« 2月 | トップページ | 石尾根縦走、全ピーク踏破 »

2012/02/06

久々の雲取山荘へ

120203011202030212020303 金曜朝9:30、鴨沢でバスを降り、凍った奥多摩湖を見下ろしながら歩き始めた。
 
久々の雲取山荘へ・・・・・骨折前の秋に小屋番さんに「冬に泊まりに来ますよ~」と言ってから、約束を果たすのが2シーズンめになってしまった。
 
10日ほど前の雪は、融けず凍らずの奥多摩としては最高?のコンデイションだった。アイゼン不要。途中から念のため軽アイゼンをつけた程度。
 
 
120203041202030512020306 ブナダワにあがって景色もよくなったところで昼食にする。 
 
カップラーメンなんだけど・・・・・・エコスタイルでパック詰めのこいつはパックラーメンと呼ぶべきだろうか?(笑)
 
その後防火帯を登る。1700mのこのあたりから3~40cmの雪だった。
 
 
120203071202030812020309 雲取山頂には15:30到着。
避難小屋の気温はー8度だが、天気もよく風もなく、ずっと腕をまくって半袖状態で歩けた。
 
ちなみにこの避難小屋は山頂にあり、ご来光も拝めるし人気がある。(水場はないけど)
この日も中学生を含んだパーティがきたらしい。
 
 
120203101202031112020312 夕陽に輝く芋ノ木ドッケや遠く浅間山を見ながら山荘に到着。
 
客は単独3名、3人グループ1組の計6人だ。
 
水場が凍結してるのでトイレの手洗いは雪を使う。ただしトイレは凍結防止のためにヒーターが24時間稼動していて、たぶん山荘のどこよりも暖かいんじゃないかな~。住んでもいい暖かさ(笑)
 
 
120203131202031412020315 夕食はご覧のとおり、ご飯のお代わりは自由。
 
部屋は冬期平日は客が少ないので個室が与えられる。(←ここ大事!)
豆炭コタツが置かれてるが、上半身は凍るような室温だ。布団はコタツにくっつけて敷く。まえに一度コタツに足を突っ込んで寝たら暑すぎた。
 
夕食後、単独者3人でストーブを囲み飲んだ。
うち一人はナント宮崎から飛行機で登りに来ていたのだ!!宮崎で雪山登山ができないので初めて来たのだそうな。すごいなあ・・・・・
 
夜語りは消灯近くなって解散、部屋で独り飲み進める。
僕は軽量化のためウィスキーをVAAMの空きパッケージに入れて行くのだけど、一部では絶賛だが一部では大不評だ。ダンディーじゃない行為だって(笑)
 
まあいいじゃないの。
 
9:30、気持ちよく就寝zzzzzzzzzz

|

« 2月 | トップページ | 石尾根縦走、全ピーク踏破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月 | トップページ | 石尾根縦走、全ピーク踏破 »