« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/27

SKB 108

SKBってな~に?
 
すみません・・・・・・スケベのことでして。
誰が呼んだかSKB ワンハンドレッドエイト、吉祥寺には煩悩の数のSKBがうろついているとか・・・・・・(笑)
 
吉祥寺ハモニカ横丁を住みかにしてる面々がなんとなくSKBと言いはじめて(言われはじめて)、もちろん本当にスケベなことを街でしでかしてるわけじゃあないはずだけど・・・・。
 
 
 
ふざけて書き始めたけど、ここから大真面目な話なのです。
 
3月初めに「みんなで携帯ストラップでも作ろうか」と話していた矢先にあの大震災が起き・・・・・
 
数日後、横丁で無事を確かめあううちに「ストラップで募金活動しようか」と話が膨らんだのでした。
 
そしてなぜか僕が取りまとめ役に・・・・・
 
Skb01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
97円でストラップを製作、300円で配布し、203円分を日本赤十字社の震災募金口座へ送ろうとしています。ここなら全額を全被災者に分配されるそうなので。
 
実際みなさんそれぞれが、会社なり街でなり個々に募金はされてるのだろうけど、老若男女、吉祥寺でなんとなくつながった人々が共に動いてくださっていることに感謝してる次第です。
 
200個作ったので40000円ほどの募金額、ちっちゃいちっちゃい金額ですが被災者の皆さんにお届けしたいと思ってます。
 
ちっちゃいけどこれからの第一歩ですよ。
 
募金だけじゃなくて、節電も、買い占めないことも、むやみに恐れないことも、これから長い長い戦いになるだろうし。そうそう、安全な範囲で、ちゃんと遊ぶことも大事ですよね。経済がホンキに冷えこんだら誰かを助けるなんてできなくなる。
 
ちなみに街頭で募ってるわけではなく、友達つながり、人から人へで広めています。
じかに僕とお付き合いのある方でご協力いただける方、もし気が向いたらご連絡くだされば有難きしあわせです。
 
http://caro--diario.cocolog-nifty.com/blog/skb-bokin.html

| | コメント (0)

2011/03/23

めさめよたてよおそるるなかれ

こんなものに出会った。

卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ
http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/

全文、怒り悲しみ、慈しみと期待に満ちている。
一部を抜粋

「鎮魂の黒き喪章を胸に、今は真っ白の帆を上げる時なのだ。愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。」

簡単に「感動しました」と片付けられない。言葉遊びではない。全文何度も何度も読んでみて、僕は自分にダメを出された気がする。まだまだとても足りない。


でも、これを読みながら聞こえてくる歌がある。

母校明治学院の校歌だ。校歌自慢はいろいろあるだろうが、申し訳ないがこの校歌はどこにも負けないと思う。特に後半。

もろともに遠く望みて
おのがじし道を開かむ
霄(そら)あらば霄を窮めむ
壌(つち)あらば壌にも活きむ

ああ行けたたかへ雄雄しかれ
眼さめよ起てよ畏るるなかれ

これを書いたのは島崎藤村だ。
「めさめよたてよおそるるなかれ」
苦難の時代を予見したかのような・・・
なぜ最後にこう書いたのだろうかと考えている。

考えつつ、貴方にも贈ります。

| | コメント (0)

2011/03/21

個人的朗報、と元気玉

朝8時ころ、2機編隊のヘリ部隊がいくつか、小平~東久留米上空を北へ飛んでいくのが部屋から見える。これを双眼鏡で見送るのが日課になってしまったmassiです。気をつけて、よろしくお願いします、と心中呼びかけつつ。
 
岩手・秋田・宮城にいる僕の親戚は無事だった。が、母の母校がある釜石では友人の関係者がみつからない。
小中学生の夏はいつも釜石で過ごしたが、僕がモトグッチに乗るようになってから通うようになったとこもある。橋上市場のころから通った魚屋(兼土産屋)のご夫婦はどうしたろう・・・・・魚市場が飲み込まれる映像も見た。あのそばの旅館は?根浜の網元旅館は?
三陸を走ると入り江の奥に「こ、これは!?」と呆れるほど巨大な防波堤を見る。あれが破られるなんて。
 
 
あ~、朗報から書こうと思ったのに、  
 
さて火曜日に診察に行って、「骨に強度が出てますね」とバイクにも乗っていいという判断が出た。 ・・・・・・・が、まだザックは担げない
「いやセンセー、ザックは腰も背中も使って面で担ぐんですけど~~」
と食い下がってみたが、要は強弱ではない。

ザックを背負って歩くと繰り返し繰り返し荷重がかかり、プレートをとめているボルトが金属疲労で折れたら抜けなくなっちゃうというのだ。 ・・・てことは骨の強度がいくら増しても重いザックは担げないわけだ。 ・・・てことはテント泊ができない。

いまはやりのUL(ウルトラライト)の世界に突入するか・・・・?
ULは極力研ぎ澄ました軽い装備で山に行く。ギリギリの居住性、食事はアルファ米、行動食はドライフルーツとかパワー系ゼリー・・・・て感じだろうか?
でも軽~いギアは高~いのよ(泣)
 
 
001 まあまあでもでも 、バイクに乗っていいというのは朗報だ。ママチャリ通勤も再開した。
 
ちなみにママチャリにメット被って乗った我が姿は・・・・・
よく白人2人組で走ってる宗教のヒトみたいだった。

ちなみに乗るまではわからなかったのだが、少し乗っただけで左腕に疲労感が襲ってきた。ショック!!使わないでいるってことはこんなにも衰えるんだね。

こないだは停電地帯も走った。
ちなみに山上のテント場の夜は当然真っ暗だけど、暗順応で眼はどんどん慣れるもので、深夜トイレに行くときはヘッドランプ点けなくてすむこともある。だ。星明かりでかなり見える。

街での真っ暗は初体験だったが、歩く人々は平静に見えた。
山と同様に少しづつ見えてきたが、裏路地から出たら向こうからたまにクルマがやってきて、そのヘッドライトを見てしまって明順応で見えなくなっちゃった(笑)!!
これは交差点で交通整理に立つ警官も、クルマを見たあとは闇の中の歩行者を見落としちゃうんじゃないか?皆さん気をつけましょう! 
 
 
家の近くに大きなガソリンスタンドがあり毎朝渋滞。毎朝その車列をさかのぼるようにママチャリを走らせている。 夜は街が暗いし、バス・電車は少ないし、物は無いし。
 
そんななか、明日吉祥寺のカフェで会いましょうと呼びかけた。日本人って黙って耐えちゃう民族なんだな~と思うが、ストレスをまったく感じていないわけじゃないだろう。たまには暗いムードから離れてのんびりゆるゆる過ごそうよ、と。
 
元気玉を撃つには元気を集めないとならない。・・・・てことは皆が元気じゃないと、なにかをやっつけることも助けることもできないのだ。
 
この連休を前に被災地ではボランティアセンターが立ち上がったそうだ。僕も早く力仕事ができるようになりたい。ちなみにボランティアセンターは各地域のコミュニティセンターに置かれるようです。地元のコミュニティセンターをチェックしておくのもいいかもですね!

| | コメント (0)

2011/03/14

あの地震の日、てんまつ

あの地震の日
 
青梅線車内泊を覚悟しつつ携帯から日記をアップしたままだった。そうしたら多くの方から「無事帰ったか?」とご心配いただいた。ーー申し訳ありませんーー明日からの停電を前に、ちょっとてんまつを。
 
 
110311011103110211031103 あの日は、奥多摩は石尾根周辺の林道を歩いてみようと、またまた肩掛けバッグで出かけた。
 
未知だった登山口を確認したり。小中沢林道の最奥で出会った方は昔水道局勤務で山を飛び回ってらしたという大先輩。  いろんな話をした。
 
群れからはぐれたらしい、まだ少年という面持ちのサルがキィ キィ キィ と鳴き続けていた。
 
奥多摩駅前に戻り、土方豆腐店さんに顔を出したら2ヶ月も姿を見せなかったのでずいぶん心配してくださってたらしい。
骨折の話をしたら豆乳をくださった(笑)
 
 
110311041103110511031106  まだ時間が早いので、ゴンザス尾根の登り口を見に行きつつ白丸駅まで歩く途中で、「ユラユラッ」と来たのが僕の地震体験だ。
 
いた場所の地盤がよかったのやら?揺れをあまり感じなかった。まわりに建造物が皆無で視覚的にも揺れの大きさがわからなかった。
それが無人駅のはずの白丸に着いたらヘルメットをかぶった方が「電車は動きません」とおっしゃり、ようやく大きな地震があったのだと理解した。
 
15:20から1時間は白丸で粘ったが、どんどん冷えてくるので駅舎がある鳩ノ巣まで歩く。17:00、鳩ノ巣駅には幸い上り電車が停まっていたので、暖かい車内で待つ。が、19:00ころ「終日運転見合わせ」のアナウンスがあり、20:00前に「代行輸送もありません」とアナウンス。知ってる旅館はすべて相部屋満室。
 
で、結局どうしたのかと言うと、事情を知った青梅在住の先輩Nさん(meimeiさんとともに僕にオートバイの存在を教えてしまった人)がクルマでピックアップしにきてくれたのだ。なんだかんだでクルマ助手席で23:00に帰宅!!!あ、あ、あ、ありがとうございます~~!!
 
奥多摩町と青梅市にいたというのが通信面で幸運だったのかも?鳩ノ巣で待ってる間はメール打ち放題、i-modeバリバリつながってたのに、家に近づくにつれ不通になってしまったのだ。
携帯で見る渋滞情報は都内真っ赤だったが、真っ赤エリアの端っこまでしか行かなかったので裏道を駆使しつつあっという間に帰れてしまった。
 
あの晩の帰宅難民者のなかでもヒサンなほうだな~と覚悟してたのに、知り合いのクルマに乗って日付が変わるまえに帰れてしまったのだ。なんて幸運なんだろう。Nさんお世話になりました。
 
 
1103110711031108  さて、あの地震では、子供のころに通った釜石の街をはじめ、たくさんの街が被災してしまった。できごとが大きすぎて、知り合いも多くて、なにも言えない。一人でも多く助かって、みんなが少しでも早くゆっくり眠れるよう祈るし、尽力する。
 
白丸駅で待ってるとき、JRの方が線路点検に歩いていった。
災害のときに動いてくださっている全ての方々、ありがとうございます。大変なみなさんをよろしくお願いいたします。
最後の画像は小中沢林道の石仏だ。柔らかいお顔だな~って撮ったのだが、いま見るとあの日にこの優しいお顔に出会ったのが不思議だ。
 
さあ明日(14日)からはヤシマ作戦に突入~。ウチのエリアは朝夕3時間づつの計画停電だ。ちょっと発表が遅いが電車も運行をかなり制限するらしい・・・・急に自転車の時代が来ちゃったんじゃ??
 
みんな張り切っていこうぜ~~っ!

| | コメント (2)

2011/03/11

皆さんご無事ですか?

皆さんご無事ですか?
大変な地震です。東北に親戚や知り合いが多いのでとても心配。

都心部にいる友人によれば、交通・通信麻痺してるとか。渋滞情報見ても高速を止めてるので一般道も真っ赤っ赤。

そして、自宅ではかなり物が倒れたりしたもよう………………………………………もよう、と書いたのは、いま自分は鳩ノ巣駅構内に停まった電車内で足止めを食ってるからなのだ。

奥多摩林道散策に出かけ、大きな揺れと共に遠くに落石の音を聞き、無人駅の白丸駅で1時間待ち、冷えてきたので1駅歩いたら鳩ノ巣駅に電車が停まってたというわけだ。

いま(19時)線路点検中というアナウンスが繰り返され、5時半過ぎたら周りは闇になってしまった。そしていまも余震続いている。
ひと車両内に2〜3人しかいなく、都会での足止めよりちょっと悲惨な気もするが、東北で起きていることに比べたらなんでもない!非常用コンデンスミルクと豆腐屋さんがくれた豆乳もあるし

とここまで書いたら、「青梅線運転取りやめ」のアナウンスがっ!!

さて?JRバスは来てくれるのだろうか?
時間つぶしのつもりでblogアップするつもりが………………はてさて?

| | コメント (0)

2011/03/07

40年経って発覚!

40年経って発覚!


マイPCが不調に陥り、OSが起動せず自己修復を延々と繰り返すようになってしまった。そのうちに懐かしのDOS画面まであらわれてチェックディスク………。

時間はかかるが状況は変わりなく茫然と眺めていたら、データ救出ツールなるものを発見した!
とりあえず手持ちの外付けHDDに主要画像20GBだけピックアップして救出したが、思い直して1TBのHDDを購入。データ丸ごと救出にかかった。朝には終わるかな〜?

(そのあとPCのリカバリに移るが、それがうまくいくか?やってみないと不明)


骨のほうだけど、会社からの買い物にママチャリに乗り始めた。
前傾でもないので、なんということもない(笑)ただハンドルを左にきると腕を折り込むので、筋肉やら皮やらがひっつれる感がある。

チャリは重くもないのでモーマンタイ。ただし、かかとが接地するようにサドルは下げた。そろそろ通勤はチャリに戻そうかな…………そんな状況だが、ツーリングは中止になってしまった。皆さんに申し訳ない限り…………そういえばPASMO(オートチャージ)の請求が来てビックリした(笑)半年もすればロードレーサーの入門モデルが買えるではないか!!。


書き忘れてたことがあった。
手術前にイケメン看護士君が「○○さん、これ付けてください」とアームバンドを持ってきた。大きく「B」と書いてあるのでなにか聞いたら「○○さんの血液型でしょ!」と。

僕はこの歳まで自分はAB型だと信じていたのだ!もちろん家族ぐるみで(笑)
手術前日に一瞬大騒ぎになりかけたが、間違いなくBだった。看護士君は検査証明書の発行手続きもしてくれた。
しかし、こんなこともあるんだね〜。ライディングウェアにも「AB+」って貼ってた………危ない危ない(笑)

| | コメント (4)

2011/03/04

3月

3月3月

地元定点けやき。

桜の開花予想が出たが、春まだ遠い景色だ。ひな祭り寒波で、そばの神明社の境内では霜柱がよく伸びていた。

3月3月

小金井公園定点。

サクラのつぼみはまだ小さく硬い。

園内は遊具・ベンチの新設など、大規模な工事が進んでいる。でもできれば、ただの広〜い原っぱを広いままに残しておくことも大切だと思う。

3月3月

井の頭公園定点

実はこちらでも大規模工事が進んでいる。池の外周路の舗装と敷石設置だ。
散歩の人々は工事を避けて上段の道(緑の小路)を歩いている。
しかし小金井・井の頭の両公園の工事…………東京都は金が余ってるのかな?

お地蔵さまは来月にはマフラーをはずされるだろうか?と覗きこんだら、カンバッジを発見(笑)

| | コメント (0)

2011/03/01

我慢の限界(笑)

PCがイカレて自己修復を延々と繰り返すようになった。たぶんダメかな?厳しいですな…………というわけで当分携帯からのアップです。

〜〜〜〜〜〜〜〜

手術から1ヶ月、まだ骨はくっついちゃいないだろうが患部の痛みは皆無なのでウズウズしてきた(笑)

そんな折り、右肩で背負えるバッグを見つけた。身体にフイットして走れるし1000円だし、2ヶ月ほどの繋ぎと思ってゲット!
準備ができたら…………行かねばなるまい(笑)

我慢の限界(笑)

金曜、奥多摩駅から鋸山林道を歩いてきた。元気とはいえ、山道にはいって不意に手をつくような場面があってはさすがにマズイので、今回は全舗装のルートをチョイスした。

せっかく自重して舗装林道を歩いているのに、日陰にはかなり残雪があって凍結を避けなきゃ危ない。まあボンヤリ歩くより、足の置場を考え考えゆくのはやっぱり楽しい!!
上部ではハイカットのガエルネが完全に埋まる箇所もあった。さすがにスパッツは持っていってない(笑)
風の音が僕の気配を消していたからか、すぐそばからホンドリスが飛び出して逃げることが数回あった。林道もそれなりに自然との接点があるものだ。

我慢の限界(笑)

2時間半で大ダワに到着。奥多摩駅との標高差600mほどの峠だ。鞘口山方面に少し入った避難小屋跡地で昼食にする。

ちなみにバッグには6〜7Lの容量しかないので荷物はシンプルだ。一応ビバークできる用意も。

クッカーもなるべく小さくしたいので使っていたアルミ食器セットから収納取っ手付きのフタを自作、最小コッフェルを作った。ラーメンを作るのは無理かにゃ?中にアルコールバーナーがちょうど入る。

我慢の限界(笑)

荷物を小さくしようとしながら、エスプレッソマシンを持ってくるのは矛盾してるよね(笑)でも檜原のほうから吹き付けてくる温かい風のなかで飲むエスプレッソ、最高でやんす!

檜原へ降り、神戸岩に寄った。2体の巨岩のあいだを赤井沢の水が流れているのだ。岩場に切られた狭い通路に鎖が渡してあり、その鎖を左手で持たねばならないので、なんだかなあ〜と思いつつ歩く。

南風が神戸岩のあいだで収斂し、生暖かい突風になって駆け抜ける。まるで神の息吹のようだった。

最後に払沢の滝を見て、ちとせ屋で濃厚は豆乳を飲んで帰った。
ピークハント無しでも、舗装林道歩きでも、とてもよかった。いつか狙いたい登り口も2つ見っけたしまずまずの復帰戦だった。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »