« 10月 | トップページ | ユニセフのこと »

2011/10/04

今年初のテント山行・八ヶ岳

110930011109300211093003 やっと行ったぜテント山行!!
まあいろいろあって今季初だよ。そして今季最後の可能性があるので雨でも行くだけ行こうと決めていたのだ。
 
土曜日夕方に吉祥寺に帰ることを前提にチョイスしたのは八ヶ岳。行者から赤岳に登るシンプルなルート。
 
久しぶりの南沢は台風増水でかなり荒れたらしい。新しい高巻きルートや丸木橋が作られていた。

南沢上部は伏流になってゴロタ歩きになる。ここらで霧雨とガスになった。・・・・静かだ。
 
 
110930041109300511093006 2340mの行者小屋のテント場もガス。
ここはすぐそばの赤岳や横岳西壁を見上げるナイスなテント場なのだ。

ただしこの夜はテント設営30分後の16時に本格的な雨になってしまった。そそくさと食事してそそくさと酒を飲み、19時には寝た。
 
ちなみに居住性を高めるためにDIYショップでアルミパイプを買ってきてポールを作ってみた。左右を引っ張るのと前室を開いて換気をする(結露軽減)のと。なかなか上出来だった。500円くらいしかかかってないし。

23時ころ鹿の長鳴きに目覚めると星がポツンと1個だけ見えた。 黒い山の影も見える。
オッ!!明日は晴れる?
 
 
110930071109300811093009 3時半くらいから冷えを感じつつシュラフの中でうだうだ・・・・。5時前にやっと起きて6時に地蔵尾根に取り付く。

森林限界を超えるとハシゴや鎖がつく岩場の急登がある。ハシゴの向こう、イワシ雲を見上げながら登ってゆくと・・・・・・

地蔵の頭という稜線に出る。
お地蔵さまが西を向いている。広がる雲海を見下ろしている。僕もいっしょに見下ろしているとまっすぐ絶え間ない西風がとっても冷たい。
 
 
110930101109301111093012 赤岳展望荘でトイレを借りていよいよ赤岳へ。振り返ると展望荘とその向こうに横岳。
 
赤岳2899mに登ると下界は雲海、そして雲海の上に頭を出している富士、南アルプス、中央アルプス、御嶽、北アルプス、浅間とぐる~~り見えてる。

ま・ん・ぞ・く (笑)
 
 
110930131109301411093015 文三郎尾根というルートから降りにかかる。バスの時間があるのでせっせと降りるが、せっかくの景色もじっくり楽しむ。
 
実はいつも山にはレジャー用双眼鏡を持ってきていたのだけど、コンパクトでもっと明るい単眼鏡をゲットしたのだ。
ところがこれをゲットしてからというものガスってばかりで呪いのスコープかと(笑)でも今日はついに晴れてあちこち眺める。
 
テント場に戻るとテントの花が咲いていた。土曜日だからね。
この光景を見ると金曜に山に来れることがとってもゼイタクに感じちゃうな~。
 
ものを乾かしつつ撤収準備しつつの昼飯。ちなみに軽量化のため今回の食事はアルファ米赤飯と、ラーメンと、糒を戻してタマゴスープにぶちこんだもの、以上3食・・・・・・まあ仕方ない。怪我しちゃったんだから。
 
 
110930161109301711093018 さらに登山口へと降る。
昨日とはうって変わった明るさ。そして秋の気配が漂う。たったか早足で歩きながら目は楽しい。

バス停前の八ヶ岳山荘で風呂に入り、バスを待つあいだ牛乳ごっくん。まいう~。

右肩だけで背負わなきゃならないので荷物を絞って12~3kgに抑えた。サンマの炭焼きも我慢、エスプレッソも我慢。あう~~~~。
右の鎖骨付近に赤く跡がついたけどテント山行が可能だって確認できた!ただザックが右へ右へと行こうとして重心が移るので要注意だ。

さあて次はいつ行けるんかな~?

|

« 10月 | トップページ | ユニセフのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月 | トップページ | ユニセフのこと »