« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/14

あの地震の日、てんまつ

あの地震の日
 
青梅線車内泊を覚悟しつつ携帯から日記をアップしたままだった。そうしたら多くの方から「無事帰ったか?」とご心配いただいた。ーー申し訳ありませんーー明日からの停電を前に、ちょっとてんまつを。
 
 
110311011103110211031103 あの日は、奥多摩は石尾根周辺の林道を歩いてみようと、またまた肩掛けバッグで出かけた。
 
未知だった登山口を確認したり。小中沢林道の最奥で出会った方は昔水道局勤務で山を飛び回ってらしたという大先輩。  いろんな話をした。
 
群れからはぐれたらしい、まだ少年という面持ちのサルがキィ キィ キィ と鳴き続けていた。
 
奥多摩駅前に戻り、土方豆腐店さんに顔を出したら2ヶ月も姿を見せなかったのでずいぶん心配してくださってたらしい。
骨折の話をしたら豆乳をくださった(笑)
 
 
110311041103110511031106  まだ時間が早いので、ゴンザス尾根の登り口を見に行きつつ白丸駅まで歩く途中で、「ユラユラッ」と来たのが僕の地震体験だ。
 
いた場所の地盤がよかったのやら?揺れをあまり感じなかった。まわりに建造物が皆無で視覚的にも揺れの大きさがわからなかった。
それが無人駅のはずの白丸に着いたらヘルメットをかぶった方が「電車は動きません」とおっしゃり、ようやく大きな地震があったのだと理解した。
 
15:20から1時間は白丸で粘ったが、どんどん冷えてくるので駅舎がある鳩ノ巣まで歩く。17:00、鳩ノ巣駅には幸い上り電車が停まっていたので、暖かい車内で待つ。が、19:00ころ「終日運転見合わせ」のアナウンスがあり、20:00前に「代行輸送もありません」とアナウンス。知ってる旅館はすべて相部屋満室。
 
で、結局どうしたのかと言うと、事情を知った青梅在住の先輩Nさん(meimeiさんとともに僕にオートバイの存在を教えてしまった人)がクルマでピックアップしにきてくれたのだ。なんだかんだでクルマ助手席で23:00に帰宅!!!あ、あ、あ、ありがとうございます~~!!
 
奥多摩町と青梅市にいたというのが通信面で幸運だったのかも?鳩ノ巣で待ってる間はメール打ち放題、i-modeバリバリつながってたのに、家に近づくにつれ不通になってしまったのだ。
携帯で見る渋滞情報は都内真っ赤だったが、真っ赤エリアの端っこまでしか行かなかったので裏道を駆使しつつあっという間に帰れてしまった。
 
あの晩の帰宅難民者のなかでもヒサンなほうだな~と覚悟してたのに、知り合いのクルマに乗って日付が変わるまえに帰れてしまったのだ。なんて幸運なんだろう。Nさんお世話になりました。
 
 
1103110711031108  さて、あの地震では、子供のころに通った釜石の街をはじめ、たくさんの街が被災してしまった。できごとが大きすぎて、知り合いも多くて、なにも言えない。一人でも多く助かって、みんなが少しでも早くゆっくり眠れるよう祈るし、尽力する。
 
白丸駅で待ってるとき、JRの方が線路点検に歩いていった。
災害のときに動いてくださっている全ての方々、ありがとうございます。大変なみなさんをよろしくお願いいたします。
最後の画像は小中沢林道の石仏だ。柔らかいお顔だな~って撮ったのだが、いま見るとあの日にこの優しいお顔に出会ったのが不思議だ。
 
さあ明日(14日)からはヤシマ作戦に突入~。ウチのエリアは朝夕3時間づつの計画停電だ。ちょっと発表が遅いが電車も運行をかなり制限するらしい・・・・急に自転車の時代が来ちゃったんじゃ??
 
みんな張り切っていこうぜ~~っ!

| | コメント (2)

2011/03/11

皆さんご無事ですか?

皆さんご無事ですか?
大変な地震です。東北に親戚や知り合いが多いのでとても心配。

都心部にいる友人によれば、交通・通信麻痺してるとか。渋滞情報見ても高速を止めてるので一般道も真っ赤っ赤。

そして、自宅ではかなり物が倒れたりしたもよう………………………………………もよう、と書いたのは、いま自分は鳩ノ巣駅構内に停まった電車内で足止めを食ってるからなのだ。

奥多摩林道散策に出かけ、大きな揺れと共に遠くに落石の音を聞き、無人駅の白丸駅で1時間待ち、冷えてきたので1駅歩いたら鳩ノ巣駅に電車が停まってたというわけだ。

いま(19時)線路点検中というアナウンスが繰り返され、5時半過ぎたら周りは闇になってしまった。そしていまも余震続いている。
ひと車両内に2〜3人しかいなく、都会での足止めよりちょっと悲惨な気もするが、東北で起きていることに比べたらなんでもない!非常用コンデンスミルクと豆腐屋さんがくれた豆乳もあるし

とここまで書いたら、「青梅線運転取りやめ」のアナウンスがっ!!

さて?JRバスは来てくれるのだろうか?
時間つぶしのつもりでblogアップするつもりが………………はてさて?

| | コメント (0)

2011/03/01

我慢の限界(笑)

PCがイカレて自己修復を延々と繰り返すようになった。たぶんダメかな?厳しいですな…………というわけで当分携帯からのアップです。

〜〜〜〜〜〜〜〜

手術から1ヶ月、まだ骨はくっついちゃいないだろうが患部の痛みは皆無なのでウズウズしてきた(笑)

そんな折り、右肩で背負えるバッグを見つけた。身体にフイットして走れるし1000円だし、2ヶ月ほどの繋ぎと思ってゲット!
準備ができたら…………行かねばなるまい(笑)

我慢の限界(笑)

金曜、奥多摩駅から鋸山林道を歩いてきた。元気とはいえ、山道にはいって不意に手をつくような場面があってはさすがにマズイので、今回は全舗装のルートをチョイスした。

せっかく自重して舗装林道を歩いているのに、日陰にはかなり残雪があって凍結を避けなきゃ危ない。まあボンヤリ歩くより、足の置場を考え考えゆくのはやっぱり楽しい!!
上部ではハイカットのガエルネが完全に埋まる箇所もあった。さすがにスパッツは持っていってない(笑)
風の音が僕の気配を消していたからか、すぐそばからホンドリスが飛び出して逃げることが数回あった。林道もそれなりに自然との接点があるものだ。

我慢の限界(笑)

2時間半で大ダワに到着。奥多摩駅との標高差600mほどの峠だ。鞘口山方面に少し入った避難小屋跡地で昼食にする。

ちなみにバッグには6〜7Lの容量しかないので荷物はシンプルだ。一応ビバークできる用意も。

クッカーもなるべく小さくしたいので使っていたアルミ食器セットから収納取っ手付きのフタを自作、最小コッフェルを作った。ラーメンを作るのは無理かにゃ?中にアルコールバーナーがちょうど入る。

我慢の限界(笑)

荷物を小さくしようとしながら、エスプレッソマシンを持ってくるのは矛盾してるよね(笑)でも檜原のほうから吹き付けてくる温かい風のなかで飲むエスプレッソ、最高でやんす!

檜原へ降り、神戸岩に寄った。2体の巨岩のあいだを赤井沢の水が流れているのだ。岩場に切られた狭い通路に鎖が渡してあり、その鎖を左手で持たねばならないので、なんだかなあ〜と思いつつ歩く。

南風が神戸岩のあいだで収斂し、生暖かい突風になって駆け抜ける。まるで神の息吹のようだった。

最後に払沢の滝を見て、ちとせ屋で濃厚は豆乳を飲んで帰った。
ピークハント無しでも、舗装林道歩きでも、とてもよかった。いつか狙いたい登り口も2つ見っけたしまずまずの復帰戦だった。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »