« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/29

南相馬市旧警戒区域

120525011205250212052503 南相馬市南部の福島第一20km警戒区域の解除に伴い、ボランティア活動がついに5月18日から始まったので25日に行ってきた。

国道6号、クルマに分乗して南下。20kmの元規制線を越えると空気が一変する。
 
ガードレールが、電柱が、海から山のほうへなぎ倒されている。事務所がガレキに埋もれたガソリンスタンドなど多数。元は田んぼとも畑ともとれる荒地にクルマの残骸や横倒しのフォークリフトなど点々と。まるで去年5月に見た三陸のよう・・・・と言いたいとこだけどどこか違う・・・・。
 
この日の作業はハウス内のシイタケ栽培棚の解体と撤去だった。棚が菌床ごと倒れてしまってるので菌床を外しながら少しづつ解体する。40人でかかったけど人海戦術でもなけりゃ作業する前から気が萎えてしまいそうだ。「夫婦で片付けても少しも進まないから毎日ため息をついていたの・・・」蔵内のおかあさんの涙を思い出す。
 
 
120525041205250512052506 活動先の方は身体一つで避難させられた「だってまさかこんな長期になるなんて」
 
いろんなものを全部家に置いてあるのを泥棒も知ってたらしい。空き巣の天国・・・・・たくさんのお宅が空き巣被害にあったそうだ。
 
このあたりの方はまず1次避難所へ。そして2次避難所へ。避難所から避難所へ引越しを重ねるうちに皆さんの顔色が暗く沈んでいって極端に会話が減ったそうだ。先が見えずにいつまでもタライ回しでは・・・・無理もないです。
 
そして今、警戒解除でいざ片付けを始めようとしても、避難を重ねるうちに親類縁者は日本中に散り散りばらばらで助け合うこともできない。
 
 
作業のほうは、2日で見積った作業を1日で、しかも1時間早く仕上げた。昼ごはんのときにいろいろお話を伺った効果だったのだろうか?
 
 
1205250712052508 帰路は雨・・・・・今も警察車両が陣取る旧20km規制線を越えて帰る。ここから数キロは南下したから原発15kmくらいまでは迫ってたのか・・・・

先に三陸とどこか違うと書いたけど、途中でふと気づいたのは道路が裏路地に至るまできれい。 個人宅でも商店でも工場でも、建屋内はぐちゃぐちゃだけどその前の駐車場にはガラクタひとつ落ちてない。コメリがあったのだけど営業中?ってくらいキレイに資材が積んであるのに実は閉店封鎖中。自衛隊さんがやってくれたのだろうか、とりあえず道路などはキレイにして、その先のことはそれぞれの持ち主がってことか。そのまま1年放置。放射能汚染の関係でゴミの持ち出しすらできないので。
 
そして・・・・ともかく人がいない。まるでSF映画のセットのようだ。機械が入ったけど人が入ってない感じ。これが福島の震災被災地の現実?・・・いや原発被災地の現実だ。
いきなり人間が土地から引っこ抜かれて14ヶ月、人がいないからこそ起きたことだらけだ。
 
中東の戦争映像に出てくる迫撃砲をくらった建物のようなセブンイレブン。これは泥棒のしわざだという・・・やりたい放題だ。
 
活動先の方はいろいろ話してくださった締めくくりに「なんだかねえ・・・・」とおっしゃった。ほかの地震・津波の被災地だって大変だけど、福島の場合はもう一枚複雑な思いが覆いかぶさってるように見えた。それが「なんだかねえ・・・・」にあらわれてる。
 
 
 
 
 
 
ボランテイアセンターに戻り、雨の中カリフォルニアで出発。帰りの県道12号線で、往きは急いでて気づかなかったが、飯舘村中心部を通過してた。公民館もJAもカーテンをひいて無人、無人、無人・・・・。
 
なんだかなあ
 
でもなんとかしないと

| | コメント (0)

2012/05/23

朝市無事終了~ & わかめ商人(笑)

005002_2 第12回ハモニカ朝市が無事終了した。
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/mercato.html
 
今回は予告通り、蔵内之芽組さんのわかめを使って山形屋さんのわかめ用ドレッシングの味見もしていただいた。
 
「買わなくてもいいから味見だけでもしてって!」
売れ残っても僕の生活が逼迫するわけではないので、わりとホンキでこう呼びかけた。宣伝できればそれでもいいのだ。
とは言いながら、食べると美味しいから買ってくださる。ドレッシングはあっさり完売した。
 
そして「わかめもちょうだい」と言われてアタフタ。
予約販売だからそんなには売れないかな?と思ってたのだが、意外にも予約を入れてくださる。今朝もまた「あのわかめはまだ買えますか?」とお電話をいただけた。お~、こりゃ配達も頑張らねば!!
 
蔵内わかめは27日(日)まで予約受付中!!6月初旬で売り切り販売終了になる。
ただし、ご予約いただけるのは僕から手渡し可能な方・・・・・ご相談ください。
 
現在145袋のご予約、目指せ200だ。
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame.html

| | コメント (0)

2012/05/19

明日は朝市

明日はハモニカ朝市
 
いつものチャリティ各作品に加え、世界初(かもしれない)わかめ用ドレッシングが登場!!
 
定価300円のところ山形屋さんのご好意で特価200円にて先行販売!!
 
先日気仙沼に行ったとき蔵内わかめをいただいてきたので、ドレッシングも試食してもらいます
 
 
 
 
ちなみに蔵内わかめの共同購入をすすめているところ
 
吉祥寺の何店かにチラシを置かせてもらってます
 
蔵内之芽組のわかめ
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/wakame.html
 
どなたかよかったらご一緒にいかがですか~?
 
 
朝市は7時から
 
本業があるので9時15分には撤収します
 
お待ちしてます♪

| | コメント (0)

2012/05/13

おなかいっぱい、狩倉山

120511011205110212051103 金曜、奥多摩に行ってきた。狩倉山の北東、日蔭指(ひかげざす)尾根にトライする。
 
取り付き点から南へ伸びる作業道もあったけど、植林をまっすぐ急登する。800mあたりに露岩帯があったけど(左)さっくり越える。
 
次に940mあたりで小さな壁が出現。ホールドも多くて僕でも正面突破できそうだったけど独りでなんかあったらコトなので無難なルートを探して越えた。
 
 
120511041205110512051106 次の1010m圏に現れた岩場は一見登りやすそうだったけど、モロかった~!
かなり大きな岩が、つかむとボコッと抜けてくる、うっかり体重をかけられない。
 
丹念に探せば他にルートがあったのかわからないけど、身長182cmの僕が膝でよじ登る場面もあった。点在するブナの若木が頼り、そんなのが標高差50mにわたって続く・・・・突破に20分ほどかかった。
 
この尾根はほとんど踏み跡が見つけられなかったんだけど、入る人が少ないのはこの岩場のせいかな~?めちゃくちゃ高度感があるわけじゃないが、ホールドは不確かだし、ヘタすりゃ途中で立ち往生、引き返しもままならない。
 
 
12051107_21205110812051109 最後に1360m圏の岩場はさっきの半分25mほどだったか。岩質がまったく違ってこちらは硬かったから不思議だ。層の違いだろうか?
 
岩の上の急斜面を喘ぎ喘ぎ登れば狩倉山の北峰1430m~~ここでエスプレッソタイム♪
しかしすんごい達成感!!!今日はもうおなかいっぱいだ(笑)。標高差ジャスト1000m、4時間ちょっとかかってしまった・・・・。
 
 
120511101205111112051112 こんな連中もいた。
右はヤマエンゴサク、変な名前!!指と比べるとこんなにちっちゃい!

中央はヒトリシズカ、あの静御前からとったネーミングだとか。さらにフタリシズカというのもある。
 
右はアミガサタケ、食用というのだけどまだ食べたことがない。
 
 
120511131205111412051115   降りは銀座通り、石尾根縦走路を奥多摩駅まで一気に・・・・
 
4時、電車に乗る前に「みやぎ」に顔を出した。でかいザックは表に置くしきたり・・・・まだ盗られたことはないらしい。
  
一番客で飲んでいたら、あとから登山客2人、地元の方2人、計4人の先輩方がいらした。で、どういうわけかかわるがわる僕に澤乃井生酒を注いでくださる。あんなに飲ませてくれるなら毎日行きたい(笑)
 
山は面白かったし、酒は旨かったし、大満足な1日。
 
手足に引っかき傷やこすれ傷がずいぶんできてて風呂でしみたのは余分だったけどネ♪

| | コメント (0)

2012/05/10

スコ研GW、初の外房

120504011205040212050403 GW後半は毎年恒例スコッチ研究会房総ツーリングに行った。
 
サトマサさんと2人、まずは九十九里道路を走り太東海岸のIRIE CAFE TAITO TERRACEにゆく。

斜面にあるCAFEからの眺めはなかなか(画像はちょいと加工済)、ダラダラと冷たいワインを飲みたい眺めだよ!
 
松鶴づけ丼と名付けられた海鮮カフェランチは複雑な味わい(松鶴はオーナーの船の名なのだ)。名物伊勢海老カレーはすんげー辛いけどダメージが長引かない♪
 
美味しかった!
 
 
120504041205040512050406 海岸線を南に辿れば今日の目的地に着くのだけどあえて山にはいる。
 
県道ワインディングを楽しんでいたら目に飛び込んできたのは「かくし酒」の文字だ!!
 
なんだそりゃ!?とUターンした。
 
そして・・・・・・・・・鴨川の隣、太海(ふとみ)の民宿に投宿。

部屋に通されると早くも炊飯器(もちろんご飯入り!)が置かれてた(笑)
 
 
120504071205040812050409  待ってました!!の晩飯
 
海女さんの宿なんだけど、残念ながらウネリのため禁漁、磯物が少なかった。でも魚は間違いなし、旨い!!
 
ここでさっき吉野酒蔵で買ってきたかくし酒「腰古井うすにごり」を投入!!
 
ん!ん!
おぉ!
う~~ん!
(笑)
 
蔵人が主に隠れて飲んだというだけある。にごり酒のシュワッとキリッとと、濃醇さと、生ならではのフレッシュさと、旨いっ!
 
う~む!
う~む!
↑しつこいね(笑)
 
 
120504101205041112050412 おっと、忘れてたけど、スコ研なのでスコッチも持っていった。今回はボウモアのボルドーカスクだ。
 
翌日は再び県道ワインデイング♪
通りしなに「星が畑の棚田」というのを見つけて入り込んでみた。すぐ近くに大山千枚田があるが、こちらはややマイナーなようで独り占め、よかった。
 
館山では、館山航空基地のこどもの日見学会に行ってみた。相当混むのかと思いきや、集まったのは30人ほど。大きなイベントだったらロープで仕切りがあったりするのだろうが、このときはずいぶんフリーな感じ。なかなかおもろかった。
 
記録写真を見ていたら、ここのヘリは気仙沼の小泉中学校にも援助物資を積んできてたらしい。わりと近いとこに接点があるもので・・・・。
 
天気のよいなか2時間も基地をウロウロ、すっかり日焼けして帰ってきたのでした~。
 
 
 
しかしあの酒は旨かった・・・・・

| | コメント (0)

2012/05/07

農地再生プロジェクト in 小泉

1205020112050202 志津川でのタープ泊の朝、最近はまってる五木のラーメンを食べカリフォルニア始動。雨の水界峠を越えて登米市にあるRQボランティアセンターに向かった。
 
今日は小泉地区での農地再生のお手伝いだ。元は水田だったところをガレキ混じりの土砂が埋めてしまっているのだ。いまは各地でこのような活動が広がっている。
 
ひたすら石やガラスを探し出す・・・・・いずれ農機を入れるための準備でもある。
 
 
1205020312050204 昼休みは見晴らしのいい高台の公園まであがる。陽射しはかなり強いが(このころ東京はスゴイ雨だったらしい・・・・)、風は冷たく爽やかだ。去年の5月に初めて小泉に来て「はまセン」で作業したのを思い出した。
 
おにぎりを食べ終え、残りの休憩時間は園地を離れてあたりの野山をブラブラ。したらゼンマイを発見!!
 
こんなのが手付かずだなんて!?ふきのとうもたくさんあって伸びきってたし・・・・・・・・・んん~、多くの皆さんが仮設住まいだったりして、まだまだ山菜摘みなんて気分ではないのかな・・・・
 
 
120502051205020612050207 作業は地味で地道なもの・・・・・・・ときおり腰を伸ばすと遠くに崩れた気仙沼線が見えていた。
 
そして、予報では翌日から雨の連続とわかっていたので、みんなギリまでがんばった。
僕より遠くから来た方も多かった。この日大阪に帰った方。はまセンでいっしょだったという松崎の方。小泉中に来ていたという三島の方。
 
作業終了後、みんなで小泉小に建てられた「津波の教え」の碑を見に行く。「てんでんこに逃げよ!」という教えが刻まれている。
 
眺めの良いところだった。手前の水溜りの左側には小泉の町があった。そして橋の向こうの右手ではガレキ処理施設の建設が始まっている。今後も大きな変化が続くであろう小泉と三陸各地なのだ・・・・・・・
 
 
120502081205020912050210 小雨の中、寄り道をいくつかこなしながら仙台に向かった。仙台では若林区のリルーツというところででやはり農地再生作業に従事されていた友人達に合流。いつも仙台は素通りだったけどご当地グルメの牛タンをいただけた♪
 
解散後、雨の仙台の町を夜10時に走ってる不思議な感じ♪仙台南から高速に乗る。
 
東北道は途中から強い雨になり、濡れたメガネ&ヘルメットのシールド&バイクのスクリーンがそれぞれ視界を阻む。前のクルマのしぶきも視界をさえぎり、クルマの前に出れば車線は2本先の破線くらいしか見えないので推測でカーブを抜ける。
 
メガシャキいらずの緊張感!!4時帰着、眠れず2時間のビール摂取、ようやく6時就寝・・・となった(笑)

ちなみに蔵内漁港をのぞいたらわかめ漁師さんからお土産をいただいた。3月に塩蔵加工のお手伝いをしたが(ちょびっとだけどネ・・・)、今期正式に出荷を始められた塩わかめだ!!出荷に適さない部分・・・・と聞いていたが、味と食感は素晴らしいものだった♪
蔵内のわかめは穏やかな湾内で育てずに沖で育てるので強い食感が得られるのだそうで。収穫体験、手伝って行けば?と誘っていただいたのだが、僕は湾内のボート釣りでも酔ってゲロゲロなんだよ~。
 
あのゼンマイは蔵内わかめとともに、山形屋さんのドレッシングで美味しくいただいた。
うまいもんを食べるとまた頑張れる!単細胞なので・・・・・(笑)
 
 
**********************
 
震災後初の蔵内の塩わかめ、100g250円で買える。(送料別)
 
知り合いが現地にいるので、100g300円見当で共同購入を考えてます。わたくしmassiから手渡し可能な皆様、蔵内わかめを食べてみたいなと思われた皆様、何口か申し出ていただけますと有難いです。50円高い分はクール便送料のシェアと、余剰金はわかめ漁師さんの燃料の足しにでも(わずかながら)してもらおうと思っています。
 
また、わたくしmassiから手渡しが難しい方、単独で通販してみようと思われた方、Facebook上での問い合わせ先をお教えしますので、ご連絡くださいませ。
 
先にも書いたけど、沖の強い流れの中で育った歯ごたえバッチリのわかめ、楽しめますよ♪

| | コメント (0)

2012/05/03

東北へ~、三春滝桜からタープ泊

120501011205010212050103 1日朝8時半、気仙沼小泉へ向かう途中、福島三春に立ち寄った。
 
携帯サイトをしじゅうチェックして「満開」と思っていたのだが、来てみれば「落花しきり」という状態だ。
たしかに緑がかっていたけど、さすが立派な桜が青空をバックにそびえていた。
 
 
120501041205010512050106 三春からは349号を仙台へ。
実は今回の活動にはガレキ撤去従事ということで高速道路の通行証が出るのだが、残念ながらオートバイには出なかった。なので下道で経費節減。
 
349はサクラを見ながら快走、なかなかいいルートだった。
途中から行き先表示に丸森○○kmとさかんに出るようになり、いくども見るうちに頭に浮かぶのはマルマルモリモリのあの歌だ(笑)
 
せっかく?だから丸森で昼食にしようとしたけど町の食堂は片っ端から休みらしく、駅前の食料品屋さんのベンチでおにぎり&トマトランチとした。
こちらでうかがったところでは、宮城南部も放射能の風評被害に喘いでいる。経済的なダメージもだし、家庭内で老人は地元の食品を食べ、子や孫は高くても遠い地域のものを食べたりとか。やむをえぬとはいえ残念な状況・・・・。
 
「くじけそうにもなるけど頑張らないと」とおっしゃりご心労はいかに?と思うのだけど、ご自分より沿岸部のことをとても心配されていて「どうぞ行ってあげてくださいね」と送り出された。
 
その後、亘理に出て、平野部の津波被災地域を初めてみた。県道10号、あそこが海だとすぐにわかる松並木が見えている。
 
 
120501071205010812050109 石巻で山形屋さんに寄ると、新商品「わかめ用ドレッシング」ができたとのこと♪
 
すぐそばで被災された丸平かつおぶしさんのかつおだし粉も加えてかつお風味が効いている。 
 
ドレッシング数本とともに三陸を北上。あちこちの知り合いさんがどこもワカメをやってたりするので宣伝に。
ちなみに志津川湾の養殖ブイがたくさん復活していた。3月にきたときは雪道だったので、見る余裕なくてどうっだったかわからないが、来るたびになにかができていたりするのが嬉しい。
 
 
120501101205011112050112 あちこちまわって最後に蔵内漁港に行くとみなさんBBQの真っ最中だったヘルメットを脱ぐや否やホタテを渡される(笑)
 
そんなこんなで夕闇迫る頃ようやく泊地に向かう。手前で南三陸町旧防災庁舎に立ち寄る。たくさんの花が手向けられているこの建物も解体が決まったそうだ。
 
泊地はさんさん館の校庭だ。通常子供のキャンプとかを想定した「テント利用可」なんだろうけど(笑)1050円でOK♪今回はアライテントが出しているビバークタープMを初めて使用。テントとポンチョを兼ねたテンチョでフロアレスは体験しているけど、ドアもなしは初めてだ♪
 
 
120501131205011412050115 寒くなってもテントに逃げ込めないので手あぶり用に炭を用意。料理から熱燗やらスルメまで重宝した!
 
ほんとは焚き火といきたいとこだけど、やっぱ校庭だからねえ。
焚き火といえば昔西部劇を見てたらカウボーイは夜になると荒れ野で焚き火してジャーキーかじって豆のスープかなんか飲んでたナ。寝るのもブランケットにくるまるだけ・・・・・日本であんなことしたら朝露でビチョビチョになる。でもタープを使えばあの気分に一歩近づけるよね。そのうち山でも使いたい。条件は限られるけど。
 
 
120501161205011712050118  この晩はあっけないくらい静穏だった。6時間目覚めることなくぐっすり寝て目覚めたときはガスだった。
 
全身をうっすらガスが包んで、見えない鳥たちのさえずり。シュラフから出ないままボーっと空を眺めてみたり・・・・・・・。自然との一体感はテント以上だ。
 
自然ってもここは校庭だけどネ。
 
で、7:15、準備を終えてここを出発したのだった。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »