« クレイジーなイケメンとマンジローに出会う | トップページ | イタリアンな燻製?再び »

2011/11/07

ハーモニカ横丁朝市 と ミサンガ環

1110300111103002  ちょっとさかのぼるけど、10月30日は7時からハーモニカ横丁の第3回の朝市だった。
 
ハーモニカ横丁・・・・・・・・・某商店会長の「ホントはハーモニカ横丁なんだよ~」という訴えも虚しく、僕もついつい「ハモニカ・・・」と言ってしまってるのだが、正式には沢山の店と路地がおりなす形がそう見えるので「ハーモニカ・・・」なのだ。
 
ではなぜ「ハモニカ」と言っちゃうのかというと、「ハモニカキッチン」ができて有名になってからのことだろう。たぶんオーナーのT社長が店名を付けるときに語感やオリジナル性を考えて縮めちゃったんだろうね。
 
さっきウィキを調べてみたら
「吉祥寺通からは「ハモニカ横丁」とも呼ばれ・・・」
なんて書いてあったけど、まあ「通」だからってこともないんじゃん?
 
僕ら「横丁の住人」というか各店の常連はもっと縮めて「どする?ハモに戻る~?」なんて言ったりしてる。ハーモニカよりハモニカの方が確かに言いやすいよね。会長ゴメンナサイ(笑)
 
 
1110300311103004 前置きが長くなっちゃったが、朝市ではY田さんが骨董・雑貨の店を開いているので、その横でチャリテイブレスレットを売らせてもらっている。
こういう場所があると宣伝しやすいので有難い。 この日足を止めてくださったのは主におかあさん方、そして話をすると東北出身の方が多かった。
 
他に売られてるのは地場野菜・地方特産野菜・干物類・手作り小物・手ぬぐいなど工芸品などなど。
石巻焼きそばとかカツサンドとかもあり、お酒も売られていて朝から顔が赤い方もいるが、僕は9時から本業のほうに出勤なので焼きそばを食べてもビールは我慢~。
 
 
さて最後の画像は、「浜のミサンガ 環(たまき)」
こないだ、前の南三陸ボランテイアのときに知り合った現地在住の友達からもらったのだ。僕はこのことを知らなかった。
 
東松島から釜石までの浜の女性達がひとつひとつ漁網で編んだもの。売り上げは作り手やこれに関わる被災企業などにまわることになる。職を得る、お金を得る、だけでなく誰かとつながる、生きがいを得る、という活動だ。
 
実は網で作った太めのミサンガと紐状の細いミサンガのセットなのだが、僕はその2つを組み合わせて1つにしてみた。青く見えてるのが細いのです。どう?いいでしょ?(笑)
 
興味ある方はネット販売もあるので~
ただし10月に始まった第4回分もどうやら昨日あたり完売したもよう・・・・・かなり人気商品になっているらしい。次にご期待ください。

|

« クレイジーなイケメンとマンジローに出会う | トップページ | イタリアンな燻製?再び »

コメント

こないだ分けて頂いたチャリティブレスレッドは先日すべて手渡しで捌けましたよ(^0^)ゞ

全国へ散らばったいった善意の気持ちが嬉しいです。

投稿: 富山の兄弟 | 2011/11/08 19:32

富山の兄弟さん、お晩です。

わぁ!完売有難うございます。
そうなんです。元は吉祥寺の地域ボランティアなのにあちこちでご協力いただけて嬉しいですhappy02

実は5日に軽トラを被災者の方に納車してきました。

本当に皆さんのおかげです。

あらためてご報告します。

投稿: massi | 2011/11/09 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレイジーなイケメンとマンジローに出会う | トップページ | イタリアンな燻製?再び »