« 次なる10万kmのために? | トップページ | 綾瀬「味安」 »

2012/03/26

いわき再び

11ヶ月ぶりにいわきに行ってきた。
 
前回は震災から1ヶ月、バイク仲間にガソリンとタバコ(笑)を届け、2日間だけボランティア活動。と言っても当時はまだ県外ボラなぞ募集してなくて、しかも屋外作業もできていなかったので、いわき中心部の支援物資集積所でのお手伝いをした。
 
311が近づいて増えた震災報道を見ているうちに、久しぶりにいわき市社協のホームページを見たらなんと、いまだに被災家屋の片付けなどをやってる!!そんなわけで行ってきたんですよ。正直に言うなら「忘れていた」わけであり、申し訳ないことです。
 
 
12032300 さて、金曜は雨の予報だったのでカリフォルニアは出動させずに高速バスを利用した。費用もリーズナブル・・・・問題は午前2時にいわき駅に着いてしまうことだ(笑)
いちおう路上泊装備で来ている。駅前は屋根が広くて駅寝しやすい環境(この日はホームレスさん?が2名)だったけど、寝てられるのはせいぜい6時までだもんな〜。
 
ということで、20分ほど歩いてマン喫に転がり込み、数時間をうだうだと過ごして、9時にボランティアセンターへ~。
 
 
12032301 画像は北部四ツ倉のガレキ集積所。
クルマ1台を与えられたたった2名のチームで僕が「リーダーさん」ということになり(笑)
 
紅いジャンパーの相方さんは和歌山からヒッチハイクで来た大学生クンだ。作業が金土に限るとも知らずに偶然金曜にやってきた・・・・。愛知から松戸までを一発でやってきた強運の持ち主(笑)
 
この集積所で震災ゴミを分別。
活動したお宅は古い洋品店だったのでデカイ姿見もあった。そのはめ板とガラスをばらしていたらそこに挟まっていたのは昭和13年8月の「いはらき新聞」だ。「いばらき」じゃないよ「いはらき」。
 
12032302 この洋品店さんの建物はずいぶんモダンだと思ってたんだがあとで調べたらネットで歴史的建造物として紹介されてた。逆に古いがゆえに地震で崩れてしまったんだけど。で、新聞のことを伺ったら、先代が北茨城からこちらに移ってきたそうで・・・・おそらくは茨城時代に仕入れた姿見だったのか?歴史だなあ〜。
 
ご家族のご了解を得て、いま現在の茨城新聞に進呈を申し出ている。まあ新聞社だからこういった記録はマイクロフィルムかなんかできちんと残してて、古新聞は「ご遠慮申し上げます」と言われるかもしれないが。一応ね。
 
 
12032303 16時に作業終了そして解散。ボラセンを出て、19時発の高速バスまで2時間を、いわき駅近くのおでん屋「喜助」で過ごした。
大学茶道部の先輩のご実家だ。学生時代に2度ほど来たことがあるが、まんず○十年ぶり。昔話や地震・原発の話などして、後ろ髪引かれつつバスに乗り込んだ。
 
ここのボラセンではどういうわけか災害復旧支援活動を金土曜に限って続けている。なので僕にとっては好都合。ニーズあるうちはまた来てみようと思う。

|

« 次なる10万kmのために? | トップページ | 綾瀬「味安」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次なる10万kmのために? | トップページ | 綾瀬「味安」 »