« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/30

9月

110830011108300211083003 もう明日から雨続きなのでまたまたフライングして今日9月分を撮影した。
 
昨夜はついに窓を閉めて寝たなあ。何度あったのだろう?ちなみに短パンのみ、かなり薄いうわがけ1枚という体勢。
 
家の近くの新道はだいぶできあがってしまった。・・・・・が、ここで計画が頓挫して永劫このままであれと呪ってみた(笑)
 
 
110830041108300511083006 小金井公園の定点サクラは黄色い葉をちらほら落とす。
 
ひなたは陽射し厳しく暑い。が、日陰はかなり涼しい。だから走っているぶんにはもう暑さは感じない。
 
とか言ってると猛暑再び~なんて日が来るのだろうな・・・・。
 
 
110830071108300811083009 井の頭公園はかすかに匂う・・・・・・・
 
池の浄化作戦は継続中なのだけどなかなか大変なのでしょう。
 
お地蔵さまは
 
なんと少し移動されていた!!(前は古い切り株の上だった)
 
そういえばここ数日通りしなにわずかな違和感を感じていたのだけど、これだったのか。なんでだろう?帽子がずれてるけど倒れられたのかなあ?いつもお世話されてる方がどうされるか、注目。
 
 
110830101108301111083012 自転車道の真ん中にまだ青い柿が鎮座。
 
風で落ちたのかな?台風はこれからなのに・・・
 
ちなみにセミはいっぱい落ちてる。
 
最後はいつも通り過ぎている富士見が丘運動場。
門が全開だったので入ってみたら外からのイメージ以上に広かった。広い芝の広場の周囲に簡易舗装の周回路がある。ジョギングによさそうだ。
 
8:30開場だ、9:30出社だと汗が引くかなあ? 

| | コメント (0)

2011/08/21

全てを愛してしまっている(?)宿

18日、那須は明け方4時ころにかなり雨が降り、テントを叩く雨音で優雅に目覚める。

うだうだと朝食~撤収準備を始めた6時ころには青空が見え始めた。

よっしゃっ!!2台のモトグッチが待つ那須高原サービスエリアに向かう。


110818011108180211081803 すぐに高速を離れて、9:30には大内宿に到着し「三澤屋」に入る。

10:00ころ席に着いたが去年は2時間待ちだったので格段の差だ。お盆前後は開店前にかなり待ってるらしいので、やはり原発の影響が否めない。
しばし待って会津名物のこづゆ(小)がきた。ダシがよく効いたしっかり味、汗かく夏に会ってまいう~。続いて高遠蕎麦(大)が登場!ネギを箸代わりに、そして薬味としてかじりながら食べる蕎麦・・・・やはりまいう~だ。
 
 
110818041108180511081806 食後は大内宿を散策だ。ここで・・・・・驚いたのは「シャッター押してくださ~い」と話しかけてきたのが20年ぶりに会った大昔のバイト仲間のK氏だったからだ。なにしろ奥さんも同じくバイト仲間・・・懐かしいねえ~。 

そこから100kmほど走って米沢に入り、町のはずれの小型総合食料品店に到着~、スイカやウリをご馳走になる。はるか昔にナスを買いに入った縁で毎年来ている・・・オヤツを食べに来てる感もあり(笑)

お店の奥さんは僕がわかると思い込んでて100%山形弁で話すが、25%岩手人でありながら岩手で育ってない僕は25%生返事(笑)
 
 
110818071108180811081809 米沢での定宿となっている笠松旅館に。昔は米沢十湯などと言ったうちの一つなのだ。久々に説明しておこうかな?

もともと湯治宿なので物干しがあったり・・・衛星アンテナはあるけれど、信じないかも知れないが客室に置かれたテレビにはなにも映らない(笑)
 
鉱泉を沸かしたお風呂は造りがざっくりしている。僕が初めて来たころは土色が強かったと思うけど最近は透明で湯の花がわずかに漂う。まあでも僕はここのありよう全てを愛してしまってるんで(笑)、仮に沢水の沸かし湯になったって構わないし~。

電気の配線もご覧のとおりで、壁に穴があいていて電線は隣の部屋へと続く
 
 
110818101108181111081812 山奥の木造、しかも冬季は無人になって雪に閉ざされるので湿度のせいか建物はゆがんでいる。

ゆがんでいるので今さらアルミサッシなど使えない、壁と柱、障子などすき間だらけだ。だからすき間から漏れる明かり目がけて山中の虫たちが押し寄せる。
 
・・・・・・・という話をするもんだから「そこに連れてって♪」という女性はいまだ現れない(笑)  
 
最初の夏、明かりを点けて障子を開けたまま風呂に行ってたら、部屋が無数の羽虫に占領されていた(おもに蛾とヘビトンボの類)
 
↑これ誇張してないからねっ!!
 
それで隣の湯治常連客が部屋を真っ暗にしてご飯を食べてたわけを知ったのだ(教えてくれればいいのに・・・)
 
そういうのが苦手でも9月以降はいいよ~!虫はいないしキノコがいっぱい出るし、うまくすればマッタケが・・・
ちなみに夜半、寝ていて寒くなった。秋雨前線が通過していったのだ。
 
 
1108181311081814 いつのころからか宿のおじさんは僕らが行くとブルーシートで特設駐輪場を作ってくれるようになった・・・・「なあんだべ○○さんがくると雨が降ってくっがら」って (笑)

19日朝は、前線を追いかけるようにして東京へ帰るのがわかってるのでちゃんとカッパを着た。
途中、福島・栃木と局地的な雨はあったがカッパ無しでも過ごせるくらい。
 
問題は埼玉・羽生を過ぎたあたりからだった。カッパの上からでも当たると痛いほどの雨。クルマが異常にスローダウンする。こっちは早く豪雨地域を抜けたいのに・・・・。フロントグラスが寝てるから余計に視界が悪いのだろうか?
 
安物のカッパ・グローブが一気に浸水する!!ガエルネは登山に備えてミンクオイルをたっぷり塗っていたので耐えた。エライッ!
 
前線を追い越して、秋を連れて無事帰ってきたわけだ。東京は涼しくなったでしょ?

| | コメント (5)

2011/08/20

那須岳とNEWテント♪

110817011108170211081703 17日9:40、那須の茶臼岳に向けてクライムオ~ン!!

・・・って目の前を日傘さしたご婦人方が登ってゆく・・・。あれれ?

なにを隠そう、一気に1650mまでロープウエイで上がれちゃうのだ。ゆえに公園気分で普段着な皆さんがエッチラオッチラ登ってゆく

secret今回は僕もちゃっかしロープウエイに乗っちゃいましたっ(照)

観光客の皆さんは山頂直下の岩っぽくなったあたりで諦めて景色を眺めたり・・・・・そこから先はそれなりに装備した山登ら~と装備はなくても元気がいい若者だけになった
 
 
110817041108170511081706_2 茶臼岳山頂からはロープウエイとは違う方向に降り、間近に噴煙も
 
やがて避難小屋を見下ろし、写真中ではその先に目指す朝日岳が見える(あ~、またアレを登り返すのか~)

避難小屋の先は鎖場もあり、山歩きらしくなる
 
 
110817071108170811081709 とても静かな朝日岳のピークに着くとガスって真っ白

えてしてそんなもんです

でも時おりガスが薄らいで、尾根の行く手に那須五山の最高峰の三本槍岳(右画像の左にある丸い山)が見える
 
本当は行きたかったんだけど、チェックしてたら連日13時ころから雷雲が発生してたので断念した
 
    
110817101108171111081712  トンボ(アキアカネ)が100も飛んでいるんか?っていう朝日岳山頂

のんびりエスプレッソを淹れる

人間はたまに1人2人と現れるが皆静かに過ごしてたのが不思議

 
 
110817131108171411081715 降りは歩いてバイクまで戻って、休暇村が管理する野営場へ

NEWテントのデビューだ!!NEMOのMETA1Pという。鎖骨対策ということで、前室付きで恐らく最軽量クラスのを探したのだ・・・・雑誌・店によってはテントというよりシェルターとして分類する

「うまく張れない」という声がネットにあがってたがそれはポールの長さが足りないからで、ピシッと張るとカッコイイ!ポール1本で設営・・・・僕はカメラの一脚を流用した
 
前室はたためばフルオープンになる!!あと左右を引き綱で持ち上げてるのわかる?両端が低くて僕は頭と足指先が触れて濡れてしまうので

ちなみに軽量テントなので、他の装備も削りに削ってルマンに積んでみた(伊達のイタリアンスポーツなのに~笑、アグスタブルターレに荷物満載のO師匠には負けますが・・・・)
 
  
110817161108171711081718 休暇村本館に行って500円で温泉に入り、帰りの遊歩道でビールもとい発泡酒をゴクゴクプハ~ッ!
 
テントが軽くなったがメシも軽量化だ
 
晩は棒ラーメン、湯が沸くのを待ちつつ間引きニンジンをかじって酒を飲み始める

(どうだろう?)と思いつつ買った五木の棒ラーメンが旨いこと・・・・・ついでにひよこ豆や糒や乾燥ラーメンの具も投入する・・・・が、食べ始めたとこで雨が始まりずっと朝まで、トホホ
 

| | コメント (2)

2011/08/16

ポッキーその後

Cai46n0m 今日は3ヶ月ぶりの診断日だった
 
前からお願いしたかったX線画像を撮らせてもらう
 
骨の外周はくっついているけど、芯の部分にまだかすかなすき間が見える・・・・・・・
 
鎖骨は時間がかかるとは聞いていたけど
 
 
 
Caq4cr5w 先生が興に乗って「じゃあこれも撮ったら?」と出してくれたのは
 
クラッシュ直後の写真crying
 
くだけ散ってます・・・・・
 
 
 
 
 
 
ちなみに11月中旬に次の診察がある予定で、そのときの判断によるが「おそらく年内にプレートが取れると思いますよ~」とのことだった!!
 
長かった~
 
長き異物感との闘いの日々・・・・さらば
 
ってまだ先の話ではあるが(笑)

| | コメント (2)

空の青写して


 
前を向こうとするとき
 
ちょっとだけ頑張ってみようと思うとき
 
きっと瞳に映る空の色だよ
 
 
 
Dscf2890
 
 
 
 
  
 
空色を映したブレスレットが700個、僕の部屋にある
 
吉祥寺の仲間の絶大な応援を得て作ったブレスレット達
 
いま被災地では将来をつかもうと動き始めた人々がいる
 
今回はそんな人々にまっすぐ応援を届けたいのです
 
 
 
 
 
 
またまた皆さんにチャリテイのお願いをします

ブレスレットは1個400円、235円が義捐金になります

前回は吉祥寺飲みネットワークでストラップ200個のご協力をいただいたけど、なにしろ今回は700個・・・・

皆さんがご自身のネットワーク(家庭・職場・友人)に広げていただければとっても助かります。職場にSKB=スケベの説明はキビシーかな?(笑)
あ、あらためてSKB吉祥寺の紹介をしておきますが、ハモニカ横丁を中心に飲み歩く気のいいオジサン達をスケベオヤジの隠語としてSKBと呼んだのが始まり。ただしホントにスケベ行動をしてるわけじゃありません。良識と友好の範囲内で。ですので女子もいます。ともかくいまは真面目にチャリテイに取り組んでいるのです。

吉祥寺以外の方も、遠くの方も、ぜひご協力ください~~!!(必死ですっ)
前回、完売ののちに「あ、そういえばアレ買いますよ~」と言ってくださった方々多数・・・・・残念ながら売り切れ後でした・・・・今回はぜひ早めにお声がけください。遠くの方は送金手数料や送料のご負担もお願いすることになりますが、よろしくお願いいたします。


希望の色は空の色、とヒントをくれたキミ、ありがとう~
空の青写して、なんてコピーを与えてくれたアナタ、ありがとう~
ほか、なにかにつけ助けてくださる皆さんありがとう~

詳細と出納はこちらでご確認ください
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/kesen-bokin.html


massi

| | コメント (0)

2011/08/10

そろそろ動こうとしている気配

なかなか時間がなくて日記を書かずにいたけど、東京に無事に帰っています。

古川あたりで物凄い雷雨に遭ったけど・・・・、調子こいて走っていたら福島県警の覆面パトに追いかけられたけど・・・・、無事に帰っています(笑)
 
 
110802011108020211080203  さて5日間「はまセン飛騨高山の湯」で活動してきた。
繰り返しになるが、南三陸町(旧志津川)ベイサイドアリーナでお風呂を提供する活動にあたっている。
 
以前、富山の兄弟さんが呼びかけに応じて送ってくださった2台の冷蔵庫はここで活躍している。お風呂のご利用者の皆さんに冷たい飲み物を提供したり、自炊の用意のないボランテイアに食事を提供したり。とても有難かった。ここは22日で閉鎖予定だが、冷蔵庫は地元被災者の方に譲られる手筈になっている。

お風呂には数人があたればよく、余剰ボラは戸倉にあるボラセンにお手伝いに出かける。戸倉での仕事を終えて戻るのが17時前で地域利用者が少ない時間帯なので、僕らも汗を流させてもらう。ありがたや~~ 。この風呂桶は実はワカメの塩漬けや稚魚養殖などに使うプールなのだ。 水戸の漁業関係者さんから寄付されたものらしい。
 
 
110802041108020511080206  お風呂あがりのドリンクサービス以外に、この時期は「チーム城北」というグループがいらしてて駄菓子屋サービスをやっていた。
 
彼らは子供を相手にするお仕事をされてるので慣れてらっしゃる。「なるほど、それで子供向けにね・・・・」と思っていたが、実際には子供だけではなく大人にもお好み焼きやぜんざいなどを提供。ずいぶんと和んだ雰囲気つくりに貢献されていた。
(バールやナタをぶらさげてるだけのヤツとだいぶ違うにゃ~、笑)
 
 
110802071108020811080209 戸倉のとあるお宅の裏山を拓きに行った画像だ。
 
左端は作業前。まず草刈機と人力で藪をはらい、奥から出てきた松の木をチェーンソーで倒す。
 
・・・・・が、最後の1本は倒す角度がまずくて他の樹に引っかかってしまった。そこで木登りオジサンmassiが手ノコとナタで落としにゆく。
 
 
110802101108021111080212 今回、いろんな方にお会いできたが、皆さん前を向かれていたのが印象的だった。5月の時点ではまだ先のことは俎上になかった気がする。

出発前後に「小泉地区、明日を考える会」の事務局長さんとメールをやり取りさせていただいていた。集団移転まできちんと視野に入れられてる英断に頭がさがる。移転も考えながら「小泉らしさ」をいかに残すかが課題だそうだ。

左画像は山の上の桑畑の跡。残念ながら漁業は断念されるが新たに山を拓いて農業で頑張ろうとしている方がいらっしゃる。
 
志津川でいちはやく再開した「かね久海産」の直売所では、行くと買い物の前にまず「まあまあ」と座らされてアズキアイスをご馳走になり、そこにたまたま居合わせた町議会議員さんといろいろお話することになる。
「ボラさん達は我々のことどう思ってるんだろう?」、「我々はボランテイアや支援に頼りすぎてはいまいか?」など。そういえばこれに近い話は小泉浜の地元の方もおっしゃっていた。

長い会話を簡単に書いてしまうと誤解を招いてしまいかねないが「可能な人は自力で頑張ろうよ」というお気持ちがあるようだ。もちろんそれは、さしあたっての日々の生活のことだと思う。街のインフラや職の再生など大きなものではなくてね。

右画像は古川黎明中3年生が贈った「福興」
 
 
110802131108021411080215 ちなみに「かね久海産」では期待してなかった三陸の海の幸が買えて嬉しかった。
 
ようやく買い物を終え、小泉浜に向かう。GWに皆が汗を流した蔵内漁港前のヤマザキが復活したというニュースが入っていたのだ。気仙沼のソウルフードと言われる(ホンマか!?)気仙沼パンを手に取り、お店の奥さんに声をかけると、震災の前後の写真を見せてくださった。
 
津波後、地形的によそのガレキも集まってしまい、1ヶ月以上も毎日ご主人と少しづつ片付けていたそうだが、2人でいくらやっても様子が変わらないのでため息ばかりついていたそうだ。そこへ「はまセン」がやってきて、何百人のボランテイアがやってきて、一気に片付いた!!ということだったらしい。
 
あの時はありがとうございました、とペットボトルのお茶をくださろうとするので「いやいや買い物に来たのに商品をいただいちゃ(それに僕は蔵内じゃなかったし)」と逃げたけど結局いただいてしまった。むむ~~。
ちなみに気仙沼パンはほんとに旨かった。僕はゴマではなく普通のクリームサンドのほうが好きです。
 
 
110802161108021711080218 僕の最終日は新たに20人の参加があると言うので、無理して活動せずに朝帰ろうと思っていたが、夜が明けても誰もこない・・・・・それなら、と午前だけ活動に参加する。いつもはクルマに分乗だったが一人途中で帰らなきゃならないのでカリフォルニアで出動。初めて南三陸(志津川)の街を縦断した。
   
ご覧のとおり。
ところどころ舗装がなく砂利道でバイクにゃホコリがツライ。舗装が痛んでいるのは引き波でアスファルトが剥がされたのだろう。水のパワーの恐ろしさだ。
志津川中心部はガレキは片付けられているが、ただそれだけのこと。この土地をどうするかが決まっていない。また個人宅には南三陸ボラセンから派遣されたボランテイアが入っていた。まだ片付けが済んでいないお宅もある。そして使い終わって丸めたアルミフォイルのような姿のクルマ達が大量に、そして整然と並べられている。個人所有物はそのまんま、というわけだ。
 
実際、先の町議会議員さんと話して支援の程度というものについては考えさせられた。いまクルマを贈る活動も進めてるし・・・・・・これは行き過ぎなのだろうか?と。ただ、「怪我が治ってるのに入院してる」ような状態に注意すべきなんだろうな。ひと通りの財産が霧消してしまった方々に対してはまだまだ支援は足りないでしょう。

特に蔵内ヤマザキの奥さんの話を伺って、「いまだに目の前のことで途方に暮れてらっしゃる方がいるはず。そこにはまだまだ支援が必要」と思ったよ。
 
 
 
最後の画像は南三陸町防災庁舎だ。津波から逃げるよう、最期まで放送で呼びかけ続けた若き女性職員が亡くなった建物だ。
 
あらためて合掌
 
11080219 


 
 
 



 
 


| | コメント (0)

2011/08/06

南三陸第四夜

南三陸第四夜
南三陸第四夜
南三陸第四夜
今日の作業は裏山の開墾準備で、薮を伐り払い、大きな樹は伐り倒して、細かくしては片付けるという内容だった。

チェーンソー持参のリーダーは生き生きと伐っていた(笑)
今回のボランティアのためにチェーンソーを買ったそうだ。

僕も久しぶりに崖に近く高度感のある樹に登った。小傷だらけだ(笑)

依頼された方が「ボイラーが治ったからシャワー浴びてけ」とおっしゃってくださったが、13人もいるのでさすがに叶わず、かわりに茄子の漬物をいただいた。

今晩を最後に、僕も含めて12人が去る。そんなわけでサヨナラパーティーをやった。

僕は例によってなんちゃってイタリアンを繰り出す。
大阪出身者がいるチームがお好み焼きやタコ焼きを繰り出した。

先程の茄子も美味しくいただいた。

そんなわけで寝るのが遅くなり、日記もあっさり…………

| | コメント (0)

2011/08/04

南三陸第三夜

南三陸第三夜
南三陸第三夜
南三陸第三夜
夜半に雨が降り、真っ白な朝を迎えた3日め。概ね曇りで気温が低いのは有り難いが湿度は高くて明け方のテント内も暑く、寝苦しかったりする。

作業はまずお寺さんと墓地の草刈りだ。ちなみに今日も1日かかると思われた現場が半日で終わり午後は次に移るという活躍ぶりだったそうだが、本部がどれほどのプランでいるのか聞かされてない僕らは黙々とやってるだけで急いでるわけじゃない。↑だったそう、と書いたのは後から本部の感想を聞かされるから。(もっとのんびりやっていいのかな?笑)

ちなみに午後は陽が出てついに本格的に暑くなった。
まず頑丈そうなリーダーが不調を訴えて横になった。(リーダーはなにかと運動量も多いしね)
で、作業中ふと見た女の子の顔が真っ赤だったので冷やして休むよう声をかけた。

こないだ自分がやっちまっただけに用心深いよ!
ついこないだ僕は自覚症状がないまま悪化したことをミーティングで皆さんに伝えた。お互いを観察したほうがいいと。

昼飯は、な、なんと冷し中華だった!キュウリがうれしい。焼いたタマゴがまたうれしい!


ん〜〜、食べた話ばかりだとアレなので現地の話を。

最後の写真は30mくらいの小山の上だ。
実はここはかつて桑畑だったところで、30年ほど放置して薮薮になってしまったのだ。

ここの持ち主は漁師で生計を立てていたのだが、それを諦めて農業をするためにここの開墾を依頼された。伸びきった桑も雑木とともに伐り倒し、切り株は後日、重機が掘り出す手筈になっている。

お上が復興のビジョンを示さないなか、家をどうしよう?どこに住もう?と不安を抱えたままに生業の転換に踏み切る方がいらっしゃる。

民主党の秀才の皆さんは、なんとなく誰にもいいようにしたいようだが、人智を越えた事態が起きうることが判明したのだから他人に判断を任せるがごときエセ・マーケティングなんぞをやっていないで、大局から判断を下して、それで損をする方にきちんと説明できるよう腹を決めないと。

司馬遼太郎の「峠」で河井継之助が「政治は寒いもんだぜ」(たぶん)と言った。
あれは相容れない双方を納得させるには裁く側はその覚悟の程を、また潔白を示さないとならない、という場面だったと思うが。

民(以下略)は語調だけは強くて検討することを決めましたとか、先送りを決めましたとか…………

テントサイトは霧に囲まれた。蒸すので外に座ってたがもう寝ます〜。

| | コメント (0)

南三陸第二夜

南三陸第二夜
南三陸第二夜
南三陸第二夜
南三陸ベイサイドアリーナ、ここに仮の町役場など町の各機能が集められている。ここがNPO風呂の現場でありはまセンの基地にもなっている。

朝8時20分に集合&ミーティング、クルマ乗り合いで20分ほど移動した。

はまセンのテントサイトのそばに南三陸ボラセンがあるのだが、少し南に離れた志津川自然の家にある戸倉のボラセンからご指名のカタチではまセンボラが出かけているのだ。

今日はある被災家屋周辺の草刈り&片付け。
先方は所要5日を見積もってたそうだが、2日めの今日終わった。そんなことやってるからドンドン要求がハードになるんじゃ?(笑)

ちなみに曇り空で助かるが湿度は高い。

昼食は戸倉の避難所あるいは仮設のかあちゃん達が準備してくれる。
いつもボランティアに食事をさせてからご自分達が食事するらしい。すみません。

はまセンの飛騨高山の湯に戻ると、入浴に来られた地元の方が茄子やキュウリやジャガ芋を大量に差し入れてくれたそうな。キュウリはいつも一番風呂に来てくださるじっちゃんが担いで来てくれたそうな………

前日もそうだったが、すこしでもお手伝いのつもりで来ていながら、こちらの皆さんに気遣っていただいている。いやはやだ。

まあそんなわけで
今夜は茄子パーティーだった!!

僕は正しい便通のためのメニュー「なんちゃって豚汁」をこさえてたので皆さんに提供。元はと言えば一人分(いや二人分か!)のおかずなのでちょびっとづつ、先着14名分だけ取り分けた。

結果はまあまあの反響〓
レシピは簡単。

☆100均の煮物用の火が透った「筑前煮の元」を二つ。
☆やはり100均の鷄そぼろ
☆ハナマルキの味噌汁の元を2袋。

☆あとはガラスープと醤油を入れ、いつも山の朝飯のたびに一袋余るマルタイラーメンの脂を豚代わりのコク出しに入れた。

決め手として一味唐辛子をパラパラ。

お試しあれ!

| | コメント (0)

2011/08/02

南三陸第一夜

南三陸第一夜
清華さんでラーメン食べて、まずは小泉浜に向かった。

今後のことでお聞きしたいこともあり、避難所のお世話をされていたOさんを尋ねたのだ。
ちょっと立ち話で済ますつもりが、まああがってお茶飲んでいきなさいとお宅にお邪魔してなんやかやご馳走になってしまった………

………Oさん宅を辞して、前はテント場、今は仮設建設中、の広場を見ていたら後ろから呼ぶ声。

見ると避難所にいたちびっ子達だった。ご家族もいらしたのでボランティアで以前来た話をすると「休んでいきなさい」と。そんなやり取りの間にちびっ子達は「はいお花」とこんなオッサンに花をくれる(笑)

「お花ありがとね」とその場を離れた。

微力すぎるけどなんぼかでもお手伝いをと思って来たのに、皆さんに優しくしていただくはちびっ子達に癒されるは、なにやってんだか!

明日からがんばります。

| | コメント (0)

駅が無くなったのに客が絶えないラーメン

駅が無くなったのに客が絶えないラーメン
駅が無くなったのに客が絶えないラーメン
駅が無くなったのに客が絶えないラーメン
南三陸に向かう途中、若柳金成ICから5分、清華にやってきた。
以前は駅前だったのに、栗原鉄道が廃線になった。それでも昼はいつも混んでるそうな。

まわりは少しの住宅と田んぼなのに中は満席。相席させてもらってスタミナラーメン大をオーダー。

出てきたラーメンにはロースカツがバンと乗っていた!なんか器がデカイ。レンゲも特大!

…………というネタ話はともかく、スープはすっきりさっぱりして美味しい!麺は細いながらもプルルンととっても好みだ。普通にラーメン頼んでもよかった?

カツは衣のこってり感と香ばしさがよく、これはこれで美味しい。

あと輪切りの紅生姜が1枚ちょんとのってるとこはオリジナル?

このラーメン、関西の方も受け入れやすいんじゃなかろうか?ぼくとしてはこの店が家の近くにあって時々行けたら嬉しいなあ!

おっと、遊んじゃいられない。では行ってきます!

| | コメント (0)

2011/08/01

8月・・・・・とお風呂チャリテイーなど

110731011107310211073103 台風が去っていらい、妙に涼しい、そして朝晩に雨が降る日々が続いている。 
 
そして私的にはPCが起動直後や起動途中でのフリーズを繰り返すようになり、セーフモードで作業する日々なのだ(泣)
 
地元けやき定点。
小雨ぱらつき空が白い。神明社や小金井公園入り口など、明るさはあるものの、しっとり湿っている。
 
 
110731041107310511073106 小金井公園定点。
 
やはり特に変わりはない。撮影は土曜日だったが、フリマは雨天のため中止だったようだ。
 
ユーカリはいつもよりも皮のはがれ方が多いような気がしたが、そういう時期なのだろうか??不明。
 
 
 
110731071107310811073109 井の頭公園定点
 
ここ10日ばかりか、若干池の水が匂うようになったような気がする。いつも朝に会う巡回のお兄さん達に聞いてみたかったがそのチャンスがなかった。

ワンコの画像は神田川の水門手前、ひょうたん橋だ。ワンコは池の鯉をひたすら眼で追って微動だにしない。飼い主さんによれば「動くものに興味が強いんだよ。聴導犬だから・・・」とおっしゃった。なぜ聴導犬だからになるのか聞けばよかった。「盲導犬だから・・・」の聞き間違いだったかな〜?
 
ちなみに飼い主さんは画像下部の紅い大きな鯉を「ここの主」だと解説してくださった。毎日見てらっしゃるのだろうから間違いなかろう。
 
 
1107311011073111 お地蔵さまは、タオルを羽織って銭湯の帰り道のようだった。
 
土曜夜は井の頭公園駅の下で、折りしもの雷雨にもかかわらず盆踊りをやっていた。せっかく準備したんだもんね。
 
神田川沿いでは久我山でも富士見が丘でも夏祭りの準備に入っている。
 
 
さて、以前お知らせしたお風呂募金が無事完了。ちょうど現地からもドリンク不足等の情報もあったのでそれにあててカンパを使えた。(下記参照) 
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/ofuro-bokin.html
 
みなさん有難うございました!!
 
 
あと、やはり以前に南三陸のNPO風呂へ冷蔵庫を寄付していただけないかと呼びかけをしたが、富山の兄弟さん(ブログにリンク貼ってあるので是非とも参照を!)が応えてくださり、すでに2台の冷蔵庫が現地で稼動をしている。感謝感激!だって冷蔵庫2台寄付できる人なんてそうそういないでしょう?僕は呼びかけはしたもののダメ元のつもりだったのだ。
 
おそらく今回送ったドリンクも、かの冷蔵庫で冷やされて、被災地風呂をご利用の方々に涼を届けることと思う。皆さんのご協力、有難い限りです。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »