼ねたテンチョでフロアレスは体験しているけど、ドアもなしは初めてだ♪
 
 
120501131205011412050115 寒くなってもテントに逃げ込めないので手あぶり用に炭を用意。料理から熱燗やらスルメまで重宝した!
 
ほんとは焚き火といきたいとこだけど、やっぱ校庭だからねえ。
焚き火といえば昔西部劇を見てたらカウボーイは夜になると荒れ野で焚き火してジャーキーかじって豆のスープかなんか飲んでたナ。寝るのもブランケットにくるまるだけ・・・・・日本であんなことしたら朝露でビチョビチョになる。でもタープを使えばあの気分に一歩近づけるよね。そのうち山でも使いたい。条件は限られるけど。
 
 
120501161205011712050118  この晩はあっけないくらい静穏だった。6時間目覚めることなくぐっすり寝て目覚めたときはガスだった。
 
全身をうっすらガスが包んで、見えない鳥たちのさえずり。シュラフから出ないままボーっと空を眺めてみたり・・・・・・・。自然との一体感はテント以上だ。
 
自然ってもここは校庭だけどネ。
 
で、7:15、準備を終えてここを出発したのだった。

|

« 5月 | トップページ | 農地再生プロジェクト in 小泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月 | トップページ | 農地再生プロジェクト in 小泉 »